bandicam 2019-04-13 07-38-45-072

風習はいまでも残っているのだろうか

この記事はかなりコメントを頂きある意味では考えさせられる内容でもあります。現在の日本でこういった奇習とも言えるものが残っているとは思えませんが、昔はこのようなものも残っていたのでしょう。

この話の内容が真実なのか創作なのか様々な意見も出ています。

再アップとなりますがご覧下さい。









スポンサーリンク


本日のおすすめ


首都圏で実際に事故物件に住んでる人の話がき きたい


俺氏(月収15万円)が彼女(月収21万円)にプロポーズした結果


【危険な特徴4つ】結婚しないほうがいい男


実家と地元の真相を知ってしまった(その1)


中学の頃に893をエアガンで狙撃してたら大変なことになった


怖すぎて震える。人類滅亡の原因となる4つの出来事を考察してみた


「集団ヒステリー」の恐ろ しさについて話していく


徳島県民だけどこの県はもう終わってると思う


タイムトラベラーか?小屋を頭に被った不気味な人物が消え てしまった




スポンサーリンク




1: 2017/4/01 00:02 master
過去のコメントなどはこちらから閲覧してください

【いかれた儀式】分家の娘だった母は10歳で本家に嫁がされ狂っていった


分家の末端だった母親が本家に嫁いでおかしくなった話
誰かに聞いてもらいたいんで書いていく
1: 2017/4/01 00:02 master
まずスペックから


俺 次男 大学二年 母親似 大学に行くとともに本家を出て家の可笑しさに気付いた


母ちゃん 34歳 めちゃくちゃ美人 一番の被害者 いろいろ精神的におかしい


父ちゃん 42歳 正直言って見た目は良いとは言えないデブ すべての元凶


長男 22歳社会人 母親を毛嫌いしてる 今の本家の跡継ぎ 父ちゃん似


おばちゃん 母ちゃんと同じくらい 分家から本家のお手伝いになってる 一番まともな人
1: 2017/4/01 00:02 master
ほかにも色々出てくるがキリがないのでその都度書いてく これは現在も進行してる 釣りではなくガチ

それじゃあ母ちゃんの人生を書いてく
1: 2017/4/01 00:02 master
まず前提として、うちは本家で本家の周りを囲むように分家の家が並んでる その地域では分家じゃなくても本家主義で、この地域の取り決めは本家中心 本家が嫌った家は村八分になるくらい だから分家も結構な数がある


その分家も色々別れてて、その地域に根付いて本家に尽くす家もあれば他の場所に出ていく家もある

年に二回ある一同の集まりに出席さえすれば別にどこに行ってもいいらしい

その代わり分家の中でも最低ランクになるわけだが 母ちゃんはそんな外に出た分家の娘だった
1: 2017/4/01 00:02 master
本家での集まりは年に二回、正月と盆 親戚一同集まって騒げる楽しい集まりといった感じにも見えるが でも実際はかなり狂ってて、この集まりが原因で離婚した分家の夫婦がいるくらいヤバい


この集まり自体は必ずするが、その中でのいかれてる風習の儀式は本家の地域から離れた分家から嫁ぐ場合のみ適用されるんだ

だから母ちゃんは嫁いだ時にこの儀式をしなきゃいけなかった

それが母ちゃんをおかしくさせた原因
1: 2017/4/01 00:02 master
母ちゃん一家はかなり離れた都会に祖父ちゃん(母方)の仕事の都合で住んでたから本家に訪れるのは年二回

母ちゃんは都会育ちだったから周りの本家の地域で田舎育ちの子供の中では垢ぬけて可愛かったらしい


しかも明るくて人懐っこくみんなの人気者だった


そんな母ちゃんに目を付けたのが本家の一人息子(俺の父ちゃん) 父ちゃんは本家の一人息子ということもあり、両親から猫かわいがりされ分家も殿様扱いしてたためにかなりのわがままでそしてデブ

母ちゃんの正反対の人間だった

このとき母ちゃんは10歳、父ちゃんは18歳
1: 2017/4/01 00:02 master
父ちゃんは母ちゃんに固執したらしい

母ちゃんは父ちゃんに、変な目で見られてるとも思わず普通に仲良くしてた

母ちゃんが10歳の正月までは けど母ちゃんが10歳の時の盆から父ちゃんの度の過ぎた絡みが始まったらしい

母ちゃんをとにかく横に置いて、母ちゃんがトイレに行くのさえもついていき、二人っきりになったら触ったりするようになった



この時大人は気付かず、子供は母ちゃんがいかがわしい事されてる事に気付いたみたいだが父ちゃんの圧力でみんな黙ってたらしい

母ちゃん本人はいきなりのことで混乱したのか親に相談することもなく、耐えてたらしい
1: 2017/4/01 00:02 master
あ、母ちゃんの昔の話はおばちゃんに全部聞いた

本家と分家はかなり絡み合っててたしかにいとこ同士の結婚もかなりある

長男の嫁もいとこだしな

でも父ちゃんと母ちゃんはいとこよりも遠い関係 またいとこあたりだと思う
1: 2017/4/01 00:02 master
盆の集まりは一週間もないから母ちゃんは我慢できたんだと思う

でも父ちゃんは母ちゃんを返したくなかったらしくついに母ちゃんが帰る前日の晩御飯の時にみんなにばらした

母ちゃんを嫁にしたいとあの時は修羅場だったらしい



祖母ちゃん(父方、めんどいので次から姑と書く)は ブチ切れて母ちゃんにビンタするわ母ちゃんはパニくって泣きだすわ、父ちゃんはこいつをよめにすると聞かないわ大変だったらしい
1: 2017/4/01 00:02 master
そのせいでその夜は話しあい 姑は最後まで反対したらしいが男側が、父ちゃんが望むならと結局祖父ちゃん (父方、次からは舅と書く)の決定で母ちゃんを嫁にすると決まってしまったらしい

朝ご飯のときに母ちゃんは父ちゃんの許嫁として宣言された

いやだと母ちゃんは大泣きしたみたいだが、母ちゃんの親が喜んで母ちゃんの意思はまるきり無視だったらしい

そのままトントン拍子で事が進んで次の正月に母ちゃんは形だけでも結納をさせられることになった

いかれた儀式はこの正月にされた
1: 2017/4/01 00:02 master
正月、嫌がる母ちゃんに化粧をさせ着物を着せて結納をしたらしい

おばちゃんの話では母ちゃんは何度も逃げ出そうとしたらしく、オムツを付けられて正座させられたまま立てないように足を縛られたらしい

ニヤニヤする父ちゃんとメソメソ泣いてる母ちゃんとの差がものすごかったらしい

何人かの女の人たちは同情してたらしいが本家には逆らえなかった

結納が終わると、遂に儀式が始まる

儀式を目の当たりにしたのはみんな初めてだったらしい

姑が本家の娘で分家から婿取りしたからこの儀式は必要なかった
1: 2017/4/01 00:02 master
儀式は段階別で、最初は家の庭にある井戸水で体を清められる

この井戸での儀式は女だけが参加する、男は本家筋以外は全員家で待つ

儀式のときは白い浴衣みたいな着物に着替えるんだがそれを脱いで服を着ない状態にさせられ真冬なのに井戸水をかけて体を清める


この時すでに母ちゃんは抵抗は止めてただ泣くだけだったらしい

何度か顔から下を井戸水で流して、ガーゼで体を擦るの繰返しを10回以上

体を洗い井戸水で流すのは姑

体に傷がないかすみずみまでチェックする

他の女は母ちゃんを押さえつける人以外はみんなただ正座して待つ

これが済むと体は拭かずに外気のみで乾かす

乾いたら着物を着て本家に戻る
1: 2017/4/01 00:02 master
家に戻ると母ちゃんと本家筋の人間全員がある一室に移動する

本家筋は書くと姑、舅、父ちゃん、姑の妹1人兄弟3人、舅の弟あと姑の父ちゃん母ちゃん


本家はとにかくデカイ

サマーウォー●の家みたいなのを想像してほしい

門構えとかはあんなに立派じゃないけど そんな本家の一室だけすごく他と違った感じなんだ

俺は本家筋だから何回も入ったことがあるが本家以外は絶対入れない

普段お手伝いがいて、家の掃除をするがその部屋だけは必ず姑がする

部屋の中はただ立派な大きな布団と明りと、そして立派に供えられた神棚がある

仏壇はきちんと大広間にもあるんだが
1: 2017/4/01 00:02 master
とにかく、その一室に本家筋と母ちゃんが入る



残りは結納の片づけをして次の儀式の準備をする
ここからは舅の話
何をあそこでしてるのか聞いたら俺が本家だからなんだろうけどあっさりと教えてくれた
1: 2017/4/01 00:02 master
簡単に言えば女性になる儀式をさせるらしい

姑と曾祖母ちゃんが母ちゃんを布団に寝かせて着物を脱がす 着物はあくまでも前を開くだけ

父ちゃんが女性になる儀式するのはダメらしい

確認として舅が女性になる儀式する

前戯をしてあげてたのかは不明

でもその時舅は、泣き騒いで大変だった痛みに暴れたのを姑やらが抑えたと笑ってた



この時は大広間にいたおばちゃんも母ちゃんの叫び声がいやなくらいに聞こえてきたと言っていた 大広間では大人の女は耳をふさいで泣いてたらしい
1: 2017/4/01 00:02 master
この儀式も大事な清めらしい

表面は井戸水で清め、本家の男で内側も清める

神聖な儀式だから 舅が済んだらやっと次は父ちゃん

犬のようにがっついてたらしい(舅談) で、父ちゃんが済んだら今度は曽祖父 そして姑の兄弟3人上から順番に、そして舅の弟 
2: 2017/04/01 00:02
こえぇぇー、いまだにこんな風習やってる田舎があるのかよ どこ?

昔のスレで福島かどっかで、 嫁いだら舅と義兄と旦那と日替わりでしないといけないってのあったけど
関連記事



福島の田舎の狂った風習「私は舅か義兄に必ず指名される」


2: 2017/04/01 00:02
四国の山間部?
1: 2017/4/01 00:02 master
ちなみに明確な県は書かないが東北ではない四国でもない
1: 2017/4/01 00:02 master
着物を着直して、男たちは部屋から出る 女たちは残って何をするのかと聞いたら、母ちゃんの女性になる儀式で汚れた着物の部分を神棚に奉る?と言ってた

あと、母ちゃんが中を拭いてもらった布で神棚の淵を拭いて、そのあとは紙にくるまれて母ちゃんが肌身離さず持つように言われる

そしてそのあと何かを神棚に唱えるらしい


これには舅も直接聞いたことはないから何を唱えてるかは分からないんだが、聞き耳を立ててみたらなんか念仏みたいだから昔の文じゃないかと言っていた で、大広間のほうは結納で出された机とかご飯とかが全部取りはらわれて、座布団だけが置かれてる状態になっているらしい


上座に座布団が一枚だけあって、他は全部均等な列になるように置いてある で、分家と本家の男は序列に従って座布団に座って女たちが戻ってくるのを待つ 数十分したらみんなが帰ってくる

でも母ちゃんは来なくて、舅が戻って抱きかかえて大広間につれてきた 母ちゃんはその上座に座らされる


おばちゃんが言うにはその時の母ちゃんは、いうもの母ちゃんじゃなかったと言ってた なんか人形見たいに一言もしゃべらず動かなかったみたい
1: 2017/4/01 00:02 master
その後にもまだ儀式は続くみたいだが、その時はそれで終わった

儀式を済ませたら母ちゃんは本家から出ることを許されない

だけど母ちゃんはまだ子供だし学校があるから儀式を最後まですることができない でも結納はする


だから儀式の前半だけをこの正月にすることになってた 因みにこの時から母ちゃんはこの地域の県からは出てない

祖母ちゃん祖父ちゃんが転校させてこの地域の学校に来るようにしたから 荷物も母ちゃんの文は必要最低限、祖母ちゃんが本家に送ったらしい


この転校の時も母ちゃんは大分抵抗して本家にいたくないと言ったみたいだけど、祖母ちゃんがそんな母ちゃんを罰あたりと姑と一緒になって罵って叩いた

この辺はおばちゃんに聞いた

ちなみに本家には母ちゃんと一緒に祖母ちゃんもきたみたい 義務教育が終わるまでな
1: 2017/4/01 00:02 master
でも本家では母ちゃんと祖母ちゃんが話したことはあまりないと言ってた 母ちゃんがもう祖母ちゃんに対して怯え切ってたのと母ちゃんは 誰かに引きずられでもしない限り与えられた部屋からご飯のときでさえもでてこなかったから
1: 2017/4/01 00:02 master
で、この女性になる儀式の後母ちゃんは形だけでも本家の人間になる

今まで普通に話してた分家の大人や子供もみんな母ちゃんに敬語になる

ちなみに父ちゃんが母ちゃんに惹かれた一番の原因は本家の跡取りである父ちゃんに、タメ語で話しかけフレンドリーにふるまってたのが母ちゃんだけだったから 皆父ちゃんには子供のころから怖がってあんま近づかなかったみたいだから


あと顔もその時の子供の中では一番に可愛かったとも言ってた もうこの親戚の中で母ちゃんと父ちゃんは結婚したようなもの

そしてこの儀式が済んだら、本家の力が届く範囲の地域での有線放送で 母ちゃんと父ちゃんが結納を交わしたことが伝えられる



有線放送でながしてからたちまち周りの分家でもない普通の家の人たちが一升瓶やお金を包んでもってきてお祝いの言葉を姑たちに列になって言っていくらしい



ちなみにこのお祝いに訪れなかった家は、母ちゃんの嫁入りを認めない≒本家に逆らうことになり存在をないものにされる
1: 2017/4/01 00:02 master
で、さらにもう一個この日から母ちゃんはずっと着物しか着るのを許されない 理由はハァ?みたいな感じだが父ちゃんが着物好きなのと、あと母ちゃんは若いから静かなおとなしい女に強制させるため着物を着せてたとかも言ってた



あと洋服は露出が多くて、姑曰く男に媚を売ってるそうだ でも姑は普通に洋服を着てたし、可愛い服をいっぱい持ってた母ちゃんへの嫌がらせに違いないとおばちゃんは言ってた

儀式は前半はそれで終わり

そこからは普通にまた晩飯を食って宴会 一つ違うのは母ちゃんが長い机の中で本家サイドに座るようになったことくらい

寝るときはその晩からは父ちゃんと二人同じ部屋 母ちゃんが逃げないように両手を柱に縄で繋いだ



襖は閉め切られて、その晩がもう済ませてるけど初めての夜ということになる
周りの人たち全員気づいてたけど姑が二人が寝るまでずっと襖を覗いて観察してたみたい
2: 2017/04/01 00:02
すげーきもいし怖いんだけど…

現在進行形って書いてあるけど、この話って救いはある?
1: 2017/4/01 00:02 master
俺から見たらないかもしれない

母ちゃんにとってはどうか分からんが、でも母ちゃんは今も本家にいる
1: 2017/4/01 00:02 master
では続ける

たった一日で母ちゃんの性格は間逆に変っちゃった
明るく活発なかあちゃんの姿はもうなくただ俯いてときどき思い出したように泣いてたみたい
そのたびに姑が母ちゃんを叩いてみっともないと怒ってたみたいだけど
皆が帰った後は母ちゃんは姑から徹底的に躾けられたらしい

この時はおばちゃんは分家に帰ってて分からなかったから父ちゃんに聞いた 父ちゃんはすげえ自慢げに話してくれたよ

父ちゃんが学校から帰ってくるよりも先に母ちゃんの学校が終わるから、
父ちゃんが家に入ったら母ちゃんが父ちゃんを玄関で土下座で迎える
父ちゃんがただいまと言ったら、立ち上がって父ちゃんの荷物を受け取る
父ちゃんが水飲みたいと言えばすぐに持ってくるし着替えも母ちゃんが全部手伝ってた
1: 2017/4/01 00:02 master


母ちゃんが人生やり直せて恋愛して結婚して幸せに暮らせるなら俺の存在なくなってもいいやって普通に思ってる

父ちゃんは母ちゃんラブでそれは昔から今でもかわらない 必ず定時くらいの時間で帰ってくるし、母ちゃんにはしょっちゅう着物や指輪とかのプレゼントしてる

義父も母ちゃんを可愛がってる、下心は丸見えだがな

姑ははっきり言うが女版父ちゃん、デブで性格も悪い

本家だから分家の中から男を選べて結婚したようなもので、普通ならたぶん結婚出来てない

そして母ちゃんが本家に来た時は姑も舅も40手前
1: 2017/4/01 00:02 master
舅は母ちゃんを脅して欲を晴らそうとしてたし 姑は舅を取られた嫉妬か、息子を取られた恨みか母ちゃんを毛嫌いしてる

だからイビリは酷く、母ちゃんを叩くなんて日常茶飯事

ちなみに舅も姑には逆らえないから母ちゃんをいじめてても怒んないし、父ちゃんはマザコンで姑の母ちゃんへの暴力も母ちゃんをいい女にするための躾だと本気で思ってる

母ちゃんはだから本家でかなりきつい生活を送ってた

他の本家の人間も男は母ちゃんを色眼鏡でみるし、女は姑に同調してた
2: 2017/04/01 00:02
最初の時意外、舅や本家の男は母ちゃんに手は出せないの?

