bandicam 2018-04-29 17-57-30-179


1: 200xミステリ- master
明治39年2月11日の午後9時頃のことである。

吹雪の中をO町にある「橋田時助商店」に一人の男が訪れ、同店の番頭高木昭一
(当時30歳)に面会を求めてきた。




スポンサーリンク


本日のおすすめ


【閲覧注意】ユダヤによる人口削減計画


大洪水の神話が世界中にあることが不思議すぎる


恐ろしい人体実験の話


八王子スーパーナンペイ事件の謎「47歳女性は共犯だったか もしれない」


自札した上原美優さんって何に絶望したのだろう


福岡OLバラバラ札人事件には最大の謎がある


同僚の女が本物のマジキチだと発覚した話を書く



スポンサーリンク

1: 20xx/ミステリー master
昭一が玄関に出てみると、その男は

「私は、T村の高木さんの親戚から使いとしてきた者ですが『親戚のおばあさんが急病で倒れたので、すぐ来て欲しい』とのことなので迎えに来ました」

といって昭一を同店から連れ出していった。

それから2時間ほど経った後、今度は昭一の自宅にも青ゲット(毛布)を頭からすっぽりかぶった30歳くらいの男が訪れ

「私は使いの者ですが、T村の親戚のおばあさんが重い病気になり『是非とも、O町のおっ母さんに会いたい』といっているので迎えに来ました」

といって、昭一の母ツネ(当時50歳)を連れ出した。

その後、1時間程してまた先ほどの青ゲット男が昭一方にきて、母ツネを呼び出したのと同様の方法で、昭一の妻リョウ(当時25歳)を連れだした。

更に40分ほど後に、昭一の子供(当時2歳の女の子)まで連れ出そうとして同家に来た時は、隣の家の長井家の妻タエが留守番をしていて入口の青ゲットをかぶって立っている男に不審をいだき、その求めに応じなかったため危なく難を逃れた。

実のところT村の親戚には誰も病人がなく、使いの者を頼んだ事実もなかった。

青ゲットをかぶった男が嘘を言って、昭一ら3人を連れ出したことが判明した。

青ゲットの男は、目撃者の話によると、年齢30歳くらいと思われるが、人相については、手拭いをほおかむりにして頭からすっぽりかぶっていたので、はっきりとわからなかったとのことであった。

4体なき大量札人

翌日の12日午前5時頃、N川河口にかかるT橋周辺は、昨夜来の吹雪によって新雪で
覆われていた。

寒中とはいえ、朝起きの早いT村の大工が、対岸のO町で建設中の仕事を片づけるため、まだ誰も通っていない新雪を踏みしめながら、いつもの通り急ぎ足でT橋を渡り始めた。

約500メートルもある長い木造の橋の丁度中ほどまできた時、大工は目の前の異様な状態に思わず立ちすくんでしまった。

そこには、あたり一面白い雪がまっ赤に染まり、おびただしい血痕が散らばっていたからである。

更に、その脇にある欄干の一部は、斧でバッサリ切り落とされたように無くなっており、何か大きなものと一緒にN川に投げ込まれたような形跡であった。

大工はとっさに誰かがここで消されたと直感したが、同時に急に背筋が寒くなり、急を知らせようとする足取りも雪の上を滑ってなかなか進まなかったという。

それから間もなくO警察署にこの事件の第一報が入り、4体なき札人事件として、血まなこの捜査が行われたのである。
1: 200xミステリ-22:05:37.492
でもネット上に何個も説あってどれが真実かわからん
福井人ほんとの事件内容教えて
3: 200xミステリ-22:14:00.157
これは知ってる
5: 200xミステリ-22:15:43.995
赤毛布の男
最初に書いておくが、この事件は迷宮入りであり、犯人はわかっていない。
昭和10年代、福井のある村で、ある小売商の家に夜半10時頃、訪問者があった。
本家からの使いです、といって表戸を叩くので、細君が起きて出てみると、赤毛布を頭からすっぽりかぶって、 本家の提灯を持った男が軒先に立っている。
本家で急病人が出たから、呼んできてくれと頼まれたというのだ。

