bandicam 2019-07-06 16-24-29-359



1: Mystery01:32:04.15 master
今まで生きてきて衝撃的だったことを書こうと思う。

5年前の話だが、私は、未だに彼女を超える狂った金銭感覚の女にであったことはない。

おすすめ記事


3: Mystery01:36:33.11
聞きます
4: Mystery01:37:35.47 master
スペック
私 当時20歳 水商売で生計を立てていた
愛 当時21歳 金銭感覚が狂った女
真紀 当時21歳 愛の地元の友達

真紀はこじはるに似てて可愛いかった
私は、当時はよくほしのあきに似ていると言われていた

愛は、なんだろう、椿奴?を10発くらい殴った感じの顔だった
5: Mystery01:38:46.21
つづきはよ
8: Mystery01:46:52.49 master
>>5
ごめん、書き溜めてない
なるべく早くかきます

くっそ暇でそこそこ豪華な店の体験入店に行ったが、初っ端からボーイと喧嘩したわたしは、逆に付けられず終わったww

時給分の金はもらえるわけだけど、この店も働けんなーと思ってたときに、同じく体験入店していた、愛と真紀に話しかけられた。

愛『この店、入るの?』

私『いや、入らないですねー』

愛『お店探してるなら、私が働いてたお店、紹介するよ!』

と言われて、店を紹介された。

とっとと店を決めたかった私は、良さそうな店なら入店しようと決めた。
6: Mystery01:41:35.82 master
当時、私は、都下で嬢をしながら生計を立てていた。

やるなら、20代前半までと決めていたので
、この際、歌舞伎町にいってみよう!と思い店を探していた。

ところが、当時の歌舞伎町もなかなか活気はなく、何件も体験入店をしていたが、なかなか決まらなかった。

そんなときに出会ったのが、愛と真紀だった
9: Mystery01:52:55.64 master
紹介された店は、キャバとスナックを足して2で割ったようなところで、年配のお姉さんが多かった。

時給もめちゃくちゃいいわけでもないけど、ノルマもそんなにキツくなさそうだし、まあ、ここでいいか、と思った。

面接してくれたのは店長だったが、そのとき気になることを言われた。

店長『あのさ、君をうちに紹介した子、いたでしょ?愛って子。あの子とはどういう知り合い?』

私『えっと、今日体験入店してた店で知り合った子ですけど…』

店長『そっか。あの子さ、地元に戻るって言ってうちの店辞めたんだよね。』

まあ、水商売だし、人間関係嫌だったとか、給料体系が嫌だったとか色々あんだろーなーと思った。

そして、その日のうちに愛と真紀とのみにいった
10: Mystery01:56:15.84 master
最初飲んでたのは、カラオケがついてるバーで、誰かが加藤ミリヤ歌ったのをきっかけに、ホストの話になった。

加藤ミリヤ歌ってた時点で、確か真紀は帰っていたと思う。

愛は、凄いホストがすきらしく、私も興味あるなら、今から初回行こうと誘われた。

私も、そこそこホスト遊びはしたが、歌舞伎町のホストにいくのは初めてだったのでオッケーした。
11: Mystery01:59:22.96 master
その日、3件くらいはしごしたけど、ホストの初回というのは、一件だいたい1000円くらいなので余裕だった。

朝方から飲み始めて夕方くらいに解散した。

自分の家はタクシー圏内だったので、タクシーとめてかえろうとすると、愛が1000円かして欲しいと言ってきたので、貸して帰った。

そこそこ楽しかったし、
田舎のホストと違ってイケメンも多かったし、
店も決まりそうだし、
良かったなーと思って、帰った。
12: Mystery02:01:48.11
愛をAとかにしないか?
15: Mystery02:09:50.21 master
>>12
アルファベット表記だと、私が混乱しそうなので名前にしました…
ちなみに仮名です。


