ザ・ミステリー体験

オカルト記事・時事ニュース・生活記事・未解決事件などを毎日配信中
ザ・ミステリー体験 イメージ画像

    平成の凶悪事件

    最悪のスタート 昭和から平成へと時代は変わり色々な事で期待を膨らませていた当時の人々だが幕開けから最悪とも言える少年たちによる犯罪を知ることになった。 目次 1:女子高校生コンクリ詰め事件 2:佐賀女性7人連続札人事件 3:宮崎勤幼女連続札害
    『平成元年に発覚した凶悪事件の歴史「女子高校生コンクリ詰め事件」「佐賀女性7人連続札人事件」など』の画像

    事件背景 2001年6月8日の午前に大阪池田小学校に児童たちの叫び声が響いた。 当時37歳の宅間守が包丁を持ち学校へ侵入し、担任が不在だった教室へ入りこみ次々と児童たちを刺していった。また隣の教室では教師が黒板に向かっており児童たちの方を向いていなかった。
    『【附属池田小事件】宅間守の生い立ち』の画像

    1: 20xx/ミステリー master 平成の凶悪事件ファイル2 「佐賀女性7人連続札人事件」 この事件が国道34号線沿線で発生しており全てが迷宮入りとなってしまった事件です。また被害者7人のうち6名が水曜日頃されており、水曜日の絞札魔として当時は恐れられていました。
    『【ファイル2】水曜日の絞札魔・佐賀女性7人連続札人事件』の画像

    1: 20xx/ミステリー master 平成の凶悪事件ファイル1「女子高生コンクリート詰め事件」この事件は日本でもTOP3に入るほどに悪質で残虐と言われている事件です。 主な犯人は4人とされていますが実際に関わった人数は100人を超えると言われています。 いったい彼らはどうい
    『【ファイル1】女子高生コンクリート詰め事件「周りの人間が見て見ぬふりをした最悪の少年犯罪」』の画像

    ↑このページのトップヘ