壺
1: 18:10:15.062 ID:xXIir/mp0HLWN
男「何年ぶりだろうなー、連絡くれて嬉しいよ!」

男「……で、話って?」

旧友「これなんだけど……」ドンッ

男「!」

旧友「このツボ……買ってくれないか?」

旧友「霊験あらたかなツボでさ。これを持ってるだけで、仕事は上手くいき、女性にモテて……」

男「……」

男(やっぱりこういう話かよ……)

今日のオススメ



宇宙はもう一つ上の次元 にプログラミングされた世界説

霊とかオカルト全く信じ てない俺が体験した不思議なこと

犯罪者に責任能力がなければ 無罪になるってあり得ない

室蘭で行方不明になった美少 女を探せ



昔の人ってみんなUFO信 じてたよね

中学の時に成績で学年トップだっ た奴が逮捕された

この画像を見ると昔の子供のヤバさ がわかる

虫歯を2年近く放置 した結果wwww

日本最強の「ダン ジョン駅」

新型コロナウイルスの本当の脅威

ルーマニア事件 あの日 、益野友利香さんに何が起こったのか


3: 18:13:12.940 ID:xXIir/mp0HLWN
男「……いくら?」

旧友「5万なんだけど……」

男「分かったよ……買うよ」

旧友「ホントか!? 助かる! ありがとう!」

男「今手持ちないから……ちょっとATMで下ろしてくる」

旧友「悪いな、ここのコーヒー代おごるから!」

男(俺ってお人よしだなぁ……)
4: 18:14:42.638 ID:2KaBV2LW0HLWN
これはハクション大魔王定期
5: 18:14:57.254 ID:AJePHNDxdHLWN
そのまま帰るんだろ?
6: 18:15:45.530 ID:hIIH/2wjdHLWN
そして彼は帰ってこなかった
7: 18:16:27.250 ID:xXIir/mp0HLWN
男「……」

男(あーあ、ホントに買っちゃったよ、5万円のツボを)

男(そんなに稼いでるわけじゃねえのに、俺はなにやってんだか……)

男「……」

男(とりあえず、磨いてみるか)

男「……」キュッキュッ

キュッキュッ… キュッキュッ…
8: 18:16:45.720 ID:D0xU2aMl0HLWN
しかし何も出ない
10: 18:19:19.980 ID:xXIir/mp0HLWN
男「ん~……」

ピカピカ…

男「うん……ふむ……ほぉ……」

男「磨いてみると……悪くないんじゃないか、これ?」

男「よし、もうちょっと磨いてみよう……」

キュッキュッ… キュッキュッ…

男(ツボを磨くのって案外楽しいな……)
11: 18:20:58.088 ID:rrY87YxjrHLWN
あれは…いいものだ!
12: 18:22:17.092 ID:u5lp5+pK0HLWN
ほう
13: 18:23:18.786 ID:xXIir/mp0HLWN
課長「なーにやってんだ! こんなミスして!」

男「すいませんすいません!」

課長「まったく……恥ずかしくないのか!」

男「恥ずかしいです……」

課長「恥ずかしいと思ってないからこんなミスをするんだよぉ!」

男(ミスしたのは悪いけど、こんなネチネチ説教することないだろうが……)
14: 18:27:34.158 ID:xXIir/mp0HLWN
男(仕事が終わっても、まだ腹立たしさが残ってる……)

男(っと、ツボがある。これ壊したらスッキリするかな?)

男(いかんいかん! 5万で買ったツボだぞ! 壊してどうする!)

男(それより――)

男「課長のバカヤローッ! 死ねーっ!」

男「謝ってんだから、いつまでもネチネチ絡んでくるんじゃねー!」

男「だいたいてめえだってミスしてるだろうが! こないだだって……!」

男「……」

男「あー、スッとした。ツボの中に叫ぶって結構ストレス解消できるな」
15: 18:30:08.996 ID:xXIir/mp0HLWN
男(今日もツボ磨きっと……)キュッキュッ

男「……」キュッキュッ

男「……」キュッキュッ

男「うん、今日も輝いてる」

男「だけど――」

グチャ…

男「ツボに比べると、部屋がきたねえな。掃除するか……」
17: 18:33:28.516 ID:xXIir/mp0HLWN
男(本棚の裏、埃が溜まっちゃってるよ)

男(うわ、排水口やべえ)

男(エアコンなんて、最後に掃除したのいつだっけ……)

