bandicam 2018-08-16 17-33-33-238
654: 2013/11/17(日) 10:11:00.08 ID:Ga3ADho+0
では何を書こうか。

関連記事

ヘタレの元葬儀屋だけど質問ある?(木魚編から)

ヘタレの元葬儀屋だけど質問ある?(オカルト編)


スポンサーリンク

今日のオススメ

【女子高生コンクリート詰め殺人事件】主犯4人に関係する衝撃の事実を教える

【未解決】八王子スーパーナンペイ事件の犯人って誰なんだ?

弟が障害持ちなんだが介護に疲れきってしまった




年上で34歳美人看護師さんに結婚を迫られてる

【不気味な集落】日本なのに怪しい国旗を掲げる場所があった

【ネットの闇】おんjで起きた事件やガチで怖かったスレ




656: 2013/11/17(日) 11:13:01.22 ID:vKOGd7i+i
では生臭坊主を書こうか。
一般的に坊さんは地域の世話役であったり人格者が多いイメージだが、この坊主に限っては俺の中の坊主のイメージを完全に覆す変人だった。

用事しながら書くから更新遅いかもです。
657: 2013/11/17(日) 11:28:12.06 ID:vKOGd7i+i
檀家の居ない生臭坊主




夕方に引取りが入り、自宅へと御遺体を移送する事になった。
俺「このまま担当するんですかね」
先輩「そうなるだろうな、自宅に仏壇もないらしいし、何処かしらの寺院を紹介しないとな」
俺「宗派によりますけどね…何宗かわかるんでしょうか」
先輩「それは当家次第だな、新宅だしこればかりはな。」
御遺体を自宅へとお送りし、一般的な枕飾りを完了してから今回導師を勤めて貰う寺院の話になった。
俺「ご宗旨はお分かりでしょうか」
喪主「全くの無信教なもので…」
658: 2013/11/17(日) 11:37:08.07 ID:Ga3ADho+0
俺「故人様のご意向などは…」
喪主「そういえば…○○寺にお墓があるとか。」
俺「では浄土系の寺院様ですね、先輩。」
先輩「……。」
俺「先輩?」
先輩「あ、いや、その寺院は存じておりますが…」
喪主「何か?」
先輩「あまり檀家をお持ちではなくて我々もあまりお付き合いがない御寺院なので」
喪主「なら尚更檀家になり易いし、故人の累々の墓もあるし、そこの御寺院にお願いしたいのですが」
俺「わかりました。連絡を取ってみましょう」
先輩「…」
659: 2013/11/17(日) 11:44:51.36 ID:Ga3ADho+0
その当時の俺は寺の格だとか、坊主の腕前だとか評価なんてモノまで理解できていなかった。
666: 2013/11/17(日) 15:03:15.10 ID:BOFf+zZ7i
一旦席を外し、寺院への渡りをつけようと外に出た。(室内でも良かったんだが先輩が連れ出した)
先輩「○○寺はマズイw」
俺「何でですか?」
先輩「あそこは寺とは言わんwろくな式にならんぞ⁈当家に説明出来ん程破天荒だからな…」
俺「では他の御寺院を紹介しましょうか?他にも色々ありますし」
先輩「当家がそうしてくれたらな…」
先輩の心配は的中した…当家としては故人縁の寺である事と何か繋がりを持ちたいという感情から、頑なに首を縦には振ってくれなかった。
まぁ、最初に俺が軽い気持ちで乗ったのが悪いんだが…。





とりあえず、枕経に来てもらいましょう。
先輩、心配しすぎっすよwww
669: 2013/11/17(日) 15:16:00.82 ID:BOFf+zZ7i
prrr…ガチャ
坊主「はい、もしもしぃ?」
お「○○寺様でしょうか、私○○会館の俺と申します。」
坊主「何や、要件は?今野球見てるから忙しいねん」
(は?)
俺「ご当家様から故人様縁の御寺院だと伺いまして、枕経、延いてはご葬儀の導師をお願い致したく…」
坊主「えぇでェー、野球終わったら行くから9時半位やな。ワシ呑んでるから自分迎えに来てやwww後お前堅苦しいわ!」
※坊主の会話はほぼフェイクなしのガチンコだwww




ええぇェええ~…(;´д`)




何なんだこの坊主…。先輩、俺イキナリ禿げそうです…。
671: 2013/11/17(日) 15:24:50.85 ID:BOFf+zZ7i
酒飲んで来られても困るので
俺「お迎えに上がりますので、お酒は控えてお待ち下さい」
坊主「だから堅苦しいっちゅうねん!酒飲もうが何しようがワシの勝手やないかい‼︎そんなん言うたら行かへんぞ!」
俺「すいません…」
坊主「な?そうなってくるねん。わかっから文句言うな」ガチャリ
俺「」
えらいとこに依頼しちまったぁ~!
俺「どーしよ、先輩(泣)」
先輩「俺は知らん。枕経と見積りは付いてやるが後はパスだ」







マジか…またもやぼっち。





かーちゃん、俺、若禿げるよ…(;´д`)
675: 2013/11/17(日) 15:43:55.41 ID:BOFf+zZ7i
一旦先輩に見積りを任せて坊主の住む寺へ向かう事になった。
(やべーゃ…どう考えても変人じゃねーか…どうするべ…(´・ω・`))
地図と記憶を頼りに旧市街地の中にある寺へ到着した。




ぼろっ‼︎なんじゃこれ‼︎廃寺かよ⁈
という位下草は伸び放題、障子は外れている。
何よりも山門の位置が明らかにおかしい…
山門とは寺に入る時の潜り門の事なんだが、普通は山門から見て本堂は必ず正面にあるものなんだ。
京都観光でもした時にでも国宝の東寺や清水寺の様な広い寺、なんでもいいから見て見てくれ。必ず正面にあるから。

でも生臭寺(スンマセン)の山門から見る本堂は、左に寄っていて歪な形をしていた。


住職の性格と同じなのか…(;´д`)
えもいわれぬ心地悪さで坊主のいる場所へ…。
俺「こんばんは、○○会館の俺です。先程は電話で失礼しました~」
ちょっと明るめに挨拶をするが返事がない。
(?)
俺「失礼しまーす…」
靴を脱ぎ、上がり框を上がるとそこには酒を飲んで爆睡する坊主の姿がwww




何してくれてんだこの坊主…(;・`д・)
678: 2013/11/17(日) 16:23:11.67 ID:BOFf+zZ7i
俺「先生っ先生っ」
坊主「んー?んぁあ…ぁ」
坊主を揺すって起こそうとした。





クッサッ‼︎酒くせぇ~!呑むなっつっただろこのクソ坊主っ‼︎



坊主「誰やお前…」
俺「○○会館の俺です、電話で枕経のお願いを…」
坊主「お?おーおーそうやったw忘れてへんで?用意するから車で待っとけや」

今、完全に忘れてたろ…!

今揉めても仕方ない。素直にここは外で待とう…。

数分後…

坊主「おー、待たせたな。ほないこか」
バタン
俺「宜しくお願いします…」
(くっせぇ)

前途多難だよかーちゃん…(´・ω・`)
679: 2013/11/17(日) 16:40:34.02 ID:BOFf+zZ7i
車内では延々と野球の話ばかりで故人や当家に関する話は一切しなかった。
(大丈夫なのか、このおっさん…)


当家に到着し、車を降りてもらう。




あれ?あの草履…雪駄じゃねぇ⁈




ビーチサンダルじゃねーか!!



