ザ・ミステリー体験


ザ・ミステリー体験へようこそ

2chや5chの怖い体験・不思議な体験・面白記事を毎日更新


面白記事ピックアップ(その1)
面白記事ピックアップ(その2)
スポンサーリンク

UFO

    このエントリーをはてなブックマークに追加
bandicam 2018-04-16 09-58-42-540

1: 2018/04/16(月) 02:37:25.23 ID:hYvaqSe9a
普通に並走してて草

no title
no title
【地球に来た宇宙人がUFOで猛アピールしてて草wwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
bandicam 2018-04-02 09-53-42-963

1: 2018/04/02(月) 08:39:10.90 ID:f2qbL3sh0
矢追純一。その名は、1970~80年代を生きた日本人に強烈な印象を残している。80年代に幼少期を過ごした私も、日本テレビ『木曜スペシャル』のUFO特番や超能力特番に熱狂した。まだ家と学校の中だけで生きていた時代、矢追さんは世界の不思議への案内役だったのだと思う。だが、大人になってテレビ史を研究する中で、彼は何よりも伝説のテレビマンだったのだと気づかされた。そして、テレビマンとしてのお話を聞いてみたいと思った。

no title

「宇宙人が乗ってきてるかもしれないので、空を見ましょうよ」

僕は、バックパッカーで世界中を旅行してたから、大体知っているんでね。日本人は、多分精神的に余裕がないんだろうなと思い始めた。
社会全体がこの状態だと日本はいずれ煮詰まるぞ、と。だから、たまには立ち止まって空を見ろよ、という番組にしようと思った。

―― ということは、UFOを探すことが目的ではなかったんですね。

本屋でふと目に入った本に「空飛ぶ円盤」って書いてあったのね。当時、UFOなんていう言葉はないよ。あれは僕が流行らせたからね。
パラパラ読んでみたら、宇宙人が来てるらしいと書いてある。それで、「宇宙人が乗ってきてるかもしれないので、空を見ましょうよ」
という番組を作ったわけ。

http://bunshun.jp/articles/-/1784
【【UFOを流行らせた男】矢追純一さん81歳「空を見上げてほしかっただけ」】の続きを読む

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加
bandicam 2018-04-01 15-52-33-826

1: 2015/05/25(月) 07:10:55.530 ID:7RwXy6OZ0
いるいない、信じる信じないって話じゃなくて
何でこういう物の話が広がるのか的な話で
【UFOとか心霊とか怪談とかUMAとかをちょっと真面目に話してみない?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
bandicam 2018-03-31 07-20-58-499

1: 2018/03/30(金) 16:12:57.63 ID:RV5AeRWd0
アメリカ西部のアリゾナ州の上空で「UFO(未確認飛行物体)を目撃した」との報告が相次ぎ、 航空当局が当時の無線のやり取りを公開しました。

 パイロット:「30秒ほど前に我々の上空を通過していった機体はありましたか?」
 管制官:「ありません」
 パイロット:「分かりました」
 発言者不明:「UFOだ」
 
先月24日、アリゾナ州の上空を飛行中の旅客機から「未確認飛行物体が機体の上空を
通過した」との報告が管制塔にありました。

また、数分後には別のパイロットからも同様の 目撃情報が入りました。

 
アメリカン航空パイロット:「何かが私たちの飛行機の上を通っていきました。
何か分かりませんが、少なくとも私たちの2000から3000フィート上を飛んでいきました」

 目撃情報があった地域は、かつてUFOが墜落した街として有名になったニューメキシコ州・ ロズウェルの近くです。

この飛行物体については気球ではないかなど、様々な憶測を 呼んでいますが、現時点で何なのかは分かっていません。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000124034.html
【ロズウェルでUFO目撃相次ぐ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
bandicam 2018-03-28 13-55-49-482

1: 2018/03/28(水) 12:32:28.81 ID:CAP
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180328-00010000-huffpost-int

アメリカで驚くべき報告があった。アリゾナ州の上空で、異なる旅客機のパイロットが、ほぼ同時に未確認飛行物体(UFO)を目撃したというのだ。

そのうち一人は、アメリカン航空の旅客機のパイロットで、その物体が40000フィートの上空にあり、反射光を放っていたと語った。

2月24日、アリゾナ州南東部の砂漠を飛んでいた、小型機リアジェットのパイロットが「上空を何かが通った」と、航空交通管理センターに報告した。

パイロットは「何かわからないけど、飛行機じゃなくて...正反対の方向に飛んでいった」と話した。

管制官は近くを飛んでいたアメリカン航空のパイロットに、もし上空で何かを見たら知らせてほしいと伝えた。

「何かが上空を通り過ぎたら?」 アメリカン航空のパイロットは当惑した声でたずねた。

しかし、数分後に彼は「何か」を見た。

「いま、ちょうど何かが上空を通ったよ。何かはわからなかったけど。でも、少なくとも2~3千フィート上空だった」。
アメリカン航空のパイロットは続けた。「そう、上空を飛んでいったよ」

アメリカン航空のパイロットは、それが何かはわからなかったが、「大きな反射光を放っていた」と証言。飛行機とは違う方向に向かったと答えた。

無線の会話は続く。

「Googleの気球かな?」「違うだろ」というやりとりに続いて、誰かが「UFOだ」と、まるでそれが当然であるかのように応えた。

このやりとりの録音は、ウェブサイト「The Drive」が最初に報じた。そこからひと月が経つが、何があったかはまだわかっていない。

連邦航空局のリン・ランスフォード氏は、この件について「コメントできることはない」と、アルバカーキのテレビ局KOBに語った。

「航空機2機との短いやりとりがあっただけです。他の飛行物体の存在を、管制官は確認できていません」

飛行物体が目撃されたのは、ドローンの飛行可能高度よりずっと上空だった。しかし目撃情報が曖昧なので、
気球や実験航空機である可能性は完全に拭えない。

目撃された場所は、ニューメキシコ州のロズウェルから500マイル(約800キロ)の距離にある。
ロズウェルは、1947年にUFOが墜落されたと言われている場所だ。しかしアメリカ政府は後に、飛行物体は
ソ連の核実験の兆候を探すための高高度気球だと述べ、UFO説を否定している。
【【UFO】アリゾナ州上空に未確認飛行物体「異なる旅客機の2人のパイロットが目撃」】の続きを読む

このページのトップヘ