母ちゃん今精神病んでるの?
1: 2017/4/01 00:02 master
これから書くが本家の人間は母ちゃんに日常的に手は出してる

儀式はこれだけで済んでもいないしこれからもある

皆見て見ぬふりして母ちゃんで遊んでる

父ちゃんは流石に親たちには逆らえないから黙ってる

病院に行ってないからかあちゃんが精神患ってるかは分かんないが、明らかにおかしい

でも今はまだこの子供の頃よりはマシだよ
1: 2017/4/01 00:02 master
本家筋だけじゃなく皆母ちゃんを慰み者にしてたよ
父ちゃんは舅たちには逆らえないし見て見ぬふりしてた
1: 2017/4/01 00:02 master
結局転校させられた母ちゃんだが、学校への通学も皆が私服で洋服を着る中一人着物だった 体育はさせてもらえず、常に見学

学校も本家にはあまり多くを言わないからできたようなもん

学校でも分家の母ちゃんと同い歳くらいの子供が召使みたいに常に母ちゃんの横にいて、強いて言えば母ちゃんを見張ってた


この見張りがおばちゃんだった

そして本家に帰れば姑と一緒に井戸に連れてかれて井戸水で体を洗われる

本家の外でついた汚れを落とすらしい

それが済めば延々と姑からの躾 でも習うのは礼儀作法で、料理や裁縫は教えてもらわないどころか台所に立ったり、刃物を持つことすら許されなかった

母ちゃんが自傷したり恨みで本家の人間をあやめてしまうのを恐れてだ

ちなみに漫画とかテレビ、ラジオ、新聞も禁止

母ちゃんがいるときにはテレビは消す
1: 2017/4/01 00:02 master
母ちゃんが部屋に行ったら他の人間はテレビは見れたらしい

兎に角母ちゃんはいろんなものから突き放された

唯一許されたのは小説

しかも時代が古いもので、昔から本家にある黄ばんで色あせたような文庫本のみ



母ちゃんはその小説を読むか本家の庭の花を摘んで遊ぶくらいしか娯楽は無かった

ちなみに走ったりすればすぐに姑が怒る

こんなに抑圧される理由は分家の末端から嫁いだ嫁は、本家のあたりの地域の外の穢れた空気をまとって無意味なことを無駄に知り本家のかかわりも薄いから本家の人間に 染めるための策だったみたい
1: 2017/4/01 00:02 master
で、この時母ちゃんは11才なんだが既に来てたみたいなんだが、誰も子供が出来ないようなとかしないから母ちゃんは妊娠してしまった

11歳の時の夏過ぎかな

食事を無駄に残したり吐いたり、ぐったりしてたり

周りは夏バテを疑ったが分家のなかにいる医者に診せたところ妊娠してると言われた

母ちゃんは発狂して生みたくないと叫んでだが、でも本家の人間は皆喜んだ


まぁ本家は早い次次期の跡継ぎ誕生によろこんでまた、赤ちゃんをお腹に宿したお陰で母ちゃんは学校に行けないから本家から出る

必要がなくなるってことに一番喜んだらしい けどまぁそれから母ちゃんには24時間体制で本家の人間が見張ってた

母ちゃんが妊娠 が発覚した時に腹を殴ろうとしたから 姑たちも母ちゃんにストレスをかけないように異様に優しくなったらしい

ちなみにこの時から母ちゃんは学校に行ってない

で、また有線放送が流れて尋常じゃない量のお祝いが本家に届いた
1: 2017/4/01 00:02 master
それからは、特に何もなかった

でも儀式がすべて済んでないのにと少し問題が起きたみたいだが仕方がないから続きは母ちゃんが出産して安定してからとなった

ちなみに本家の人間は皆本家で生ませる予定だったらしい

でも医者が未熟児が生まれる可能性が高いと何度も説得して子供を産むときだけ病院に行くことが許された

で、さっと書くが生まれてきたのはよそう通り未熟児

かなりの難産の結果らしい

立ち会いは姑と父ちゃんと姑

生みたくないと分娩中も母ちゃんは泣いたらしい

医者は帝王切開を行ったが本家の人間が傷を付けるのは許さないと無理やり自然分娩で生ませた
1: 2017/4/01 00:02 master
この時母ちゃん12歳

これで母ちゃんが若いせいで未熟児が生まれたと思わなかった本家の人間

儀式が済んでないせいで罰があたったと盲目的に恐れたらしい

父ちゃんは19で医学部だったからさすがにこれには呆れたみたいだけど本家には逆らえないし黙ってたみたい

まぁこれが長男なんだが父親は誰なのか実際は定かじゃない


間違った 姑と父ちゃんと姑じゃなくて最後は舅な
1: 2017/4/01 00:02 master
で生まれたはいいが母ちゃんは赤ちゃんに無関心

まぁ産後が悪くしばらく寝込んだらしいが退院しても抱こうとはしなかったみたい

そりゃ受け入れられないのも無理はないんだが

で赤ちゃんの世話はほぼ姑がしたらしい

この子は神様から罰があたった可哀想な子とすごく大切にしてた  
2: 2017/04/01 00:02
母ちゃんかわいそすぎ
>>1母ちゃん助けられないの?
1: 2017/4/01 00:02 master
今は無理だ

母ちゃんがもう本家を出たがらない
2: 2017/04/01 00:02
女から言わせてもらうとさ、もう亡くなったほうがマシだね

そんな事されたら自分に関わる全ての人を恨みながら身を投げるわ
1: 2017/4/01 00:02 master
母ちゃんもそれはいったことがあるよ
1: 2017/4/01 00:02 master
では、母ちゃんが長男を産んで一ヶ月くらいたったころに再開された儀式のことを書いていく

本家はまぁこの前例えた映画ほどの立派な庭は無いが、本家と分家が建っている山は本家が所有してる山がある

まぁ家は山の下あたりで、普段は虫取りとかでよく上に登るんだけど そんな山の頂上に親戚全員が登る

でもこの儀式は分家の末端から嫁いだ人限定じゃなくて本家に入る人間は皆するみたい 頂上になんか小さな倉庫みたいなのがある

人が二人は入れるかな?て大きさの
1: 2017/4/01 00:02 master
子供のころは鍵が掛かって開かなかったし、特に何とも思ってなかった

俺は長男の結婚のときに見たから鮮明に分かるんだけど そこの倉庫は姑たちは本殿っていってた

で本殿をあけると中は本家のあの部屋の神棚と似た感じのものがある

違うのは酒なんかが滅茶苦茶並べられててあとはよくわかんない石でできた仏像?みたいなのがあった


でも仏像じゃないよな その神棚がでかいから実質は入れるのは一人だけ

嫁はその中に入って何回か言葉を言う これもなんて言ってんのかは不明

前々から習うもんなんだけど、たぶんあの部屋で神棚で言ってたことと同じ で、この後母ちゃんは指先を切られて流れた地で、神棚に飾ってあるお猪口を満たす
2: 2017/04/01 00:02
ちょ、待て じゃ長男が婚約した時はおまえも長男の嫁に女性になる儀式したのか?
1: 2017/4/01 00:02 master
違う

長男の嫁は分家の一番上からもらったし、 本家の地域にずっといた子だから山に登って地を奉げる以外の儀式はしない

女性になる儀式とかの儀式をするのは外部から嫁いだ女か、分家の末端つまりその地域から出た分家の娘のみ


で、まだ流れ出る地を布で拭いてその布で仏像みたいなのを拭く

この時長男の時は無かったが、母ちゃんの時は姑も一緒になんか布で仏像を拭いたらしい

父ちゃんが言うにはあの布は母ちゃんが女性になる儀式した時の着物の布なんだって あと、儀式が終わらずに出産しちゃったからずっと保存されてた長男の時の胎盤も、本家が持ってきたお酒と一緒に奉げる

それでこの儀式はとりあえず終わり

母ちゃんはもはや何も無駄に話さなくて無表情のまま無抵抗で淡々としてたみたい
1: 2017/4/01 00:02 master
でこんなおおがかりな儀式はすべて終了

あとは母ちゃんは毎週井戸水で体を洗い、毎月決まった日に本家の男との儀式

これで母ちゃんは完全に本家の人間の仲間入り

この日から母ちゃんは若奥様になる
1: 2017/4/01 00:02 master
でも若奥様になっても今までと何も変わらないらしい

で、これはおばちゃんが言ってたんだけど おばちゃんはこのころまだお手伝いじゃないけどおばちゃんのお母さんがお手伝いで、 毎日のように本家に遊びに来てたからよく母ちゃんの事みてるんだけど
1: 2017/4/01 00:02 master
おばちゃんの存在はものすごくデカイ

母ちゃんはおばちゃんだけは信頼してたみたいで、おばちゃんとは普通にまだお話とかしてたみたいだし、 今でも母ちゃんはよくおばちゃんに抱きついては泣いてる

おばちゃんも本家は嫌ってるみたいで外に出たいみたいなんだけど おばちゃんいなくなったら母ちゃんは本家で味方がいなくなるから、 母ちゃんが亡くなるまでは一生お手伝いでいると言ってる
1: 2017/4/01 00:02 master
で、子供ながらにおばちゃんは何回も目撃したり、おばちゃんのお母さんも聞いたんだけど 母ちゃんが舅や本家筋の男からは毎日だった

姑が昼寝したり、外に出てる間に 父ちゃんも昼間は大学でいないしな

父ちゃんは大学で毎日すごい時間かけて学校まで行ってた 一応学校の近くにもマンションを借りてて帰ってこないほうが多かったけど で
1: 2017/4/01 00:02 master
本家に姑がいなければ母ちゃんは寝室だろうと居間だろうとどこででも

お手伝いさんはそれを見ても、分家の人間だから本家には逆らえず無視

母ちゃんが泣いて助けを求めても無視

学生だったおばちゃんが助けに行ったら、お手伝いのおばちゃんのお母さんに殴られたらしい

本家の姑以外の女は姑と同じように母ちゃんをイビるし、自分の旦那とかが母ちゃんをいじめてるのを母ちゃんが誘惑したからだと助けるどころかさらにイビる
1: 2017/4/01 00:02 master
この頃の母ちゃんはみてる側が哀れになる位ひどかったみたい

一日中ただ部屋に座って壁を眺めてる時もあれば、狂ったように家のものを破壊しだしたり 直ぐに、誰かが母ちゃんを殴ったりして止めるから大したことにはならないみたいだけど このいきなり発狂するのは今でもよくなる
1: 2017/4/01 00:02 master
その時は叫びまくるから口に布詰め込まれて柱にくくりつけられて母ちゃんが大人しくなるまで放置する

これは俺も何回も見てて、母ちゃんが悪いことしたんだから仕方ないと思ってた

で、話を続けるけど 母ちゃんは長男を産んだは産んだけどずっと無視

泣いても抱きあげないし、ご飯もあげない 一緒に寝たこともないらしい

そんなんで姑が面倒は全部見てて 姑が抱かないと泣く子になってどっちが親だかわかんなくなった
1: 2017/4/01 00:02 master
で、母ちゃんが13の時に俺をお腹に宿る事になる


戸籍上は父ちゃんが俺の親だけど、ほんとに種が父ちゃんかは分からない そこは特に気にしてない

母ちゃんは悪くないしな

でもここが不思議だったのが母ちゃんは俺を妊娠したことを喜んだこと
長男のときにはしなかったらしいけど、にこにこ普段より笑うようになっておなかを撫でたりしてたらしい

母ちゃんに聞いたら理由は分からないけどうれしかった、と言ってた 二人目ということもあって俺は無事に本家で生まれた

その時母ちゃんは俺を最初にだっこして泣いたらしい

長男は名付け親すら姑と舅だったが次男である俺の名付けは母ちゃんだった

母乳はちゃんとくれてたし、夜寝る時も俺と寝て昼間もずっとだっこしてくれてたらしい

長男が母ちゃん嫌いで、俺が母ちゃん大好きなのはこのせいかも
1: 2017/4/01 00:02 master
父ちゃんの影は薄いがこの頃の父ちゃんはほんと存在感がない

長男も次男も父ちゃんはわけ隔てなく可愛がってくれたが、でも父ちゃんの一番はずっと母ちゃん 家にいるときは母ちゃんにベタベタしてる

昼間は仕事でいないから母ちゃんは舅たちに好き勝手されてるんだけど それは今も同じ、俺も何回も遭遇したことがある

父ちゃんは母ちゃんに自分が愛されてないということは知ってる

母ちゃんは父ちゃんには冷たいし、母ちゃんは父ちゃんに、父ちゃんを一生愛するつもりはないとも言ってる

母ちゃんから父ちゃんに普通の話題を話しかけてるのは見たことないし 仕方がない話なんだがな
2: 2017/04/01 00:02
長男の嫁は>>1の母ちゃんみたいに普段からいかがわしい事されたりとか、姑やまわりにいびられるとか、そういう扱いはされてないの?