普通、自分が地元に帰るからって辞めた店で働くか?と思ったが、まあ、状況とか色々あるんだろーと思ってスルーした。

1度、いっそ出戻りで、ちゃんと雇ってもらえばいーのにと言ったら、拒否された。

愛『夜はねー、ちゃんと上がろうと思ってやめたから。今は、昼も働いてるし、ちょっと忙しいの。』

私『へぇーなんの仕事してるんですか?』

愛『ベビーシッターかな?』

ほおー、すごいなーと思った。
13: Mystery02:04:31.77 master
それから、数日たって、愛から、

『真紀が入店決めたらしいけど、絵里はどーするの?入店しなよ!』

的なメールがきた。

決めてなかったが、私の名前を絵里とする。

ちなみに、真紀と愛は、新宿まで電車で1時間以上かかるところに住んでいる。

よくそんなとこから通うなーと思ったが、まあ、真紀は可愛いし、男の家とか近くにあるのかなくらいに思っていた。

そんなこんなで、私も無事入店し、愛に紹介された店で、晴れて新宿のキャバ嬢になった。

私も真紀も、ガッツリシフトを入れて店に出ていたが、

何故か、愛も時々同じ店で働いていた。
14: Mystery02:08:30.77
ほー
16: Mystery02:16:32.06 master
愛はレギュラーなわけではないので、自然と真紀と仲良くなった。

真紀が歌舞伎町で働いてる理由は、地元のホストの掛けが80万くらいあり、それを払うためだと言っていた。

私もホスト通いはしたが、そんなアホみたいな金を掛けにしてる友達は初めてだったので驚いた。

真紀は、可愛いのだが、アホで、騙されやすい女だった。
可愛いから、場内指名はとれるが、営業が下手なので、本指名は取れない。
更に、アホなので、ホストの営業にはすぐにひっかかっていた。

掛けを返すために歌舞伎町に来てるのに、色々理由をつけて、地元のホストに店に呼ばれるため、掛けは一向に減らない。

理由は、ホストにいくから、ただそれだけだが、真紀は、何で掛けが減らないのか理解できていなかった。
17: Mystery02:22:01.23 master
愛は、そんな真紀の事情も知っているのに、頻繁にホストに誘った。

私も誘われたが、私は、気が向いたときしか付き合わなかった。

だいたい飲み始めるのは、朝方で、ひどいと24時間飲んでいた。


1日だいたい1万くらいあれば遊び倒せたので、金もそんなにかからないし、楽しいから別にいっかなーと思って毎日過ごしていた。

が、徐々に違和感を感じ始めた。
18: Mystery02:27:14.52 master
お店のお姉さんたちは、私や真紀につめたい。
挨拶程度しかしない。

それは、多分、古株と新人って感じなんだろーなーと思っていた。

あと、愛は地味に金をたかる癖があった。

あ、絵里、ついでに私の煙草も買ってー
あ、細かいのないから出してー
おにぎりついでに買ってー

とか、そんな感じ。
煙草とか、おにぎりは断ってたが、細かいのは、基本、出していた。

ちなみに初めて飲んだ日の1000円を徴収したときは、凄い嫌そうな顔をしていた。
19: Mystery02:33:40.98 master
とある日、3人で飲んでいて、次はどこにいくかという話になった。

私『私、金もそんなないんで、初回でいけるとこがいいですわー』

愛『そっか。じゃあ、絵里が初回でいけて、私と真紀が指名でいけるとこがいーね!』

真紀『そうだね、うちらも金ないし!』

!?
当たり前だが、ホストは初回でいけば1000円だが、指名すると1時間で20000弱はかかる。

私『え、じゃあ三人とも初回でいけるとこにしましょーよ!』

愛『嫌だよーだって初回だと、初回のお金払わなきゃいけないじゃん!

指名がいれば、掛けで飲めるじゃん!』

ちなみに掛けというのは、店につけるということで、まあ、借金みたいなものである。

ちょっとこの子達は頭がおかしいのかな?と思い始めたのは、この頃。
21: Mystery02:40:05.01
絵里とか愛とか真紀とかみんな今までの彼女の名前でワロタwww
22: Mystery02:54:55.83 master
>>21
そんな多い名前ですかね?
ありがちですが、自分の周りにはない名前をつけました
24: Mystery04:35:42.43
ホスト狂いで金銭感覚まともな奴の方がめずらしいからな
25: Mystery07:07:21.22
よくわからんけど登場人物って
絵里・・・ >>1
愛・・・スレタイの金銭感覚の狂った女
真紀・・・愛に誘われるままアホみたいに金を使う文字通りアホの子
って感じでいいのか?
29: Mystery13:02:59.34 master
続き書きます。

