ザ・ミステリー体験


ザ・ミステリー体験へようこそ

2chや5chの怖い体験・不思議な体験・面白記事を毎日更新


面白記事ピックアップ(その1)
面白記事ピックアップ(その2)
スポンサーリンク

バナナ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
bandicam 2018-04-29 17-20-31-291

1: 20xx/ミステリー master
【八百屋に変なバナナが売ってるwwwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
bandicam 2018-04-25 20-26-29-183

1: 2018/04/22(日) 20:51:16.84 ID:CAP
福岡県北九州市のともいきBIO社は、独自の製法で作られた『皮まで食べられる』国産バナナ、「ともいきバナナ」の販売を開始した。

no title
日本は世界有数のバナナ消費国である。しかしその99%は、輸入に頼っている。根本的な問題としてバナナは熱帯作物であり、日本は栽培北限ぎりぎり(沖縄などには独自品種の食用バナナ栽培が古くからあることはある)で、大量生産にはまったく向いていないからであるが、ともかく、多くはフィリピンや台湾などからの輸入品だ。

「ともいきバナナ」の気になる値段であるが、一本877円(税込)と安くはない。販売している場所もあるが、通販の場合は送料が一回あたり1,300円となっている。だが、通常のバナナの糖度が15度程度であるのに対し25度と極めて高く、香りよく、口当たり豊潤で贅沢な一品である、とのことである。農薬不使用のため、皮ごと食べても安心だ。

ところでどうやって栽培しているかということなのだが、「凍結解凍覚醒法」という特殊な農法を使っているのだという。特殊な溶液に浸した種子をマイナス60度で冷却し、解凍、その工程を経て作られた苗は、耐寒性が付き、寒冷な環境でも育成可能となり、全国で栽培が可能である、とのことである。

ちなみにこの凍結解凍覚醒法、2018年3月9日に「植物の特性を増強する方法」として特許取得済みであるという。

なお、バナナの話ではなくなるがこの凍結解凍覚醒法、驚くべきことにはパイナップル、パパイヤ、カカオ、マンゴスチン、カシューナッツなどの栽培、収穫にも成功しており、さらに幅広い適用が可能である、とうたわれている。

非常に限られるが、ともいきバナナを販売している場所もある。伊勢安土桃山城下町である。
https://www.zaikei.co.jp/article/20180422/438225.html

【【ともいきバナナ】皮まで食べられるバナナが爆誕wwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
bandicam 2018-03-14 09-30-52-393

1: 2018/03/14(水) 07:28:05.09
no title
【【長すぎw】平井堅さんのバナナにかける情熱wwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
bandicam 2017-08-27 10-06-34-678

1: 2017/08/16(水) 09:01:11.81 ID:CAP
no title

熟す前の緑色のバナナを粉末に加工したパウダー状の食品が国内で販売され始めた。バナナは黄色く熟していなくても食物繊維やミネラル分が豊富に含まれ、菓子や飲料などの材料としての利用が広がりそうだ。

この食品は「グリーンバナナパウダー・バナナマッシュ」。

製造する豪州の食品メーカー担当者が、屋外に廃棄された緑色のバナナを野生動物が好んで食べることに気づいて開発した。

熟していないバナナの栄養素を調べると、食物繊維が豊富で、カリウムなどのミネラル分や腸内環境を整えるレジスタントスターチが含まれていることもわかったという。

パウダーに甘さはほとんどないが、牛乳と混ぜてスムージーにしたり、生地に練り込んでパンやクッキーにしたりと、家庭で手軽に作れるレシピも紹介して浸透を図る。

http://www.asahi.com/articles/ASK8B7H9GK8BULFA02V.html

【【スゴイ!】熟す前のバナナがヤバすぎw「やっぱり野生動物ってすごいわ~」】の続きを読む

このページのトップヘ