母ちゃんだけ?
1: 2017/4/01 00:02 master
長男の嫁は姑が選んだ人だからイビリもない

しかも分家の一番良いとこの娘だっていう点で取ったから長男嫁は三十路で顔は母ちゃんの十分の一ある?て感じ

長男とはお似合いだがな

第一女性になる儀式する儀式が長男嫁にはなかったからしてないと思う

父ちゃんと俺はしたことは無い
2: 2017/04/01 00:02
1のお母さんだけがいろんな人にされるの?
1: 2017/4/01 00:02 master
そうなる

今俺は大学で一人暮らししてるから本家の事は今何があるかは知らないけど 長男嫁と母ちゃんを並べて長男嫁を選ぶ人はまずいないと思う

てか言わせてもらうと長男は母ちゃんがめちゃくちゃ嫌い

やることはやった癖にな

母と呼ばないし、存在は無視してる

長男嫁は悪い子じゃないんだけど、長男と姑に染められて母ちゃんから距離置いてる

ちなみに長男嫁は着物とか結納と結婚式以外で着てるの見たことない

【あるあるw】Twitterでフォロー外したくなる奴にありがちなこと


【東日本大震災】2011年でそろそろみんなが忘れてそうな事を挙げるスレ


【閲覧注意】ちょっと聞きたいんだけどこの画像の何が怖いの?


【ん?なんか変だぞ?】俺「かにの炊き込みご飯(2200円)一つください」店員「ハイ。かにご飯ですね」



2: 2017/04/01 00:02
今も母さんは着物なの?

母さんまだ35歳ぐらい?
1: 2017/4/01 00:02 master
母ちゃんは34だよ

化粧品は使わせられてるから若いし美人

本家に入ってから着物以外を着るのは許されてない


父ちゃんの趣味と姑のイビリだから似あいはするけど複雑 母ちゃんは洋服着たいみたいだし 母ちゃんの着物の量はものすごいよ

着物100枚はもってるんじゃないかな
2: 2017/04/01 00:02
まだ若いなあ

いまだに本家の男に弄ばれてるのか… >>1が家でて寂しいだろうな しかし親戚同士で結婚してて地濃くないのか
2: 2017/04/01 00:02
_分家同士の結婚は少ないしたいていは外部のやつからもらうから平気なんだろうな

この前長男と長男嫁はいとこって書いたが、メールで長男に聞いたら違ったすまん 幸いにも障害も持った子は俺の知る範囲では聞いたことない

昔はもっと閉鎖的だったからどうかは分かんないけど
2: 2017/04/01 00:02
小5から学校に行ってないって、近所の人や中学はどうなってんだ??
しかも家から一歩も外に出てないって…
1: 2017/4/01 00:02 master
近所の人は本家には逆らえないよ

そこに住んでいられなくなるから

学校はよく知らないけど子供産んでるし本家の影響を少なからず受けてる 出されてもらえて本家の庭が限界だからな

本家から出るのはもう諦めてる
1: 2017/4/01 00:02 master
今からちょっと俺たち家族の話を書く

基本的に母ちゃんは本家の人間で母ちゃんが自ら話しかけるのはおれしかいない

俺には結構にこにこしてるし、小さいころから母ちゃんに優しくされて構われてた記憶はたくさんある

母ちゃんの俺と長男の扱いはほんと凄まじい

俺が母ちゃんに似てるってのも理由だと思うんだけど それとほかに母ちゃんはあることをきっかけにさらに長男から距離を置くようになる

ちなみに長男は父ちゃんの生き写しってくらい似てるまだ太ってないけど でもなんで腹にいるころから俺だけをかわいがったのはほんと母ちゃんの話聞いても不明

で、まぁ母ちゃんが長男を避けるのにはちゃんとした理由がある

さっき書いたんだが母ちゃんは日常的に本家の男に遊ばれてるんだが、長男はそれに便乗してたらしい
1: 2017/4/01 00:02 master
その時長男は中学生くらいで一人で処理してるときに舅に誘われた

一人で寂しくしてないで母ちゃんでやればいいだろ、みたいな感じで 長男は母ちゃんを物心ついたころから嫌ってたんだけど、前々から母ちゃんが本家の人間から抱かれてるのをみて興奮してた長男はそのまま母ちゃんと・・・

一回じゃ物足りなかったのか癖になって、長男も母ちゃんとするようになった。

でも長男は結婚してから母ちゃんとするのは止めたと俺に行ったが真偽は分からない 母ちゃんは今まではまだ長男は嫌ってたけど会話はしてた

学校の話とかそんな必要最低限のもの

だけどそれをきっかけにそんな会話はなくなり挨拶すらしなくなった


スポンサーリンク

2: 2017/04/01 00:02
イスラムみたいに抑圧的で朝鮮みたいだな こわい
1: 2017/4/01 00:02 master
俺はと言えば覚えてないんだけど、ほんと3歳くらいの時かな

毎年正月と盆は正式に本家の男にあの部屋で清められるんだけど、 兄ちゃんも俺も本家だから姑や曾祖母ちゃんに膝の上に座らされて行為はしないけど参加するんだ

で、俺はその行為をみて母ちゃんが泣いてるからそう思ったのか知れないけど母ちゃんをいじめないでって泣いたらしい

俺があんまり泣くから俺は部屋から出されたんだが、母ちゃんはあの時はほんとにうれしかったといってた

俺は記憶ないけどね


でもやってる事が何か判明した時には母ちゃんを汚く思ったのも事実だ

でもおばちゃんが母ちゃんは可哀想な被害者ってことを教えてくれたおかげで長男みたいにならなくて済んだんだが で、俺が家にいる間は母ちゃんのそばにいるようにした

まぁ舅に立ち向かっても俺は貧相な体格で全くかなわなかったから役に立たなかったんだけど、 母ちゃんは味方がいるんだってそれだけでよかったみたい

母ちゃんが発狂して柱に縛り付けられてたのは、俺も悪いことをすればそんな感じで怒られてたから母ちゃんいけない事したんだなって思ってた
2: 2017/04/01 00:02
ちょっと泣けてきた…
1: 2017/4/01 00:02 master
ちなみに学校の参観日とか式の時は姑と父ちゃんが来てたよ

母ちゃんは学校でもらう集合写真を一枚見せてもらえるだけ

でも写真を見せたところで私も学校に行きたかったのに!と泣きながら騒ぎだしてる
1: 2017/4/01 00:02 master
話を飛ばすが 母ちゃんは携帯とか持たされてない

家の固定電話はお手伝いさんがまず取って俺の時だけスピーカーフォンで話すことが許される 祖母ちゃんや祖父ちゃんは連絡をよこさないから母ちゃんに電話すんのは俺くらい

でテレビ、新聞、ラジオ、その他雑誌とかも何も見せてもらえないからほんと世間の事知らないんだ スマートフォンの存在も知らないし
(父ちゃんや長男は持ってるけど母ちゃんの前じゃ使わない)、 今の総理が誰かも知らない


11歳のときで母ちゃんの中での情報はストップしてる

本家のことだけを考えさせなければいけないとかうんたら本家の人間は言ってるけどじゃあ姑や長男嫁はなんなんだって言ってやりたい
1: 2017/4/01 00:02 master
また話はとぶ

時系列バラバラですまない

今度は俺が7歳の時、おばちゃんが母ちゃんを連れて本家から脱走した時の話をする
1: 2017/4/01 00:02 master
まずおばちゃんのことを詳しく書くが、おばちゃんは母ちゃんの一番の理解相手

本家で俺以外に母ちゃんと普通にはなせるのはおばちゃんくらい

でおばちゃんは高校卒業してから母ちゃん自らの希望で本家のお手伝いになったんだ

おばちゃんの親もお手伝いだったからトントン拍子でおばちゃんはお手伝いになったんだ


母ちゃんはおばちゃんの前だと素直になってわんわん泣いたりする 俺には泣いたり相談はしてくれないんだけど でおばちゃんはずっと母ちゃんを助け出したかったらしい

でも本家には人がいるし助け出すのは不可能 でおばちゃんはずっと機会をまってたらしい

そしたら俺が7歳の時に機会が来たんだ 本家のみんなで初めて旅行に行こうっていう話になった
1: 2017/4/01 00:02 master
旅行を提案したのは姑

テレビの旅番組に感化されたらしい

つっても県内の温泉旅館に行く一泊二日の旅だがな 母ちゃんはもちろんいけないから留守番

俺はマザコンだったから母ちゃんが行かないなら行かないとゴネて俺も留守番に


この時母ちゃんは姑や舅、父ちゃんから解放される!!とそれくらいに思ってて安心して一日過ごせると喜んでた で本家にいるお手伝いは2人でおばちゃんじゃないほうのお手伝い(Aさんとする)は姑の息がかかった人

姑はAさんに母ちゃんの見張りを頼んだ
1: 2017/4/01 00:02 master
でもこれは一生に一度のチャンスと思ったおばちゃん 必氏に母ちゃんにすら隠して一人で計画をたててた


そして遂に姑たちが旅行に行く日、母ちゃんは久しぶりの笑顔を向けて本家を送り出した 姑たちがでて行ったあとは母ちゃんは俺とわいわい騒ぎながら一緒に遊んだ

かくれんぼとかだるまさまが転んだとかそんなの 母ちゃんはずっと笑っててほんとに楽しそうだった

おばちゃんはAさんが外に出ないかずっとAさんをさりげなく監視してた
1: 2017/4/01 00:02 master
で、時が来たわけだ

Aさんがお昼くらいに風呂掃除を始めた

おばちゃんに母ちゃんを監視するように言ってな おばちゃんはしばらくは黙ってたみたいだけど、Aさんがタイルに洗剤をかけて掃除に集中し始めたところで行動を開始した


母ちゃんにそっと耳打ちしたんだ

逃げようよかそんなことを言ったんだと思う

母ちゃんは逃げるなんて選択しなかったからおばちゃんにそう言われてびっくりしたみたいなんだけどすぐにうなずいた

おばちゃんは俺をだっこして静かに縁側から出た

そっからのおばちゃんの用意の周到さは今思ってもすごかった

本家の門の外に止めてた車の母ちゃんを助手席に乗せ俺を後ろに乗せるとおばちゃんもすぐ車に乗り込んだ
1: 2017/4/01 00:02 master
エンジンはかかっててもうおばちゃんがアクセルを踏むだけ この車が走り出すまでに2分もかからなかったと思う

俺は何のことかわからずぽカーンとしてた

印象に残ってるのはさっきまで笑ってた母ちゃんが大泣きし始めたことと、さっきまで無表情だったおばちゃんがやったーってさわいでたこと
1: 2017/4/01 00:02 master
おばちゃんはめちゃくちゃスピードを出してその地域から離れた

で隣の県にあるおおきなデパートに止まった

ここでいろいろ買い物をするつもりだった

で、おばちゃんはまず母ちゃんを婦人服売り場に連れて行った

好きな洋服を選んで、買ってあげるからって

一回にあった着物屋さんであなたはいいものを着てるねって母ちゃんを褒めたのを見てまず母ちゃんの着物を脱がさないと着物は目立つからばれると思ったみたい

母ちゃんはそりゃもう泣きながら洋服を選んでた

こんな広いデパートで地域の人間ににあうはずもないしおばちゃんも緊張が解けたみたいで母ちゃんにこれはどうっていろんな服を見せさせてた

母ちゃんが選んだのはワンピースだった
1: 2017/4/01 00:02 master
それに合うように靴もバッグもおばちゃんは母ちゃんと一緒に考えながら買ってあげた

洋服を一式買ったあと、おばちゃんは母ちゃんにご飯を食べようっていった

書いてなかったか母ちゃんはご飯すら制限されてたんだ

本家の地域以外の食べ物しか食べちゃいけないって

母ちゃんは煮物を食べてんのに俺たちは焼き肉とかよくあった

養鶏は分家がしてたから鶏は食べてたけど牛肉とかはだめだった

で、母ちゃんが食べたいって言ったのはアイスだったんだよな アイスとか飯じゃないのに


本家に来ていらい食ってなかったからどうしても食べたいって言ってた
1: 2017/4/01 00:02 master
ちなみにこの時母ちゃんはまだ着物を着てた

着替えるのも大掛かりだから車の中で着替えさせるって言ってた

母ちゃんはスタイルいいから大丈夫だろうってワンピースは試着もしてない でおばちゃんがアイスはあとで買うからって洋食屋さんに行ってステーキを食べさせてくれた

母ちゃんは美味しい美味しいって貪り食う感じでまた泣きながら食ってた ステーキを食ったらパフェも頼んでくれた

母ちゃんと俺がパフェを食ってる間におばちゃんは買い物をしに行った でおばちゃんが戻ってきたころには俺たちは食事を終えててそのままお金払ってデパートを出た
1: 2017/4/01 00:02 master
母ちゃんは夢みたいだって俺と手をつなぎながら何回も言ってた

おばちゃんはいろいろ買っててその中でアイスを何個も買ってた 車で移動しながら食べようって母ちゃんにアイスを渡してた
1: 2017/4/01 00:02 master
7歳の頃の話なんだが俺はこの日のことだけは何も忘れずに覚えてる それくらい衝撃的な日だった

で、車に乗り込もうと駐車場に言った瞬間だった 姑や父ちゃんたちがいた

母ちゃんはその場に座り込んでおばちゃんは持ってた荷物を床に落とした なんで、父ちゃんたちがいるんだって俺も慌てた


この時おばちゃんが落とした荷物の中に包丁が入ってて今思えば氏ぬつもりだったのかなって思った 母ちゃんは恐怖でおしっこを漏らした

なんでばれたのかおばちゃんぶつぶつつぶやいてた

ばれたルートはあんまりにも信じられない方法だった まず風呂掃除を終えたAさんは母ちゃんが逃げたと父ちゃんたちが旅行で行く予定のところにとにかく電話した

で、長男が行きたいと駄々をこねてた水族館に電話をしたらつながったらしい
1: 2017/4/01 00:02 master
で姑たちはとりあえず水族館で何か情報は無いか分家とか公衆電話でしらみつぶしに電話 すると本家にいて慌てるAさんのところに電話が来た それを出るとデパートの着物屋さんだった その着物屋さんは父ちゃんが母ちゃんにプレゼントを上げるためにしょっちゅう行ってて父ちゃんとは顔なじみだった

で運悪く母ちゃんが来てた着物はその着物屋さんに売ってた一点物の着物だった 着物屋さんは母ちゃんの着物を見て盗品かと思ったみたい

父ちゃんは着物屋さんに病気で家から出れない妻にって言って買ってたらしい だから着物を着てる母ちゃんは普通に元気で歩いてたから、奥さんじゃない人が来てる=盗んだ人みたいに認識したらしい

で、慌てて確認のために着物屋が本家に電話 良い着物が入ったら父ちゃんに知らせるために電話番号を父ちゃんは教えてた

それをAさんが聞いて水族館に再び電話

でデパートと旅館は離れてたのに水族館はデパートと一時間くらいの距離でそのままデパートに向かって駐車場でおばさんの車発見、待ち伏せみたいな感じだった
1: 2017/4/01 00:02 master
俺たち三人はそのまま強制送還 本家に戻ったら母ちゃんは着物の肌着?の薄い着物一枚(襦袢てやつかな)で柱に縄で括りつけられて体中痣だらけになるまで箒で叩かれ、父ちゃんには何十回も蹴られて殴られてた 父ちゃんは、お前の躾けのためだって悟ながら殴ってた