頼むよ~勘弁してくれよ~(泣)
坊主「こんばんわ~ぁ!」
そんな元気な枕経読む坊主が何処にいるwww
坊主「邪魔するでェ~」
喪主「ふぁっ⁈」
680: 2013/11/17(日) 17:00:41.57 ID:BOFf+zZ7i
そりゃ喪主もびっくりする。
散切りの坊主頭に伸びた髭、ヨレヨレの袈裟に擦り切れた扇子と勤行帳。
酒焼けした声と真っ赤な顔…。
何よりも酒臭い…www

故人の枕元にどかっと座り、一礼した。
胡座なんですか…(´・ω・`)
坊主「ブッセツアミダキョ~ぉ…」
雑すぎ…。

まぁ枕経が始まれば少しの間だけは葬儀屋は用無しだ。外に出て待機しよう。
俺「先輩の言うとおりの変人でした…」
先輩「だからあれ程言ったろうに…」
二人して肩を落として煙草を吸おうとした
時…

ペタペタペタペタ…

坊主「おーい、済んだから帰ろか~、兄ちゃん送ってくれや」





はい?
681: 2013/11/17(日) 17:03:02.71 ID:BOFf+zZ7i
かなりこの話は長くなるので一旦切ります。
用事してきます。
688: 2013/11/17(日) 18:48:21.34 ID:BOFf+zZ7i
先輩「おい、枕経あげに行ったんじゃないのか⁈」
俺「仏説阿弥陀経でしたよ!雑でしたけどっ!」
坊主「何ぶつくさ言うてんねん、はよせーや!お、お前先輩やんけwまだこんな仕事しとるんかwwwwww」
先輩「お久しぶりです、先生。枕経は…」
坊主「あんなんみんな分からんやろwテキトーに切り上げて来たったw」
最悪だ…。
俺「斎場の確保も御座いますし…もうすこし…」
坊主「かめへんかめへんwwwワシ暇やから電話で教えてw眠たいねん、はよ送って」
先輩・俺「はい…」

当家の敷居を跨ぐの怖すぎ…(;´д`)


当家も自分達が半ば意地で生臭寺を押した処があったからお互い気まずい空気になってしまった…。
689: 2013/11/17(日) 18:54:19.44
面白いw
中にはこんな坊主もいるよな
701: 2013/11/17(日) 22:25:54.13 ID:Ga3ADho+0
見積り内容は割愛するが、お互いギクシャクして心に距離が出来たのは否めない。
これが後あと響かなければいいんだが…。


俺「お疲れっした、先輩…」
先輩「おう。ドッと来たわ」
…生臭坊主め…
先輩「飯行くぞメシ。明日は通夜だから余裕あるだろ、呑むぞ!」
俺「え~?車ですし…」
(代行料出してくれたら行くビーム照射!)
先輩「代行料出してやるから来い」
俺「あざーすw」




翌日の通夜に向け、先輩なりの優しさだったのかもしれん…ならヘルプ入って…(;´д`)
702: 2013/11/17(日) 22:39:01.18 ID:Ga3ADho+0
翌日。
しっかり呑んでしっかり寝て、意識もシッカリだ。(先輩あざっすw)
坊主以外の段取りでヘマをするわけにはいかない。
だいたい当家とのあの微妙~な距離感を何とかしたかった…。
俺「頑張るぞー」←元気一杯
古株「お、生臭ンとこの式持ったらしいなwww当家からちゃんと支払してもらえる様に頑張れよwww今んとこワシが知る限り4勝2敗やwww」
俺「頑張るぞー」←元気なし
マジかよ…支払い拒否とかないわ~萎えるわ~。帰りてェ~。
古株さんに激励(?)されて益々仕事に取り組んだ。





まずは通夜。






やるしかあるまい\(^o^)/
708: 2013/11/17(日) 23:36:58.12 ID:xCV1i5fsi
開式は18時。これは生臭が指定してきた時間である。
(お前暇なんだろ?時間なんて何時でもいいじゃねーか)
と思ったが揉めても仕方ないので当家も快諾してくれて何とか開式までこぎ着けた。







んが。坊主がコネ━━(゚A゚;)━━!!




開式まで後5分もない…(;´д`)
あいつ、忘れてんじゃねーだろーな…。



開式時間になっても一向に来る気配がない…。館内BGMは既に開式用に切り替えてしまった…。



ガチャリ。


坊主「いやー、遅れてすまんすまんwww始めとってくれても良かったのにwww」








お前が居なくてどうやって式すんだこのヤロー‼︎‼︎
709: 2013/11/17(日) 23:54:56.61
飲み会的なノリww
710: 2013/11/18(月) 00:07:01.66 ID:xCV1i5fsi
そのままスタスタと式場に入ってくる生臭。
必死にアナウンスを入れる俺www
寺打ちどころの話じゃねー‼︎
何の念仏唱えるかすら分からん‼︎
こんな時に限って献茶はどすこいさんだ。
ドスコイ「どうしましょうね」
俺「とりあえず念仏の内容を確認したら指示します、気を抜かないでください!」
ドスコイ「よろしくー」ドスドス
(静かに歩けんのか…)

坊主「仏説~阿弥陀経ぉぉ~」
俺「正信偈じゃないのかよ、まぁいいやこれで大体の進行方向は分かった。」
(こいつ、阿弥陀経しか知らんのではなかろうか…)
俺「どすこいさん、巻きでお願いします」
なぜ巻きなのかと言うと、昨日枕経を適当にほっぽり出して帰った前科があるからだ。
そんな事を通夜でやられたら発狂ものだ。
だから坊主のタイミングよりも此方のタイミングを重視した。
(どうせ打合せなんてしても無駄っぽいし)





俺正解www
案の定坊主は文言をバッスバス飛ばし出したwww
バカめ‼︎こっちは勤行帳持参で目で追ってんだよ‼︎手抜きかまして逃げんじゃねーよ‼︎
俺「厳かなる読経の流れる中…」
本来もっと後の鐘の合図で読まれる焼香アナウンスをぶち込んでやったwwwざまぁwwww
坊主「チッ」
え?www今舌打ちしました?www
マイク素通しですけどねwww
焼香が始まれば会葬客が通路に立ち、坊主には逃げ場がなくなる。その間はおとなしく念仏を唱えるという寸法だ。
ドスコイ「どうぞ~どうぞ~」
この時ばかりはゆるい動きのドスコイに感謝したわwww
711: 2013/11/18(月) 00:15:54.01 ID:tLSKOlqAi
焼香が一通り終わり、この通夜もらった!
何て思ったが甘かった…。



ガコッガサガサ
念仏唱えながら何か前でやってる?




か~~ん‼︎







へ?
何?
何の鐘?




坊主「はい‼︎終わり!終了オツカレ‼︎」

ダンバンガコっ
ペタペタペタペタ…←またもビーサンw




会場全体(………)








えぇぇええぇぇええぇぇえ⁈
712: 2013/11/18(月) 00:20:04.05
この読経すっ飛ばしとか、普通に参列してるような人もさることながら、親族なんかも気付けないよね。

きちんとした最後を迎えたけりゃ、日頃からの寺社との付き合いは大切なんだなぁ、と痛感するわー

じいちゃんばぁちゃんが寺への奉仕熱心にしてた事、少し理解した気がするよw
713: 2013/11/18(月) 00:24:30.52 ID:tLSKOlqAi
これは釣りでも嘘でもない。
本当にやられたんだ…。
親に怒られた幼児か貴様っ‼︎‼︎
俺…放心状態…


はっいかん!
俺「御導師様退席に御座います。誠に…(割愛)」
もうそこには坊主の姿はなかった…。
喪主さんも呆然として喪主挨拶を代行で俺が代読する事になった程だ。



こんなので明日、乗り切れるんだろうか…(;´д`)






明日の乗り切る為の秘策は打ってはいるが、今日の事は報告上げないとな。







続く
714: 2013/11/18(月) 00:26:25.97
ドリフなら、加藤茶が坊主だな。
715: 2013/11/18(月) 00:28:00.95
坊主クズ過ぎワロタ
727: 2013/11/18(月) 10:11:43.37 ID:8Se7Blo/0
おはようございます。
体調不良で会社休みました。
意識がもうろうとして吐きまくりです
(;´д`)
今日の更新はきついかも…。
レスだけさせて(;´д`)
754: 2013/11/19(火) 07:01:51.77 ID:HciojVGli
おはようございます(;´д`)
一晩でレス伸びててワロタw
辛うじて体が動くようになってきたので
仕事に行ってきます。
辛いわ~社畜辛いわ~。
756: 2013/11/19(火) 07:19:57.03
>>754
おはよう
少しはましになったのかな?
まぁ無理なさらんように
気長に待ってますよ^^
757: 2013/11/19(火) 07:25:40.54 ID:HciojVGli
>>756
ありがと~(`;ω;´)
社畜がんばるよ!働きアリだからね!
昼休みに投下できたらしようかな。
後編の本葬だ。
俺もヘマをやるwww
761: 2013/11/19(火) 11:29:51.59
社畜無理するなよー!!
762: 2013/11/19(火) 12:09:34.56 ID:CYfcT+jYi
社畜休憩入りますwww
飯食えないので昼飯みかんだwww

