ザ・ミステリー体験


ザ・ミステリー体験へようこそ

怖い体験・不思議な体験・面白記事を毎日更新


面白記事ピックアップ(その1)
面白記事ピックアップ(その2)
スポンサーリンク

事故物件

bandicam 2017-10-01 21-18-52-322

1: 2017/10/01(日) 09:39:05.58 ID:Gzjr6Fac0
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171001-00006697-bengocom-life

前の入居者が札外された、自札した、孤独に亡くなったなどの「事故物件」。

心理的にそこに暮らしにくい要因のある物件として認められており、不動産の売買や賃貸の際には、買主や借主への告知義務が発生する。
そのため、次の入居者が見つからないことが多く、多くの不動産屋を悩ませていた。

ただ、業界には「告知義務があるのは1人まで」だとして、不動産会社が自社の社員を入居者ということにして、以後は告知をせずに済ませているケースもあるそうだ。

また、裁判例でも、「告知しなければいけない入居者は1人目まで」とした判決がある。

入居者としては、知らずに事故物件に住むことに抵抗感を示す人がいるかもしれない。

「次の次の入居者」には知らせなくていいのか。

ロンダリングを見抜く方法はないのか。瀬戸仲男弁護士に聞いた。

●事故物件は入居率が低下する

事故物件ロンダリングとはどういうものか。

「『事故物件ロンダリング』とは、事故物件をクリーニング(洗浄)して、嫌われない物件に変えてしまおうという行動のことを指します。

そもそもの事故物件とは、忌み嫌われる事件・事故があった物件のことです。

なぜ、事故物件ロンダリングが行われるのか。

「まず考えられるのは、事故物件に住むことに抵抗を感じる人が多いので、借り手を探すのが困難になるという点があります。

事故物件の部屋の入居者が見つからないだけでなく、その部屋のまわりの部屋の住民も退去する可能性がありますね。

入居率の低下は避けられません。

また、入居率が低下すると、収入(利回り)が低下し、借入金がある場合には、将来的に返済が行き詰まるおそれがあります。

その結果、仮に、ローン負担に耐えられなくなって、物件を売却しようと考えても、事故物件を買う人は少ないので、買主を見つけることは非常に困難になるでしょう」

●一定期間社員などを住まわせて「ロンダリング」をはかる

具体的にはどういった方法でロンダリングが行われるのか。

「一番多く行われる方法は『サクラを入居させる』という方法です。

宅建業者の中には

『事故が起きた後、一度でも次の入居者が入居すれば、そのまた次の入居者に対して、事故物件であることを説明しなくても、宅建業法上の重要事項説明義務に違反しない』と考えている業者がいるようです。

そこで、このような業者は、自社の社員やアルバイト学生などを使って一定期間だけ事故物件に入居させて、クリーニングしようとするわけです。

あるいは、借地借家法の『定期借家契約』も事故物件をクリーニングする方法として利用されることがあります。

事故物件であることを説明したうえで借主を募集した場合、低家賃でなければ借主はほとんど現れません」
【事故物件の魅力を語りあうスレ】の続きを読む

bandicam 2017-09-23 20-48-01-857

1: 2017/03/19(日)23:46:24 ID:ulP
じゃあ人が自札したアパートの部屋を借りれるの?
家賃が安いから合理的だぞ?
【お前らって「幽霊存在しない!幽霊いると言う奴は糖質!」とか言うけどガチの事故物件に住めるのか?】の続きを読む

このページのトップヘ