ザ・ミステリー体験


ザ・ミステリー体験へようこそ

2chや5chを中心としたオカルト記事・ニュース記事・面白ネタ記事を配信中です


面白記事ピックアップ(その1)
面白記事ピックアップ(その2)
スポンサーリンク

ヒアリ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
bandicam 2018-02-14 09-31-47-498

1: 2018/02/13(火) 13:11:35.70 ID:qtbVUU/20
そういえば「ヒアリ」の話って、どうなったの? 環境省に聞いてみた

「刺されると激しい痛みに襲われる」として2017年夏頃、全国の港に出現し世間を不安にさせ、 話題となった「ヒアリ」。

夏をピークに報道はぱたりと途絶えたようだが、果たして現在は......?

「暖かくなると再び動き出すかもしれない」

ヒアリが最初に見つかったのが、17年5月、兵庫県尼崎市。
その後神戸市、東京都品川区、横浜市、福岡市、岡山市など12都府県のコンテナを中心に発見され、 その度に環境省主導の下、札虫処分を行ってきた。

環境省のホームページ上の発表によると、8月の埼玉県狭山市での「発見時既に4亡」という報告があり、 その後も10月以降、横浜市、広島県呉市で同様の報告が相次いでいる。

こうしてみると、ヒアリは減ったように感じるが、果たして2018年2月時点での調査状況と確認状況はどうなのか、 Jタウンネット編集部は2月9日、環境省自然環境局野生生物課外来生物対策室に聞いてみた。

担当者によると、ヒアリの発見は、2017年11月22日に広島県呉市の積荷で確認されて以来、途絶えているという。

この理由について「ヒアリは寒いとウロウロ活動しなくなり、人目のつかない場所でじっとしているからではないか」と話した。

「今後暖かくなると再びヒアリが出現する可能性はあるのか」と聞くと、「暖かくなると動き出す可能性はある」としたうえで、

「これまで、中国南部から出航してきた船内から見つかったことがあります。中国で暖かくなってヒアリが船内に入り、 まだ寒い日本に来てじっとしていることも考えられます」 と警戒していた。

調査は現在も行われている。

http://j-town.net/tokyo/column/allprefcolumn/255795.html?p=all
【【忘れられた存在w】そういえばヒアリってどうなったんだろうなwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
bandicam 2017-08-06 17-10-05-545

1: 2017/08/05(土) 01:16:37.65 ID:7TWocZQa
「侵略的外来アリ」国内初確認 スクープ撮!

FNNは、ヒアリの取材を続ける中で、これまで日本では確認されていなかったアリを発見するに至りました。そのアリの驚くべき生態を取材しました。

「見たことのないアリがいる」との情報提供を受け、向かったのは愛知・名古屋港。
7月31日、情報提供者の高校教師・小川尚文さんと合流したその直後、驚くほどの速さで、目まぐるしく動くこのアリは...。

アリ研究家・寺山 守博士は「日本に生息していないアリ」、「侵略的外来アリの1つ。オーストラリアで『ブラウジングアント(Browsing ant)』と呼ばれる種」と話した。
bandicam 2017-08-06 15-36-24-139
bandicam 2017-08-06 15-36-54-242
bandicam 2017-08-06 15-37-05-987
bandicam 2017-08-06 15-37-10-884

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170804-00000358-fnn-soci
 
【【国内初確認】ヒアリ以上に危険なヤバイ蟻「ブラウジングアント」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
bandicam 2017-07-06 18-58-01-758

1: 2017/07/06(木) 18:13:52.97 0)
ソースはフジテレビ

no title
no title
【【注意!】ヒアリが東京の「大井ふ頭」でも発見される】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
bandicam 2017-07-06 14-29-42-450

1: 2017/07/06(木) 11:19:47.04
強い毒を持つ外来種のアリ「ヒアリ」が国内で相次いで見つかっている問題で、環境省は5日、兵庫県尼崎市で5月下旬に国内初確認されたコンテナ内のヒアリは500匹以上だったと発表した。

羽のある女王アリも含まれていたという。

発表によると、コンテナ内で死滅させたヒアリの集団を分析した結果、少なくとも女王アリが2匹、オスが5匹いたとみている。働きアリ(メス)は500匹以上だったという。

発見当時から、幼虫やさなぎが混じっており、環境省は「繁殖できる個体がいることは想定されていた。今回の確認で、国内定着のリスクが高まったわけではない」と説明している。

また同日、2件目が見つかった神戸市の神戸港(ポートアイランド)のコンテナヤードに設置したわなで、6月28日に新たに捕まえた1匹をヒアリと確認した。(戸田政考)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170705-00000095-asahi-soci
【尼崎市「ヒアリの数500匹以上・女王アリも2匹」を確認】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
bandicam 2017-07-04 13-38-09-244

1: 2017/07/04(火) 11:39:48.04
https://mainichi.jp/articles/20170704/k00/00e/040/192000c

環境省は4日、大阪港で、南米原産で強い毒を持つ「ヒアリ」の女王アリとみられる
亡き骸を見つけたと発表した。これまでに神戸港などで見つかったヒアリはいずれも
働きアリで、女王アリと確認されれば国内で初めてとなる。ヒアリの女王アリは
1日に2000~3000個の卵を産むとされ、大阪港で定着して繁殖していた可能性がある。

大阪港では6月に、別の特定外来種のアカカミアリが見つかったため周辺を駆除したところ3日にヒアリの女王アリとみられる死骸が一体見つかった。ヒアリは、ブラジルやアルゼンチンなど南米中部の内陸部が原産地。これまでに兵庫県尼崎市と神戸港、名古屋港で働きアリが確認されている。雑食性で、何度も刺す強い攻撃性を備えている。
【大阪港でヒアリの女王アリ発見「国内に定着して繁殖していた可能性」】の続きを読む

このページのトップヘ