bandicam 2019-02-21 16-47-57-155

ダンシングマニア事件


世の中には行動自体が未解決となっている出来事が沢山あり、それは世界中で発生していることに恐怖を感じる時がある。

この事件も多くの地域で見られた謎の現象だが、その理由は未だに謎に包まれている。

我々が最近耳にする言葉として集団ヒステリーというものがある。

これは誰か一人が色々な症状を発症した場合に次々と伝播されていくという現象で、人間の未解決部分の一つでもあるのだ。

おすすめ記事

ヨーロッパで爆発的に発症

bandicam 2017-11-06 06-54-27-101

ダンシングマニアという突然に踊り狂う人々が現われたのは古い時代は7世紀から記録があると言われている。とにかく踊り疲れて倒れるか場合によっては亡くなるまで踊りをやめないという行動をする。

世界での記録を辿っていくと1278年にドイツでダンシングマニアは発生しており、この時にはマース川の橋の上で約200人が踊り狂ったとされる。

その光景は異様で人々は何かにとり憑かれたような顔をしていたとも言われ、通常の感覚ではとても理解は出来ない。

そしてこの踊りで4者が出たとされるのは1374年のドイツとイタリアである。亡くなった人は食事をとることなく日夜踊り続けたとされており、最後には飢えによるものと極度の過労からくるものが原因とされた。

史上最大の狂気・ストラスブール

bandicam 2019-02-21 16-57-23-620

事件は1518年の7月に発生する。 フランスのストラスブールで史上最悪とも言えるダンシングマニアが起ってしまう。

これはある一人の女性が突然踊り出したことによって周りにいた人間たちも次々と伝播されてしまったことから始まった。

踊りが始まり1週間が過ぎても誰一人やめるものはなく、その数は100人以上にも達していく。さらに踊りと狂気は感染を続けていき1ヵ月後には400人にまで増加する大惨事となった。

当初フランスの警察は飽きればやめるだろうと甘い考えをしており市庁舎の一部を開放するという事までしている。

この事件では最終的に100名ほどの命が失われており心臓発作や脳卒中などが主な原因となった。

何が人を狂わせたのか

bandicam 2019-01-21 15-26-10-232

このダンシングマニアは未だにはっきりとした理由などは解明されていないが、歴史家の説が最も信憑性があると言われている。

目撃情報などから理由を考えていくと貧困層というワードが浮き上がってくる。踊り狂っていたのは飢餓などの苦しみから発生したのではないかという説だ。

確かに空腹というものは何かしらの精神的な異常を起こす可能性も否定は出来ないし一種に催眠的な作用がかかりやすくなるかもしれない。

しかしながらこの事件は明確に解明されたわけでもなく今もなお人々を狂わせたものが何かはわかっていない。

今日の注目記事

おすすめ記事

おすすめカテゴリ

2ちゃん伝説スレ

ホラー・怖い話

世界のミステリー事件 ・面白ニュース

未解決事件

オカルト・不思議

bandicam 

2019-11-28 16-29-55-238


記事一覧へ戻 る
bandicam 

2019-11-28 16-29-55-238

image credithttps://publicdomainq.net