ザ・ミステリー体験

怖い体験・不思議な体験ツアーへご招待

    ホラー

    bandicam 2017-05-23 18-46-16-710

    448: 2005/08/08(月) 06:47:30 ID:rb7gYEIi0
    「加奈子に憑いた人形」

    大学1年の夏。
    東北・遠野郷の方を回るつもりだった。
    地図を広げ、ガイドブックと突き合わせながらコースを考えていると、高校2年の
    弟が、ひょいとその手元を覗き込んだ。
    「いいな兄ちゃん、僕も連れてってよ」
    「バイクで夜駆けだぜ、いいのか?」
    「うん、いいよ」
    昼間コイツと一緒に走った事はあるが、夜走りは一度もない。若葉マークはもう 脱出しているが、さて、どこまで走れるか?
    「どこか行きたいとこ、あるのか?」
    「うん、山形の立石寺へ行ってみたいんだ」
    【【短編ホラー】「加奈子に憑いた人形」「嫁とりの年の獲物」】の続きを読む

    bandicam 2017-05-23 06-22-12-979

    13: 2005/07/19(火) 23:57:17 ID:pANLpdgq0
    「夕暮れ時の怪」

    夕暮れ時、残照に揺れる木々を眺めつつ、先を急いでいた。
    真ん丸の、真っ白な顔が、道の両側にずらりと並んでいる。
    月見餅に目鼻を付けたような小坊主が、揃いの半纏を着て、 頭を振りたて振りたて、にぎやかに呼びかけてくる。
    【【短編ホラー】「夕暮れ時の怪」「狐火」「鞍馬山の幻の山祭り」】の続きを読む

    bandicam 2017-05-10 07-19-22-281

    14: 2012/07/25(水) 10:21:13.93 ID:oXvoMXMZ0
    「山の女」

    子供のころの話で、しかも自分の体験じゃないんだけど
    毎年、夏になると父方の祖父母の家に遊びに行ったのね。
    夏以外も行ったんだけど、夏は必ず毎年行った。
    父はいないこともあったけど、母と兄と姉と私は必ず。
    祖父母と母は、特に祖母が母を大事にしてる感じだったから、
    家の繋がりが無いとかあんまり気にしたことなかった。
    【【ホラー短編】「山の女」「平家の末裔」】の続きを読む

    bandicam 2017-05-21 08-15-18-606

    738: 2016/07/10(日) 23:30:24.70 ID:D6FQL7c30
    俺が高校生の時の話だが、
    まあ聞いてくれ。

    17歳の高2の夏に、
    俺とツレのA男で、
    地元にある廃墟の社員寮?で肝試しをする事になった。

    その廃墟の社員寮は、
    町はずれにぽつんと建っている寂れた建物で、手入れされていない生い茂った木と雑草に囲まれ、からからに干からびたプール?がついていた。

    ガキの頃に、何度か昼間に訪れ、
    秘密基地の様にA男と、
    封鎖されている正面入り口にある大きな柱の裏でポケモンのカードゲームなんかで遊んでいたのを思い出す。
    その頃は封鎖されている正面玄関から、
    照明の落とされた玄関ホールをA男と恐る恐る覗くくらいが限界だった。
    あの時も夏の昼間だったが、照明の落とされた玄関ホールは薄暗く、ひんやりして見えた。
    玄関ホールは管理人室の様な、受付の様なものがすぐ右手にあり、
    壁には木の板に筆で書かれた知らない男達の名前の書いた札が掛かっていた。
    恐らく住んでいた社員達の名前だったと思う。
    【【ホラー体験】深夜1時の廃墟「貯水槽の女」】の続きを読む

    bandicam 2017-05-07 10-33-45-363

    34: 2016/12/27(火) 14:20:44.09 ID:vQcMZOtd0
    「あかままぬま」

    私はバイクが趣味でよく暇が出来れば直ぐにでも何処かへ旅立ってしまう。
    今回も東北方面へバイクで走っている時の事だった。

    ちょうど夕方になり雲行きも怪しく徐々に暗くなり始めたので近くでテントを張れるような場所を探していた。いつも旅する時はテントを持ち歩き景色の良い場所で写真を撮ったりするので、少しでも景色が良い場所と思い彷徨うっていると池?の様な場所があった。
    【【洒落にならない怖い話】「あかままぬま」「黒目」】の続きを読む

    このページのトップヘ