登場人物まとめてくれた方、ありがとうございます。

その通りです。
30: Mystery13:09:41.40 master
愛と真紀は歌舞伎町で数店、担当(指名ホスト)を作り、掛けで飲んでいた。

真紀は、そんな高額ではないようで、ちょくちょく掛けは返済していた。

愛は、一切返済していなかったと思う。

とある店に初回で連れて行かれたとき、愛の連れなら、いい客に育つだろうと思われて、相当ガツガツ営業された。

愛の担当は、髪をアホ毛のようにセットしていた男で、私に、

『絵里ちゃんも、担当作ってよ!
みんなでシャンパンタワーしよーよ!』

とか言っていた。

私は、笑顔でスルーした。

その日の愛の掛けはだいたい10万くらいで、愛は、笑顔で『掛けで!』と言った。
アホ毛は笑顔で伝票を受け取っていた。
31: Mystery13:17:36.41 master
また別の日、朝まで飲んでいて、疲れた私はサウナで寝ていた。

そこから愛に呼び出されて、一緒に飲むことになった。

私が店に到着すると、愛の卓には5人くらいのホストがベタ付していて、麒麟の淡麗の缶がピラミッドのように積み上がっていた。
33: Mystery13:44:42.22
本当に夜の世界ってのは感覚が狂うのが一番怖いな……
34: Mystery15:32:07.10 master
淡麗はホストで飲むと凄い料金になる

淡麗だけじゃなくて、どの酒飲んでも、ホスト価格なわけだけど。

その日の愛の会計は40万だった。

愛は、笑顔で掛けで!と言った。

愛の担当(仮名を淡麗とする)に

『こんなに掛け作って大丈夫なのー?』

と聞いてみると

『知らない。大変なのは俺じゃなくて愛じゃん?』

と答えた。

水商売の掛けは、客から回収ができなかった場合、指名されてた人間が肩代わりすることになる。

淡麗は、多分、馬鹿なんだろうなと思った。
35: Mystery15:36:44.25
期待
38: Mystery15:47:35.21 master
淡麗は、もうすぐイベント打つから、絵里ちゃんも来てね!と言っていた。

プレイヤーをやめて、内勤になるらしい。

内勤とは、ボーイみたいな仕事で、ホストのように売り上げとかは、つかない。
そこそこのホストなら、内勤になると、月給は下がる。

淡麗は、愛の掛けをどーすんだろーと思った。

その日の売り上げのトップは、淡麗だったらしく、淡麗はラルクのハニーを愛の隣で熱唱していた。

アイウォンチューフラーイ

と高らかに歌う淡麗を、私は、生暖かい目で見ていた。
39: Mystery16:06:05.19 master
淡麗の店のそこそこイケメンとアフターすることになり、愛の話をした。

『絵里ちゃんって、キャバー?』

『うん、キャバだよー!愛と同じ店。』

『そっかあ!ねぇ、淡麗のイベント来てくれるー?』

『うーん、そんな金ないし』

『またまた~、愛ちゃんとおなじ店なら稼いでるでしょー!』

どうやら愛が異常に金を使ってるので、私も同じく金を持っていると思われているらしかった。

今日のように、1日に40万くらい金を使っていると言っていた。

ちなみに、うちの店は中級キャバなので、一日働いても、2万いかないくらいしか稼げない。

愛は、どうやって金策してるのか謎だった。
40: Mystery19:00:49.78 master
また別の日に、愛と歌舞伎町を歩いていると、突如愛がダッシュしだした。

あっけにとららていると、愛の後ろを、ホストが数人ダッシュしてきた。

私は、呆然と同じ場所に立ち尽くしていたのだが、数メートル先で、愛はホストに捕まった。

ホスト『おい!愛!お前!番号変えてなにやってんだよ!』

愛は、いやー、とか、んーとか、適当にごまかしていた。

どうやら、ダッシュホストの店の掛けを、愛は、踏み倒したらしい。

愛『いま、お金ないから無理!!』

愛は歌舞伎町の真ん中で絶叫した。
45: Mystery19:29:49.45 master
ダッシュの店の奴らに、愛が今通ってる店の担当は誰か聞かれた。

アホ毛と淡麗が頭に浮かんだが、黙っておいた。

愛に色々文句を言われたが放置しておいた。

漫画大好きで、新宿スワンも愛読していた私は、風呂に沈められたりとかするのかなと思ってたが、ダッシュは普通にお帰りになった。

愛は、ダッシュに追い掛けられた後も、遊び惚けていた。

淡麗もアホ毛も、愛が飲みに来たら酒を飲ませまくっていた。
もちろん、掛けで。
44: Mystery19:12:01.69 master
ダッシュ『ねぇ、愛の友達?』