ぽちぽち書くよ(´・ω・`)
766: 2013/11/19(火) 12:22:51.31 ID:CYfcT+jYi
生臭坊主(後編)


通夜振舞いの準備をドスコイに任せ、先輩に電話する。
俺「助けて下さい」
先輩「やだ」ガチャリ
prrrr…
俺「助けて(`;ω;´)」
先輩「…はぁ…どうした…?」
俺「かくかくしかじか…」
先輩「」
流石の先輩も絶句である。
先輩「明日一本持ってるから本葬の時だけヘルプ入ってやる」
俺「ありがと…ございまず(泣)」
先輩「泣くなwww後、古株さんとオバちゃんには声掛けたか?」
俺「はい…」
先輩「分かった…フルキャストで行く。司会は俺だ。献茶は二人、ドスコイはサブな」
俺「そのつもりで話してます」
先輩「テメー、最初からそのつもりで電話して来やがったな…」
俺「さーせんw」

対生臭対策の秘策とは、ウチの支部でも上位の腕利きでトラブルに対応する事だ。
基本一人一人が違う担当を持っているのが殆どだが、今回は上手い具合に皆さんに渡りがついた。
新人?は?何それ、美味しいの?

と、言う訳で生臭包囲網を完成させた俺は意気揚々と帰路についたのである。
776: 2013/11/19(火) 19:16:05.47 ID:vkVHgAV6i
では続きを書こうかね(`・ω・)
移動中に書くので短いかもです。
778: 2013/11/19(火) 19:30:13.80 ID:vkVHgAV6i
翌日早朝、なんだかんだでヘタレな俺は気になってかなり早い時間に会館についた。
我々葬儀屋には数多の式の一つでしかないが、当家にとっては一生に一度の式だからだ。
つうかこれ以上生臭に掻き回されたくないのも正直な感想ですwww
俺「おはようございます、昨夜はゆっくり眠れましたでしょうか」
喪主「なかなか眠れないものですね…」
俺「そうですね、無理の出ないように気楽に構えていて下さい」
喪主「あの…お寺さんは…」
俺「今日はウチも人数を増やして対応させて頂きます。司会は腕の良い者を呼びました。出来るだけの対応をさせて頂きます」
喪主「よろしくお願いします」
喪主も自分が押し切った感がある為、あまり強くは出て来ない。
(よかった…変な喪主じゃなくてw)
俺「先生には早めに会館に来ていただくように私がお迎えに上がります」
喪主「お願いします」
流石に昼間っから酒は無いとは思うが、またギリギリに来られも困る。これも秘策のウチだ。
勿論坊主には内緒だし、開式から逆算して寺に張り込む予定だwww
(逃亡犯を追いかける刑事かよ…)
779: 2013/11/19(火) 19:46:31.71 ID:vkVHgAV6i
当家との朝の段取り確認を済ませ、追加注文やら何やらを片付けているとオバちゃんとドスコイが来た。
オバ「俺君、大変なトコにあたったんだって?ドスコイちゃんに聞いたわよ~」
俺「オバちゃん、ホントヨロシクw」
オバ「出来るだけの事はするわwこちらこそ指名ありがとw」
熟女キャバじゃねーんだからwww
でもバンバン指名しちゃうぞ☆
ドスコイ「え~私は~?」
貴様は国技館が指名してるからwwwなるべく摺り足で頼む。テッポウは他所でやれwww
俺「ドスコイさんも頼りにしてますよ☆」
ドスコイ「マジで~?頑張るわ~」
程々になwww
献茶に当家情報と今日の予定を伝えると、古株さんが来た。
古株「ワシを補佐で指名とは偉なったやないかwww」
俺「スンマセン、もしもの時に古株さんしか親族関係の相手出来る人思いつかなかったンスよ」
古株「分かってきたやないかw」
俺「あざっすw」
適当によいしょしとかないとすぐこの人も逃げるからな…(´・ω・`)
新人「おはようございます」
俺「は?」
呼んでねーし‼︎誰だ連れてきたの!タヌキの古株か⁈
俺「どうしたの」
新人「あらかさまに嫌そうですね…」
俺「嫌だ」
新人「先輩さんに電話してヘルプ要らないって連絡入れますがwww」
俺「テメェっ!」
新人「冗談です。先輩さんは担当当家に寄って来られるのでその間僕がヘルプです」
何のヘルプか…。先輩め要らん気を回してくれる…。
780: 2013/11/19(火) 19:57:45.89 ID:vkVHgAV6i
なんだかんだでフルメンバー(このスレでのな。他に何人かはいるんだよw)で生臭退治をする事になった。

本葬40分前には生臭寺に着くように会館を車で出た。坊主を迎えに行く途中に先輩の看板車とすれ違う。先輩には段取りを電話で確認しているから時間的にもいい感じだ。横に新人さえいなければ…!
新人「俄かに信じがたい坊主ですね…」
俺「変死体よりタチが悪い」
新人「俺さんにそこまで言わせるとは…」
俺「とりあえず坊主の機嫌だけ損ねるな。後あと面倒になる。」
新人「わかりました」
本当かよ…天然で神経逆撫でする才能を持ってるの自覚してんのか?
788: 2013/11/19(火) 22:10:12.91 ID:NRonASbO0
生臭寺に到着。
相変わらずボロい…昼間見ると尚更。
屋根瓦に雑草とかwもう日本昔話レベルwww
新人「うわ…僕整理的に無理です」
俺「お前、顔に出すなよ…」
変死体取りに行ったら大体開口一番言うよな…その台詞w
新人「大丈夫ですよ、心配性なんだから」
俺「俺はお前のカーちゃんかw」
などと話しながら坊主の住む離れへ…。
俺「おはようございます○○会館の俺ですが~」
「…」
あれェ~?入れ違いか?そんなに早く出るとは思えないしな~…。
新人「酒臭くないですか?」
俺「⁈」
まさかっ!




ドカドカドカ…!



坊主「かーっ…zzzZ…」




マジでっ⁈

そこには昨日から飲み散らかしたであろう酒瓶の数々とコンビニの惣菜が食い散らかされいた…。

俺「先生っ先生っ」
ゆさゆさゆさっ



ガシガシガシっ



ビシビシビシっ


頭カチ割ってもいいかな…


坊主「んがっ⁈ぶっひゅああぁあ」
くっさっ⁈
俺「先生!今日は本葬ですよ⁈何してるんですか!」
坊主「え?何?お前誰やねん」
もうそのやり取り飽きましたから…
791: 2013/11/19(火) 22:25:04.11 ID:NRonASbO0
再度自己紹介をし、現在とてもとてもマズイ状態である事をお伝えするw
(あんた以外は安泰だがなw)
坊主「念仏挙げたら文句ないんやるろぉえぃ。」
俺「左様でございます」
坊主「左様も模様もあるかいw行ったらええんやるぅろがぃwww」
俺「左様でございます」
(もう疲れた…)
新人「先生、お水をどうぞ」
坊主「おう、若いの気がきくのう」
ゴクゴクゴク…ガラガラぺっ!
新人「」
もう時間もない。ふらっふらだか連れて行くしかなかろう(´;ω;`)
俺が運転手、新人が助手席、坊主は後ろで大の字。
辛うじて昨日の通夜での衣装一式を抱えて会館へ急ぎながら先輩へ連絡を取った。
俺「先輩に泥酔若しくは三日酔いだと言え」ヒソヒソ
新人「わかりましたが、こんなんで読経なんて出来るんですか?」ヒソヒソ
俺「わからん、とにかく連れて行くしかない」
正直なところ、とても読経なんて出来る状態じゃなかった…。




