ザ・ミステリー体験


ザ・ミステリー体験へようこそ

怖い体験・不思議な体験・面白記事を毎日更新


面白記事ピックアップ(その1)
面白記事ピックアップ(その2)
スポンサーリンク

予言

bandicam 2017-09-18 19-48-09-986

1: 2017/09/17(日) 21:22:20.78 ID:30VRtHGl0
いよいよ、その時が近づいてきた。トカナがこれまで再三に渡り警告してきた地球がいなくなるのXデーが今月23日に迫ってきている。

だが、そもそも何故、今月23日に地球ががいなくなるするのか? 馴染みのない読者のために、がいなくなるのシナリオを今一度おさらいしておこう。

がいなくなる日を9月23日と確定したのは、『Planet X - The 2017 Arrival』の著者としても知られる、聖書研究家で天体観測家のデイビッド・ ミード氏だ。

氏によると、8月21日に北米大陸で観測された皆既日食「グレート・アメリカン・エクリプス」は、この世の終末を示し ているとされる旧約聖書『イザヤ書』の第13章、9節と10節にぴったりと重なり、10節の記述こそ、まさに先の日食を暗示している
という。

そして、ほどなくして怒り狂った主(神)が再臨し、罪人を裁く「最後の審判」がやって来るというのだ。

「見よ、主の日が来る。残忍で、憤りと激しい怒りとをもってこの地を荒し、その中から罪びとを断ち滅ぼすために来る」(13章9節)

「天の星とその星座とはその光を放たず、太陽は出ても暗く、月はその光を輝かさない」(13章10節)

また、驚くべきことに、ピラミッドの存在も同説を裏付けているとミード氏は語る。曰く、ギザの大ピラミッド内部の2つの通路、 下降通路(Descending Passage)と上昇通路(Ascending Passage)が、9月20日以降きわめて正確に、ある天体を指し示すというのだ。

下降通路が指し示している天体はしし座で最も明るいレグルス(しし座α星)であり、上昇通路が指し示しているのは、“救世主”(メシア) を意味する木星だという。そして、この2つの天体が指し示される時こそ、終末の到来だという。

ミード氏の独自分析によるニビル衝突予測であるが、ミード氏とは別に多くの人々がミード氏の終末予想と同じ予想をしている。

「アメリカの皆既日食はキリストの再臨のシグナルであり、9月23日から世界の終末が始まる」(終末論系ブログを運営するマイケル・パーカー氏)

「8月21日の皆既日食は黙示録の時代が到来する前兆である」
(キリスト教福音派の書物の出版を手がける男好きリー・レイ氏)

http://tocana.jp/2017/09/post_14483_entry.html
【【トカナの予告】9月23日に人類滅亡がほぼ確定「またですか…」】の続きを読む

bandicam 2017-09-17 07-32-43-908

799: 2016/09/01(木)07:35:24 ID:RVV
夏休みも終わったなぁ。
かれこれ15年程前の話。

当時付き合っていた彼女(後の妻)と夏休みの最後に思い出作りとして車で出かける約束をした。

自宅には寝たきりの祖母が施設から一時帰宅していて、その祖母に出かける前の挨拶をした。

普段ならニコニコしながら手を振ってくれるのに、その日は俺の手を掴み首を振って何かを嫌がった。
【寝たきりの祖母が俺の命を救ってくれた「急がば回れよ」】の続きを読む

bandicam 2017-09-02 14-59-10-440

1: 2017/08/26(土) 09:39:37.72 ID:CAP
no title

【永久保存版】史上最高の予言者ババ・ヴァンガの62の予言(5079年まで)を一挙大公開!! イルミナティの計画とも戦慄の一致!

