ザ・ミステリー体験

オカルト記事・時事ニュース・生活記事・未解決事件などを毎日配信中
ザ・ミステリー体験 イメージ画像

    地震・火山・台風

    2020/01/20(月)  1707(宝永4)年に16日間続いた富士山の宝永噴火では、偏西風に流された大量の火山灰が江戸や横浜にも堆積。以来、沈黙を続ける富士山が同様の噴火を起こすと首都圏の交通や通信ライフライン、物流などに甚大な影響が出ると懸念されている。 ht
    『もしも富士山が大噴火すると首都圏がヤバい』の画像

    2020/01/17(金)  ▽長野県と山梨県にある「糸魚川ー静岡構造線断層帯」 ▽静岡県にある「富士川河口断層帯」 ▽熊本県の「日奈久断層帯」 ▽長野県にある「境峠・神谷断層帯」 ▽近畿から四国北部、九州北部にある「中央構造線断層帯」 ▽岐阜県と長野県にある「阿
    『次に巨大地震が起きる可能性が高い8つの場所』の画像

    2020/01/14(火)  東京オリンピック期間中に首都直下地震発生の可能性を検証! データで危機が浮き彫り、“最悪パターン”から目を背けるな! 2019年12月1~8日、NHK総合で「体感 首都直下地震ウイーク」と題した総力特集番組が放送された。 この特集で警告された「
    『東京オリンピック期間中に首都直下地震発生の可能性があるらしい』の画像

    2020/01/13(月)  東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城県石巻市で12日、成人式があった。 児童74人が津波の犠牲になった市立大川小の当時の5年生たちも、亡き友らへの惜別と新成人としての決意を胸に  「みんなが生きていたことを伝えていく」と晴れの日を迎えた。 
    『【津波被害】石巻大川小学校、震災当時の5年生が成人式「みんなが生きていたことを伝えていく」』の画像

    2020/01/10(金)  南海トラフで巨大地震が起きる可能性を評価する定例の検討会が開かれ、「特段の変化は観測されていない」とする見解をまとめました。 検討会は「大規模地震の発生の可能性が平常時と比べて相対的に高まったと考えられる特段の変化は観測されていない」
    『専門家が南海トラフ巨大地震が起きる可能性を分析した結果』の画像

    津波の恐怖 東日本大震災から9年が過ぎようとしていますが津波というものがいかに恐ろしいものかを実際に認識できた方も大勢いると思います。ある実験では津波の高さが30㎝で人が歩くことも不可能となり死亡する確率は100%とも言われています。 3.11、あの日は
    『お婆ちゃん「津波がきたら私なんか置いて逃げて」ネット民「黙っておぶされやバッバ…」』の画像

    ↑このページのトップヘ

    ・・・・ #wrapper{ width:100%; overflow-x: hidden !important; }