もーどーにでもなぁーれ☆
もう俺の手には負えないよwww
792: 2013/11/19(火) 22:30:28.15
もはやただの廃人じゃねーかwww
793: 2013/11/19(火) 22:39:01.84 ID:NRonASbO0
会館へ到着。
勿論正面からは坊主を入れる訳にもいかず裏口から入った。
坊主「ここどこやねん!ワシ誰やおもとんねん!」
俺「すいません、打ち合わせがありますのでこちらでお待ち下さい」
坊主「酒」
新人「え?」
坊主「酒持って来い。茶はいらんからなっ」
俺「お酒は葬儀が終わってからが…」


ガラガラガラ…

先輩「失礼します。先生」
坊主「お、先輩久しぶりーw」
先輩「お久しぶりです」シレッ
おととい会ったろうがw

先輩「先生、今日はどうします?」
坊主「あーめんどくさいから正信偈ぇ」
先輩「わかりました。適当な処で焼香入るんでこちらからまた合図します。」
坊主「あい。」
先輩「では失礼します」
え?そんだけ?めんどくさいから正信偈って何?大丈夫かょお~先輩~。
坊主は新人に任せてすぐさま先輩の所へ。
俺「あんな適当なので大丈夫なんですか?

先輩「適当も何も多分マトモに読経なぞ出来ん。最悪途中で切って古株に坊主を退席させる」
前代未聞www葬儀屋が勝手に念仏切って坊主を退席させるなんて…出来るのか?







そんな心配は必要なかったが…。
817: 2013/11/20(水) 12:26:15.14 ID:gkg/gX6ni
いよいよ本葬の開式である。
どうなることやら…。
司会は先輩、サブで古株さんと俺。
献茶メインはオバちゃんと新人。
裏方はドスコイの配置。
ついでに言うと霊柩車は俺が自社のを運転する手筈になっていた。
先輩「(長いので割愛)御導師様の入場でございます。」




ペタペタペタペタ…。
坊主「どうも~。」フラフラ…
メイン通路を千鳥足でフラフラと祭壇前まで歩く…

ザワザワザワ…


そりゃ一般客もざわつくわwww
坊主「どっこいしょw」
オバ「失礼します」マイクカチリ

滑り出しは上々。飛ばしも間違いもなく始まった。
これで安心する程皆甘くは無い。
喪主を含め、ピリピリした様子で念仏を聞いていた。



坊主「んわっはんっ‼︎…あーアカン気分悪いわ…」


マイクマイクっ!素通しだって‼︎‼︎
勘弁してくれよ~(´;ω;`)
841: 2013/11/21(木) 12:22:18.25 ID:AGoT6agGi
フラフラしながらも何とか読経をする生臭。
読経がはじまってから5分程経った頃だった。




ガタンっ
かーん、かーん、かーん!






坊主「終わりっ成仏してやっ!な?」






は?








先輩「⁈」
全くと言って良い程のタイミングで読経を切り上げて帰ろうと立ち上がる坊主。
流石の先輩も面食らい、固まってしまった…
まさかのぶった切り…(´;ω;`)
そんなに念仏するのが嫌いか!

ペタペタペタペタ…


古株「先生、まだ火屋勤行も収骨勤行もありまっさかい…もうちょっとおって下さい…」ヒソヒソ

坊主「んあ?ワシが帰る言うたら帰るんじゃ!骨は寺に持って来い、還骨勤行はきっちりしたるわい!」





そんな問題じゃないでしょ…(´;ω;`)
842: 2013/11/21(木) 12:28:45.92 ID:AGoT6agGi
古株の必死の説得も虚しく、外に待たせてあったタクシー(斎場行く用w)に乗り込み、サッサと帰ってしまった…。


先輩 ゴホンッ「御導師様退席に御座います…」

無理あり過ぎwwwつうかこれどーすんのwww

幸い本葬はほぼ身内だけで内情を知る者ばかりだったが、空気は最低のドス黒さを醸し出していた…。








お気付きだろうか…


出棺まで後50分もある事を…www


これから何しよう…(´;ω;`)
847: 2013/11/21(木) 14:37:04.03
ここまで適当な坊主だと逆に好感持てちゃう不思議w
868: 2013/11/22(金) 16:06:47.52
保守!
870: 2013/11/22(金) 18:09:22.07 ID:HQSLKxmRi
お疲れ様です!
仕事が忙しくてなかなか顔を出せなかったっす…m(_ _)m
体力はまだまだあるよ!今日は金曜日だから生臭ラストスパートだ!
もう少しお付き合い下さい(・∀・)
帰って飯食ったら再開します!
皆さんの保守とぬくもりティで成り立っておりますwほんとすいません(´・ω・`)
ではまた後で~ノシ
874: 2013/11/22(金) 20:28:00.33 ID:yBhQheB20
ではそろそろ…。
ぽちぽち再開します
876: 2013/11/22(金) 20:37:37.90 ID:yBhQheB20
残念ながら坊主が居ない葬儀は成立しない。
葬儀屋は深く理解出来て当然だが、流石に会葬客にも「あれ?おかしくね?」という空気になり出した。
先輩「ヤバイ…ヤバすぎる…」
俺「まじっすね…どうしましょうか…」
古株「すまん…」
オバ「とりあえず焼香案内をしましょう」
ドスコイ「焼香台だしますね~」ドスドス
いくら焼香や電報の読み上げをしてもざっくり30分は残る…その間に残り時間の浄化法を考えねばっ‼︎






思いつかね~www\(^o^)/
877: 2013/11/22(金) 20:48:42.36 ID:yBhQheB20
俺「仕方ないです…折角なんでお別れをゆっくりしてもらいましょう」
先輩「した事ないけどな。30分は。」
古株「ワイもw」
俺「じゃあどうするんすかっ⁈何か手でも?」
先輩「何とか後5分はアナウンスで延ばしてやる。お別れでも何でもいい、やれる準備してこい!」
先輩かっこよ過ぎwww妊娠したwww俺男だけどwww
古株「わし、花切りの準備しとくわ、時間掛けるんやったら切り盆ようけ要るやろ」
オバ「椅子捌けの段取りしますよ、ドスコイさん」
ドスコイ「はーい」
新人「あの、僕は何をすれば…」
あ?居たの?www
俺「とりあえず霊柩車回してこい。俺が最悪乗れない場合はお前が行け」
新人「斎場乗り付けなんてした事ないですよ~(´;ω;`) 」
先輩「黙れ!皆最初はそうだ!やれ!」
新人「」
ざまあwww
880: 2013/11/22(金) 21:11:55.85 ID:yBhQheB20
何故お別れをゆっくりしてもらう事を選択したかと言うと、皆さんも身内の葬儀を経験された事があればお分かり頂けるだろうが、棺を閉める最期のお別れは本当に短いっ‼︎もう棺を閉めて仕舞えば後はお骨になるまで絶対に会えない。
にも関わらずお別れはホンの3~5分しかないのだ。
なら、心行くまでお別れをして頂こうと…w


まぁ、思い付きなんですけどねw


しかしてお別れの時間がやって参りましたwww
881: 2013/11/22(金) 21:18:09.10 ID:yBhQheB20
俺「皆様、今一度故人様の棺の前にお集まり下さい…今生最期のお別れの時間で御座います…」
ノーマイクで親類縁者に声を掛け、棺の前に集まってもらう。
勿論祭壇の崩し、花準備は古株さん。はえ~わwww流石!
オバちゃん&ドスコイも無音で椅子を除けて棺の花道の準備を完成させた。
オバちゃんw孕ませてやるwww
それ程に完璧な段取りをしたにも関わらず、坊主の余韻は未だ覚めやらず…。


どうしてくれる…‼︎
882: 2013/11/22(金) 21:29:22.28 ID:yBhQheB20
言い方は悪いが、坊主が破天荒をやらかしても故人を前にしてしまえば関係ない。
皆すすり泣き、最期のお別れをしていく。
祭壇、お供えの花から献花用に切り取った
花束を順に棺に入れながら最期のお別れを各々済ませていく。







あれ?もう終わり?