■ヴァンガの予言(2017年以降)
2018年:中国は新しい超大国となる。そして、搾取者が搾取されるようになる。
2023年:地球の軌道が変わる。
2025年:ヨーロッパは依然として過疎の常態が続く。
2028年:新たなエネルギー源が発見される。飢餓が克服される。金星に向けて有人の宇宙飛行が出発する。
2033年:極地の氷冠が溶け、世界の水位レベルが上昇する。
2043年:経済は良好。イスラム教徒がヨーロッパを動かすことになる。
2046年:すべての身体器官が、簡単かつ一般的な方法で再現可能となる。
2066年:アメリカが、イスラム教徒に対して気象兵器を使う。
2076年:共産主義が処理を引き継ぐ。
2084年:自然が生まれ変わる。
2088年:新しい病気は、人を数秒で老いさせる。
2097年:「プロジェリア症候群」(早老症)が治療される。
2100年:人工太陽が地球の暗がりを照らす。
2111年:人々はロボットになる。それはおそらくアンドロイドのようなものである。
2123年:小さな国家間の争いが起こる。大きな国はそれに手を出さない。
2125年:宇宙からの信号はハンガリーで受信される。
2130年:エイリアンの助けを借りて、水中で生活する文明が生まれる。
2164年:動物が半分人となる。
2167年:新宗教が生まれる。
2170年:大きな干ばつ。
2183年:火星のコロニーが核保有国になり、地球からの独立を要求する。
2187年:2つの大きな火山噴火の停止に成功する。
2195年:海のコロニーがエネルギーと食糧を持つことになる。
2196年:アジア人とヨーロッパ人は完全にミックスされる。
2201年:太陽の熱プロセスが遅くなり、気温がぐっと下がる。
2221年:地球外生命の探索で、人間は恐ろしい何かに遭遇することになる。
2256年:宇宙船が地球に新たな病気をもたらす。
2262年:惑星の軌道が徐々に変化する。火星は、彗星に脅かされる。
2271年:物理学の法則が変更される。
2273年:白人、黒人と黄色人種が1つの新しい人種を形成する。
2279年:電源が無から得られることになる。
2288年:タイムトラベルが可能になる。エイリアンとの遭遇がある。
2291年:太陽が一段と涼しくなり、再びそれが熱くなるよう試される。
2296年:太陽で強力な爆発が起き、重力が変化する。古い宇宙ステーションや人工衛星が落ちてくる。
2299年:フランスでイスラムに対する抵抗運動が大きくなる。
2302年:宇宙の重要な法則と秘密が明らかにされる。
2304年:月の秘密も明らかにされる。
2341年:恐ろしい何かが宇宙から地球に近づいてくる。
2354年:人工太陽の事故で干ばつになる。
2371年:世界の飢餓。
2378年:新しい人種の急成長。
2480年:2つの人工太陽が衝突し、地球を暗闇にする。
3005年:火星との争いにより、地球の軌道が変更される。
3010年:彗星が月に衝突する。地球は岩石や灰のリングで囲まれる。
3797年:地球上のあらゆるものが亡くなってしまう。しかしこのときの人間の文明は、新しい惑星系に移動出来るほど進んでいる。
3803年:少しずつ新しい惑星への移住が始まる。人々はお互いに会うことが少なくなる。新しい惑星の気候が人々の体に影響を与え、生物的に変異することになる。
3805年:食料を求めて争いが起きる。半分以上の人が絶滅する。
3815年:争いが終わる。
3854年:文明の発展は事実上停止する。人々は獣のように生きることになる。
3871年:新しい預言者が宗教、道徳的価値を人々に伝える。
3874年:新しい預言者が人口の全セグメントから支援を受けている。新しい教会を組織する。

>>2-5あたりに続く)

TOCANA 2017.08.25 文:深月ユリア
http://tocana.jp/2017/08/post_13911_entry.html
【【衝撃の予言】的中率85%・人類史上最高の予言者ババ・ヴァンガの62の予言】の続きを読む

bandicam 2017-08-20 17-23-14-793

1: 2017/08/20(日) 11:13:21.33 ID:CAP
「今年の9月23日人類滅亡」ほぼ確定へ!

先日のトナカの記事でもお伝えしたように、最新の終末予測ではこの世の終わりが始まる具体的な日付が9月23日と設定されている。そして不気味なことにこの説をサポートする理論が相次いで報告されているという。なんと、ギザの大ピラミッドもまたこの世界の終わりが9月23日であることを示しているというのである。

■大ピラミッドが終末の日を表示していた!

プラネットX、またの名をニビルと呼ばれる謎の惑星が2017年に地球に向かい衝突することを指摘した著書『Planet X - The 2017 Arrival』を昨年2月出版した聖書研究家で天体観測家のデイビッド・ミード氏が、先ごろ、この世の終わりとなる「最後の審判」の日が9月23日から始まると発言し世の注目を集めている。

ミード氏は今月21日にアメリカで起きる「グレート・アメリカン・エクリプス」と呼ばれる大陸を横断する大スケールの皆既日食が終末の日の始まりを告げる前奏曲になるとしている。そしてこれがニビルの地球衝突への引き金になるというのだ。

具体的な日付が提示されたことで、多くの注目を集めることになったミード氏の終末予測だが、意外にもこの説を強力にバックアップする理論がほかにも少なくないのだ。はたして単なる偶然の一致なのか? そして、その中でも最も無視できないのが、エジプト・ギザの大ピラミッドが示しているという“終末の日”だ。5000年前に建設されたピラミッドが終末の日を表示しているとはいったいどういうことなのだろうか。

http://tocana.jp/2017/08/post_14179_entry.html
【【トカナ情報】ギザの大ピラミッドも告げている世界の終わる日「9月23日に何かが起こる」】の続きを読む

このページのトップヘ