母ちゃんが外のものを食べたって知ったらさらに切れて姑は母ちゃんの口の中に手を突っ込んで胃液だけになってさらに地を吐くまで延々と母ちゃんを吐かされ続けてた


穢れたものを体から早く出さないとって姑は言ってたらしい

俺はこの場面はずっと自分の部屋にいて見てないからここから全部はおばちゃんの話なんだけど ちなみに俺は何一つ怒られはしなかった

おばちゃんはこれをずっと見てて私のせいだっていくら言ってもおばちゃんも全く咎められず母ちゃんだけがこんな仕打ちを受けたみたい


姑と父ちゃんからの折檻が終わった後は母ちゃんは例のごとく井戸水で肌が赤くなるまで体を洗われて擦られた そしてその後はあの部屋に一週間監禁された

体を清めるためにらしい

手足を縛られて外からはつっかえ棒とかされて 食事は姑が持っていっててトイレもおまるでさせてたらしい

監禁中何度も本家の男が清めだってあの部屋に入って行った

おばちゃんはこれでものすごく自分を責めて怖い人みたいに自分の小指を切って母ちゃんを許すよう姑と父ちゃんにあたまを下げた

でもおばちゃんのこのせいで母ちゃんはおばちゃんに責任転嫁をした卑怯なやつってさらに殴られたんだけど で、一週間後部屋から出てきた母ちゃんは生気もなく、ほんのちょっとした物音でも何かに取りつかれたみたいに何回もごめんなさいって呟いてた
1: 2017/4/01 00:02 master
脱走はあまりにもひどい終わり方をした

母ちゃんはそれ以来本家から出るのを怖がるようになった 庭にすら出ようとしなくなった

そして本当に自分は穢れてるって思いこんで自ら本家の男に清めてほしいとお願いするようになった 数年たったら母ちゃんも正気に戻ってまた脱走する間の状態に戻ったみたいなんだが ちなみにデパートで買ったワンピースは一度も着ることなく姑に燃やされた

バッグも靴も全部

母ちゃんはおばちゃんに土下座してめちゃくちゃ謝ってた

肝臓「よせ」腎臓「よせ」膵臓「よせ」胃「よせ」脳「ええんやで」


【ヒエッ…】思わず背筋が凍る階段の画像「これは怖すぎ…」


見知らぬ土地でぼっち


バイトを仕事とか言っちゃうフリーターwwwwwwwww



2: 2017/04/01 00:02
こんなことが本当にあるなんて、信じられない。 母ちゃんかわいそすぎる
2: 2017/04/01 00:02
全く同じことを言おうとしたわ。これが日本で行われてるなんてな...
2: 2017/04/01 00:02
>>1は父親や姑、本家についてどう思ってるか知りたい
2: 2017/04/01 00:02
>>1は母ちゃんを助けられないの?
母ちゃんが可哀相すぎてもう前が見えん(´;ω;`)
1: 2017/4/01 00:02 master
ほんとにこれは釣りじゃない

表に出ないだけで他にも似たようなのをしてる家はあると思う

それに母ちゃんみたいな仕打ちをされるのも、その地域にいる分家以外が本家に嫁いだ場合のみで、めったにないんだ

何てったって姑は本家生まれで分家から婿取りしたし、姑の父親は長男嫁と同じで分家の上のほうから嫁取りしたし兎に角その地域の分家以外から本家の跡取りが嫁を貰うってのが珍しかったんだ でもこの儀式については必ず自分が分家から嫁取りしたとしても先代の跡取りから伝えられるんだ 長男も父ちゃんからちゃんと聞いてたしな

因みに結婚して籍を入れたら跡取りになるんだ

父ちゃんも母ちゃんと籍を入れた日に跡取りになった
1: 2017/4/01 00:02 master
俺は本家は嫌ってる

母ちゃんが大好きだしな

姑も嫌いだし長男も父ちゃんも大嫌いだ
1: 2017/4/01 00:02 master
でもずっと本家にいるとなかなかおかしさに気付かないんだ

大学に入って別のところに行った時に、やっと自分の地域のおかしさに気付いた

儀式のことも母ちゃんが家から出れないことも何をするのも許されないことも地域一帯が本家一番ということも

そっから考えて本家がものすごく怖く見えた

だから本家に戻らなくなったんだ

正月と盆だけ帰るようにしてあとは電話もよこさなかった

でもさ、集まりに行った時本家にもっと帰って来いって父ちゃんに怒られたに加えて母ちゃんに帰って来て欲しい、 さみしいって泣きつかれたんだよ

母ちゃんには断れないし仕方ないから月に2回は帰るようにした
1: 2017/4/01 00:02 master
表に出ないだけで他にも似たようなのをしてる家はあると思う

そこは最初にも書かれて見たことがある そっちは自由意志でいるから比べるのもおかしい

母ちゃんは一生氏ぬまで本家から出れない 自分の意思を持つのも許されない
2: 2017/04/01 00:02
ほんとにあるのかこれ。 うちは落ちぶれた旧家だけど、こんなのあるなら腐りすぎだと思うわ。
2: 2017/04/01 00:02
そうだな、そこが大違いだよな。

おばちゃんの指はうまくくっついたのか? お母ちゃんテレビだけでも見せてあげたいなぁ


【画像】NHKって民法よりよっぽど攻めてるよなwwwww


アイアムアヒーローっていう漫画読み終わったがこれオチがクソ過ぎだろ


嵐・櫻井翔「異様な顔」に衝撃


【画像あり】本当の美人の女性ってこういう子だよな。



1: 2017/4/01 00:02 master
おばちゃんは指くっつけてない

医師免許を持ってる父ちゃんに応急処置してもらっただけ

母ちゃんにスマフォを初めて触らせた時はほんとに反応がかわいくてたまらんかった
2: 2017/04/01 00:02
本家にいなくても、刷り込まれてたらなかなか抜けられないよね。

うちは長男以外はすべて養子に出してたから、分家は少ないが。それでも時代錯誤に「本家の周りの奴はみんな家来やからな」と言ってる人もいる。

洗脳って怖いよ。 落ちぶれてなかったら、お宅ほどでなくともひどかったろうな。
1: 2017/4/01 00:02 master
周りの分家以外の民家についても話をする 俺が中学生の時に同級生の男の子が突っかかってきたんだよ お前の母ちゃんて何で外に出ないのヒキコモリなの?みたいな感じで聞いてきたんだよ

俺は違うってちょっと腹が立ちながら答えたんだけどそれを聞いてた教師が地相を変えてその男子生徒を連れて教室から出て行った そしたらその晩その男子一家がうちを尋ねてきた 玄関先で父親母親と3人でうちの息子がご無礼を…みたいな感じでお金を包んで持ってきた 息子は顔面殴られたみたいでボコボコになってて坊主になってた
1: 2017/4/01 00:02 master
さっきは簡単に書いちゃったんだけど、去年母ちゃんに転機が訪れたんだよね 俺が引き起こしたようなもんなんだけど


さっきのように俺は大学に入って本家の異常さに気付き本家に近寄らなくなった 母ちゃんはそれが堪らなく寂しかったみたいで大学2年の盆に泣きついてきた

俺が本家に帰った時から母ちゃんは俺から離れなくて寝るときも一緒に寝たいって言いだすくらいだった


儀式の時、長男は中学生の時から母ちゃんとすることの参加してるんだが俺は見るだけで一度も参加することは無かった

母ちゃんは俺に抱いてもらいたいって言ってきたがどうも母ちゃんが哀れで悲しく見ててたつもんもたたなかった

あと、母ちゃんは遂には俺に大学を止めて本家に帰って来て欲しいとも言いだした

でも大学は楽しかったし止めたくないしそんな頻度でも帰ってこれないし 県が違うからな

で、まぁ帰ってこれたら帰ってくるよってその時はあいまいな返事をしたんだその時は そしたら母ちゃんはその晩に字札未遂をした
1: 2017/4/01 00:02 master
自分の部屋で母ちゃんは布団のシーツを柱に巻きつけて首をつってた

それを発見したのは俺

というか母ちゃんに部屋に来いって言われてたんだ それで部屋に入ったら母ちゃんが首をつってて


俺は絶叫 すぐに父ちゃんや姑その他親戚も駆けつけてきたけどみんな大絶叫

父ちゃんが慌てて母ちゃんが足場にした椅子に登ってシーツを外した

母ちゃんはまだ首をつったばっかりだったらしくて気絶してただけで父ちゃんが人工呼吸をしたらすぐに意識を取り戻した

父ちゃんはよかったよかったって泣いてたけど母ちゃんは父ちゃんを無視して俺を見て言ったんだよね

本家に戻ってこないなら次は本当に亡くなってやるって
1: 2017/4/01 00:02 master
それで気付いたんだが母ちゃんは氏ぬ気はなかったんだって思った

俺を脅すためにわざわざしたんだとも

それで父ちゃんにもっと帰ってくるようにって怒られて大学は止めたくなかったからサークルを止めて月に2回は最低でも帰るようにし 毎日のように母ちゃんに電話をかけて何とかなった

でも父ちゃんはこの事にものすごくショックを受けた

自分には全くと言ってもいいほどにかまってこないのに俺には異常なまでに執着することに
1: 2017/4/01 00:02 master
それから俺が帰ってくれば母ちゃんはずっと俺から離れないこともね

父ちゃんは母ちゃんに今まで愛してるとか言ったりプレゼントを渡したりするのはよくしたけど母ちゃんに見返りを求めたことは無かったんだ

母ちゃんの気持ちを聞いたこともない 母ちゃんが恋愛とか知らないんだからシャイなんだって本気で思ってたらしい


だけど母ちゃんの俺への態度を見て俺は嫌われてるんじゃないのかっておもうようになった で、ある日遂に聞いちゃったんだ 俺のことを愛してるんじゃないのかって で母ちゃんは普通に否定した

一度もそんなことを思ったことはないしこれからも亡くなるまでずっと愛するつもりもないって 父ちゃんはそれで母ちゃんをぶん殴って大泣きした

父ちゃんも相当おめでたいなって思うんだけど父ちゃんは母ちゃんに愛されてるって思ってたらしい


脱走したのは外の世界を知りたかっただけで別に俺を嫌いになったわけじゃないって そんな感じで母ちゃんに嫌われてるってことに気付かなかった
2: 2017/04/01 00:02
でもさ、父ちゃんは大学行ってたんでしょ? >>1みたいに家はおかしいって気付かなかったのかな?


それとも家ではお殿様で、何でも好きにできるから気付かなかったふりしてるの?
1: 2017/4/01 00:02 master
俺はおかあしいって気付いたけど分かんない 長男も父ちゃんも家の事は大学の人に話さなかったのかな

少なくとも父ちゃんも長男も家のしきたりに文句を言ったことは無い なんでも誰かが欲求を叶えてくれるから
1: 2017/4/01 00:02 master
そっから父ちゃんはなんか人が変っちゃった 母ちゃんに近寄らなくなったらしい

これはおばちゃんが言ってたんだけど 母ちゃんは別にそんなこと気にしてないらしくて平気みたいなんだけど で、母ちゃんに起きた一番の転機なんだが父ちゃんが母ちゃんに決心していったみたいなんだ


この家から出たいなら出ていけって 母ちゃんはあっけにとられてた 俺はおばちゃんからそれを電話で聞いてすぐに本家に帰った 父ちゃん以外の本家筋は大反対

母ちゃんは今更外に出すわけにはいかない 分家たちにはなんて説明するのか、示しがつかないって でも父ちゃんは変わらなかった


何がとうちゃんをそうかえたのか分からないけど急激に母ちゃんに覚めた感じだった
1: 2017/4/01 00:02 master
でも出て行くってどこに?ってなった 分家に行っても意味ないし、じゃあ母ちゃんの実家の祖母ちゃんちに帰るかってなったけど母ちゃんはそれを断固拒否した

で、母ちゃんは俺の家に来たいって言ったんだよね


父ちゃんはやっぱりって顔をして出て行くなら早く出ていけっていた 姑たちは母ちゃんを監禁してまで阻止しようとしたし、舅は父ちゃんをどなったけどもう何を言っても無駄だった 母ちゃんはまとめる荷物も特にないから着の身着のままで俺と一緒に俺の一人暮らしのマンションに来た


おばちゃんは泣きながら見送ってくれたよ やっと好きに生きれるんだねって 母ちゃんは昔の脱走のことが心に残ってるのかマンションにつくまでは一言もしゃべらなかった 俺はうれしかったよ

母ちゃんを本家から出した今、俺も本家に無理にいる必要もないししかも父ちゃん公認だ
1: 2017/4/01 00:02 master
何も怖がることは無かった

マンションに帰って母ちゃんに好きなとこはどこでも連れてってやるっていったら、迷惑をかけてごめんなさいって謝られてなんとも言えない気持ちになったけどね

その日は母ちゃんは俺の携帯を弄ってめちゃめちゃ感激してた で明日は母ちゃんの洋服を買ってやることにした

大学はさぼる気満々だったし 本家から電話が来て姑が脅迫めいたことを言ってきたけど俺はもうそれを笑って流せた
2: 2017/04/01 00:02
>>1すげーよ!行動力あるじゃん! 今もふたりで暮らしてるんだよな!?
1: 2017/4/01 00:02 master
二人で暮らして最初はものすごく楽しかったよ

なんかどんな普通のことでも母ちゃんはすごく驚いて目をキラキラさせて喜ぶの 母ちゃんが本家に入ってから20年以上

けっこういろんなものが進歩してたらしいんだよね そんな母ちゃんがかわいくて仕方なかった

俺にはその時大学に彼女がいたんだけど、それも全部忘れて母ちゃんと2人で大学をさぼりまくっては一緒に遊んでた

ワンピースに靴も買った 母ちゃんは洋服もものすごく似合ってた

初めて母ちゃんの洋服姿を見たときには涙が止まらなかった
2: 2017/04/01 00:02
母ちゃん脱出できたんだね! でも本家からの嫌がらせとか脅迫とかは、なかったのかい?
1: 2017/4/01 00:02 master
ちなみにこの時は盆明けだった

夏休みはながいし、大学をサボるってゼミとかを休んでたんだけど 遊園地に行ったりしてそりゃもう楽しかった

つうか恋人同士みたいだった


外を出かけるときは母ちゃんは俺の腕にしがみついてたし、寝るときは布団がないのもあるけど同じベット

本家からかかってくる電話は全部無視 嫌がらせはなかったよ

まぁ鬼みたいに手紙と電話が来てたけど でもさ、あんまりにも二人でいんのが楽しすぎて周りを完全に忘れてたんだ
1: 2017/4/01 00:02 master
ある日彼女が尋ねてきたんだよね

なんか女の人と遊んでるのを見かけたんだけどって 浮気を疑ってた

俺は家にいた母ちゃんを直ぐに紹介して彼女のほうは誤解は解けたんだけど その彼女とはすごく気もあって大学卒業したら結婚したいとも言ってたから母ちゃんと紹介させるのも別に良いかって感じだった

でも母ちゃんはものすごく彼女に対して嫌そうな反応をしたんだよね 彼女はきれいなお母さんでそっくりだねって母ちゃんには好意をもってくれてたんだけど
1: 2017/4/01 00:02 master
彼女はものすごくフレンドリーで、女同士のほうが買い物とかいいかもって思って2人があってしばらくしてから彼女に母ちゃんと出かけてほしいって頼んだんだ