私『え、あ、はい』

ダッシュ『ふーん。店、歌舞伎町?』

私『はい』

ダッシュ『ほら、お前!!今も歌舞伎町ではたらいてんじゃねーかよ!!』

ダッシュは愛を怒鳴った。
愛はあたしを睨みつけていた。

私『私はすぐそこのキャバで働いてますが、彼女と店は違います。』

ダッシュ『え、そうなの?』

愛『うん、今日はたまたま久々に歌舞伎町きただけだから!』

ダッシュ『またホストいってんのか!?』

愛『そんなお金ないから!』

そんな押し問答の末、解放された。
私は、ダッシュの店の他のホストに勧誘されてたが、面倒になりそうなので、番号は教えなかった。

愛はダッシュに3000円渡していた。

ダッシュは3000円貰って帰って行った。

愛から番号を聞いてたようなので、また、いつでも追い込めるからいーやと思ったんだと思う。

ダッシュもバカな奴だなと思った。
47: Mystery20:21:43.50 master
で、淡麗のイベントの日がやってきた。

淡麗の店は1部、2部、3部の三分構成で、24時間店が空いていた。

1部は18時から、2部は、5時から、3部は13時からだったかな。

淡麗は2部の人だった。

愛に一緒に行こうと誘われていたが、金がないと断った。

愛は、真紀を連れて行こうとしていた。
48: Mystery20:36:26.01 master
淡麗のイベントの日、愛は始発で新宿にやってきた。

その時、ちょうど真紀と私はご飯を食べていた。

真紀の携帯に愛から電話があったが、その日の夜、私たちは仕事があったので、さすがの真紀も行かないと断った。

私『ってかさ、愛は、今、歌舞伎町に掛けどれくらいあるのかな?』

真紀『んー、どうだろー。淡麗のとこだけで150万とかかなー』

私『アホ毛のとこもそのくらいだよね、あと、数店あるから、500万とか』

真紀『そんなもんじゃない?』

私『愛ってさ、実家お金持ちとかなの?』

真紀『違うと思うよー』

私『じゃあ、掛けとかどーすんの?踏み倒すの?』

真紀『いや、あてはあると思うー』

真紀は呑気に答えた。

あて…?
ベビーシッターやってるとかいってたし、そなボーナスか?

と思ったが、

全然違った。
49: Mystery20:47:58.79 master
真紀『絵里さ、お金欲しいと思う?』

私『金?あれば嬉しいけど…なんで?』

真紀『愛がさ、もうすぐ2000万はいるみたいなんだよね。』

2000万!?

私『え、宝くじ?』

真紀『いや、違うよ、メールが来たんだって。』

メール?

真紀『うん、なんか、

お願いします。2000万受け取ってください。

っていうメール』

私は、多分、人生でトップ5に入るくらい驚愕した。
51: Mystery20:56:14.76
あーこのメールおれんとこにも来たことあるわ
受け取ってもらえないと税金払う必要が出てくるんです!お願いします!
とかってやつか
あんなんウソに決まってるのに
52: Mystery21:10:41.89 master
>>51
まさにその類のメールだと思われ。

真紀『それでね、2000万を受け取るためには、5万ふりこまないといけないらしくて、愛は取り敢えずそれ振り込んだんだよね。』

私『…うん』

真紀『それで、今度15万振り込んでくれって言われたらしいんだよね。』

私『…うん』

真紀『愛は、お金ないから5万もお母さんに借りたらしいんだけど、もう親には借りれないから、15万貸して欲しいって言われたの。』

私『…うん?』

真紀『2000万入ったら、今までの歌舞伎町の掛けも全部払って、私の地元のホストの掛けも全部払ってくれるって言ってるのね。
でも、私も、お金ないの。

絵里、貯金してるって言ってたよね?
お金、かしてくれない?』

私は、目が飛び出そうだった。
53: Mystery21:11:17.31
どうなるんだろうか
気になる
54: Mystery21:14:43.68
その手のメール、俺の女房が引っ掛かって数百万円の損害出したわ。
女はバカだから、一度金を使うと取り返そうとして金銭感覚を無くするんだよな。
需要があったらそのうち詳細を書くよ。
56: Mystery21:37:50.56 master
>>54
後で詳細聞きたいです。
私の周りでこの類のメールにひっかかった馬鹿は、愛と真紀だけでした。

