bandicam 2018-05-28 20-52-06-292

Mystery master
アドルフ・ヒトラー - Wikipedia

アドルフ・ヒトラー(1889年4月20日 - 1945年4月30日)は、ドイツの政治家。ドイツ国首相、および国家元首であり、国家と一体であるとされた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の指導者。



本日のオススメ記事

吹いた画像貼るのだ『ハァイ ジョージィ!』



意識高い系ラーメン、新世界に突入する

人類って働かなくていい社会を目指すの?いつまでも新しい仕事を探すの?

アパートの下階の住人とバトルしてるんだが

非正規公務員が涙の訴え。「手取り11万円。正直、人の暮らしをナメている」



中小企業の上司だが、お前たちに年収300万しか渡せない理由を教えてやる

真面目な奴って中学で必ずいるけどさ

めちゃくちゃ最低だけど「生きる上でとても役に立ちそうな思想」を思いついたんやが

ある日、母親の精神が病んで大変なことになった・・・

懐かしいコピペを厳選して貼っていく


Mystery master
北方の遥か彼方、既知の世界の境界線を超えた場所に「トゥーレ」という伝説の地があるという。

そこは大地と海との区別がなく神秘的な地で草木が生い茂り、鳥や獣が遊ぶ楽園だという。

その存在は、紀元前3世紀のギリシャの探検家ピュテアスの『大洋』で記述されて以来、博物学者プリニス などや、沢山の歴史家や淑述家たちによって継承され続けてきた。

この伝説を裏づける決定的な証拠はなく、疑問も多いがその一方では極点の彼方で不思議な体験をした人々がも数多く存在するという。

例えば、米軍の南極で展開した「オペレーション・ハイジャンプ」の指揮官、リチャード・E・パード。  
1946年8月26日の作戦終了後に航空調査を行っていた彼は、極点上空を通過中に、ジャングルを発見 そのジャングルで暮らす動物を目撃している。
しかもそれだけだはなく、超スピードで移動する飛行物体とも 遭遇したというのだ。
Mystery master
また、南極の氷底の都市「レインボー・シティ」で暮らしたというヘファリン夫妻が記録した『ヘファリン文書』 の証言が実に具体的で興味深いものなのだ。

地底3000メートルにあるとされるこの都市は、約250万年前に飛来してきた天空人の子孫「ハクラン」が興したもので その都は虹の構成色にちなんでおり7つの都市が存在し中央には白色の巨大なピラミッドが鎮座し、都市は透明なチューブで 結ばれ、円形の翼を持つ乗り物が飛んでいたというのだ。

彼ら夫婦の体験とトゥーレの伝説に乖離している部分も多いがある一方では符号する点も多い。

また、別の親子で実際に訪れた人物もいるのだという。スウェーデン漁師のエンス・ヤンセンと息子オラフだ。

北極に近いノルウェー周辺でも極北の彼方に楽園があるという伝説は古くから語り伝えられて来た。

1829年4月、二人は楽園へと出航しひたすら北を目指した。しかし、北極圏に到達したところで船は嵐に巻き込まれ てしまう。しかし、なんとか穏やかな洋上へと辿り着いた二人は驚くべきものを目にする。

それは、海水に囲まれた水のトンネルであった。
親子は呆然としながらもその水のトンネルを抜け先へ進んだ。

トンネルの先では、上空に太陽が輝き、その太陽は親子が知る太陽よりも小さくバラの花のように赤く煙につつまれたように 鈍い光を放つ不思議なものであったという。
Mystery master
親子は驚きながらも陸地を目指し先へと進むと、今度は巨大な船が目の前に現れた。その船には4メートルほどの巨人が乗っており 幸いにも友好的な巨人で彼らの国へと招かれた、その後その地底都市で2年間過ごした後ヤンセン親子は帰国を決意し

教えられたルートをたどり南下すると、南極の海へと出たという。

その直後悲劇的な事に、二人が乗っていた船は氷山へと激突、土産に渡された巨大な金塊や地底の地図など父親のエンス と共に氷海へと消えてしまった。

幸いにも生き残ったオラフは奇跡的に救助されたが、地底都市での話を信じる者は誰一人としていなかった。

しかし、ノルウェーの漁師たちの間には巨人を見た、煙のような太陽を見たなどの手記や伝説はいくつも残されているという。

これら数々の体験談や証言を繋ぎ合わせて考えてみると、やはり南北の極点は地底世界へと繋がっていて時折、地上の人々が 迷い込んでしまうという結論にたどり着く。

彼らがそこで見た伝説の地底都市は、まさしく「トゥーレ伝説」の楽園に違いないのではないのだろうか。
Mystery master
未知なる大陸の底に存在する都市。

実はこれらの伝説に非常に興味を抱いた人物がいる。
ナチス・ドイツのアドルフ・ヒトラーである。

ヒトラーは神秘主義に心酔しており、自身でも膨大な古文書や伝承を熱心に研究し、地球内部に超科学技術が 存在すると確信し、チベットや南極に調査団を幾度となく派遣していたという。