彼女は二つ返事でいいよっていって言ってくれた

その前から彼女と母ちゃんを2人でいさせることもあったから大丈夫だろうって思ってた


母ちゃんはものすごく無表情で、その時は俺は緊張してるのかなって思ってた 俺は久しぶりに大学にでも行こうって思ってたし彼女にはすごく感謝した

ものすごくいい子だから母ちゃんも打ち解けてくれるだろうって思ってたんだ 母ちゃんはずっと無表情で彼女が帰った瞬間に笑顔になった

洋服とかは1着も買ってこなかったのが一番不思議だったんだが でも一番衝撃的だったんだが、その日の夜彼女から別れたいって電話が来た
1: 2017/4/01 00:02 master
彼女にめちゃくちゃ慌てながら理由を尋ねたら多くは言わずに、母ちゃんがいる限りは無理って言ったんだ

なんで、って思ったら母ちゃんは今日出かける前から彼女をいじめてたみたいなんだ でも彼女は母親になるかもしれない人だし、我慢してたらしい

でも今日の二人で出掛けたことで我慢がもうできないってことだった


母ちゃんは彼女をとにかく罵倒したり、極め付けにはお前は遊ばれてるだけだって言ったらしいんだよ

地下のレストランに行くときも彼女を階段で押したり 彼女が薦めた洋服を全部センスが悪い、好みじゃない、とかさらには彼女に対して俺にふさわしくない顔立ちだとか恰好が下品とか(その時はミニスカートだった)家柄が…とか

彼女がここは美味しいですよって言ったご飯をまずいって言って一口しか食べなかったり 家庭板もびっくりするようなテンプレ嫁イビリをしてた
1: 2017/4/01 00:02 master
で彼女にはそこで電話を切られて、折返ししても繋がらなかった

俺はなかばパニックになりながら母ちゃんを問い詰めた

母ちゃんは否定しなかった、彼女をいじめたことを認めたんだ

俺はもう意味分かんなくて、母ちゃんは嫁いびりをされてたから絶対しないとも思ってたのに 長男嫁にもいびったことは無かったからな、まぁ話しかけたこともなかったけど でも俺は結婚を覚悟してた彼女だったのにって母ちゃんをめちゃくちゃ罵倒した


母ちゃんの言い分を何も聞かずに、手も上げた 母ちゃんがベットの柱に頭をぶつけて額から地を流したあたりで少し正気に戻った
1: 2017/4/01 00:02 master
母ちゃんは謝ってたけど、なんかあんたは全然分かってないって反省はしてないんだ

それに腹が立って、彼女は母ちゃんに一生懸命尽くそうとしたのに母ちゃんは何してるんだって情けなくなったんだよね

このまま母ちゃんが彼女と仲良くなってくれたら嬉しいことこの上ないし でも母ちゃんは無碍にしたんだ俺はもう許せなかった


反省して彼女に謝ってくれるならともかく母ちゃんは反省してない

姑が母ちゃんをいじめてたのは家柄の違いと、愛する息子の父ちゃんを奪われた恨みだから母ちゃんが彼女をいじめたのもそんな理由かと思ってた

母ちゃんは俺に固執してたから嫌なんだろうなって でもなんかすごく理不尽に思えて、母ちゃんが本家から出てきた時にはそりゃ母ちゃんにはかまってたけど一番はやっぱり彼女だ
1: 2017/4/01 00:02 master
だから母ちゃんに出ていけってどなった

母ちゃんが何を俺に言っても全部聞かないふりして外に追い出した

今思えば、あの時に戻れるならどれだけ良かったかって何回も思う でもあのときは俺はもう完全に切れてて母ちゃんを追い出してすぐ玄関を閉めて鍵をかけた

しばらくドアをたたく音とかインターホンとかなったけど全部無視した
1: 2017/4/01 00:02 master
でもかなりの時間たったら怒りも収まって急に冷静になった

この辺の土地を母ちゃんは何も知らない 靴もはかせてない、お金も持たせてない


携帯持って慌てて外に出たけどマンションの付近にはいなかった しばらく外を探して、携帯を見たら本家じゃなくておばちゃんの携帯から着信が入ってた

慌ててかけ直したらおばちゃんにめちゃくちゃどなられた


母ちゃんは何も着ず足で街をほぼさまよいながら歩いてるところを警察に保護された 母ちゃんは俺家の住所とか知らないし、本家の電話番号を警察に教えた

警察は強姦されたのかと疑ってたみたいなんだけどまぁ母ちゃんがそれは否定してた 本家は警察が母ちゃんを保護したってのを聞いておばちゃんがそのまま車に乗って迎えに行った
1: 2017/4/01 00:02 master
おばちゃんは警察で母ちゃんを保護、顔から地を流してるのは警察がちょっと治療してくれたみたい

おばちゃんは俺の家に母ちゃんを返そうとしたみたいなんだけど母ちゃんがそれを拒否 おばちゃんはとにかく仕方がないから本家に連れて帰った
1: 2017/4/01 00:02 master
車の中で母ちゃんから話は全部聞いたらしい

母ちゃんが彼女をいじめたことも言ったみたい でも俺には言わなかったけどおばちゃんには言ったらしいんだ母ちゃんが彼女をいじめた理由 俺への独占欲とかそんなんじゃなくて彼女を守るためだったらしい


彼女と結婚を考えてるって俺から聞いた母ちゃんは一瞬で頭が真っ白になった

俺は本家の近くに住む分家の女と結婚させるつもりだったらしい

そして俺は次男ともいえど本家の人間

母ちゃんは外部の人間を嫁にもらえば彼女も母ちゃんの同じ儀式をしなきゃいけないと思った


俺はそんなこと考えてなかったんだ

本家に住むつもりなんてさらさらなかったし 大学があるこの土地で彼女の家に婿入りして本家とは縁を切って暮らすつもりだった

でも母ちゃんは俺が彼女を連れて出戻ってくると思ったらしい
1: 2017/4/01 00:02 master
彼女に母ちゃんと同じ境遇は味わわせたくないし、母ちゃんは姑みたいに彼女を縛りつけるのは絶対にいやだって言って

だから母ちゃんは彼女を守るためにわざと嫌がらせをして俺から引き離したんだと しかもこの理由は母ちゃんが自ら言ったんじゃなくおばちゃんが聞きだしたんだ

おばちゃんは母ちゃんが彼女をいじめた理由がすぐに分かったみたいだから


それで俺は電話越しにかなりおばちゃんにどなられた 俺はもうどうしようもなかった

母ちゃんはもう本家についてて井戸水で自分で体を洗って自らあの部屋にこもってると とりあえず明日本家に戻って来いと言われて携帯を切られた

おばちゃんがブチ切れてるの初めて見た、ってか聞いた
1: 2017/4/01 00:02 master
次の日の朝一番最初の電車で本家に帰った

電車とかバスとかタクシーとかフルで使って 本家に戻っておばちゃんに出迎えられた途端にビンタされた


おばちゃん目が腫れててめっちゃ怒ってた

俺なら母ちゃんを幸せにしてくれると思ったにって泣きながら怒られて何とも言えなかった

母ちゃんは?て控え目に言ったらあの部屋にいるって言った
1: 2017/4/01 00:02 master
部屋に行く途中の居間で姑や長男はニヤニヤしながら俺を見てた

部屋に行って襖を開けたら生まれたまんまの母ちゃんと父ちゃん 父ちゃんもニヤニヤしながら母ちゃんはやっぱり父ちゃんを愛してるって嬉しそうに言って母ちゃんは俺に目さえ合わせてくれなかった

母ちゃんはとうちゃんに抱きついて、愛してるって言ってるのを見てショックを受けた俺は部屋から出ておばちゃんに謝った

おばちゃんは特に何も言ってくれなかったがこれだけは言ってくれた 母ちゃんはおばちゃんが電話を切った後、あの部屋で本家の男に清めてもらい、それが済んだら一人山に登ったらしい
1: 2017/4/01 00:02 master
後から姑とおばちゃんがついて行ったが母ちゃんは自分の手をまた切って地をボタボタ流しながら神棚のある倉庫に向かって延々と神棚に唱える言葉を言ってたみたいだった

そして姑にその場で頭を下げて本家にまたいさせてくださいとお願いしたらしい 姑は喜んで受け入れた


母ちゃんは俺にマンションを追い出された今、帰る場所は本家しかない

だけどあんな出方をしたから母ちゃんなりに誠意を見せたつもりらしかった 本家に戻っってすぐに母ちゃんは玄関で土下座して父ちゃんに、やっぱり父ちゃんをあいしてますごめんなさい、って父ちゃんに甘い言葉を言い続けて


姑には例のごとく箒で叩かれたり靴を投げられたりしたみたいだけど土下座して下げた頭を決して上げず謝り続けた

父ちゃんが情が戻ったのか家に入れると服を全部脱いで服を着ない状態になりそのまま井戸に向かって体を洗った

で、体を洗った後は自分から本家の男を誘ってあの部屋で清めてもらった 父ちゃんはうれしくて仕方がなかったらしくて、母ちゃんを離さないらしい
2: 2017/04/01 00:02
何が幸せなのかわからなくなってきた
1: 2017/4/01 00:02 master
母ちゃんが山から帰って来て父ちゃんは母ちゃんをずっと離さなかった

母ちゃんが着物を着て部屋から出てきたのは俺が本家についてから3時間は経ってた

父ちゃんが上座に座り母ちゃんは父ちゃんの横、父ちゃんにそっと体をもたれさせて微笑んでた でもさ、目が焦点が合ってなかったんだよねどこ見てるの?て感じ

俺は父ちゃんに母ちゃんと2人で話したいって頼んだ

父ちゃんに言ったのに母ちゃんはお話しすることはありませんって冷たく言って それを面白がった父ちゃんが話してやれよって母ちゃんに指示したんだ

そしたら母ちゃんはさっきは嫌って言った癖に分かりましたって言って、元の俺の部屋に行ったんだ 慌てて俺もついて行った

俺の部屋で二人向きあって、俺はとにかく謝った
1: 2017/4/01 00:02 master
でも母ちゃんは私が悪いの1点張り

じゃあ、マンションに帰ろうと言えば本家で父ちゃんに愛されて、それで幸せだと言った 私は本家の人間なんだからこれからはずっと本家に尽くすと

もう2度と本家の人間を失望させないと言った

その時は母ちゃんは俺を見てるはずなのに俺を見てなかった すごくこわかった

でも俺にはその言葉が本心には思えなくて母ちゃんに詰め寄った 嘘をつくなっておばちゃんから理由は聞いた叩いてすまなかったって一気に言って母ちゃんの肩を掴もうとしたんだ
1: 2017/4/01 00:02 master
そしたら母ちゃんがいきなり俺の手を払って奇声を上げた

この時はかあちゃんの金切り声で何言ってんのか完全には分からなかったけど、お前もどうせ女のことなんか考えない最低な人間だ、嫁なんかおもちゃでしかない

、お前だけは違うと思ったのに、氏ね

って兎に角叫ばれた

他にも言ってたんだがほんとに分からなかった

でも急にその場にへたりこんで、 部屋のものを投げつけながら母ちゃんは金切り声で叫んだ

俺は母ちゃんに氏ねって言われたのがショックでかあちゃんを止めることすらできなかった
1: 2017/4/01 00:02 master
そしたら急に母ちゃんは泣きだして、次はぼそぼそ言いだした

あんただけは私の味方だと思ってた

私を可哀想に思ってると思ってた

だからこれ以上私のような思いをする人を出さないために分家から嫁を貰うと思ってた

本家に戻って来て私のそばにいてくれるんだと思ってた

なのにお前は私を裏切った

所詮お前も自分の嫁を人形にしたいんだろうって

そんな感じでつらつら言いだしたんだ

違うって母ちゃんに近づこうとしたら逃げられた

俺の部屋を出て慌てて追いかけたら父ちゃんに抱きついてた
1: 2017/4/01 00:02 master
父ちゃんは母ちゃんを抱きしめながらニヤニヤしてた

長男も姑も舅も、他の本家の人間も

長男嫁に最低、て言われてハッキリ目が覚めたよ


もう母ちゃんに自分のことを弁明する気もなくなった

俺が母ちゃんに一番愛されてるっての分かってたのに、一番ひどい裏切り方をしたんだ

その日はとりあえずもう母ちゃんとは話さなかった

母ちゃんは質素なご飯を食べると直ぐに父ちゃんと寝室に行った 自分の部屋でぼーってしてたら長男に、せいぜい母ちゃんに嫌われて苦しめって言われた もう何も言い返せなかったよ
1: 2017/4/01 00:02 master
その点ではおばちゃんが男前だな

自ら助け出し洋服買ってステーキを食べさせアイスも買って、 そして包丁も買ってたなんて・・・

失敗に終わったが、自分は小指を切っている(しかもくっつけてない) 並の覚悟で助け出したんじゃない。おばちゃんすごすぎるわ 本気で母ちゃんを助けたいと思ったんだな。たとえ氏に代えてでも
1: 2017/4/01 00:02 master
今から書いてく 俺はほんとにクズだよ

本家の人間だなって思わざるをえないかもしれない おばちゃんにさんざんに罵られたし 否定できない


おばちゃんがいなければ母ちゃんはもっとおかしくなってたかも おばちゃんは独身なんだけど、たぶん一生結婚しないだろうな

もしかしたら母ちゃんが好きなのかもね 俺の想像だけど
1: 2017/4/01 00:02 master
俺はその日のうちに何もかも考えが変わった

母ちゃんたちに次の日に彼女と別れること分家の嫁を貰うことを言った そしたらまあ姑はすぐ相手を探そうって言って 母ちゃんはちょっとだけ嬉しそうに笑って、それに俺は一番ほっとした

でもやっぱ母ちゃんは前みたいにくっついてくれなくて、俺の話を聞いた後姑に頭を下げて一緒に井戸に行った


彼女に電話して改めて別れた 彼女には母ちゃんを選ぶんだって散々言われたけど仕方ない
1: 2017/4/01 00:02 master
午前中母ちゃんは井戸から帰ってきても、あの部屋にこもっちゃった

部屋に入ったら母ちゃんに何の用?清めに来てくれたの?って言われて違うって言ったらじゃあ邪魔だから出て行ってくださいって言われたんだ

話をしたいって言っても話すことは無いって言われて聞く耳を持ってくれない 本家の男があとから来るんだって母ちゃんが言って俺を邪魔者扱いした

それに俺はむかっと来てしまって母ちゃんに俺だって本家の人間だって言った


母ちゃんは本家らしいことはしたこともないくせにってものすごく嫌味っぽく言われて、じゃあ何すればいいんだって言い返したら母ちゃんは無言で着物を脱いだ その時母ちゃんは笑顔だった

なんつうか昨日とは違う心からの笑顔 俺は何すればいいのかすぐ分かった


スポンサーリンク

1: 2017/4/01 00:02 master
不思議なのはそれが済んでから母ちゃんがまた昔みたいにひっついてくれるようになったこと 賢者モードで後悔しながら縁側に座ってたら横に母ちゃんが座って膝枕してくれた

ごめんなさいって謝ったらいいのよって言って笑って じゃあマンションに戻ろうって言ったらもうマンションには戻らない本家から出たくないって言われた


何でって聞いたらもう満足したからって言われて 何に?って言ったらもう俺が分家から嫁を貰うってっことに安心したことと 念願だった今風の洋服を着て、普通の生活が遅れたからって 母ちゃんはほんとは働こうと思ってたらしい