私は、落ち着いて真紀に話した。

私『それさ、詐欺だと思う。』

真紀は、絶望的な顔で私を見た。

私『うん、だからさ、たとえ15万お金貸しても、私にも、真紀にも、愛にも、金は入ってこないよ。』

真紀の顔はどんどん青くなっていった。

煙草を持つてが震えていたのを覚えてる。
55: Mystery21:18:13.45
真紀のアホさ加減ワロス
57: Mystery21:40:53.96 master
ちょっと一旦休憩します。
度々すいません。
質問があれば、可能な限り答えます。
58: Mystery21:54:25.32
そんなのはまるやついるんだな
59: Mystery21:55:24.53
すごいね
純粋って言うかww
続きが気になります
60: Mystery22:02:50.20
本当にいるんだな……
ばかって……
63: Mystery22:52:34.96 master
すいません続き書きます。

私『あのさ、愛は昼の仕事してるんじゃなかったっけ?ベビーシッター。』

真紀『あ、それはね、親戚の子供の面倒みてるだけだよー。時々。
3000円とか貰えるらしい。』

それって仕事じゃねえじゃんwww

私『他に何か仕事してないの?』

真紀『してないんじゃない』

そしてここで愛の過去の話を聞く。
66: Mystery23:09:10.17 master
愛と真紀は中学の友達。

愛は高校卒業後、大阪の大学へ。
そこでミナミのキャバで働き、
ミナミのホストにハマる。

学校に行かず飲み続け、
掛けが膨らみヘルで働くが、
今の時代、ヘルでもそんな稼げない。
見切りをつけた担当に、飛田新地に飛ばされそうになり、地元に戻って来た。

其の後、同じく歌舞伎町のキャバで働き、
ホストにはまり、売り掛けがやばくなったので、店を辞め、地元に戻った。

しかし、また金が足りなくなったので、
真紀を連れて歌舞伎町へ。
またホストにはまり、売り掛けを作った。←今ここ
69: Mystery23:18:49.09 master
絵に描いたような馬鹿だと思った。

取り敢えず真紀には、2000万のことは忘れて、地道に働いて、地元のホストへの売り掛けを返すよう伝えた。

真紀は笑顔で帰宅した。

私は、淡麗のことをちょっと可哀想に思いつつ、帰宅した。
71: Mystery23:27:19.60 master
夜になり、ヘアメイクをしていると、愛から淡麗の店に来るように連絡があった。

上に書いたが、淡麗は2部なので5時から働いている。

5時からの2部、13時ならの3部、18時からの1部を全制覇しちゃったあー!!

と異常にテンションが高かった。

私の分愛が払うといったので、速攻淡麗の店へ向かった。
72: Mystery23:33:04.69 master
1部が始まったばかりで、愛の卓以外は静かだった。

ビールの缶でタワーが二つできていた。
シャンパンが8本ほど空いていた。

周りのホストも愛も淡麗もベロベロで、私と同じく呼ばれた真紀だけが正気だった。

私は、内勤に伝票を教えてくれといった。

確か、金額は、300万弱だったかと思う。

淡麗は、嬉しそうにL'Arc-en-Cielを歌っていた。

仕事だから、真紀を迎えに来ただけだと告げ、真紀の手を引いて、淡麗の店を後にした。

愛はベロベロで、化粧もでろでろで化け物のようだった。
73: Mystery23:37:40.55 master
そのまま出勤し、接客をしていると、真紀と一緒に店長に呼ばれた。

店長『今日、愛も出勤のはずなんだけど、連絡が取れない。何か知ってる?』

ホストで飲んでまーっす!!!
とも言うわけにもいかないなあと思っていると、真紀が、

真紀『ホストで飲んでてベロベロですよ。私と絵里も呼び出されて、ちょっと寄って来ました。』

と言ったwwwwww
真紀は、速攻愛を売ったwwwww
74: Mystery23:39:00.13
目が漫画の様に飛び出たわwwwwwwwww
76: Mystery23:41:41.29
愛がぶっ飛んでるのはわかるが、真紀もなかなかの頭してるな
77: Mystery23:42:42.77
淡麗が気になるw
79: Mystery23:47:28.95
真紀はやっぱりアホの子だった
でもこういうキャラがいないと世の中面白くないよね
82: Mystery 00:03:03.03 master
>>79
真紀も真紀で、ちょっと伝説がありますが、これは、需要があれば話します。


