ザ・ミステリー体験

オカルト記事・時事ニュース・生活記事・未解決事件などを毎日配信中
ザ・ミステリー体験 イメージ画像

    地震・火山・台風

    富山湾沿岸で深海魚「リュウグウノツカイ」の発見が相次いでいる。2018年秋以降、富山県内で見つかったのは過去最多の11匹。冬の発見が多いが、今年は春にも見つかっており、 13日には4月として初の個体も確認された。異変が地震の予兆という説を呼び起こした一方、専門家
    『富山湾沿岸で異変が続く。リュウグウノツカイ発見ニュースが多すぎる』の画像

    1: 2019/04/19(金) 08:46:14.05 https://this.kiji.is/491756319087412321 気象庁は19日、熊本県の阿蘇山の中岳第1火口で同日午前8時24分、噴火が発生したと発表した。
    『【火山情報】阿蘇山で再び噴火が発生』の画像

    https://mainichi.jp/articles/20190418/k00/00m/030/113000c 台湾の中央気象局によると、18日午後1時(日本時間同2時)ごろ、台湾の東岸・花蓮県近くでマグニチュード6.1の地震が発生した。(6.7へ修正)震源の深さは18キロ。(24キロへ修正)現地の震度で最大7。
    『台湾で巨大地震(花蓮県で最大震度7、M6.7の地震発生)』の画像

    sourcehttps://www.youtube.com/ 珍しいイルカ 概要 静岡の大浜海岸にスジイルカが打ち上げられる 天候の変化が影響か 過去最大リュウグウノツカイ 入善に4.417メートル(北日本新聞) https://t.co/afjHKvB46q静岡市の海岸にイルカ打ち上げられる 
    『【日本が変】静岡の海岸にスジイルカが打ち上げられる。富山湾にも異変が続く。阿蘇の小規模噴火も不気味で怖い』の画像

    気象庁は14日、阿蘇山(熊本県)の噴火警戒レベルを1から2の 「火口周辺規制」へ引き上げた。 中岳第1火口からおおむね1キロの範囲で、噴火に伴う大きな噴石や火砕流に警戒を呼び掛けている。風下では、火山灰に加えて、小さな噴石が飛来する恐れがあり注意が必要とい
    『気象庁発表「阿蘇山の噴火警戒レベルを引き上げます」』の画像

    「これまでの統計から、大地震が起きる前にはパターンが見られます。頻繁に地震が起きていたのにピタリと止まったり、回数が激減すると危ない。 静穏期が六十数日続いた後、もう一度、中規模の地震が発生し、3日以内に本震が起きるのです。和歌山県、三重県周辺が静かにな
    『専門家が指摘する巨大地震への警鐘「これまでの統計から予測した結果、GW頃に大地震が発生する可能性がある」』の画像

    ↑このページのトップヘ