だけど最低でも学歴は高卒、アルバイトも募集してる所に電話したら小学校五年でそれ以降言ってないって言ったら鼻で笑われたみたいなんだ

俺は全然気付かなかったんだけど

それに母ちゃんはいきなり本家から出て対応しきれなかったらしい 俺がずっと母ちゃんのそばにいれるわけでもない
1: 2017/4/01 00:02 master
母ちゃんは何も知らない

台所に立ったことも本家に来てから一度もないから料理も知らない 本家に来る前から家ではあんま家事をしたことなかったみたいだからお米の炊き方すら知らなかった 洗濯機の使い方も知らないし でいちいち俺に聞くのも、新しい物事を知るのは楽しかったみたいなんだけど心の中ではつらかったらしい

普通の人は当たり前にすることを自分はできない 街で遊びに行くたびに、街で会う人達を見てどうして自分はあんな風に生きることができなかったのか 外に出れたことはものすごくうれしくて俺には何も言わなかったんだけど 縁側でそう母ちゃんは話してくれた
1: 2017/4/01 00:02 master
で、彼女の話になって

俺はまた彼女のことを謝って そしたら母ちゃんがまた話してくれたんだけど 彼女に嫉妬したのも事実だった

でもまぁ一番は彼女の安全のためにって やり方が悪かったのは分かってた、 でも俺を諦めてもらうために私が姑に言われて嫌だったことを彼女に言ったって言った

でもまさか外に追い出されるとは思ってなかった、

父ちゃんは私を姑に何を言われても助けてくれなかったのに、あんたは彼女を守ったんだね優しいねって
1: 2017/4/01 00:02 master
私も父ちゃんがまだ私を守ってくれてたら…って言って俺は何も言えなかった そこで氏ぬほど後悔した

母ちゃんは俺に外に追い出された時どう思ってたんだろうって

父ちゃんと同じ対応をしてたら俺は彼女に君のためだ、母親には逆らうなって言ってたんだろうけど てか母ちゃんは俺がそんな反応をすると思ったんだ、悪いことを言っても俺は母ちゃんの側につくだろうって

でも俺は彼女のほうについて、母ちゃんはものすごく混乱したと思う
1: 2017/4/01 00:02 master
そこで俺は号泣して立ち上がって謝った 謝っても謝り足りないと思った

でも母ちゃんはただ良いのよって言って膝枕をさせてって
1: 2017/4/01 00:02 master
母ちゃんが望むならって、また膝枕をしてもらったんだけど母ちゃんがすごくべたべたしてくるんだ 頭を撫でたり、着物の裾で涙を拭いてくれたり挙句にはキスしようとしたり いろいろ今まで絡んでくることはあれどキスをしようとしてきたのは初めて とっさによけてしまったんだが母ちゃんはすごくショックを受けたみたいでどうして?って聞いてきた


で、そこでやっと聞いてみることにした なんで長男には固執しないのに俺にだけ以上に構うのか

俺に抱かれてどうして機嫌を直したのか 母ちゃんは素直に教えてくれた

母ちゃんは自分が体験できなかったことを俺で補おうとしたんだ

簡単に言うと母ちゃんは俺を母ちゃんの愛する彼氏に仕立ててた
1: 2017/4/01 00:02 master
長男の生まれた時は12歳で考えつきもしなかったし、長男を受け入れること自体が不可能だった

だけど母ちゃんが13で俺を妊娠した時には思春期の真っただ中 仕方がなかったのかもしれないけど母ちゃんは普通に恋愛をしてみたかったみたいなんだ


父ちゃんは大嫌いだから無理、本家の男は考えられない

母ちゃんは姑がいないとだめな母ちゃんを見てひらめいたらしい

生まれてくる子を愛すれば生まれてくる子供は絶対に自分を愛してくれる しゅうとめが長男にしたように自分の好きなように育てれば、生まれてくる子は自分好みの子になってくれる

そしたら恋愛出来る

みたいなまあ普通の人からは考えられないような考え方

そう考えたら子供産むのも楽しみで楽しみでたまんなかったって言ってた
1: 2017/4/01 00:02 master
>姑がいないとだめな母ちゃんを見てひらめいたらしい 母ちゃん→長男

すまん間違えた
1: 2017/4/01 00:02 master
で俺が生まれて母ちゃんは俺を溺愛した

もし女の子だったらどうするの?って聞いたら男が生まれるまで頑張るつもりだったって言ってた で俺が生まれてから何で母ちゃんは何で妊娠しなかったのも不思議だった

そしたら怖い話なんだけど母ちゃんはほおずきをめちゃめちゃ食べるようにしてたみたいなんだ
1: 2017/4/01 00:02 master
提供者はおばちゃんのお母さんからおばちゃんへ 母ちゃんが何人も子供を産んだら体が持たない

だからおばちゃんのお母さんは俺が生まれたあたりから母ちゃんにほおずきの食べ物を食べさせるようにした

姑たちにばれないように、ほんの隙を見つけては母ちゃんに食べさせてたみたい

ジャムにして飲み物に混ぜたり、母ちゃんの食べ物にだけばれないように混ぜ込んだり、いろんな方法で食べさせた

結果それは上手くいって母ちゃんは妊娠しなかった たぶん妊娠したとしても初期流産してよく分からんうちになんとかなってたのかも でおばちゃんの時にもそれは引き継がれたんだがおばちゃんになってからしばらくしてほおずきからピルになった

そりゃあ妊娠しないなって思ったんだけどほんとに恐ろしいって思ったよ
1: 2017/4/01 00:02 master
話をもとにもどすと

母ちゃんは俺をど可愛がってくれて、俺もそれに応えてたらしい

俺が母ちゃんを父ちゃんたちが抱いてるのを見ていじめないでって言った時はほんとにうれしくてこの子はやっぱり違うって思ったらしい

成長するごとに俺は父ちゃんにはあんまりになかったのも母ちゃんにとっては何よりだった


母ちゃんの唯一の生きがいは俺だった 俺が母ちゃん母ちゃん(実際にはお母さんだけど)て寄ってくるのがいとしくて堪らなかった 本当はお母さんじゃなくて本名で呼んでもらいたかった

母ちゃんはそんなことをめちゃくちゃ話した

だけど一番分からなかったのが俺が母ちゃんを抱こうとしなかったこと そして大学に行って帰ってこなくなった俺に我慢が出来なかった
1: 2017/4/01 00:02 master
母ちゃんが字札未遂を起こしたことは本当に氏ぬつもりはなかったって言ってた 俺をどうしてもひきとめるにはこうするしかないかもって

で、父ちゃんに見放されて俺のマンションに住んでもいいって言われたときにはほんとにうれしかった


やっと2人で一緒に誰にも邪魔されずに暮らせるって完全にドリーム入ってた でも案外外の生活は大変で、俺を助けるために働こうとしたけど小学校中退じゃ話にならないといわれて挙句には彼女を紹介されて まぁ母ちゃんの2人で暮らしてて一番不明だったのはどんなにすり寄っても一緒の布団で寝ても絶対に俺が手を出さなかった事らしいんだけど

彼女には無かったわけでもないがそんなに嫉妬は無かったらしい

所詮いつかは俺も結婚する

でも俺は母ちゃんを愛してくれながらも仕方なく形だけ結婚するつもりなんだと思ってたらしい
1: 2017/4/01 00:02 master
舅が姑と結婚しながら母ちゃんに手を出したみたいに、長男嫁がいながら長男が母ちゃんを平気で抱けるみたいに俺もそうなるもんだと思ってたらしい

でも俺はそんな母ちゃんの考えと正反対の事をした

俺は愛する人を見つけて結婚するつもりだって言って 母ちゃんは彼女よりも俺に対して恨みを持った
1: 2017/4/01 00:02 master
どうして分家から嫁を貰わないのか 本家の地域に住む分家以外から嫁を貰ったらどうなるのかよくわかってるくせにどうして彼女を作ったのか それとも俺は彼女を母ちゃんと同じ目にあわせて、父ちゃんや長男に彼女を抱かれても平気なのか 父ちゃんと同じで彼女はおもちゃとしてしか扱うつもりはないのか


第一俺は母ちゃんを一番に愛してくれるんじゃないの?って 母ちゃんは俺に失望したらしい

で俺を説得するのはダメだろうと踏んだ母ちゃんはさっき書いたように自分がされて傷ついたことを彼女に実行

彼女に儀式の事を話す勇気はなかったらしい

母ちゃん自身思い出したくない事だからな で、結局彼女の追い出しには成功

でも俺が母ちゃんを追い出した 母ちゃんは俺に嫌われたって思ってショックを受けた

警察に保護されて、おばちゃんが迎えに来て俺んちに送ろうかって言っても母ちゃんは会うのが怖いって拒否
1: 2017/4/01 00:02 master
本家のくだりは前書いたから割愛 でも母ちゃんはほんとに俺に嫌われた今どうしようもないっておかしくなったみたいなんだ

仕方ないから父ちゃんに媚売って 姑に何されても耐えて、認めてもらえるよう儀式もして


でも次の日俺が家に来た事が予想外でうれしかった もしかしたらまだ愛してくれてるのかもって母ちゃんは思った、

でも昨日の俺のキレ方がやっぱり怖かったみたいで直ぐには俺を受け入れられず本当に母ちゃんを愛してくれているのか確認するためにわざわざ母ちゃんは父ちゃんにべったりして 俺には冷たいフリをした

そして母ちゃんはわざと俺を挑発して来た。

俺はまんまと引っ掛かってそれに乗ってしまったんだ。
1: 2017/4/01 00:02 master
母ちゃんは本当に俺が母ちゃんを愛してるんだってその時確信できたらしい それに安心した母ちゃんは、もう大丈夫たと思ったらしい


まぁ俺はほんとにそれを聞いた時には母ちゃんの歪みようにも衝撃を受けた 母ちゃんにその話を全部聞かされて。、
1: 2017/4/01 00:02 master
マンションまでは公共交通を使うつもりだったんだがおばちゃんが送るって言ったからおばちゃんに送ってもらった

で、車に乗ってる中でおばちゃんにめちゃくちゃ質問責めされた まぁ母ちゃんを女として見てるのかって聞かれて、 分かんないって答えたらおばちゃん運転中なのに思いっきり頭を叩かれたよ


おばちゃんは母ちゃんの思惑を全部知ってた てかおばちゃんは母ちゃんのことで知らない事は無いと思った おばちゃんは、歪な愛情を止めたほうがいいと何度も母ちゃんに言ったらしいがそのたびに母ちゃはブチ切れ あんたまで私の敵になっちゃうの!?みたいな感じ

不登校の高校生だけど、好きな女子に遭遇してワロタ


毎日納豆ごはん食べてたら体調良くなってワロタ


適当にパスワード入力してら友人のTwitterにログインできてしまった件


なぜ可愛い女子高生って顔でしか男を見ないのか?



1: 2017/4/01 00:02 master
母ちゃんがおばちゃんに起こるなんてありえない話なんだが、その事だけは絶対に聞き入れなかったみたい

でも俺が生まれてから母ちゃんは大分おとなしくなったと だからおばちゃんが母ちゃんを説得させることもなくなった

おばちゃんは母ちゃんだけを考えてるから母ちゃんが笑えるならそれでいいって納得してしまった


だから母ちゃんがマンションに俺と住むってなった時は涙が出るほどうれしかったらしい でも俺が母ちゃんを追い出したのを聞いて俺には失望した

母ちゃんは俺を全身全霊をかけて愛したのに俺は正反対にして返した

たぶんおばちゃんは母ちゃん以上に俺に腹を立ててたと思う
1: 2017/4/01 00:02 master
おばちゃんに母ちゃんの責任を負えと言われた

でも本家の男は母ちゃん普通に抱いてるじゃんって思ってそれを言ったら所詮あなたは父ちゃんの子なんですねって言われてそれ以降何話しかけても無視された

おばちゃんは俺にだけ平気で物を言ってくる


マンションについたらすぐ車を出されてありがとうすらまともに言えなかった とりあえず母ちゃんに帰りついたよって電話だけした

母ちゃんが色々話題を振ってきたんだけど(つっても話題なんて持ってないから今日は~を食べたよ、とかそんなの)

話の途中で父ちゃんの声が聞こえてからいきなり電話は切れた

責任取るって何を、ってめちゃくちゃ一人で考えてた
1: 2017/4/01 00:02 master
でも毎日母ちゃんと電話して突然切られて 週末になったから本家に帰って 本家に帰ってもおばちゃんに助けを求めてもおばちゃんは全部無視

こんなことがいろいろあったのが盆で夏休み去年8月のころ でこんな状態が12月末まで続いた

毎日母ちゃんと電話して、週末何もなければ本家に帰る
1: 2017/4/01 00:02 master
姑は俺が大学を卒業したら結婚させると相手に大体焦点を合わせてて本家に帰るたびにその話をしてくる

父ちゃんは母ちゃんに初めて愛されてるって言われてそっから毎日お花畑 今まで以上に母ちゃんにベタベタしてる

あ、母ちゃんを例えたから言っとくけど父ちゃんは芸人の堤下みたいな感じ 姑は例えようがない 長男は父ちゃんにそっくり

舅は結構マシかっこいい 俺は母ちゃんに似てるとよく言われる

母ちゃんは言った以上父ちゃんには寄り添うようにしてるけど顔の冷め方が異常
1: 2017/4/01 00:02 master
でなんでこれを書き込むことにしたかは母ちゃんのことを知ってもらいたかったからなんだが この時期に書きこんだのは一応修羅場が終わったから 結構前から2ちゃんはよく~の話をするとか見てて母ちゃんのこともこんな感じでかけそうだなって思ってた

でもなかなか実際には書こうって事にはならなかったんだけど、まぁこれ以上の修羅場はないだろって修羅場が起きてそれが済んだから書き込むことにした 今からその修羅場を書いて行く
2: 2017/04/01 00:02
今まで以上にすごい修羅場なんてあるのか…
2: 2017/04/01 00:02
これ以上とは…想像もつかない
1: 2017/4/01 00:02 master
まぁ簡潔に書くと、父ちゃんと長男が事故したんだ

車の事故で


父ちゃん長男夫婦で出掛けた帰りがけ12月の末 正月の買い物に行ってたんだ

舅姑は本家でお手伝いさんに大掃除の指示を出してた 母ちゃんはもちろんお留守番 俺は大晦日に本家に戻るつもりでマンションにいた
1: 2017/4/01 00:02 master
原因は父ちゃんの運転ミス

ほんと本家の地域の近くで起きた事故だった

高さ5メートルくらいの下にある川に落下 長男嫁は意識はあるが全治半年のけっこうな重体しかも障害が残った、後ろに乗っててシートベルトも付けてたしプラス新しく買った買い物袋がクッションになったらしくて無事

長男と父ちゃんが前に座ってて、前から落下したから父ちゃんと長男は亡くなった
1: 2017/4/01 00:02 master
これに一番ショックを受けたのは姑 まぁ溺愛してた父ちゃんと長男だったからそりゃ衝撃もすごいだろうけど


母ちゃんは泣きもせずあぁそうなんですかって言ったらしい この時ばかりはおばちゃんも俺に電話をよこして話をしてくれた 俺は兎に角唖然

慌てて荷物まとめてタクシー乗り継いで本家まで でもタクシーの中でちょっと落ち着いて本家に戻ったら本家は分家の大人たちがみんな集まってた

母ちゃんはいたけど他の本家の人間はいなかった 母ちゃんはほんとに無表情だった

みんな父ちゃんたちが搬送された分家の病院に行ったみたい 姑は母ちゃんを病院に連れて行こうとしたけど、私は本家から出てはいけないのでって拒否
1: 2017/4/01 00:02 master
姑はそんなのいいからってキレたみたいなんだけど無理ですって行かなかったらしい

俺を見たとたんに母ちゃんは俺の手を掴んで元の俺の部屋に連れってった

なんか2人の話があるのかなって思ったら母ちゃんはにこにこしだして俺に抱きついてきた 
2: 2017/04/01 00:02
そうだろうなー。 自分の人生をぶっ壊した張本人だもんな。
1: 2017/4/01 00:02 master
その後おばちゃんが部屋に来た

母ちゃんはおばちゃんにも笑顔で喜んだらしい

おばちゃんは母ちゃんが父ちゃんを恨んでるのが分かったから何も言えなかった

兎に角母ちゃんにとっての息子と夫が氏んだんだから母ちゃんは喪に服さなくちゃいけないって母ちゃんが納得するまで話した

母ちゃんは分かったって一応は納得 でも結局母ちゃんは火葬場に行っても結局一回も泣かなかった

香草チキンスープ・カレースープ100食が500円


息子の反抗期への母の対処が凄すぎた話。反抗期って一瞬で終わらせれるんだね


ワイの買ったスニーカー何点?


