ザ・ミステリー体験


ザ・ミステリー体験へようこそ

怖い体験・不思議な体験・面白記事を毎日更新


面白記事ピックアップ(その1)
面白記事ピックアップ(その2)
スポンサーリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加
bandicam 2018-02-03 18-12-08-101

1: 2007/02/04(日) 12:11:35.31 ID:Vta/4ej00
今病院で点滴受けてます。
【鬼ですが豆ぶつけられて重傷です・・・】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
bandicam 2017-10-22 05-50-13-598

1: 20xx/ミステリー master
知り合いの話。

彼は時々、親戚の手伝いで実家の山に籠もるのだそうだ。

叔父さんと二人、テントで寝ていたある夜のこと。
【鳥の鳴き声に混じって聞こえる鬼の声「名前を呼ばれた者の運命」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
bandicam 2017-12-26 21-41-23-092

1: 2017/12/25(月) 16:08:07.59 ID:CQXSXBoY0
ボクのおとうさんは桃太郎に… 衝撃コピー、授業題材に:朝日新聞デジタル
 
「ボクのおとうさんは、桃太郎というやつに消されました」。
こんなキャッチコピーの新聞広告をもとに 道徳の授業が生まれた。多様な価値観がぶつかり合う時代に、異なる視点を持つことの大切さを考 える。

桃太郎伝説の故郷、岡山県で始まった授業が全国に広がるか――。

 
12月上旬、岡山県津山市の市立西中学校。

2年生の道徳の授業で、担任教諭の谷本薫彦(くにひこ) さん(39)が生徒へ問いかけた。

 「もし桃太郎が鬼にも家族がいることを知ったら、どうしたいと思うだろう」

 授業ではまず、昔話の「桃太郎」を学ぶ。おじいさんとおばあさんから「鬼が村を荒らして困る」と聞い た桃太郎が鬼ケ島に渡り、鬼たちを退治して物語は終わる。

そこへ谷本さんが鬼の子ども「鬼太郎」と いうキャラクターを示す。

 生徒からは「やっぱり退治するしかなかった」という意見の一方、「家族がいると分かれば、村に帰ろ うと思うはず」という声も出た。

次に、どんな選択肢があれば桃太郎が鬼を退治せずに済むのか議論すると、
「鬼に農業を教えたら村を荒らしに来ない。鬼ケ島に農機具を持っていこう」といった発想も生まれた。

いかソース
https://www.asahi.com/%61rticles/ASKDD5H2MKDDPPZB01H.html
【朝日新聞「もし桃太郎が鬼にも家族がいることを知ったらどうしたいと思うだろう 」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
bandicam 2017-10-26 20-27-39-797

1: 20xx/ミステリー master
叔父の話を一つ語らせてもらいます。

幼少の頃の叔父は、手のつけられない程の悪餓鬼だったそうです。

疎開先の田舎でも、畑の作物は盗み食いする、馬に乗ろうとして逃がすなど、子供達のガキ大将を自負するような悪餓鬼でした。

【忍び込んだ神社で見た光景「鬼の舞い」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
bandicam 2017-10-18 19-56-09-793

1: 20xx/ミステリー master
お盆に田舎の墓参りに行ってきた。

毎年恒例で、俺は東京で一人暮らしして初めての里帰りだった寺には一族郎党が集まり、仲の良い従兄弟のDも来ていた。
【鬼に連れていかれたお坊さんと従兄弟。俺はお坊さんの言葉が今でも気になってる「申し訳ないが、どうしようもない」】の続きを読む

このページのトップヘ