そう。皆最期のお別れは献花をしたら最後、なかなか二回行こうか、もう一度顔を見ようか、などとは思わない。
献花も手向けの言葉も皆心に決めて臨むものだからだ。何度も行くようなものではない。
また、後少し…もう時間がないっ…という背景があって初めてあの臨場感が出るのだ。


この葬儀をしてから骨身に染み渡る程理解しました…(´;ω;`)
883: 2013/11/22(金) 21:50:43.01 ID:yBhQheB20
それを理解した時には正に時すでに遅しwww


え~と…何だが皆さん棺から一歩引いてしまってますが…w
俺「これが今生の別れで御座います、今一度…(割愛)」

え~……何だがセリフが安売り叩き売り?

どうするべ…まだ10分位出棺まであるし…。
ピコーン‼︎そうだっ‼︎
親一(親族一同)切っちゃえwww
祭壇最内にある一際高くて煌びやかな花。
あれは実は喪主が出した供花なんですよ。
あれ以上豪華な花は他者は出せない様に牽制や威厳を兼ねて出してもらうんだ。
どうせ最後には花束なり自宅に届けるんだから別に構わないだろwww
てなわけで俺はハサミを持って一番目立つ白百合を切ろうと高い場所にある親一に手を出した。





さくっ…








あれ? プシュ





痛っ⁇⁇





いだぁあぁああああぁああぁお!⁇
884: 2013/11/22(金) 21:57:42.66 ID:yBhQheB20
左手の薬指の先がっ…先が!先がない!


純白の白百合は俺の穢れた血で真っ赤に染まりつつあったwww

古株「なにしてんねんw!」
笑いながら叱るなよ(´;ω;`)
俺「すんまぜんん…やっちゃいました…」
古株「わしが最後締めるからサッサと下がれ」
俺「ヤです。」
古株「アホかお前、血ィだばだば出して何を言ってんねん」
俺「最後までやります。霊柩車は新人に任せます、お願いします」
古株「…わかった。終わったら病院すぐ行け」
俺「うす!」

先輩「先っぽあったぞwww氷で冷やしトマトみたいにしといてやるwww」
鬼め‼︎(;´д`)
885: 2013/11/22(金) 22:00:11.93
(´;ω;`)ブワッ
悲劇すぎる…
886: 2013/11/22(金) 22:10:06.09 ID:yBhQheB20
実際は白手袋を指の付け根に縛り付けて止血しながら後ろ手に締めの蓋締の台詞をした。
(いでェ~…超いでェw指の感覚なくなってきたwwwつうか骨逝ったんじゃねwww)
棺を親族が持ち上げ、先導する時には手を組換えて前組みしながら顔面蒼白で、これまた顔面蒼白な新人の待つ霊柩車まで辿り着いた。

俺「後出棺に御座います!皆々様合掌、礼拝お願い申し上げます!」
(俺もう限界…www)
先輩「お車にて斎場に向かわれる方」
オバ・ドス「バスにて斎場に向かわれる方」
古株「見送りの皆様は再度合掌願います!」




俺、そのまま裏口まで走って軽く気を失いましたwww

坊主用に組んだシフトが俺のチョンボのフォローのために活きるとはwww




みなさんホントにすんません…病院行ってきます_| ̄|○




指は先輩が凍り付けにしてくれていたので少しの傷で縫えましたw実際は小指側1/4程をこそぎ落とす感じで8針程で済みましたwww






889: 2013/11/22(金) 22:32:28.08
どれもこれも原因は生臭坊主‥!
890: 2013/11/22(金) 22:34:41.80 ID:yBhQheB20
後日聞いた話





生臭寺には檀家が居ない。と聞いていたが、実は一軒だけあった。それが今回の故人。もちろん喪主はお寺を乗り換えて別の心優しい(?)坊主の元へ移られましたwww
ので、本当に檀家のない生臭坊主の完成です。
何故あんなクソ坊主が住職を出来ているのか宗教の深い謎を見たwww
892: 2013/11/22(金) 22:52:43.31
お疲れさまです
最後のオチが…
指が無事でよかったです
897: 2013/11/23(土) 06:13:44.09
指詰め保守
900: 2013/11/23(土) 09:35:09.83 ID:47zGSTJ70
おはようございます。
まだ引き出しはあるんだが皆に怒られそうな内容多いんだよな…(´・ω・`)
書く内容決めるから
少しみんなのレス見返してきますノシ
902: 2013/11/23(土) 09:47:11.85 ID:47zGSTJ70
人に言えないミス編
あぁあ嗚呼…。




新人もそろそろ担当を持つ様になってきた。
生意気だが、仕事の負担は減るからな…。
まだまだ司会や花挿しなどの技能が必要な仕事はさせられないが、引取りや見積りだけでも正確にやってくれるなら有難い。
新人「俺さん、時間ありますか?」
俺「ん?もう帰るつもりだったんだが…」
新人「引取り入ったんですが、初めての病院なんで搬入路とか分からなくて。」
俺「引取りだけならいいぞ。業者呼ぶと課長も煩いしなw」
二人で病院行ってきますwww
903: 2013/11/23(土) 09:59:19.52 ID:47zGSTJ70
寝台車で病院裏に付ける
俺「ここにバックで着けてインターホンはあそこだ」
新人「おー成る程」
少しは役に立ったかな。後は引き取ったらそのまま看板車で帰るだけだしな…www
余所事を考えてるとロクな事はない。



霊安室(処置室的な所)に入り、挨拶をする。故人は高齢男性で体も小さくなった感じの方だった。
新人「この度は誠にご愁傷様で御座います」
喪主「よろしくお願いします」
喪主の奥さんは憔悴仕切った状態で娘さんの肩を借りなければいけない程だった。
娘「少し母を休ませたいのですが…」
俺「構いませんよ、故人様は寝台車に乗って頂きますので手続きが済むまでゆっくりしてくださいね」
娘「よろしくお願いします」



さて、サッサと移しましょう。
904: 2013/11/23(土) 10:07:55.62 ID:47zGSTJ70
俺「おーい新人、早めに移ってもらおう」
新人「はい。この部屋気味悪いですし」
確かに雑然とした部屋だ。ナースの立会いがある訳でもなく、死後処置の機材がそこかしこに置いてある。


いくぞー



せーの



いち、にの、さん





御遺体「ァ亞ぁ嗚呼亜ァああァ」


⁈‼︎⁇⁈☆@#?

遺体が喋った!
(まぁ俺は経験あるんで驚かないが…)
新人はあまりの事にパニックになり手を離してしまった…
お前…頭だぞ…打ち所悪かったらどうするんだ…。



がんっ!

