ザ・ミステリー体験

怖い体験・不思議な体験ツアーへご招待

    予言

    bandicam 2017-04-10 18-50-54-811


    こんにちは管理人です。

    みなさんは「イルミナティカードにある複合災害」についての都市伝説をご存知でしょうか

    今回お届けする話は 

    2020年に開催される東京オリンピックが何らかの災害に見舞われると暗示したイルミナティカードの内容に迫りたいと思う。

    それでは不思議な世界をお楽しみ下さい。
    【【絶望の未来】イルミナティカードに記された恐ろしすぎる日本の運命】の続きを読む

    bandicam 2017-04-01 16-44-33-709

    1: 2017/04/01(土) 14:41:28.14 
    今年に入って早々、考古学界に衝撃的なニュースが全世界を駆け巡った。イスラエルのクムラン洞窟から新たな「文書」が発見されたというのだ。

    「文書」とは、その名のとおり、ほとりにある洞窟から出土した『旧約聖書』の写本及び、ユダヤ教の宗教的規範や預言を記した文書で、1947年に発見されて以来、現場は徹底的に発掘調査され、もはや遺物は何もないといわれてきただけに聖書学者はもちろん、歴史学者たちは驚きを禁じえなかった。

    何より、発見されたのが、ほかでもなく、2017年だったことに注目するユダヤ教徒も少なくなかった。そう、最初に「文書」が発見されてから、今年は、ちょうど70周年の節目に当たるのだ。

    ゲマトリア数秘術の聖数7×10=70はもちろんのこと、「文書」に含まれる預言書「ダニエル書」のなかに、この70年という文言が記されているのである。

    預言者ダニエルは同じく預言者エレミヤの言葉を引き合いに出しながら、再建された聖都エルサレムの荒廃が70年続くと述べている。

    これに関して、別の部分でエルサレムの復興と再建の御言葉が出された後、7週と62週、すなわち69週後に広場と堀が再建されると記されている。

    この「御言葉」こそ、発見された「文書」だった可能性があるというのも、1947年から69週後、すなわち1948年に、約2000年ぶりに流浪の民、ユダヤ人たちが約束の地シオンに帰還し、イスラエルの建国を宣言した

    『旧約聖書』の預言通り、彼らはイスラエルの再建を果たしたのだ。

    ■「文書」が告げる世界の終末…

    ダニエルの預言が正しければ、この年を起点として、70年を経た2018年、ついに荒廃のクライマックスを迎える。人類破滅の大戦争が勃発することになる。

    今年、2017年2月に、新たな「文書」が発見されたということは、両義預言として、ここから同じく69週をもって、聖都エルサレムが再建される可能性があると、示している。

    no title

    http://www.excite.co.jp/News/odd/Tocana_201704_post_12646.html

    2: 2017/04/01(土) 14:41:55.05
    来年かよ。おせーよ
    4: 2017/04/01(土) 14:42:02.44
    始まったな
    【世界の終末、2018年に人類破滅の大戦争が勃発】の続きを読む

    このページのトップヘ