はじめしゃちょーが今年禁止するものをコメントで募集してるぞ!いそげー!



1: 2017/4/01 00:02 master
まぁ喪主は母ちゃんなんだけど母ちゃんは何も知らないのでほぼ俺が取り仕切ることになった 姑と舅は嘘みたいに力が抜けてて上の空

姑なんか1日中部屋にこもって泣いてた 分家の人が動いてくれてまぁなんなく進んだんだけど 通夜も葬式も本家でした

父ちゃんたちは買い物はかつて俺たちが脱走した時に行ったデパートに行ったみたいなんだ そして父ちゃんは前から母ちゃんに正月に来てもらうための着物をデパートの着物屋さんに頼んでたらしくてそれも受け取った帰りだったらしい

車の中には着物があって、それを遺品として母ちゃんは喪服を着ずに通夜と葬式でそれを着た 母ちゃんは嫌がったけどね
1: 2017/4/01 00:02 master
通夜では尋ねてくる人の多さに唖然とした

でもなんとか分家の手伝いとかもあって葬式が済んで火葬もしてとりあえずは一安心だった

けど大変なのはこっからで跡継ぎはどうなるって父ちゃん長男の火葬をした夜に本家で会議になった


今までの跡継ぎは長男だったけど長男は氏んだ 長男には子供がいない

だから結果的に俺になったんだ でもおれ結婚してないし大学もある

無理だって言ったら 姑舅以外の本家の人たち、そして分家から頭を下げられて大学は辞めて本家に戻り長男嫁と結婚してほしいと言われた

すぐ結婚は出来ないけど長男嫁の怪我が治るころには半年は経っててすぐ再婚できるからって
1: 2017/4/01 00:02 master
なんで長男嫁なんだよって思ったら長男嫁はまあ跡継ぎの嫁を何年かしてるから、何もしらない跡継ぎとは無縁だった次男の俺にはそれが一番いいだろって話になった 俺は泣きそうだった

大学なんか辞めたくないしまず長男の嫁もらうとかあたまいかれてんじゃないの?って思ってて しかも長男嫁なんか怪我は完治しても障害が残るって言われてるんだぞ???って

障害ってなんか思うように足を動かせなくなる可能性が高いって、要介護になるかもって言われてた そんな長男嫁とってもう無理無理無理な感じだった

だけど俺の横に座ってて今まで無言だった母ちゃんがいきなり言ったんだよねそうしましょうって で、俺に向き直して深々と土下座した
1: 2017/4/01 00:02 master
で、俺に向き直して深々と土下座した

本家の存続のためにどうかお願いって 長男嫁も本家にいれば障害が残っても良い生活は送れるって 父ちゃんの責任だったからきちんと面倒見なきゃいけないって その時母ちゃんが初めて泣いた

お願いします、本家を守りたいって母ちゃんが号泣
1: 2017/4/01 00:02 master
そこでさっきまで頭下げてた本家がブチ切れ

母親を泣かせてまで本家が嫌ならここで氏ね

本家に生まれたくせにお前は何を甘えたことを言うんだってさっきまではほんと深々と頭下げてたくせに で結局俺はそれを受け入れることになった


結局俺は一月いっぱいで大学は辞めることになった 母ちゃんはありがとうって喜んだ

母ちゃんを責める気にはなれなかったから特に言わなかった まぁよく考えたら俺は本家の人間だしなって納得もできた



でも母ちゃんのこれからは毎日一緒にいられるねって言葉を聞いて、ぞっとした 母ちゃんは俺を手元に置きたいがためにあんなことをいったのかって理解した あの涙も全部演技なんだろうなって思った

でももう何もかも決まった後だから何言っても遅いやって思った なんかどうでもよくなちゃった

おばちゃんはただ頑張ってとしか言わなかった

姑は部屋に籠りきりで舅は空気だった
1: 2017/4/01 00:02 master
補足しとくが別に障害者を非難してるわけじゃないんだ

長男嫁がそんな状況になってまで結婚させんのかよって本家に対して思ったんだ 誤解しないでほしい
1: 2017/4/01 00:02 master
とりあえず俺は喪が明けて大学に戻った

大学への報告は既に済ませてあったみたいで教授にはもったいないって言われた とにかく一月いっぱいはまだ大学生活がある だから兎に角遊ぼうって思ったんだ


朝早くから夜遅くまで、友達を入れ替えて毎日遊んで 母ちゃんに電話するのも止めて遊びまくった

それくらい許されてもいいじゃんって思ってた

でもまたある日、一月も中盤を過ぎたあたりおばちゃんから着信が入った


本家からの電話は基本無視 だって母ちゃんは電話かけられないし本家の固定電話使うの俺の嫌いな人たちだから おばちゃんは母ちゃんに何かあった時にかけてくれる人だから慌てて出た

そしたらおばちゃんが母ちゃんが葬られるって言った

は?って言い返したら本家の人間がが母ちゃんを今までの比にならないくらいの勢いでいじめてるらしい
1: 2017/4/01 00:02 master
なんでって聞いたら姑が泣き晴らしてやっと気が晴れて悲しみが抜けたのかと思ったら今度は母ちゃんに対する怒りに変わったらしい

兎に角悪いけど帰って来て欲しいって言われて電話を切った

その日は皆でカラオケオールする予定だったけどドタキャンして本家に帰ることにした

今までの比にならないってどんないじめをしてるんだろうって思ったら怖くてとても遊べるつもりにはなれなかった
2: 2017/04/01 00:02
今の情報化時代に こんな孤立地域が日本にあんの? あるなら 例えでいいからおせーて。
1: 2017/4/01 00:02 master
別に山の中にあるだけで、孤立してはない

その地域が別に他と繋がりを断ってるわけでもないし でもまぁ病院とか商店とか美容院とかは分家がしてるけどな

しかも儀式の事は分家以外は絶対に知らない その地域の人も本家主義は分かってても儀式の事はしらない
2: 2017/04/01 00:02
本家の跡取りって、仕事は何もせず家にいるのか?

それとも地元で就職しろってことか?

父親は医師免許持ってたというが医師ではなかったのか?

本家の生業はなんだ?

資産があるから働かなくていいのか?すごい疑問
1: 2017/4/01 00:02 master
跡取りは基本何もしない

父ちゃんは免許持ってただけ

分家の病院の院長さんが氏んだらその後に院長をする予定だったが院長より先に氏んじゃった ちなみに俺は私立Fラン生だった
1: 2017/4/01 00:02 master
最初のスペックでは大学生って書いててすまん

本家の跡取りは働かない 別に働くなってわけじゃないんだが 莫大な資産があるからほんとに働く必要がない

本家はもともとずっと歴史の続く大きな地主だったんだ だから昔から資産はあったし、力もあった


なぜ嫁に対するおかしな儀式について書いてるつもりなんだが書いてなかった それは夜書く


スポンサーリンク

1: 2017/4/01 00:02 master
また書き忘れた 分家は結構な額をまとめて本家に入れる

母ちゃんの結納とか、父ちゃんの通夜とかではまた別にお金を持ってくる

父ちゃんの通夜のお金はすべて分家以外も合わせて500マンは余裕であった
2: 2017/04/01 00:02
回答ありがとう。なるほどなー 分家はそれだけの恩恵を受けてるのかな てか毎日家にいたら暇じゃね?
2: 2017/04/01 00:02
>>1はもう跡取りなんだからこんな下らない風習終わりにするよな?

自分にできた子も外に働きに出し、母さんには洋服や外出、テレビを許してやるよな? 少なくとも姑が氏んだらそうしてさしあげてほしい。
1: 2017/4/01 00:02 master
恩恵って昔の話で今は何もやってないよ 本家はただ存在するだけ

争いの後分家の家を全部見た目本家が建て直したくらいだよ 戦火に入ったとかじゃなくてただ見た目を統一するために それは関係ないと思う気がするけど、やっぱ分家は分家で本家に一生尽くすようなことを親に言われるらしいんだ

分家出身のおばちゃんに聞いたけど母ちゃんもそれは聞いてたらしい
1: 2017/4/01 00:02 master
風習や儀式を止めるのは絶対無理

ずっと続きてきたものを俺の代で止めるのってぜったい無理

分家の中でも本家でも父ちゃん長男が氏んだのは一時的でも本家から出た母ちゃんのせいで罰があたったっていうやつがいるくらいなんだから
1: 2017/4/01 00:02 master
大正あたりかな本家が今より栄えてた頃、その頃本家は会社を興してたみたいなんだが その会社の社長であり本家の当主だった人のころ その人は分家からもらった奥さんのほかに当主がほかの地域で見つけた芸者さんだった妻以外の女性を持ってたみたいなんだ

でも妻以外の女性さんが本家に入ったころから業績が落ちて、妻以外の女性さんが産んだ子供は障害を持っててすぐ亡くなった


当主は業績の低下や妻以外の女性の事も重なり字札 そして本妻からは子供は生まれなくて、跡継ぎが途絶えた 新しい妻以外の女性を分家からもらっても結局孕まず 仕方なく当主の姉が分家から取ってた婿を当主とすることになったんだが婿は分家から入って本家の地を継いでないって分家は良い顔をしなかった

この問題は地域のはずれから妻以外の女性をとったせいで神様が怒った、本家が穢れたと当時の本家の人分家の人間は妻以外の女性を力で支配
1: 2017/4/01 00:02 master
妻以外の女性の地が本家にも分家にも染まってない汚いだから神様が受け入れてくれない 受け入れてもらうしかない

そしてその結果山の上に昔から神様を祭ってたところに妻以外の女性を連れていき地を流させて神棚のあるところに外側から鍵を閉め監禁し神様に許しを乞わせた

その後厠にすら連れていてもらえなかった妻以外の女性は汚れててそれを井戸の水で妻以外の女性を洗った

その後も妻以外の女性は本家の部屋で監禁されて新しくその部屋に作られた神棚に許しを乞わされ続けた

そして妻以外の女性が部屋に入って一年しないうちに現当主の嫁さん(字札した当主の姉)が妊娠する

そして無事正常な男の子を産んだ


そっからが始まりなんだ 周りの人間はそれで神様が許してくれたって思ったらしい

ちなみに妻以外の女性さんは部屋から出されたがその後は本家から追い出され、本家の地域の民家に助けられたが本家や分家から村八分どころか村十部されて引っ越した

妻以外の女性さんが監禁されてた部屋が現在のあの部屋 女性になる儀式するのが始まったのはよくわからないんだが、女性になる儀式した時に地は出るしその地が一番その女の中でも濃い地とされたらしい
1: 2017/4/01 00:02 master
で、今の状況がものすごくその当時に似てたんだ

父ちゃんは氏んで今の跡継ぎの長男も氏んだ

長男には子供がいなくて仕方なく次男の俺が継いだ そして嫁の母ちゃんはその地域の外からやってきた

ものすごく似てたんだよね

だからその本家分家どっちも父ちゃんの事故は母ちゃんのせいだってなったんだ
1: 2017/4/01 00:02 master
かなり話を飛ばしてしまったが一旦もどす 慌てて本家に戻ったんだが今度は本家から一番近いっても一時間以上だが駅におばちゃんが迎えに来てた

おばちゃんに状況を聞くとさっき書いたんだが 泣き晴らした姑は事故の原因は母ちゃんだと今度は怒りだしたんだ


車の中から着物が見つかったのが姑には許せなかったらしい 着物を買ったデパートで買い物もしたというのに姑は、父ちゃんが着物さえ買わなければって思ったらしい

しかも母ちゃんは何も言ってないのに姑の頭の中では母ちゃんが新しい着物を父ちゃんにせがんで仕方なく父ちゃんが買った

母ちゃんが何もかもの元凶、そして母ちゃんは俺が跡継ぎになるのを狙ってたって完全な被害妄想 そしてそれに加えて母ちゃんが本家を一旦出たせいで神様が怒ったんだって感じで母ちゃんを本家と分家皆で締め上げてる

抜け殻になった舅は姑に言いくるめられ、他の本家、分家は姑が怖くて従わざるを得なかったらしい
1: 2017/4/01 00:02 master
母ちゃんは最初俺には内緒にしろって耐えてた

最後の大学生活なんだから自由にさせてあげてほしいって だからおばちゃんも黙ってた

でもこのままじゃ母ちゃんが氏んでしまうってレベルにまでなっておばちゃんは母ちゃんに内緒で俺を呼んだみたい


本家に帰ったらまず姑にめちゃくちゃ驚かれた なんで帰って来てるのってどなられて悪いの?って言い返したらすごくでかく舌打ちされてどっか行った

母ちゃんは?って聞いたら舅に、風呂に入ってるって姑とは逆におどおどしながら目を合わせずに言われた

慌てて風呂場に行ったら、脱走した時と同じ着物の下に着る肌着襦袢一枚で風呂場にうつぶせで倒れてた

慌てて抱きあげて悲鳴をあげてしまったんだけど かあちゃんの顔がお岩さんみたいになってた

片目はなんか殴られたみたいでつぶれててなんか体中痣があって火傷みたいな部分もあった 母ちゃんは俺って気付くと俺の手を払って風呂場の隅に逃げた

母ちゃんって呼んだら顔が汚いから見ないでほしいって言われた
1: 2017/4/01 00:02 master
どうしてそんなになっったんだって言ったら後で話すからとりあえず出って行って汚いから見ないでと話しにならなかったからとりあえず風呂場から出て居間で待つことにした

本家の人間が姑以外嫌に優しかったんだ

今までなかったくせに何飲みたい何食べたいって聞いてきて、くだらない話をしてきて すぐ母ちゃんのことを触れてほしくないんだろうなってのがすぐ分かった
1: 2017/4/01 00:02 master
母ちゃんは30分くらいしてから来たんだけど着物はきちんと着てて、でつぶれたほうの目にはなんか包帯じゃない柄物の布でぐるぐる巻きにして出てきた

