ネットで話題のニュースや記事を厳選してお届けします!!!
ザ・ミステリー体験 イメージ画像

地震・火山・台風

1: 2018/09/08(土) 13:47:27.06 首都圏、東海・中部、近畿の3大都市圏では、地球温暖化に伴い高潮による水害の危険が増大し、直下型地震の発生が予測されている。防災研究者は「災害に脆弱(ぜいじゃく)な大都市の特徴を知り、被害を最小限にする取り組みを進めるべきだ
『防災専門家「南海トラフ地震を前に近畿で直下型地震の可能性がある」』の画像

1: 20xx/ミステリー master 宝永大地震は今で言う南海トラフ地震でM8.7の巨大地震となりました。この1707年は毎月何かしらの災害が起こった大破局の年となっており2018年もこのような自然災害が頻発しています。今から311年前という数字も不気味です。3.11というトラウマ
『【2018年大災害】311年前・宝永4年の大破局の年と似てる気がする』の画像

1: 2018/09/08(土) 11:54:59.80 ID:vfIeLEKw0 南海トラフ評価検討会「特段の変化なし」 南海トラフの巨大地震が起きる可能性を評価する専門家の評価検討会の定例の会合が気象庁で開かれ「発生の可能性が高まったと考えられる特段の変化は観測されていない」という見解
『南海トラフ巨大地震が起る可能性についての見解』の画像

1: 20xx/ミステリー master8日18時21分ころ、地震がありました。震源地は、胆振地方中東部(北緯42.7度、東経142.0度)で、震源の深さは約30km、地震の規模(マグニチュード)は4.2と推定されます。この地震による津波の心配はありません。この地震により
『【地震情報】北海道胆振地方中東部マグニチュード4.2・最大震度4の地震発生』の画像

1: 2018/09/07(金) 02:54:14.34 ID:SBCCnAy90 南太平洋のフィジー諸島でM8.1の地震 日本時間の9月7日(金)0時49分頃、南太平洋のフィジー諸島で規模の大きな地震がありました。 太平洋津波警報センター(PTWC)によると、震源の深さは約670km、地震の規模はM8.1と推定
『【深発地震】南太平洋のフィジー諸島でM8.1の巨大地震発生』の画像

1: 2018/06/27(水) 00:48:43.91 ID:PVbkIbeSa 東洋大学の渡辺満久教授は、まだ見つかっていない活断層を 独自に探り当てる研究を続けている。 そうした研究の結果、掲載の地図では、 渡辺氏が存在を疑う巨大断層の一つを示した。 内陸の群馬から東京湾沿岸に至る「1
『【首都圏直下型地震】活断層が引き起こすM8クラスの地震ヤバすぎ』の画像

1: 2018/08/14(火) 20:54:57.70 ID:aaG8rMq10 この地震による津波の心配はありません。 発生時刻 2018年8月14日 20時51分ごろ 震源地 静岡県西部 最大震度 3 マグニチュード 3.9 深さ 40km 緯度/経度 北緯34.8度/東経137.5度 最新の情報に更新 各地の震度
『静岡が震源地の地震って東海地震の前兆なのだろうか』の画像

1: 2018/08/13(月) 00:38:39.23 宮城・岩手・秋田の3県にまたがる東北地方の名峰、栗駒山。その中腹に広がる栗原市・耕英地区には診療所も商店も学校もない、いわゆる限界集落だ。 戦後、入植者たちが決死の覚悟で原生林を切り開き農地に変え、礎を作った地区には世代を
『 マグネチュード7.2の『岩手・宮城内陸地震』覚えてる人いる?』の画像

1: 2018/07/29(日) 21:31:47.13 0 南海トラフがまったく起きないとは言わないが起きても1%以下 そもそも地震予知なんてできません これは地震予知で飯食ってる学者のデマカセです 大阪で起きた地震は地震予知学者から言わせれば起きる可能性は1%以下 熊本に関して
『ここ10年の間に南海トラフ巨大地震が起きる可能性が30%なんてウソ』の画像

↑このページのトップヘ