ストレッチャーの手摺の角で激しく御遺体をぶつけてしまった。



あの~…御遺体さん大丈夫っすか?
905: 2013/11/23(土) 10:08:54.38
ケータリング屋ってどうやって決めるの?
あとケータリング屋を通夜・告別式でこきつかうのは当たり前?
908: 2013/11/23(土) 10:22:01.76 ID:47zGSTJ70
>>905
ウチは既に二社くらいが入ってて見積りの段階で当家にカタログで選んで貰ってたな。いつもオマケして職員にも巻き寿司とかくれる業者(大将)を贔屓し過ぎて問題になったのはいい思い出だ。
906: 2013/11/23(土) 10:15:42.67 ID:47zGSTJ70
なぜ遺体が喋ったかと言うと、死んでから体内の腐敗は進行し続ける。胃の中にガスが溜まり、移乗する時に腹圧が掛かり声帯を通してガスが噴き出す時に声となって現れるのだ。

事前にそういう事もあると茶飲み話ではしてあげていたんですがね…(´・ω・`)
910: 2013/11/23(土) 11:14:15.41 ID:a3jAjoDyi
よく見ると後頭部から出血している…

マズイよ~…御遺体傷つけちゃいかんだろ…(´・ω・`)

新人「どうしましょう…」
俺「仕方ないドライアイスで固めて止血だ」
当家には内緒で寝台布団の枕下にドライアイスを仕込んで御遺体を安置し、自宅まで送り届ける算段だ。
大体死後の身体から出血が止まらないなら間違いなく頭蓋骨に亀裂は入っているからだ。
担当は新人だし引取りだけだから大丈夫だろ。俺はwww
918: 2013/11/23(土) 14:48:06.76 ID:a3jAjoDyi
その後、担当からは外れたので詳細は見ていないが、納棺の際に脳漿が流れ出て納棺した後も棺から汁が垂れ続けだったそうだ。
当家には気づかれないまま何とか斎場まで隠し通せたらしいが、ドライアイスの当て方が悪かったのか打ち所が悪かったのはか分からないままだった。




921: 2013/11/23(土) 15:17:27.92
>>918
おいwww
922: 2013/11/23(土) 15:29:35.66
チンだら脳髄も溶けて出口があったらすぐ溢れるのかw
924: 2013/11/23(土) 17:41:14.92 ID:a3jAjoDyi
>>922
出まくりますよwww
人体が生命活動を停止した瞬間から腐敗は始まります。
葬儀屋の感覚では脳が一番腐敗進行が早く感じますね。
なので頭、耳元をドライアイスで囲い、腐敗進行を抑えると供に凍らせて垂れを防ぐ目的もあります。
もちろん詰め物も同様の効果がありますし、ハエなどの虫や異物の侵入を防ぐ目的もあります。
次に内臓、胃の内容物や体液が逆流しないように胸元をドライアイスで同様の処置をします。下腹部も排泄物などが筋力が失われた事により流れ出てきますから予防としてドライアイスの処置をします。
925: 2013/11/23(土) 18:45:21.93
>>924
oh・・・
923: 2013/11/23(土) 16:48:16.42
なんか御遺体の鼻から出てくるってのを聞いた事あるかも‥
御遺体の鼻に綿詰められてるのはソレかな?
924: 2013/11/23(土) 17:41:14.92 ID:a3jAjoDyi
>>923
出まくりますよwww
人体が生命活動を停止した瞬間から腐敗は始まります。
葬儀屋の感覚では脳が一番腐敗進行が早く感じますね。
なので頭、耳元をドライアイスで囲い、腐敗進行を抑えると供に凍らせて垂れを防ぐ目的もあります。
もちろん詰め物も同様の効果がありますし、ハエなどの虫や異物の侵入を防ぐ目的もあります。
次に内臓、胃の内容物や体液が逆流しないように胸元をドライアイスで同様の処置をします。下腹部も排泄物などが筋力が失われた事により流れ出てきますから予防としてドライアイスの処置をします。
930: 2013/11/23(土) 20:38:24.11
次スレテンプレ作ってみた

スレ主
ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA

前スレ話一覧
①ハーレーダビッド若坊主
②檀家の居ない生臭坊主
③木魚がぁぁぁぁぁ‼︎
④忘れ物を届けたらすごかった坊主
⑤念仏無双
番外編 人に言えない失敗


以下、ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EAがお送ります
931: 2013/11/23(土) 20:40:17.93 ID:47zGSTJ70
>>930
マジかwww
仕事が早いなwww
928: 2013/11/23(土) 20:28:27.65
もっと話してよ
929: 2013/11/23(土) 20:35:00.18 ID:47zGSTJ70
>>928
どんな内容にしようか。
インパクトと笑のあるヤツは大体出切った感があるんだがな。
934: 2013/11/23(土) 20:57:09.72 ID:47zGSTJ70
スレも後残りわずかなので手短に。


ドン引き肉



友引前だったかで先輩の奢りで焼肉に来ていた時に待機番の携帯が鳴った。
(最悪だ…ただでさえ酒飲めねーのによ…)
人の金で飲む酒ほど美味いものはないのだが仕方ない。
待機で飲酒はご法度だからな(´・ω・`)
俺「もしもし」ムシャムシャ
古株「おう、入ったぞ。」
俺「マジすか、で?」ムシャムシャ
古株「まず食うの辞めや( ゚Д゚)ゴルァ」
俺「サーせんw先輩の奢りなもんでw」
古株「ならキッチリ食っとけ。メモせーよw」
俺「うーすwww」ムシャムシャ
先輩「態度最悪だな。古株さんか?」
新人「みたいですねー。」
先輩「酒も飲めんのに一人前に肉食い散らかしおって…」
新人「パワハラですよ、酒の好き嫌いもあるじゃないですか~w」
俺「警察っすね~」ムシャムシャ
先輩「またか、で?」
俺「久々の飛び込みっすわ。担当はシャクレん所がするみたいで」ムシャムシャ
先輩「食うのヤメろw後新人連れてけ、時間外特別手当出す様に上に通すから」
お、嫌がらせが始まったなwww
俺「うーす」ムシャムシャ ゴクリ「ごっさんです!」
新人「えー、嫌ですよー‼︎俺さんと行ってロクなことないんですから!」
先輩「じゃあここの飲み代は…」
新人「行きます‼︎(泣)」
分かればよろしいwww分かればwwwムシャムシャ
935: 2013/11/23(土) 21:06:38.18 ID:47zGSTJ70
近隣の警察署へ嫌がる新人を引き連れレッツゴー。
古株さんから詳細は聞いていたがここで新人に内容をバラしては先輩も飯の奢り損というモノだ。
という訳で必死に内容を聞こうと食い下がる新人を華麗にスルーしながら霊安室の前まで来たwww
俺は大概慣れているので食後でもいけるが新人は無理だろうな…(´・ω・`)
バケツ借りとこw
俺「失礼しまーす○○会館の俺です」
担当官「おー、俺かお疲れ」
俺「えー、どちらさんを…」
納体袋は3つ…でも飛び込みだろ?うーん
どれだ?
担当官「おーい違う違う。これこれ。」
俺「あー…(´・ω・`)」
新人「」ウプッ ダッシュ
担当官「バケツ奥だからな、汚すなよ」
ざまぁwww満腹でこれはキツイわwww
936: 2013/11/23(土) 21:09:55.87
>>935
え?どうゆうこと?
939: 2013/11/23(土) 21:20:44.83 ID:47zGSTJ70
そこには顔の上1/4に頭皮が辛うじて繋がった頭部とよく見ないと分からないが右脚の膝関節付近、あとは在らぬ方向に曲がりくねった両手と腕であった一部とよく分からない肉塊がステンレスプレートの上に乗っていた。
担当官「かなり巻き込まれたみたいでな。集まったのはこれだけだそうだ」
俺「これはキツイっすね。ご家族」
新人「…」
担当官「では頼むな」
俺「うす。」
新人「…泣」
十分にドン引きと吐き倒したから今回はお兄さんがやってあげよう。
担当はシャクレの支部だから尚更だわw




俺「お疲れ様です。失礼します」
御遺体を簡易納棺(というか詰めた)して警察署を後にする。
俺「お疲れ、吐いたら腹減ったろ?��○家行くか?」
新人「肉食って肉見てまた肉ですか⁈頭おかしいんですか?」
俺「なんだ、行かないのか?」
新人「しばらく肉はいいです…」





prrr…

俺「もしもし」
先輩「おう、どうだった。」
俺「しばらく肉は要らないそうですwww」
先輩「人の財布に集るからだwバカがw」
俺「俺も古株さんにやられましたけどねwww」
先輩「お前はケロリとしててつまらんかったわ」





などと先輩に事後報告の電話を��○家で特盛を喰いながらする俺はやはりどこかおかしいのだろうか(´・ω・`)



