ザ・ミステリー体験


ザ・ミステリー体験へようこそ

怖い体験・不思議な体験・面白記事を毎日更新


面白記事ピックアップ(その1)
面白記事ピックアップ(その2)
スポンサーリンク

宇宙人

no title

1: 2017/08/09(水) 11:42:31.01 ID:R8h/hwEa0
なんと、1964年にエリア51で撮影されたとされる「エイリアンのインタビュー映像」が公開されたとの情報が舞い込んできた!

あまりにも鮮明な映像に、現在ネット上では、その真偽を巡って大きな論争が巻き起こっている。

問題の映像は、YouTubeチャンネル「MeniThings」が公開。
述べ4分36秒にわたるエイリアンとのインタビューではまず、アメリカ空軍が1969年まで取り組んでいた極秘調査、コードネーム「プロジェクト・ブルーブック」の報告書らしきものが映し出され、続いて、真っ暗な部屋で白いエイリアンが1人、インタビューに応じている様子が極めて鮮明におさめられているのだ!

このエイリアン、声はしゃがれていて大変聞き取り辛いが、字幕を見てみると、どうやら英語で会話している様子。

まばたきや口の動きもしっかりと確認できる。一体、彼は何を語っているのか? 気になる発言内容をまとめておこう。

・地球外生命体ではなく、未来からやって来た人間の進化的子孫。
・この時代の地球には人類を観察するために来た。
・21世紀、宗教的・政治的対立による核争いで人類の大半が4滅する。
・宇宙と生命の誕生の秘密を知っている。
・無数の宇宙があるが、我々の宇宙には偶然にも生命が誕生した。
・4は人間的な構築物であり、実在しない。
・生の毎瞬間に我々は亡くなっている。

トピックが多岐にわたっているが、要するに、彼は大規模核争いが起こる前の人類を観察しにやって来た未来人であり、
彼の時代では宇宙はマルチバース理論に基づいて完璧に解明され、4は仏教の刹那滅論に基づいて解釈されているというところだろう。
未来人であるから当然のことだが、我々の常識ともそれほどかけ離れていないようだ。

エリア51で撮影された「宇宙人インタビュー映像」が流出! 7つの真実を棒露「核争いで人類はがいなくなるする」「我々は地球から来た」...
http://tocana.jp/2017/08/post_14111_entry.html
 

【【これマジ!?】エリア51で撮影された「エイリアンのインタビュー映像」】の続きを読む

bandicam 2017-08-01 06-05-37-227

2: 20xx/ミステリー体験
どう見ても人間ではないですよね・・・
bandicam 2017-08-01 05-55-46-915
bandicam 2017-08-01 05-55-49-231
bandicam 2017-08-01 05-55-25-780
bandicam 2017-08-01 05-55-52-324
bandicam 2017-08-01 05-55-10-870

ダ・ヴィンチの隠された謎がまた一つ解明されたようです。

「モナ・リザ」の絵を背中合わせに置いた時に、真の姿が見えてくるのです。
bandicam 2017-08-01 06-04-59-007


【【驚愕】レオナルド・ダ・ヴィンチの「モナ・リザ」に描かれたエイリアン】の続きを読む

bandicam 2017-07-19 06-57-30-075

1: 2017/07/14(金) 08:24:04.11 
1991年、ソ連最後の最高指導者ミハイル・ゴルバチョフが失脚、ソ連は崩壊した。
それに伴い、KGB(ソ連国家安全委員会)が保有していた機密資料が、CIA(米中央情報局)に流出したとされているが、なんと、その中に“ソ連兵が石に変えられた”UFO遭遇事件の報告書が紛れ込んでいたというのだ! 

同文書は、CIAの公式ウェブサイトでも閲覧可能だ。まずは事件の詳細を見てみよう。

■ 宇宙人が融合して爆発、兵士が石に

同文書によると、シベリアで訓練中のソ連軍部隊の頭上に、低空で飛行する円盤型の宇宙船が突如出現。

理由は不明だが、部隊は地対空ミサイルでこれを撃墜した。
すると、墜落した宇宙船から “巨大な頭と巨大な目”を持つ5体の小型ヒューマノイドが出てきたという。

これを目撃した2人の兵士は、5体の宇宙人は瞬く間に1つに融合し、球体に姿を変えてしまったと証言している。キーンと鋭い音をたて、明るく輝きだしたかと思うと、わずか数秒後には、球体は急速に膨張し、非常に強い明かりを発しながら爆発。

それを目撃していた23人の兵士は瞬時に石と化してしまったというのだ!
証言を残した2人の兵士は偶然にも物陰に隠れており、難を逃れたという。

その後、墜落したUFOと石化した兵士らはモスクワ近くの研究施設に送られ、分析された結果、兵士らの体は石灰岩と同じ組成に変性していたことが分かったそうだ。
しかし、その原因については遂に分からなかったという。

この事件についてCIAの担当者は、「事実に即したものであるとすれば、極めて恐ろしい事件である。

エイリアンが我々の想定を遥かに越える武器や技術を保有し、攻撃に曝された場合、我々に反撃することを意味しているからだ」とコメントしている。

事件の発生次期は判然としないが、先述した通り、少なくとも91年以前に起こったことは間違いないだろう(1987年と伝えるニュースサイトもあるが、文中では言及されていない)。

■ CIAの狙いは?

ここで少し、この文書のいささか奇妙な経緯を見てみよう。
もともとこの事件は、ウクライナ紙「Ternopil vechirniy」が追っていたもので、CIAはその記事をもとに93年に同文書を作成、2000年5月に機密指定が解除された。

つまり、CIAが直接KGBの資料にあたったわけではないのだ。
また、英紙「Express」の記事(2月21日付)によると、「Ternopil vechirniy」が、KGBからCIAへの機密資料流出のソース元として言及している「Canadian Weekly World News」は、当時オルタナティブニュースとして知られていたという。

なぜ、CIAはわざわざこのような情報を機密資料として作成し、保持していたのだろうか? 

奇妙という他ない。CIA初代長官で全米空中現象調査委員会(NICAP)のメンバーでもあったロスコー・ヒレンケッター氏が語るように、政府の情報操作は徹底しており、CIAの公開する情報を鵜呑みにするのは危険である。

今回の文書も、CIAが我々をかく乱するために公開したのかもしれない。
元となったとされるKGBの資料が発見されない限り、真偽を判断することは難しいだろう。
今後、真相が明らかになることに期待したい。

no title
no title  

http://tocana.jp/2017/07/post_13824_entry.html
【【CIA公式文書】UFOを撃った後、ソ連兵23人が瞬時に石にされた衝撃の記録】の続きを読む

このページのトップヘ