愛がいなくなってから、暫くは至って平和だった。

そして、真紀も真紀で色々あり、店を辞めた。

私は、それでも働いていた。

固定客も掴み、収入も安定して来た頃、先輩たちとも仲良くなり始めた。

先輩1『絵里って、愛の紹介だったからさ、最初の印象悪かったんだけど、しっかりしてんだねー!』

先輩2『本当!お金とかもちゃんとしてるし、えらい!』

私『え、なんかあったんですか?』

そして、店でやらかした愛の暴走を聞くことになる。
80: Mystery23:56:44.55 master
しばらくして店長の携帯に愛から電話があった。

愛『すいませーん、体調悪くていけませーん』

店長『そうか。ホストで飲んで体調悪い女はうちで働いて貰わなくていいよ。今後一切うちの店は出禁で。』

こうして、愛は、うちの系列は出禁になった。

暫く愛から着信があったが、シカトを通した。

これが、愛をみた最後の日だった。




と思っていたが、数ヶ月後、会うことになる。

時系列順に話すので、これはちょっとあとの話になります。
81: Mystery23:58:48.46
愛めちゃくちゃだねw
83: Mystery 00:12:05.54 master
先輩1と先輩2にも、愛は金を借りていたらしい。

先輩たちも金を返して欲しかったが、絵里がやめる直前には、殆ど店に来なくなっていたので、金を請求する時間もなかった。

更に、先輩1は、愛と同じ店(結構有名なお店)に担当がいて、時々のみにいっていたが、愛が売り掛けを飛んだため、肩身が狭くなった。

先輩2は、彼氏の店(ホストではない)に売り掛けをされて、飛ばれた。

どうやら、愛の彼氏(ホスト)が地元の九州に帰るのについてく!と騒いでいたため、てっきり九州まで高飛びしたのかと思っていたが、私を連れて店にやって来たのを発見www
しかも、普通に自分も働き始めたため、金を返せと持ちかけたが拒否w

結局、店長と話し合い、愛が出勤したら、先輩1と先輩2に返す分を天引きしていたらしい。
84: Mystery 00:14:52.98 master
その後、愛のブログを発見し、わかったのだが、愛は、やめる直前、子供ができて堕していたみたい。

本当、頭が悪くて、アホな人だと思った。

おそらく、愛が作った借金は、全部合わせると、5000万は超えているのではないかと思う。
85: Mystery 00:15:56.85 master
一応、愛の話はここまでなんですが、何か質問等あればこのタイミングで。

ちょっとしばらくしたら、続きまとめていきます。
87: Mystery 00:17:29.78
その後、借金はどうなったんだろう?
90: Mystery 00:20:48.90 master
今まで書いた話からしばらく飛びますが、
数ヶ月後経ったある日、店にホストの集団が飲みに来た。

ホストは営業のため、時々キャバにものみに来る。

1人のホストが私を凝視していたので、私も凝視した。

『愛の友達じゃん!!!!』

なんと、アホ毛だった。
91: Mystery 00:20:58.04
愛は追い詰められないの?
92: Mystery 00:25:08.46 master
アホ毛は、私に一緒にシャンパンタワーしよーっといってきたホスト。

しかし、愛が指名していた頃、アホ毛はなんと内勤だったらしい。

愛は、やはり借金を踏み倒したため、アホ毛は、負債を抱えることになり、せっかく上がったのに、もう一度ホストとして客を呼ばないといけなくなった。

アホ毛『絵里ちゃん、愛の連絡先知らない?』

知らなかった。
電話番号も変えたらしく、マジでわからないと伝えた。

アホ毛は、残念そうにしていた。

可哀想だったので、愛の地元の場所と最寄り駅だけ教えた。
93: Mystery 00:27:35.35
アホ毛にパクられたのかな?
94: Mystery 00:30:03.58 master
アホ毛がきてから更に数ヶ月後、先輩が愛の新たなブログを見つけた。

