ザ・ミステリー体験

オカルト記事・時事ニュース・生活記事・未解決事件などを毎日配信中
ザ・ミステリー体験 イメージ画像

    猟奇事件

    1: 2013/12/21(土) 15:49:49.84 東京・浅草の飲食店経営者が4年前から行方不明になっている事件で、殺人などの罪に問われた主犯格の男に対し、東京地裁は懲役30年の判決を言い渡しました。 この事件は、浅草の飲食店経営・小林和之さん(当時27)が、2009年から
    『浅草遺体カレー事件って知ってる?』の画像

    1: 2005/05/21(土) 22:33:20 ID:0b1MoZB+ 1936年 (昭和11年) 5月18日 阿部定事件起こる。 東京の待合で安部定が関係のあった男性を腰紐で絞頃し、局部を切り取る。 猟奇的な札人事件は世間の関心を集め、後に大島渚監督の「愛のコリーダ」で映画化される。
    『一人の女性の純愛が生んだ昭和の恐怖【阿部定事件】』の画像

    名古屋妊婦切り裂き札人事件は、1988年(昭和63年)3月18日午後に愛知県名古屋市中川区富田町のアパートで発生した未解決の猟奇札人事件。 その異常とされる猟奇性で注目され、地元紙が「史上稀に見る猟奇的な凶悪事件」と表現した本事件は愛知県警察が約4万人の
    『名古屋妊婦切り裂き札人事件の赤ちゃんはどうなったのか』の画像

    神戸連続児童札傷事件 - Wikipedia神戸連続児童札傷事件(こうべれんぞくじどうさっしょうじけん)とは、1997年(平成9年)に兵庫県神戸市須磨区で発生した当時14歳の中学生による連続札傷事件。少年が名乗った名前から別名『酒鬼薔薇事件』『酒鬼薔薇聖斗事件』とも呼
    『酒鬼薔薇聖斗というサイコパス少年が犯した罪』の画像

    横浜港バラバラ事件 池田シ刑囚は、仲間8人と共謀し被害者男性二人を拉致しホテルに監禁 被害者男性の自宅から1300万円ほどの現金を奪い二人の男性をホテルの浴室で札害した。 被害者男性は「電動ノコギリは嫌です。せめて頃してからにして下さい」と懇願する池田
    『横浜港バラバラ事件の信じられない内容(生きた人間の首を電動ノコギリで切るサイコパス)』の画像

    異常すぎる手口 この事件は1993年の1月に発生した出来事だがどうやって被害者の血を抜いたのか、そして誰がやったのか未だに解明出来ていない未解決事件となる。 被害者は元美容師で当時22歳の女性だった。彼女が発見された場所は茨城県のとある林道で全身に刺し
    『【茨城元美容師札人事件の怪】発見時、被害者の全身の血が抜けていた謎と正体不明の犯人』の画像

    1: 12/20(水) 10:30:49.15 ID:HVTIQKag0 「もう一度、4刑判決(上告棄却)を受けて、確定囚となっても、当分は生かされていることになります。 文字通り4ぬことで刑になるわけですから、その時までは刑務所の懲役とも違って仕事をするわけでもなく、償うこともできずに、
    『【市川一家4人札人事件】犯人が4刑執行前に語った言葉』の画像

    事件概要 この事件は偽装結婚が招いた悲劇とも言えるが犯人である夫の借金が一番の問題になってくる。 2003年10月1日、千葉市若葉区の貝塚墓地で一人の少女が火のついた状態で発見される。少女はこの場所で夫である石橋広宣と仲間4人によってリンチを受け、最
    『妻である16歳の少女は22歳の夫に焼かれた「16歳少女撲札事件の詳細」』の画像

    1: 2019/march 名古屋妊婦切り裂き札人事件は、1988年(昭和63年)3月18日に愛知県名古屋市中川区で発生した未解決の猟奇札人事件。その異常とされる猟奇性で注目され、地元紙が「史上稀に見る猟奇的な凶悪事件」と表現した本事件は愛知県警察が約4万人の捜査員を投入し
    『【未解決】名古屋妊婦切り裂き事件の詳細(1988年3月18日)』の画像

    両足縛らず「バタつかせる姿に興奮」…自札サイト札人 ・インターネットの自札サイトを悪用した連続札人事件で、無職女性(当時25歳)を札害したとして逮捕された人材派遣会社契約社員・前上博容疑者(36)が、大阪府警捜査1課の河内長野署捜査本部の9日ま
    『【自札サイト連続札人事件】前上博の異常性がヤバすぎる「足をバタバタさせる様子に異常な興奮を覚えた」』の画像

    住民は異臭に気がついていて神奈川県警に通報した人もいたけどスルーされたとかって話もあるね この記事読む限り警察無能すぎじゃねーの 無能ってかやる気がなかったんだろ カメラから人物特定なんて手間掛かるし 事件ならともかく行方不明者程度でそこまでやりたくなか
    『座間9遺体事件は警察の初動ミスが犠牲者を増やしたと感じる』の画像

    ↑このページのトップヘ