世界のニュースまとめ(ザ・ミステリー体験) イメージ画像

5ちゃん記事や時事ニュース、海外ニュースを毎日お届けします

更新情報



謎の魚の正体 山形県で謎の魚が相次いで釣りあげられ、困惑が広がっています。 先月から、山形県内の川で相次いで釣りあげられている謎の魚。サケの仲間「サクラマス」かと思われましたが…。   地元で養殖業を営む長南佳佑さん 「顔が全然違いますね。サクラマスは
『【未知の生命体】山形県で謎の魚が相次いで釣りあげられる』の画像

検察側からの水原氏の情報提示内容 水原氏は大谷氏がアメリカに渡った際に彼の銀行口座を開設した。その後数年内に口座のアカウント設定を変更し自分の携帯電話にリンクさせることにより大谷選手の口座を完全に支配できるようになる。 水原氏は大谷氏になりすまし
『【違法ギャンブルの全貌】水原一平氏はどうやって大谷翔平選手の口座にアクセスしていたのか』の画像

新たな事実が発覚 大谷翔平選手の元通訳である水原氏は違法ギャンブルの胴元へおよそ7億円を送金したとされる問題が3月に発覚したがその後の調べによるとば1600万ドル(約24億5000万)を大谷氏の口座から引きだしていたことがわかった。それによって米連邦検察は銀行
『【違法ギャンブル】水原一平氏、大谷翔平選手の口座から24億円以上を盗みだしていた』の画像

後払い契約の節税効果 大谷選手はドジャースと10年の長期契約を結んでいるが契約金(997億円)の97%にあたる968億円は契約満了後の後払いとなっている。これによって大谷選手はカリフォルニア州を離れた場合大幅な節税が期待できるとされている。 本文 つまり大谷
『米カリフォルニア州議員「ドジャース大谷翔平氏の税金の抜け道を塞ぐ必要がある。彼はおよそ130億円超の州税を払う必要があるはずだ。」』の画像

悪魔の詩訳者殺人事件 この未解決事件は日本国内のみならず世界でも話題となった事件である。それは、被害者の筑波大学の五十嵐一助教授(当時44歳)が中東・イスラームの学者で研究者でもありイスラム社会において禁書となった小説「悪魔の詩」の日本翻訳者であったからで
『世界中の注目を集めた日本の未解決事件』の画像

止まらない円安 10日のニューヨーク外国為替市場で、対ドルの円相場は一時、1ドル=153円台に下落した。1990年6月以来、約34年ぶりの円安水準となった。 https://news.yahoo.co.jp/ ネットの反応
『【円安加速】NY円が一時1ドル153円台へ』の画像

1塁の大谷翔平選手が爆走 ドジャースvsツインズ 試合は7回 2-3と1点リードされた状態。 大谷選手は1塁に出塁しバッターはフリーマン。ライトへフリーマンがヒットを放つと大谷選手は1塁からホームまで爆走する。判定は最初はセーフと思われたが惜しくもア
『【ドジャースvsツインズ戦ハイライト】外国人「オオタニの爆走ヤバイwww?!えっ?コレア凄すぎ!」』の画像

04:26:35.30 master ※1985年 4月30日、広島県福山市の自販機 トラック運転手(45歳)がドリンクを購入した際、自販機の上に置かれていたオロナミンCを飲む。 5月2日に死亡。運転手の嘔吐物から、除草剤であるパラコートが検出。 パラコート連続毒殺事件とは、1985
『パラコート連続毒殺事件という昭和の闇』の画像

世界的にも話題 静岡県の川勝平太知事(75)が10日、辞職願を県議会議長に提出した。川勝氏は4期目の途中で辞職することになったが、これまでに約8000万円の退職金が支払われており、任期途中となった今回も約2800万円が支払われる見込み。https://news.
『【職業差別発言で炎上】川勝知事の延べ1億円の退職金にネットの声「退職金って辞める度に貰うものなの?普通は一度きりでしょ」』の画像




↑このページのトップヘ