急いで亭主はその男とともに家を出ていった。
本家からその家までは8キロほどある。亭主を送りだしてやった妻は心配しながらも、 子供たちを再度寝かしつけて、自分もうとうととした。しかし2、3時間後、また戸を叩く音がした。

出ていくとまた赤毛布の男である。

彼は「病人はとても朝までもたなそうだから、女房も呼んでくれと言われ、迎えに来た」と言った。
細君はすわ大変とばかりに、子供と親しい近隣の家にあずけて男とまた一緒に出ていった。
すると1,2時間たって、今度は子供を頼んだ隣家の戸を叩く者がいる。
また赤毛布の男で、顔は見えない。

「両親が、子供も連れてきてくれというので迎えに来た」と男は言った。
しかしその家の細君は、こんな夜中に子供に風邪をひかせては大変だし、
もうぐっすり眠っているから明日にしておくれ、と言った。

男は再度頼んだが、彼女は頑として応じなかったので、赤毛布の男は不承不承、帰っていった。

ところが数日後、この小売商の夫婦は惨札されて河に投げこまれているのが発見されたのである。
犯人があの赤毛布であることは明らかである。
が、物取りにしてはひとりひとり誘い出すなど、念が入りすぎている。
また子供まで誘い出して頃そうとしたことなどから考えるに、怨恨としても相当根の深いものだ。
本家の提灯を持っていた、ということからしてすぐに犯人は割れるものと思われたが、
結局何ヶ月たっても犯人の見当はつかず、迷宮入りになってしまった。

しかし男が終始顔を見せなかったこと、子供だましの嘘でふらふらと夫婦ともども出ていってしまったこと、 子供だけは、まるで隣家の細君が護符でもあったかのように守ってみせたことなど、まことに不気味な事件と言っていいだろう。
6: 200xミステリ-22:18:17.346
◎当時の新聞記事
明治39年2月14日付 北國新聞

●三国の惨劇
 
福井県坂井郡三国町に近来の怪事件あり同町字玉井の四十物商
加賀村吉方一家に於ける惨劇にして前頭部に切傷ある
同人妻ツヲ(二十五)の屍体は同町中元森田銀行裏の
河中より発見され母親キク(五十九)の屍体は同町より

新保に架しある新保橋上にて札害されしものの如く
橋下の川岸に漂着し在しを発見されしより其筋にては
容易ならぬ事件として探偵に着手し先づ同人宅に就いて
取り調べたるに家には子守の荒谷マス(十三)及び村吉長男宅(7さい)
長女ヨシ(3さい)のみにて戸主の村吉も所在不明なるが取調の結果

去る十日夜の十時頃新保村なる叔母が病気危篤なりとて
年頃三五六の男頭より青毛布(あをげつと)を冠りしまま急報に来たり
村吉と母キクと共に去り十一時頃更に村吉妻ツオをも携え行きしなりとの
事なれば村吉も多分札害されたるものなるべく今に行方不明なりと
而して其の原因は窃盗の所為とも思われねば意趣斬りならんとの事にて
目下厳重に犯人捜査中とぞ何にしても近頃稀なる怪事件というべし
7: 200xミステリ-22:19:22.599
この新聞記事も正しいかどうかっていうか本物かどうかすらわからん・・・
実際あった事件なのは間違いないんだろうけどどれがほんとやねん!





本日のおすすめ


佐世保小6女児同級生札害事件の加害者少女の能力の高さがヤバい


生肉を一時間常温で放置しちゃったけど腐ってるかな


オカルトはもう流行らないのかな


実家と地元の真相を知ってしまった(その2)


ガチで友達が呪われた


マジでヤバいインターネットカフェの裏事情を教える


家出したらお姉さんに拾われた


佐世保小6女児同級生札害事件の加害者少女の能力の高さがヤバい


【新宿刺札未遂】美人すぎる高岡由佳容疑者のTikTok動画




オカルト注目記事

【悪夢求ム】なんJ「ク ッッッ ソ 怖 い 夢」見た部!!!!!!!


【こわE】おまえら自分が誰か分からんくなることない?



オカルトランキング



TOPに戻り他の記事を読む

画像: http://free-photo.net/