bandicam 2019-04-28 12-22-25-375

事件の経緯

1878年、1月11日に猟師の蛭子勝太郎が冬眠中のヒグマを発見し狩りをするが打ち損ねて逆襲を受け死亡。

冬眠中だったヒグマが腹が空き札幌市街へ行ってしまう。 札幌警察署は駆除隊を編成しヒグマの除去を始める。

1月17日、平岸村でヒグマを発見するが吹雪のために足跡も消えてしまい見失ってしまう。

17日の深夜、堺一家の小屋を襲い2名が死亡し2名が重症を負う。

結果として死者3名、重症者2名の日本史上4番目に大きな被害を出した。

おすすめ記事


ネットの反応

comment
これって最初の猟師が原因じゃ・・・

comment
なぜ撃ち損なったのか・・・

comment
ヒグマは悪くないような気もする

comment
これも悲惨な事件なんだよな

comment
堺一家が可哀想

comment
助かった女性もヤバかったんだよね

comment
ヒグマって本当に怖い

comment
眠りを邪魔されたらこうなるよね

comment
勝太郎・・・

comment
体長1.9mだったらしいけど凄まじい破壊力なんだよね。クマとか野性動物が本当に怖い。

関連記事


今日の注目記事

おすすめ記事

bandicam 

2019-11-28 16-29-55-238