ヒトラーは、南極大陸の底にあると云われる地底(虹の都)や北極地方の「トゥーレ」伝説に非常に興味を持っていた。

その、彼のオカルティズムな思想に援助したのが、秘密結社「トゥーレー協会」であり、極北の楽園トゥーレの存在を信じる神秘主義者の組織である。

彼らは、太古の昔の存在したとされる超文明人の子孫がゲルマン民族であると信じ
ノルンディクによる霊的な共同体 の創造を目標としていた。

この思想は、後にヒトラーが標榜する第三帝国の原点となると共にナチス・ドイツを南極探査へと進める原動力となった。
Mystery master
このトゥーレ教会と発展的融合を果たす「ヴリル協会」の創設者カール・ハウスホーファーもまた、ヒトラーへの 助言者の一人であった。

彼は未知なるエネルギー「ヴリル」を操る者が棲む地底の王国「アガルタ」がゲルマン民族の故郷であり、その子孫である 自分達がヴリルの力で世界の支配者になるべきだと考えていた。

この二つの組織の思想に傾注したヒトラーは、未知なる地底王国を探索する手がかりを求め、チベットを中心にアジアへも 調査団を何度も派遣していくことになる。

二つの組織。「トゥーレ」と「アガルタ」彼らの神秘的な超科学を獲得しヒトラーの新たなる帝国を実現しようと考えていた。

しかし残念な事に彼のこの探索は失敗に終わってしまった。

何故なら、ヒトラーが行うこの探険の目的を当初から疑問視する関係者が多く、また派遣する人数も膨大なもので非常に大掛かりな 探索となった為であり、南極の気象条件、物資の補給など、どれをとっても条件的には極めて厳しい南極に、それも人工衛星用の基地を 建設するなど、どう考えても不合理な話だったからである。
Mystery master
南極大陸には、現在も謎めいた古代文明と思われる遺跡の跡や遺物の発見が続いている。

今年3月には、NASAのアイス・ブリッジプロジェクトの最新のリモートセンシング・システム「アトラス」を搭載した飛行機が 南極の氷床をレーダー撮影しながらその調査し上空から撮影したその写真には、驚くべき事に人工的なものと思われる遺跡が写されていた。


ヒトラーが心酔し追い求めていた、南極大陸の地底王国の楽園の謎がこの先の新技術によって解明される日が来るのもそう遠くはないのかもしれない。



サイト内の記事を検索する(例:未解決事件)


今日の注目記事

【1】 【悲報】ワイ「YouTubeやってます」 バカ「登録者 は?w」→結果


【2】 もはや懐かしいコロナ用語www


【3】 ゲーム業界のタブーって 何があるの?


【4】 戦闘機って1機100億越えてるんやな・・ ・


【5】 アニメのCGに拒否反応持ってるや つwww


【6】 アマゾン利用してる奴 、ガチで今すぐクレカ明細確認しろ


【7】 いったいなぜ?子供を抱 く女性の顔が黒く塗りつぶされているヴィクトリア時代の写真


【8】 【 闇】旭川女子中学生いじめ殺人事件、遺族が手記を公開 教頭「1人の被害者のために10人の加害者の未来をつ ぶしていいんですか?」


【9】 【悲報】若者の腕時計、スマートウォ ッチが主流になってしまう


【10】 大阪の千日前のビックカ メラの怖い話聞いて眠れない



注目記事

【アメリカの未確認生物 】スレンダーマンが撮影されたとウワサのビデオ

【中国最大の闇】赤いド レスの男の子事件に隠された謎

【ガチの人間ホラー】ゆうべ合コ ンで会った女が家の前にいる 

【宇宙ミステリー】オウムア ムアはUFOかもしれない小学校中学校と俺が受けた イジメの一覧

【2ちゃん伝説スレ】友人が街コ ンで会った女が少し変なんだ

ドラえもんの無能 な道具で打線組んだwwwwwww

生保レディの女友達が豹変した

人生最大の修羅 場

9.11の謎で打線組んだ

おすすめカテゴリ

2ちゃん伝説スレ

ホラー・怖い話

世界のミステリー事件 ・面白ニュース

未解決事件

オカルト・不思議

bandicam 

2019-11-28 16-29-55-238




記事一覧へ戻 る
bandicam 

2019-11-28 16-29-55-238


オカルトランキング



image credithttps://publicdomainq.net