940: 2013/11/23(土) 21:27:12.02
エグいなー

>>1は結構手取り良かったみたいだけど
この業界は平均的に給料高いの?
941: 2013/11/23(土) 21:34:26.50 ID:47zGSTJ70
>>940
どうだろうねー。俺の所は基本給と職能給(司会などの技能)。
後は深夜引取り特別手当と危険手当(変死体ね)後は仏壇仏具、墓地や墓石その他諸々を各業者を紹介して売れた場合のキックバックで構成されてたから浮き沈みが激しかったよ。
大手なんかは安いんじゃなかろうか。
946: 2013/11/23(土) 22:27:40.60
既出以外で、いちばん怖かったエピソード、ありますか?
947: 2013/11/23(土) 22:32:53.84 ID:47zGSTJ70
>>946
水子寺がMAX怖かったな…(´・ω・`)あれ以上はないかもしれない。
950: 2013/11/23(土) 22:40:13.86 ID:47zGSTJ70
怖かった話はあまり書いてないから需要次第では書くよ(・∀・)
既出よりは怖くないかもですが;^_^A
952: 2013/11/23(土) 22:45:05.80
>>950
是非ともお願いします。

あ、いつも楽しく読ませてもらってます、ありがとうございますm(__)m
955: 2013/11/23(土) 22:58:29.93
今までオカルト体験なくても、葬儀屋になると誰しも体験するもの?
958: 2013/11/23(土) 23:04:46.79 ID:47zGSTJ70
>>955
誰しも一度くらいは怖い思いはしてるんじゃなかろうか(´・ω・`)
俺は特別多い部類かも。老舗ならではだな。
957: 2013/11/23(土) 23:01:52.72 ID:47zGSTJ70
では少し不思議で怖い思いをした体験を



老婆の御詠歌




冬真っ盛りの寒い日に山奥の集落へ応援に出る事になった。
古株さんからの依頼で自宅葬の外回りの設営を任された。
そこは生花で供花を出さず、花輪を供花として出す風習のある地域だった。
勿論、花輪は自社の倉庫や近隣の業者から借受けて設営する。
雪がしんしんと降りしきる中、何度目かの追加注文を受け、自社の倉庫で花輪の準備を一人で黙々としていた。


(サビ~w手がかじかむし花輪デカイし…まだ時間あるかな…)
余りの寒さに耐えかねて近くの自販機までコーヒーを買いに出た。


あれ…。


倉庫は山間の畑に囲まれた見晴らしのいい場所にあったのだが、その畑の畦道を二人の老婆が引磬(いんきん)と鉦鼓(しょうこ)を鳴らしながらゆっくりと歩いていた。


(もしかしたら通夜の為にわざわざ歩いて来てくれてるのかな…)

その時はその程度にしか思わず、コーヒーを片手に仕事へ戻った。
959: 2013/11/23(土) 23:24:59.03 ID:47zGSTJ70
(しかし雪降ってるのに傘も差さずに大丈夫かな…)

ふと不安に駆られて倉庫から気になって畦道を見た。


(いない…。)


国道の方にでも抜けたのか。
時間も差し迫ってきたので急いで設営に戻らねばならない。
冬場の通夜は早く暮れるし足元も雪で悪くなる。会葬客の誘導を頼まれていたのを思い出した。

しんしんしん…

雪は絶え間無く降り続ける。
会葬客は自宅の広間に入りきらない程ではなく、ゆっくりと焼香をしてもらう事が出来た。



キン…キン…キン…


鉦鼓の音がする。
(あの2人組かな?えらく早い到着だな。)
御詠歌は通常この地域では通夜終わりでする筈だが…。
なぜかその2人は当家の向かいにある小川のヘリに座り御詠歌を歌い出した。




(なんだ?風邪ひくどころじゃねーぞ?)

気になって畦道を抜けて呼びに行こうとしたが、焼香台の種火が消えかけていたので種火を取り替えて振り向いた。

いない。


それでも引磬の高らかな音と鉦鼓の鐘の音は通夜が終わるまで鳴り続けていた。

俺「古株さん、今日ずっと式中に御詠歌流れてましたよね。あの二人呼ぼうにも何処にいるのか分からなくて…すいません」
古株「?そんなん全くなかったぞ?お前ワシのすぐそばおったやないか。」
俺「え?聞こえてなかったんすか?」
古株「お前…見たな」
俺((((;゚Д゚)))))))
古株「ワシも一編だけ見たわ。紬来たバーさん二人やろ、先頭が引磬で。」
俺「はい…」
古株「そうか~…」



それから古株さんは何も言わずにコーヒーだけ投げてよこした。



結局のところあの2人組はなんだったのかは分からないし古株さんにもあれから一度も聞き直してはいない。
聞き直してはいけないような気がした。



960: 2013/11/23(土) 23:29:02.38
所謂、お迎えって奴かな?
961: 2013/11/23(土) 23:30:43.09 ID:47zGSTJ70
>>960
俺もそう思っている。誰を迎えにかはわからんが故人を迎えに来たと信じたい。
962: 2013/11/23(土) 23:43:04.68 ID:47zGSTJ70
坂地蔵



葬儀屋になって何年かは忙しく、なかなか自分の身内の墓参りも覚束なかい日々が続いていた。
親戚「たまには墓参りにでも来い。皆待ってる」
その一言で重い腰を上げる事にした。
※葬儀屋絡みではない話だお(´・ω・`)ついでだ、聞いてくれ

夏も終わりに近づいた頃、油蝉と日暮が織り成す喧騒とうだるような暑さが俺の田舎のイメージだが、全くその通りの様相だった。ただ一つ違うのは盆参りから日が離れていること位か…。

叔父に墓の麓まで車で送って貰い、そこからは坂道をひたすら山奥まで登らなければならない。そこは田舎の本家が持つ山だった。
(アチ~。久々だから油断したわ…(´・ω・`)そーいやこの先に水車小屋あったよな…)

坂道は竹林や栗林に行くために幾つか分かれていた。


(どっちだったか…格好つけずについて来てもらうんだった…(´;ω;`) )
963: 2013/11/23(土) 23:51:19.68 ID:47zGSTJ70
子どもの頃の記憶を頼りに坂を登る。
水車小屋を見つけ、水を飲んで一休みする事にした。
(あー、日が傾いてきたか…急ごう…)

ん?

そういえば墓の帰り道に地蔵堂があったはず。その地蔵堂が水車小屋裏手のつづら折りの坂から見えていた。

(ラッキー、ワープwww)

小屋裏から急な斜面を登り、地蔵堂にショートカット出来た。
(これで後は坂を一つ越えたら墓だw)
地蔵堂の中の地蔵尊菩薩に参拝し、墓を目指して歩く。



(あら?((((;゚Д゚)))))))


さっき来た水車小屋だ。

(?((((;゚Д゚))))))))
(やべえ…葬儀屋のヤバいセンサーがビコビコ鳴ってる…)
965: 2013/11/24(日) 00:06:14.47 ID:Qx9hJtOi0
単純に道に迷う訳が無い…
水車小屋からは墓まで一本道のはず…(;´д`)
歩くしかねーな…(´;ω;`)



やっぱり地蔵堂についた…。
本当なら水車小屋→墓→地蔵堂のはず…。
ショートカットがまずかったか…?
いやいやwwwそんな訳…あるかも((((;゚Д゚)))))))‼︎
今までのオカルト経験値が高い俺はやたらと順応性が高いと今では思う。
地蔵堂で必死に拝み倒し、一旦山を降りる決意と猛ダッシュする決意を固めた。
俺「なんかすんませんなんかすんませんっ(泣)」
走りながら泣きながら山を駆け降りた。



叔父「何泣いてんだお前…w」
俺(´;ω;`)
叔父に帰りの車の中で話をすると、意外とアッサリ信じてくれた。
昔々、水車小屋ができる前の山は沢が崩れたり流されたりで山に水を汲みにくる子供が何度か亡くなったそうだ。
そこで水車小屋とその先の沢に地蔵堂を立てたらしい。
だから油断して危ない行為をした俺は、どうも地蔵さんのお怒りを受けた様だ。
叔父「お前、葬儀屋でよかったな」
俺「?」
叔父「無作法者は山から降りて来れんとの話だからなw」
笑いながら言われたが…全く笑えないんですが…。