ゴシゴシ… フキフキ…

キラキラ…

男「お~、一日頑張ったらキレイになった!」

男(ツボがなかったら、ずっと汚いままにしてたかもしれないな)
18: 18:34:12.818 ID:o1E1bHrQ0HLWN
いい話じゃん感動した
19: 18:35:15.426 ID:7piqhLx40HLWN
期待
20: 18:35:27.318 ID:FGzaa3k3dHLWN
これは期待
21: 18:36:01.291 ID:BFi7UqiJ0HLWN
みてるよ
23: 18:36:28.184 ID:xXIir/mp0HLWN
男(明日は大事なプレゼンだ……緊張するなぁ)

男(だけど――)

男「……」キュッキュッ

男「ツボを磨いてると落ちつく……これなら熟睡できそうだ」



課長「今日のプレゼン、なかなかだったぞ。お前も成長したな」

男「ありがとうございます!」
24: 18:39:26.695 ID:pvjRpkei0HLWN
ツボ効果すげえ
25: 18:39:31.043 ID:xXIir/mp0HLWN
取引先「いいかい? 別に君んとこじゃなくてもいいんだよ。他にも代わりはいるんだ!」

男「そこを何とか……」



男(嫌なことがあったら――)

男「ボケーッ! 代わりがいるんならいちいち脅さず、とっととそっちにしろや! どうせ出来ねえくせによ!」

男「あー……スッとした!」
26: 18:42:02.687 ID:rrY87YxjrHLWN
ツボを有効利用してるな
27: 18:44:14.305 ID:xXIir/mp0HLWN
男「ふんふ~ん」カタカタ

女「お菓子食べます?」

男「ありがとう」

女「……」

男「ん? 俺の顔に何かついてる?」

女「最近生き生きしてますよね。前はもっとこう……」

男「あ、分かる?」
28: 18:45:20.465 ID:7piqhLx40HLWN
ぶっちゃけもう5万の元取れてるレベルだと思う
29: 18:47:27.284 ID:xXIir/mp0HLWN
男「実は……ツボのおかげなんだ」

女「ツボ? 私にも教えて下さい! 体のどこを押せばいいんですか?」

男「あ、いや、そのツボじゃなくて……容器のツボなんだ」

女「へぇ~、そういうのに興味があるんですか、ちょっと意外!」

男「だよね」

男(俺だってまさか、自分があんなもん買うとは思わなかったもん)
30: 18:48:21.945 ID:u5lp5+pK0HLWN
ふむふむ
31: 18:49:39.589 ID:FGzaa3k3dHLWN
何か懐かしい雰囲気だなって思ったけどあれだ
週刊ストーリーランドの露店BBAだわ
32: 18:50:19.143 ID:xXIir/mp0HLWN
女「よかったら、どんなツボか見せてくれませんか?」

女「私もこう見えて、骨董品にはちょっとうるさいんですよ~」

男「別にかまわないけど」

女「じゃあ、今夜にでもお家にお邪魔させて下さい!」

男「う、うん」

男(まさか、こうなるとは……女の子が自宅に来るなんて初めてだぞ)
33: 18:53:04.400 ID:xXIir/mp0HLWN
女「うわ~、ものすごくお部屋キレイですね! 私の部屋よりキレイかも!」

男「毎日掃除してるからね」

男(ただしツボ買ってなかったら、典型的汚部屋だったけどね……助かったわぁ)

女「で、ツボはどれですか?」

男「これなんだけど」

ピカピカ…

女「わぁっ、すごい! ピカピカじゃないですか!」

男「磨きまくってるからね」
34: 18:56:25.123 ID:xXIir/mp0HLWN
女「うん……うん、うん」

女「これは絶対……すごい価値がありますよ! 100万……いえ、1000万の価値はあるかも!」

男「は……?」

女「私のアナライズ(分析)に間違いなしです!」

男(この子の目はだいぶ節穴のようだ)

女「そうだ、TVの『どれでも鑑定団』で鑑定してもらいましょうよ! きっとすごいことに……」

男「!? いやいやいや! 鑑定なんかしなくていいよ!」

女「欲をかかないんですね。なんだか見直しちゃった……」

男(恥をかきたくないだけだよ……)
35: 19:00:08.731 ID:xXIir/mp0HLWN
アハハハ…

男「へぇ~、そうなんだ」

女「その時の写真がこれで……」

男(今まであまり話したことなかったけど、こうして話してるとすごく気が合うな)

女「そこで、ポップコーンがボッカーンと……」バッ

ガンッ!