母ちゃんが来て俺の横に座ったら本家の人間は急に慌てて逃亡 あんなのをして大げさなって舅はつぶやいてたけど


二人っきりになって俺はとりあえず母ちゃんを母ちゃんの部屋に連れて行った おばちゃんがついてきて布団を敷くから休んでくださいって母ちゃんに行って布団を出した

母ちゃんをとりあえず布団に寝かせて顔にかかってた布を取った

母ちゃんは嫌だって言ったけど無理やり外した
1: 2017/4/01 00:02 master
この時俺が頼んだんだけどおばちゃんにも同席してもらっておばちゃんと母ちゃん両方から話を聞いた

どうしたの?って聞いたら舅に殴られたと

でも母ちゃんがその後私がいけなかったって泣きだした 夜、姑が風呂に入ってる間に母ちゃんは舅に居間で押し倒された 母ちゃんはさほど抵抗もせずにいた


でもそっからが問題で、風呂からあがってそれを目撃した姑 長男と夫がいない今清めをできる人物が減ったのを案じた姑は、分家の中でも本家に近い血筋の男たちをすぐに本家に呼んだ

本家の人間じゃないが、まだ地は本家のが混じってるし神様の怒りを鎮めるためには母ちゃんを清めないとって理由で

俺にはどうも母ちゃんを苦しめる嫌がらせにしか思えなかったけど


男たちには理由を話さないでとりあえず本家に集めてから姑は言ったらしい母ちゃんを清めてくれって 分家の人たちはもちろん混乱したが、美人な絶対に本家しか手を出せない母ちゃんを抱けるってのと姑の威圧に負けて母ちゃんを部屋に連れ込んで抱こうとした

無論母ちゃんは全力で拒否

滅茶苦茶に暴れたみたいなんだがそれを見かねて舅が母ちゃんを黙らせるために殴ったらしい しかもグーで
1: 2017/4/01 00:02 master
痛みで苦しんでる間に分家の男たちは母ちゃんを縛ってまわした おばちゃんが言うには人数は5人いたって言ってた

そしてその日は分家の人たちが帰ったら母ちゃんは部屋に姑監視の下体を洗うことすら許されず手を縛られたままにされた

次の日は井戸に連れて行かれ体を洗われた

しかし井戸に連れていかれた後そのまま山に登らされ、山の上の神棚のある建物に一晩外から鍵をかけられた母ちゃんは本家に戻った時には高熱を出してたらしい

おばちゃんが体調を壊してるんでせめて今日だけはって言ってるのも分家の手伝いの分際でって無視
1: 2017/4/01 00:02 master
母ちゃんを無理やり歩かせて部屋まで連れて行かせた

その日も夜は部屋に放置

次の日母ちゃんは立ち上がることもできなかった

それでもなお井戸に連れて行こうとする姑に母ちゃんが無理だと泣きながら謝ったところ姑に何回も何回も体を襦袢の上から前みたいに箒で殴ったり、蹴られたりされた

何回体を殴っても立とうとしない母ちゃんを見て姑は遂に折れてくれたんだけど その時母ちゃんは熱が39度まで上がってたらしい

すぐに分家の医者を呼んで、薬を処方してもらって事なきを得た インフルで無かったみたい
1: 2017/4/01 00:02 master
でも熱が下がったらまた繰り返し それどころか姑の仕打ちは悪化

淹れたての湯のみのお湯を母ちゃんにぶちまけたり、井戸の終わった後に震えてる母ちゃんを見て寒いだろうと火鉢にさしてあった高温の火箸を母ちゃんを何も着ずにさせて体に当ててきたり または殴ったり、そして夜には本家の男に母ちゃんを抱かせて、そして分家の男を呼んでって繰り返し

体中に傷跡が出て母ちゃんは歩くのさえ激痛が走りつらかったらしい

それでも姑たちの力で支配が終わるはずもなく遂に限界を感じたおばちゃんは遂に俺に電話をした 母ちゃんの顔の腫れは大分良くなった方らしい

母ちゃんは話が終わった後で、大学生活あと少ししかないのに邪魔してごめんなさいって泣きながら謝って来て俺は気にしないでとしか言えなかった

さっき風呂場に倒れてたのは舅に抱かれ、井戸で体を清めた後だったらしい 寒くて姑に許しをもらって風呂に行ったは良いが力が出なくて寝そべってしまったらしい
1: 2017/4/01 00:02 master
この時初めて俺は姑にキレた やっと、なんだけど おせえよ、って批判はもう分かってる事だから止めてほしい

居間で仏頂面でいて、早く母ちゃんをあの部屋に連れていけって言った姑を叩いてしまった 平手打ちだったんだがグーでやればよかったと今も後悔してる

姑はなんかやり返そうとしてきたけど舅が慌てて、こいつはもう跡取りになるんだって言ったら姑はやめた

まだなってないと姑はキレてたけど これで俺はひらめいたんだ

跡継ぎになったら姑に勝てるかもって希望が持てた でもまだ跡取りにはなれてないから完全ではない
1: 2017/4/01 00:02 master
でも俺はボロボロになってた母ちゃんを見てられなかった

今までの比じゃない

しかも母ちゃんはそれに一人耐えてたのかと思うとのんきに遊んでた自分が情けなくなった 母ちゃんはなんも悪くないのに
1: 2017/4/01 00:02 master
俺はそれ以降もうマンションには帰らなかった

マンションの家具はぜんぶおばちゃんに頼んで引越し屋さんに任せて全部本家に持って帰ってもらった

跡継ぎになるには長男嫁と結婚しないといけない

でも長男嫁は入院中だしまだ籍も入れられない でも俺がいることで姑の態度が大分変った


俺が母ちゃんをとにかくそばに置いてて風呂さえ一緒に入り、同じ部屋で寝てたから母ちゃんに対する理不尽な力で支配はなくなった

分家の男たちも、姑は呼んだが俺が戻ってきたのを知ったら分家の男は尻込んだ

俺が帰ってきたから清めに分家はもういらないだろって言ったら姑は騒いだけど分家の男たちは何も反発することなく帰った

でもとりあえずは夜はあの部屋に母ちゃんと籠ってる 朝になれば俺もついて行って井戸に行く

井戸で母ちゃんを洗うのは姑だが俺が見てるからあんまりひどくはない 正直長男嫁が俺の子を孕むまでは母ちゃんはこれを続けなきゃいけないって思ってたんだが俺があんまりにも母ちゃんにひっついて、姑がなにかをするたびに文句を言ってたら いつの間にか頻度が減って今では週に一度になった
1: 2017/4/01 00:02 master
俺の部屋から書いてるよ母ちゃんは同じく俺の部屋でテレビ見てる

最後まで書きたくなかったんだが母ちゃんは今はテレビとか見てる

俺が触らない間は別のアカウントでネットもさせてる

難しくてパソコンは嫌いみたいだけど 毎日何してるの?って聞かれたらメールとだけ言ってる

それで疑問を感じてないみたいなんだ

夜おそくまでしてると先に寝てた母ちゃんが起きて母ちゃんが早く寝ようって言いだすからせいぜい1時過ぎまでしかかけない

テレビは姑の目の前では見ないがな 俺の部屋に小さな携帯ようのテレビを買って見せてる

姑は俺に近づかないから部屋にはこないしばれない
1: 2017/4/01 00:02 master
週一の井戸水で体を洗うのはまあ前からだったから仕方ない

舅はなぜか俺が跡継ぎになるからか気にしてるのかもしれないけど、母ちゃんを抱こうとしなくなった

姑は俺に対する嫌悪がすごい 特に何かしてくるわけじゃないから気にしてないけど 夜寝る時にはあの部屋で寝てる


たまには本家の男が来るが母ちゃんも大丈夫って我慢してる 俺が来て回数はかなり減ったって母ちゃんは喜んでる

完全になくすことはできないけど
1: 2017/4/01 00:02 master
勉強は大学止めたからほぼしてない 跡継ぎの勉強ってそんな大それたことはしないよ 本家でぐでーっとしてるだけで文句は言われない

その地域での話し合いは新年度だし、正月と盆の集まりはまだないし 家系図とかのある蔵はまだ結婚して完全な跡継ぎではないから入らせてもらえない 跡継ぎになって学ぶのはまだ先だ 今は仮のような感じかな
2: 2017/04/01 00:02
「清め」とかが気になるんだよな、一族してなにかの宗教の教徒なのか? 神道系ならむしろ、女の方が穢れを払う立場じゃないのか? そんなに他所の土地の女が汚れていて、本家の子種を植えつけ直すってのは 昔昔、多民族に侵略された記憶があるからか?純日本人なのか? 渡来人じゃないの?それかアイヌなどの少数民族?穢多とか非人系? 普通の旧家ではなさそうだ、ルーツが気になる 日本海側?太平洋側?東日本?西日本?
2: 2017/04/01 00:02
たぶん岡山県じゃないかと思う。 それ以上はちょっと地域差別になるからアレだけど。 穢れとかいうのって、そういう人達だから。
1: 2017/4/01 00:02 master
なんでこんな人増えてんだw 仕方ない・・・ばらすか
1: 2017/4/01 00:02 master
これは釣りだけど釣りじゃない
こんな風習はあるけど
俺は次男じゃない

長男の批判をしてほしくてスレ立てした

荒れたからもうネタ晴らしする事にした


>長男の批判をしてほしくてスレ立てした


文が抜けた

俺ってか私になるけど私は長男と二男の間にいる長女だ 次男の批判をしてほしくてスレ立てした
1: 2017/4/01 00:02 master

太ってはないしかあちゃんに似てるって言われるよ
分家に嫁いだ身


次男を批判して長男擁護をしてもらいたくて
次男を不利に書いてたのに案外次男に優しい奴がいて驚いた
言っとくけど私は母ちゃんは大嫌いだ
2: 2017/04/01 00:02
>1は次男じゃなく長女だけど内容は事実ってこと?
1: 2017/4/01 00:02 master
ほとんど事実。

長女だけど家の位置は最悪だったよ

母ちゃんには女だった事で失望されてほぼ育児放棄はされるわ 姑には母ちゃんに似たせいで憎まれるわ最悪だった

可愛がってくれたのは父ちゃんと長男だけ
1: 2017/4/01 00:02 master
結婚は高校卒業してすぐした
相手は父ちゃんが決めたから文句はなかった


私はにくいのは次男だよ
1: 2017/4/01 00:02 master
次男は跡継ぎだよ
今確かに でも母ちゃんに夢中で跡継ぎらしいことはなに一つしない
母ちゃんもかなりの性悪だよ
次男のマンションに逃げたくせに次男に殴られたっておばちゃんに泣きついて 自分の良いようにおばちゃんに説明して 次男は次男でお母さんごめんねってロミオ気取りしてて気持ち悪いし
長男も母ちゃんに育児放棄された可哀想な人なんだよ私の中じゃ ちなみに次男は私の年子で大学1年で止めた

毎日母ちゃんと新婚ばりにらぶらぶしてる かあちゃんを本家から出さずに 母ちゃんが望んでる感じもするけど
1: 2017/4/01 00:02 master


母ちゃんは次男の前では無力で可哀想な自分を演じてる

次男はそんな母ちゃんにほだされて可哀想な母ちゃんは俺が守るんだよって言ってる 母ちゃんは本家の遺産をほぼ貰ってる


次男の前ではなんでも制限されてる私可哀想って言ってる 姑に何されたって嘘ついてる

姑は儀式以外に母ちゃんには手を出さない 母ちゃんが次男にそう言ってるだけ いつか遺産で長男嫁が妊娠したら次男とどこかへ逃げるとも言ってる
1: 2017/4/01 00:02 master
今本家は分家の援助で成り立ってる 母ちゃんも本家に遺産は入れるがいくら持ってるかは分からない 相続税をひかれてもかなりの金額のはず 早く出ってってくれればいいのに次男が跡継ぎでいる限りはそばにいるつもりらしい


これを読んでも母ちゃん可哀想って言うかもしれないけど

あたしにとってはいい迷惑だよ

母ちゃんと会話した記憶なんてほんとにない

長男嫁と父ちゃんが氏んだ時笑って、骨壷を蹴った母ちゃんが許せない
1: 2017/4/01 00:02 master
次男視点で書いてたから母ちゃんはヒロインみたいに書いてた

母ちゃんは私から見れば性悪にしか見えない 確かに幼い年で嫁いだのは同情するけど、母ちゃんは自分がいいように次男を操ってるようにしか思えなかった


私も性格悪いかもしれない 母ちゃん擁護があがるんだろうか
2: 2017/04/01 00:02
かーちゃん精神壊してんじゃねーの?
長男とやらされてんのは事実なわけだし それだけでもじゅうぶん壊す要因じゃね? その辺どーなのよ 最初っからかーちゃん性悪だったんか?
1: 2017/4/01 00:02 master
そうなのかもね

あの人は異常だ

私は自分の記憶がはっきりしてる頃から母ちゃんには煙たがられてたからほんとに良い印象がない でも最近はほんと酷いなとは思ってる
2: 2017/04/01 00:02
忘れなよ、実家のことなんて。
それがあんたの幸せ。
遺産貰って手を切りな。
1: 2017/4/01 00:02 master
ごめん最後にまた


母ちゃんの子じゃないというのはあり得ない 父親は誰か真偽は不明だよ DNAはするつもりもない やっても何も変わらない


まだ子供だったってのは分かるけどじゃあ次男はどうして愛したのってなる 私が男なら次男のポジションは私だった 次男は生まれてなかった
1: 2017/4/01 00:02 master
楽しんで読んでくれたひとはありがとう
信じてくれてた人はいないと思うけど








TOPに戻り他の記事を読む


【おすすめ人気記事】


風化させたくない行方不明事件で打線組んだ


【この男の人わるい人】ワラビ採り札人事件には2つの事件が関係している


女の子「パパ!アヴェマリア歌って」感動する人が続出で多くのメディアに取り上げられた仲良し親子の話


実家と地元の真相を知ってしまった(その2)


「地獄」ってホントにあると思う?


俺が秘密戦隊ゴレンジャーだった時の話をしたい


真実が闇の中へ消えた、決して 触れてはいけない事件


免許明日で失効するのに40度の熱がでてワロタ


リアルな怖い話を作りたい


軽い気持ちで弟の日記見てしまったんだが、この先どうすれ ばいいんだ


人を騙すバイトの話をする


異常に潔癖症の女子が飲み会にきて散々な目にあった


可愛い子ヤギと遊ぶ女性飼育員が声を掛けた「ハロー」子ヤギ は無言の顔面キックで挨拶


まさにオジサンのイビキそのもの!可愛いビーグル犬のお昼寝姿にニッコリ


観客「触れたら感電しちゃうよ!」ゴリラ「大丈夫さ!いつもやってるからね」


ワイ(27)「すまん、青森に転勤になったわ…」彼女(32)「実家」ワイ (27)「え?」


【解読頼む】妹のヤバいノート見つけた


帰宅したら家族みんな夜逃げしててワロタ


昔、ど田舎で体験した話をさせ 欲しい


【叡智の結集】ブラックホールを観測したホライズンテレスコープの仮想連 結が凄すぎる


TOYOTA期間工を最強足らしめる『11の理由』がヤバすぎる




オカルト注目記事

【悪夢求ム】なんJ「ク ッッッ ソ 怖 い 夢」見た部!!!!!!!


【こわE】おまえら自分が誰か分からんくなることない?



オカルトランキング



画像: http://free-photo.net/