日々坊主の念仏を耳にタコが出来るくらい聞いていて唯一得した気分になった。


966: 2013/11/24(日) 00:09:04.67 ID:Qx9hJtOi0
あまり怖くなくてスマソ。
まだあるがどうしようか。
俺、思い返してもオカルト経験値稼ぎまくりだな。(´;ω;`)
967: 2013/11/24(日) 00:15:45.04 ID:Qx9hJtOi0
人もいなさそうだし
どうしようか。
勝手に書いて1000越えたら怒られる?
やめとこうか。
968: 2013/11/24(日) 00:17:32.06
見てるよー
もともと、霊的な感覚が鋭いの?
970: 2013/11/24(日) 00:20:42.42 ID:Qx9hJtOi0
>>968
全くなかったんだがなwww
葬儀屋始めてから一皮ムケた感じだ。
最近は薄れたかな。
971: 2013/11/24(日) 00:23:41.42
いやヘタレ葬儀屋さんの話凄い面白いから何でもいいから続けてw
972: 2013/11/24(日) 00:28:26.50 ID:Qx9hJtOi0
暗闇団地




先輩と2人で遺体引き取りに出ることになった。団地で孤独死した老婆を会館まで連れて帰る。腐敗程度は皆無でヘルパーさんが発見したらしい。
親類は遠方から来るため、引受は親類が来るまで待つ事になった。
975: 2013/11/24(日) 00:52:41.12 ID:Qx9hJtOi0
先輩「んー遅いな…。」
俺「そうっすね~」
これでは夜中になってしまう。
ストレッチャーを横目に団地を見上げた。
古い団地だ。外壁の何度も補修された後が縫い傷の様に見えた。
先輩「とりあえず階段の幅の下見しに行くか」
俺「暇ですしね…」
今考えれば何故そんな発想が出たのか…


2人で階段を登る。
コツコツコツ…。
狭いし急だ…。打ちっ放しの壁と薄暗い電灯が続く階段。
目的の階に着くと端まで薄暗い電灯と玄関灯が並んでいた。
俺「これは降りるのホネですね…」
先輩「だな…」
さて、まだ親類も来ない事だし降りるか…。
「⁈」ビクッ
先輩「何だ⁇」
俺「いや…なんでしょ…」ヤナヨカン…
振り返ると一番奥(御遺体の部屋前)の玄関灯が切れていた。
先輩「やな感じだ…」
(ですよね━━(゚A゚;)━━!!)
先輩の予感は的中した…!




バチバチバチバチっ…!


奥の部屋から街灯が消え出し、暗闇が走って来るっ
俺「マジかっ」
先輩を放置し、猛ダッシュで階段を駆け下りる。(だってヤベェんだもんw)
先輩「テメー!」
だだだだだだだだっ
鬼の形相で追いかけて来る先輩w
でも今はあんたよりヤバい空気が迫ってますからっ((((;゚Д゚)))))))
976: 2013/11/24(日) 00:59:54.07 ID:Qx9hJtOi0
飛び降りるように階段を駆け下り、ストレッチャーの所まで辿り着いた。
先輩「テメェ…やってくれたな!」ゼェゼェ
俺「何の事やら」ゼェゼェ…
二人の中年が息を切らしてしゃがみ込む。


ふとさっきの階に目をやると電灯は全て点いていた…。
(やっぱり…(´;ω;`) )
これで一気に引取りのハードルが上がってしまった…。
先輩・俺「…」
出来れば今すぐ理由をつけて帰りたいが、そうするとリアル鬼ごっこが確定する…。
これは親類を待つしか…(´;ω;`)


先輩「おい。」
俺「何すか。」
先輩「じゃんけんだ。」







は?頭イカレタカ?
977: 2013/11/24(日) 01:08:05.58 ID:Qx9hJtOi0
要はどっちがオカルトなのかを確認しよう。という話らしい。
負けた方が1人で戻り、さっきの現象を確認するという事だ。
(恐らく俺なんだがな…黙っとこw)


じゃーんけーん…



ぽん‼︎

先輩「ぐぬぬっ」
先輩、お疲れっす(つ∀`)タハー


先輩は1人で階段を登り、目的の階まで辿り着いた。



何も起きねε-(´∀`; )ヤッパリ
俺確定www笑えない…。
と思っていたら先輩の猛ダッシュの足音が…www殺されるwww




先輩「ヤベェ…初めて見た…」
どうもそれらしきモノを見たらしい。
やめてくれよ…( ;´Д`)
978: 2013/11/24(日) 01:12:44.43
怖えぇ~!!
980: 2013/11/24(日) 01:17:16.92 ID:Qx9hJtOi0
もうどうしようもない空気に苛まれ、苛立ちながら2人で煙草をふかしていた。
正直二度と登りたくない…。
先輩の話だと、黒い何かがドアの前で立っていたらしい。
そうこうしたらやっと喪主が到着した。
怪奇現象の事は伏せて、挨拶と段取りを話す。
先輩「では…」
神妙な顔をしているが正直ビビリまくりである。



しかし意外や意外。いや、予想通りと言うか…。
喪主が到着した部屋まで、一度も怪奇現象は起きなかった。
勿論引取りの最中も、会館までの移動もだ。

喪主と俺が寝台車に乗り込み、会館まで移動した。
詳細は身バレするので割愛するが、中々故人とは会えないすれ違いの生活を送っていたらしく、来月こちらにやっと引越す予定が出来た矢先だったそうだ。
喪主が来るまで誰にも近づけたくなかったのかもしれん…。

そうでなければビビリ損もいいところだ。



981: 2013/11/24(日) 01:21:21.56 ID:Qx9hJtOi0
その後、俺と先輩の仲は数日間最悪だったのは言うまでもないwww
あの出来事以来、無神論者の先輩がコッソリと禊をした腕輪念珠を買ったのは内緒だwww
982: 2013/11/24(日) 01:29:05.02 ID:Qx9hJtOi0
今日はこれまでかなー。
どうしよ(;´д`)
次スレとか大それたモノを…。
つうか俺、初スレ立てだったんだがwww
需要があるなら任せます。
身ばれしない程度にフェイク入れながら書けるだけ書くよ (`・ω・´)
今日は寝ます。ではでは(´・ω・)ノシ
983: 2013/11/24(日) 01:30:52.14
負担にならないなら、まだまだ聞きたいなー
984: 2013/11/24(日) 02:08:25.33
おもしろいから新スレ立てて、ありったけの体験談をぶちまけていただきたい!!
基本ビビりな自分だけど、文書が上手で引き込まれるんです~
葬儀屋さんのペースでいいので、マターリと綴っていただきたい♪
988: 2013/11/24(日) 07:21:47.35 ID:Qx9hJtOi0
>>984
文書に自信はないぜwww
身ばれしない程度には書きたいな (`・ω・´)
985: 2013/11/24(日) 02:26:26.76
お疲れさま~
需要は間違いなくあると思うから、また気が向いた時にでも次スレ立ててくれればいいと思うよ
ちょっと間を置いて鋭気を養ったり、内容を推敲したりした後でも全然構わないぞw
この記事の続きは次の週末にUPします















スポンサーリンク

今日のオススメ

「日本三大妖怪」ってなんだと思う?


別れさせ屋の女に復習した話

歩きスマホの何が悪いのさ!


コメダ珈琲のシロノワールプリンで泣き崩れる大人が続出

17歳上の姉ちゃん「私ね…実はあなたのお母さんなの」俺「は???」


毎日ストロングゼロ飲んでる奴がビビリまくる画像

【富士山滑落事故】47歳ニコ生主、塩原徹さんの半生が明かされる


【閲覧注意】ガチの怪奇現象がTwitterに投稿される



オカルトランキング



TOPに戻り他の記事を読む







ライター及び編集:mana

画像https://publicdomainq.net/
sourcehttp://hayabusa3.5ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1383731440/