女「痛っ!」
36: 19:03:06.685 ID:BVj7lXa/0HLWN
あっ
37: 19:03:22.849 ID:u5lp5+pK0HLWN
まさか
38: 19:03:28.595 ID:xXIir/mp0HLWN
女「あ……ツボに手が当たって……ちょっと欠け……」

男「あー……」

女「あああああああっ! 私のせいで1000万がああああ! ごめんなさいいいいい!」

男「気にしないで。それより怪我はなかった? 指切ってるかも」

女「大丈夫……です。だけどツボが……」

男「ほんのちょっと欠けただし、全然大したツボじゃないから」

女(私を気遣ってくれてる……なんて優しい人なの)
39: 19:04:45.090 ID:rrY87YxjrHLWN
いい仕事してますね
40: 19:05:14.079 ID:pvjRpkei0HLWN
むしろツボなくても有能すぎるやつ
41: 19:06:28.192 ID:KXgyYahr0HLWN
人が変わるきっかけなんてそんなもん
42: 19:07:23.008 ID:xXIir/mp0HLWN
男(あの一件以来、職場でもよく話すようになって……)

男「……」カタカタ

女「今日はお仕事早く終わりそうですか?」

男「うん、もうすぐ片付きそう」カタカタ

女「でしたらツボのお詫びも兼ねて、ご飯でもどうでしょう? できればお酒を飲めるお店で……」

男「いいけど。ツボのことは本当に気にしなくていいからね。自分なりに修復したしさ」
43: 19:10:35.995 ID:E7FhJfrK0HLWN
物は考えよう、イエスマンみたいな話だな
44: 19:11:20.234 ID:xXIir/mp0HLWN
女「今日は……楽しかったです!」

男「俺もさ」

女「だけど……ずいぶん酔っ払っちゃった」ヨロッ

男「えっ……」

女「どこか……泊まりません?」

男(この展開……どうやら彼女の思うツボになってしまったようだ)
45: 19:11:48.142 ID:VJ0Lq6RK0HLWN
思うツボ言いたかっただけちゃうんか!
46: 19:13:35.593 ID:u5lp5+pK0HLWN
うまいこと言った気になってんじゃねえぞ!
47: 19:14:30.115 ID:xXIir/mp0HLWN
男(彼女との仲はどんどん進展してる。このままいけば結婚も……)

男「……ん?」

男(旧友からメールが……)

『話がある。また会えないかな』

男(なんで……!? 今になって……!?)

男(いったいどんな話が……!? 今度は何を買わせるつもりだ……!?)
49: 19:16:07.854 ID:d9IL+AfN0HLWN
終わりかと思ったら続いてた
50: 19:17:54.640 ID:xXIir/mp0HLWN
男「連絡くれたけど……話って?」

旧友「これ」スッ…

男「封筒?」

旧友「いつだったかの5万円……返すよ」

男「へ? なんでまた急に……?」

旧友「実はあの時の俺、就活失敗して、仕方なく霊感商法みたいなことやってる会社に入っちゃってさ」

旧友「しかも異常にノルマに厳しい会社で、知り合いにも商品売りつけたりしてたんだ……」
51: 19:19:00.108 ID:njZ1QYCOaHLWN
あー
52: 19:19:21.047 ID:0Yb/Eejx0HLWN
やさしいなー
54: 19:20:36.809 ID:xXIir/mp0HLWN
旧友「だけど、やっと目が覚めて、今はまともな会社に転職してさ」

旧友「それでも罪悪感がすごくて……返せる人にはお金返すようにしてんだ」

男「いや、いいよ。俺だって分かってて買ったんだし」

旧友「いや! 受け取ってくれた方が気が楽になるんだ! 受け取ってくれ!」

男「じゃあ……」

旧友「ありがとう! 本当に悪かったな!」

男「……」
55: 19:20:52.476 ID:pvjRpkei0HLWN
いいやつ
56: 19:21:28.748 ID:nsYKcIw5rHLWN
ええ話や
57: 19:23:25.946 ID:xXIir/mp0HLWN
男「……」

女「あれ? なんだか機嫌がいいですね」

男「ちょっといいことがあってね」

女「どんな?」

男「人間ってそう捨てたもんじゃない、と思えるようなことかな」

男「あ、そうだ! よかったら、今夜豪華な食事でもしない? 臨時収入があったんだ」

女「じゃあお呼ばれしちゃいます!」
58: 19:26:41.194 ID:xXIir/mp0HLWN
やがて――

男「……」キュッキュッ

女「そのツボのことは教えてもらいましたけど、今日も丁寧に磨いてますね~」

男「大したことないとはいえ、ここまでくると愛着があるからね」キュッキュッ

男「だけど、今の俺にはこのツボぐらい大切なものがもう一つある」ゴトッ

女「なんでしょう?」

男「君だ」

女「……!」
61: 19:27:37.670 ID:fqiYiopgrHLWN
ツボと同じくらいって
63: 19:30:09.701 ID:xXIir/mp0HLWN
男「一生大切にする、結婚してくれないか」

