bandicam 2022-09-11 15-46-45-094

ドラえもんの有名な都市伝説

平成8年9月23日、藤子・F・不二雄氏が肝不全のため慶應義塾大学病院で死去。62歳没。

この日の深夜、何もない空間をのび太がひたすら歩いている映像が映し出されたという。しかもドラえもんのオープニングなど一切ない状態だった。この映像は10分ほど流され最後に藤子・F・不二雄氏の声で「行かなきゃ」というセリフが聞こえた。

果たしてこの都市伝説は本当だったのだろうか。ネットではこのような見解となっている。

ネットの反応


この話有名だよね…

藤子・F・不二雄先生が亡くなったらこの回を流してって藤子・F・不二雄先生が言ってたらしいですよ

因みにこの回の放送記録だけ無かったそう

ウソだよな?こんなのないよね

これは不二子F藤尾さんが頼んで流してもらったんだよね

これ実際に見た人いたらその時の心情教えて欲しい

この話見たよ!怖くはなかった


ドラえもん300回ぐらい見てきた俺でも分からん

え、この映像みたい

ドラえもん放送無くなってますよね

再現VTR



この回は実際にあったのだろうか

行かなきゃの回はあった

この回は藤子F不二雄氏が生前に自分が死んだ時にこの回を流してほしいと頼んでいたものであり実際に見た人も大勢います。

ただしドラえもんの放送記録からは削除されたようで幻の回という事で都市伝説となっていったらしいです。

本日のオススメ

おすすめ記事

bandicam 

2019-11-28 16-29-55-238