アホ毛に教えたブログは、アホ毛にURLを教えてしばらくしてから閉鎖された。

愛は、彼氏とのプリクラをあげていた。

サングラスをした、EXILEのアツシを太らせて、チビにしてパンチパーマかけさせたような男と写っていた。


だぁは、今までの男とゎ違ぅ…
ぁたしの全てを受け入れてくれる人…
だぁのぉかげで、ぁたしゎ変わった…

みたいなことが書いてあった。

勤務地?みたいなところに新宿、業種に酒の絵文字があったので、まだ歌舞伎町で水商売やってんのかーと驚いた。
95: Mystery 00:32:26.47
それって金銭感覚はおろか、危機管理意識の問題じゃない。
97: Mystery 00:38:21.47 master
>>95
うん、そうかもしれない。
とにかく色々やばい女だった。


愛にあって、また数ヶ月たつんだが、お店の女の子と昼近くまで飲んで居た。

その頃、ホストには行かなくなってたので、専ら、カラオケできるBARみたいなとこであばれさくっていた。

すると、隣の卓から、聞き覚えのある

アイウォンチューフラーイ

が聞こえた。

淡麗だった。
96: Mystery 00:34:32.61 master
それからまたしばらくして、愛に会った。

パンチパーマみたいな男とではなく、うちの店のボーイと飲んでいた。

一緒にいた先輩1は、金返せよおおお!と愛に掴みかかった。

愛は、あはははーと笑っていた。
すげぇ女だなと思った。

その時、愛と仲良く話して、電話番号と店の場所を聞いた。

愛は、私を舐めた節もあったので、すぐに店の名前と番号を教えてくれた。

そらから、暫く愛をネオチして遊んでいた。
105: Mystery 00:53:59.66
おもしろいな

真面目に水商売してるから新鮮だわ
111: Mystery 01:23:51.66 master
>>105
お水の方ですか!
大変な仕事ですよね。
遊びでやってたときは、大丈夫でしたが、真剣にやってた頃は、体壊したり、心壊したり、自分は大変でした。
106: Mystery 01:01:29.33
常軌を逸してるやつの話って面白いよね
周りにいたらそんなこと言えないんだろうけど
109: Mystery 01:21:36.26 master
ベロベロだった私は、

『あ、淡麗じゃーん!』

と大声を出した!

淡麗はお客さんと飲みに来てたようで驚いていた。
お客さんに色恋営業をかけてたみたいで、四六時中チュッチュしてた。

お客さんに申し訳ないなーと思って、暫らく淡麗の席に背を向けていると、

『あ!愛の連れ!!!!!』

と今度は淡麗が絶叫した。
110: Mystery 01:22:32.27
淡麗気になってたw
113: Mystery 01:31:26.75 master
淡麗は、チュッチュしてたお客さんを速攻返すと、私のとなりに座った。

店の子は!?って感じだったけど、先輩に、愛が指名してホストですと伝えると、愛を知る人たちが、哀れむような目で淡麗を見た。

淡麗『絵里ちゃん…だよね?』

私『うん、よく覚えてるね。』

淡麗『愛の、連れだからね…』

淡麗は遠い目をして、煙草を咥えた。

そして淡麗は語り出した。

掛けの総額は合計600万。
愛とは一切連絡がとれない。
真紀ともとれないし、私の連絡先も誰も知らない。
(アフターしたホストにも教えなかった)
内勤の仕事では、600万を返すことは出来ず、イベントまで打ったのに、ホストとして働いている。
しかも、返す目処も立たない。

淡麗は、その頃、29くらいだった。
アルコールが体に残り始める年。
しかも、ちょっと前に渋谷にいた日サロ通いのギャル男みたいな風貌。
出てるのは相変わらず2部。

淡麗(´;ω;`)
114: Mystery 01:35:23.51
>>113
淡麗ww
115: Mystery 01:36:58.54
600万も掛けさせる淡麗もおかしい
借用書とか書かなかったのかな?
身分証のコピーも借用書も愛とかいう奴相手じゃ意味ないか

でも600万掛けさせるなら親の連絡先とか押さえとくべきだと思うけどね
淡麗も自業自得
119: Mystery 01:41:30.37 master
>>115
賢いホストならそうしたと思います。

