ザ・ミステリー体験

怖い体験・不思議な体験ツアーへご招待

    予知

    bandicam 2017-04-22 06-35-25-726

    1: 2017/04/21(金) 00:50:29.56 ID:0AfiUXnB0
    2015年、ロシア連邦が反乱部隊の援助という名目でアメリカ、中国、ヨーロッパの主要都市に核爆弾を投下。アメリカが反撃し核戦争となり、第三次世界大戦へと発展する。

    その後、アメリカの外交権麻痺に乗じて、中華人民共和国が覇権主義を強化。台湾、日本、韓国を強引に併合する。後にオーストラリアが中国を撃退するが、ロシアの攻撃により半壊滅状態になる。ヨーロッパ諸国もロシアによりほぼ壊滅するもアメリカが撃退し、ロシア連邦が崩壊する。

    2017年、30億人の4者を出した末、ロシアの勝利に終わる。
    【【タイムトラベラー】ジョン・タイター「第三次世界大戦によって2017年に30億人が亡くなる事になる」】の続きを読む

    bandicam 2017-04-17 20-13-36-305

    1: 2017/04/15(土) 18:35:15.67 ID:EeEBfMb+0
    日本国の同志たちへ
    こんにちは。内閣官房過去調査委員会山下です。

    重要な情報だけ書きます。
    攻撃は18日以降。
    米イージス艦より対地攻撃
    同攻撃機により空爆
    朝鮮幹部は自ら亡くなる

    その他質問は範囲内での回答
    【2036年から内閣官房過去調査委員会山下がお伝えします「攻撃は18日以降・ 米イージス艦より対地攻撃・同攻撃機により空爆」】の続きを読む

    bandicam 2017-03-31 19-37-20-262

    1: 2017/02/01(水) 07:32:46.44 ID:n9htpMzY0
    誰もみてないと思うが、ひっそりスレ立てる。

    これから話すのは、祖母の体験談である。

    ばっちゃんの近所には時子さんっていう人がいた。
    時子さんは、不思議な人だったそうだ。人の気持ちや未来が見えたり、居場所まで特定できたりしたそうな。

    ばっちゃんは、度々時子さんに人生のアドバイスを貰ってた。
    【【千里眼】全ての事が分かる近所の時子さん。ばっちゃんが体験した不思議な出来事の数々】の続きを読む

    bandicam 2017-04-01 16-44-33-709

    1: 2017/04/01(土) 14:41:28.14 
    今年に入って早々、考古学界に衝撃的なニュースが全世界を駆け巡った。イスラエルのクムラン洞窟から新たな「文書」が発見されたというのだ。

    「文書」とは、その名のとおり、ほとりにある洞窟から出土した『旧約聖書』の写本及び、ユダヤ教の宗教的規範や預言を記した文書で、1947年に発見されて以来、現場は徹底的に発掘調査され、もはや遺物は何もないといわれてきただけに聖書学者はもちろん、歴史学者たちは驚きを禁じえなかった。

    何より、発見されたのが、ほかでもなく、2017年だったことに注目するユダヤ教徒も少なくなかった。そう、最初に「文書」が発見されてから、今年は、ちょうど70周年の節目に当たるのだ。

    ゲマトリア数秘術の聖数7×10=70はもちろんのこと、「文書」に含まれる預言書「ダニエル書」のなかに、この70年という文言が記されているのである。

    預言者ダニエルは同じく預言者エレミヤの言葉を引き合いに出しながら、再建された聖都エルサレムの荒廃が70年続くと述べている。

    これに関して、別の部分でエルサレムの復興と再建の御言葉が出された後、7週と62週、すなわち69週後に広場と堀が再建されると記されている。

    この「御言葉」こそ、発見された「文書」だった可能性があるというのも、1947年から69週後、すなわち1948年に、約2000年ぶりに流浪の民、ユダヤ人たちが約束の地シオンに帰還し、イスラエルの建国を宣言した

    『旧約聖書』の預言通り、彼らはイスラエルの再建を果たしたのだ。

    ■「文書」が告げる世界の終末…

    ダニエルの預言が正しければ、この年を起点として、70年を経た2018年、ついに荒廃のクライマックスを迎える。人類破滅の大戦争が勃発することになる。

    今年、2017年2月に、新たな「文書」が発見されたということは、両義預言として、ここから同じく69週をもって、聖都エルサレムが再建される可能性があると、示している。

    no title

    http://www.excite.co.jp/News/odd/Tocana_201704_post_12646.html

    2: 2017/04/01(土) 14:41:55.05
    来年かよ。おせーよ
    4: 2017/04/01(土) 14:42:02.44
    始まったな
    【世界の終末、2018年に人類破滅の大戦争が勃発】の続きを読む

    bandicam 2017-03-15 05-15-48-026

    1: 2016/09/18(日) 20:55:19.20 
    都内の商社に勤務する松本隆二さん(50)は、昨夏に父が天国へと旅立った日のことを思い出す。

    「夜、妙な胸騒ぎがして寝つけずにいると、ふと、がんで入院している75歳の父の顔が浮かんだ。『何だか嫌な予感がするな』と思っていると、翌朝、実家の母から父が亡くなったと連絡が入った」

    こうした「虫の知らせ」を経験した人は少なくないだろう。

    驚くべき調査報告がある。2012年、NPO法人・プライマリヘルスケア研究所が「家族や親しい人の臨終に居合わせなかった経験がある人」を対象にアンケート調査を実施した。その結果、207人中87人、実に42.0%が「虫の知らせ」があったと回答したのだ。この調査に参加した吐師秀典・代表理事がいう。

    「想像以上の数でした。『故人の声がハッキリ聞こえた』など、単なる偶然とは思えない例も多かった」

    「虫の知らせ」とは、『大辞泉』によれば〈よくないことが起こりそうであると感じること〉。「よくないこと」の最たるものとして、「身近な人が死ぬ予感」という意味で使われることが多い。

    ここでいう「虫」とは、蜘蛛や蝶などの実際に存在する虫ではなく、道教の「三尸(さんし)」を指すという説が有力である。民俗学に詳しい作家の豊嶋泰國氏が解説する。

    「三尸とは人間の中に住む3匹の虫のことで、それらが宿主の命に影響を及ぼすと考えられていた。そこから転じて、『虫が好かない』『腹の虫が収まらない』などの言葉とともに自分の意思ではどうしようもないことに『虫』という言葉が使われるようになったといわれています」

    滝沢馬琴による江戸時代のベストセラー小説『南総里見八犬伝』には、こんな一節がある。

    〈泣くは理(ことわり)母と子の、別れを虫が知らせてか〉

    これは、「子供が泣くのは世の中の理だが、いま泣いているのは母子の別れを虫が知らせたからだろうか」という意味。

    大昔から「虫」は“悪い予感”を知らせているのだ。

    ※週刊ポスト2016年9月30日号
    http://www.news-postseven.com/archives/20160916_448643.html
    【【不幸・災い・悲しみ】を予感する「虫の知らせ」の存在】の続きを読む

    このページのトップヘ