女「はいっ!」

女「だけど、一つだけいっていいですか」

男「?」

女「できればそのツボより、私のことを大切にして下さい!」

男「いっけね!」

アッハッハッハ…

…………

……
64: 19:32:20.440 ID:FGzaa3k3dHLWN
これでいつしかツボを磨かなくなってツボが恨んで……とかいう展開はやめてくれよ
65: 19:32:36.684 ID:V1xQB/Bl0HLWN
面白い
66: 19:32:45.182 ID:miHsJRS50HLWN
もうちょい淡々とした文章にしたら星新一短編集に入ってても違和感ねぇかもな
71: 19:39:06.810 ID:tUnaigOP0HLWN
>>66
星新一ならラストで真っ黒展開に
67: 19:33:11.960 ID:pvjRpkei0HLWN
どう〆るのこれ
69: 19:35:17.651 ID:xXIir/mp0HLWN
娘「ねーねー、おとうさん」

男「ん?」

娘「このツボ、とっても大切に飾ってあるけど、なんでなの?」

男「ああ、俺の人生を変えてくれたツボだからだよ」

男「俺と母さんが結婚したのも、このツボのおかげといっても過言じゃないんだ」

娘「ふーん」

男「お前にはこのツボ、どんな風に見える? 何を感じる?」

娘「うーんとね……」ジロジロ
70: 19:38:28.396 ID:xXIir/mp0HLWN
娘「なーんも感じない。ただの安っぽいツボにしか見えない」

男「ぷっ……アッハッハッハッハ! だよなぁ! 子供は正直でよろしい!」

男「アーッハッハッハッハ! フフフッ……アハハハハハッ!」

女「ちょっとあなた、大笑いしてどうしたの?」

男「いや……ちょっとツボに入っただけだよ」







おわり
72: 19:39:46.447 ID:0Yb/Eejx0HLWN
面白かった乙
73: 19:39:54.964 ID:VJ0Lq6RK0HLWN
気持ちのいい締め方しやがって!
75: 19:41:40.225 ID:pvjRpkei0HLWN
面白かったおつ
76: 19:43:17.838 ID:7piqhLx40HLWN

楽しめた
77: 19:45:21.136 ID:fscWU2Ax0HLWN
イイハナシダナー
79: 19:54:16.768 ID:eUoMyYnX0HLWN
久々に楽しかった

80: 19:58:56.319 ID:P5Gjpfa5xHLWN

つぼを押さえた展開だった
82: 20:01:51.038 ID:2GZFYL0g0HLWN
久しぶりに良SSに出会った気がする
85: 20:08:11.544 ID:q2H00YRcrHLWN
良作
87: 20:31:33.038 ID:HCgwRVjz0HLWN
楽しめました
良いやつぼかりの優しい世界好きなんだ


Twitterでシェアする

サイト内の記事を検索する(例:未解決事件)


今日の注目記事ベスト10

【1】 大学やめてやったwww w


【2】 奇跡の瞬間gif画像  これはマジで 凄い…


【3】 嫁から凄まじい破壊力のカミングアウ トされた


【4】 昭和生まれのガチな美人を貼 ってく


【5】 市川海老蔵さんの地震預言は当た るのか「5月にすごいのが来る」


【6】 結局、コロナ後の 勝ち組業界ってどこ?


【7】 深夜の怖い画像 睡眠不 足に注意しろ


【8】 同級生のブスと結婚した話


【9】 夜勤ってコスパ最 高なのに嫌がられるよな


【10】 世界の未解決事件 エリ サ・ラムのエレベーター内での不可解な行動



おすすめ記事

怖 い 都 市 伝 説 教  え て

南海トラフ地震って実際ヤバ そうだよな

嫁の実家に行った ら囲炉裏で餅焼いてくれたんだけど灰がすごくて気持ち悪かった

【リツヤ湾大津波 ヤバすぎ】世界史に残る最大の津波の高さが524mという事実

SOS遭難事件ってヤバ くないか?

【ガチの人間ホラー】ゆうべ合コン で会った女が家の前にいる 

韓国の「カエル少年失踪 事件」って知ってる?





おすすめカテゴリ

2ちゃん伝説スレ

ホラー・怖い話

世界のミステリー事件 ・面白ニュース

未解決事件

オカルト・不思議

bandicam 

2019-11-28 16-29-55-238


記事一覧へ戻 る
bandicam 

2019-11-28 16-29-55-238


オカルトランキング



image credithttps://publicdomainq.net

https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1604135415/