ただ、淡麗の店は、有名な店でもなく、淡麗自身も頭のいいホストではなかったので、アホみたいに掛けをさせたみたいです。

また、ホストクラブ経営側は、掛けをさせてでも飲ませろ!と指導する人が多く、そういうところを狙って、愛は飲み歩いていました。

ちゃんとしてるホストは、愛のような客は怪しいので、掛けで飲ませません。
121: Mystery 01:43:33.00
>>119
ホスト遊びしてるからその辺はわかるよ

淡麗もそんな甘いから有名店でも働けないし更にしょぼい店でもナンバー圏外なんだよww
ホストなんてならなきゃよかったのにアホすぎる
124: Mystery 01:47:54.57 master
>>121
まじですか!
失礼いたしました!
都内でしたら、何処かですれ違っている可能性もありますね!
116: Mystery 01:37:02.59 master
淡麗
アホ毛
EXILE風味の彼氏
元ホストの九州男児

愛が指名するホストは、だいたい不細工だった。
そして、内勤か、ナンバー下位の男ばかりだった。
つまり、売り上げがあまりない人間。
売れていない人間だから、さも、太客のように見える愛に騙される。

しかも、愛は、真紀や私のように友達を連れてくるから、更にホストは安心してしまう。

ちなみに、ホストに入店する際、身分証の提示を求められるのだが、愛の身分証の住所は大阪の住所になっていたため、実家もわからない。

変なところで、愛は賢かったのだ。
118: Mystery 01:41:03.64
>>116
愛さん、そんな所に頭使ってねぇで他に頭使えよw
120: Mystery 01:43:04.50
まさに類友か
122: Mystery 01:46:01.57 master
私は、淡麗に、愛の連絡先、最寄り駅、勤務先、ブログを教えた。

あと、アホ毛のことと、アホ毛の連絡先も教えた。

淡麗は、お礼にと言って、煙草を2カートン買ってくれた。

解散は昼過ぎだった。

太陽を浴びたヒゲが伸び始めた淡麗は、ちょっと直視できなかった。
125: Mystery 01:49:48.33
なんだこの話面白すぎる
続けてくれー
126: Mystery 01:53:52.66 master
後日談。

淡麗とバイバイして、暫くすると、愛のブログは更新されなくなった。
電話番号は知ってたが、かける用事もないので放置しておいた。

それから、数年経って、私は、水商売を上がり、会社員となった。

で、いろいろあって、最近、地元に長期帰省している。

愛や淡麗のことも忘れかけていた私は、高校の同級生と久々にのみ、ホテルにインした。

ビデオとかやってないかなー?
とか言いながら、チャンネルを回していると、


愛が出ていた。
127: Mystery 01:55:30.30
画面越しの再会か
131: Mystery 02:01:09.51
切なくなるな
133: Mystery 02:06:56.20 master
ぶっちゃけると、
愛は、本当自業自得だと思う。

淡麗やアホ毛もアホだけど、愛がアホなことをしたから、2人の人生は多少なりともめちゃくちゃになった。

私は、それを止めなかった罪悪感と、ほんの少しの良心で、淡麗に情報を渡した。
煙草2カートンと引き換えに。

淡麗と、アホ毛の店は、もうない。

2人が追い込みをかけたのかどうかも、わからない。

自分の意志で出演した可能性もゼロではない。
そう思っておいた方が、私も気が楽だが、きっと、淡麗かアホ毛が介入しているんだと思う。
135: Mystery 02:09:06.31
>>133
別に1は悪くないと思うよ。気にするな
136: Mystery 02:12:00.25 master
私が、愛を地獄に突き落としたんだと思う。

違うかもしれないが、私は、そう思って生きて行くことにする。

自分が正しかったのかとか、もうわからないけど、闇金ウシジマくんや、ナニワ金融道を読み直して、なるべくしてそーなったんだろうと思うことにした。
137: Mystery 02:14:43.17 master
愛編終わりです。

ビデオ見つけて、なんか、いろいろまとめて整理したくなったので書きました。

読んでいただいてありがとう。

フェイクもところどころ入れましたが、ほぼ実話です。
240: Mystery08:25:45.90
都会って、こえ~所だな

今日の注目記事

おすすめ記事

bandicam 

2019-11-28 16-29-55-238


引用http://hayabusa3.5ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1420907524/