史上最大のクマ


bandicam 2019-04-21 07-09-32-025


今から70万年前に生きていたとされる「アルクトテリウム・アングスティデンス」の化石がアルゼンチンで発見された。立ち上がった時の大きさは4.5メートルというから驚きだ。

こんな巨大生物が当時は沢山いたと思うと興奮と同時に怖さも出てくるが、かつての地球は巨大な生きものが沢山いたという事実を改めて確認させられる。

Descubren un oso gigante de 700 mil años en San Pedro




今回発見された「アルクトテリウム・アングスティデンス」の化石はかなり保存状態が良かったとソイベルゾン博士が言っており、これまでの中でも最も巨大だったと話している。

bandicam 2019-04-21 07-08-03-357


もしも人が立ち向かっていったとしても頭から食べられるほど大きな口。
陸上だけで考えればこの地域で一番の肉食獣だったと言われている。

ネットの反応

comment
デカすぎて草

comment
これは凄い発見ですね

comment
今でもどこかに生きてる気がする

comment
凄いな~

comment
目の前にいたら卒倒しそう・・・

comment
それほど昔ではないのに巨大生物って存在したんだな~

立ち上がった時の姿



bandicam 2019-04-21 07-08-27-621


アルクトテリウム・アングスティデンスの牙

アルクトテリウム・アングスティデンスの牙は4センチを超えるものもあった

bandicam 2019-04-21 07-24-23-343


かなり良好な形で発見されたこの化石によって史上最大のクマ「アルクトテリウム・アングスティデンス」の研究はさらに進むだろう。

今日の注目記事

おすすめ記事

bandicam 

2019-11-28 16-29-55-238