ザ・ミステリー体験

オカルト記事・時事ニュース・生活記事・未解決事件などを毎日配信中
ザ・ミステリー体験 イメージ画像

    未解決事件

    2003年7月に起きた『プチエンジェル事件』小学6年の少女4人が誘拐され、手錠と目隠しをされて東京・赤坂のマンションの一室に監禁された。少女の1人が隙を見て手錠を外して脱出したことから事件が発覚。犯人の男は警察の逮捕前に部屋で練炭自殺を図って死亡したため、
    『【日本のタブー】プチエンジェル事件はまだ終わっていない』の画像

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191109-00000030-jij_afp-int 4年前に一度「死んだ」ので釈放されるべき──終身刑により服役中に蘇生措置を受けた男が、米アイオワ州で目新しい裁判を起こしたものの、上訴裁判所が今月6日、「死者による訴訟は意味をなさな
    『【ワロタ】蘇生した終身刑の受刑者「一度死んだも同然だし釈放してよw」裁判所「死者による訴訟は意味をなさない。棄却!」(米アイオワ州)』の画像

    1: 2018/02/17(土) 00:25:21.46 ここのポンプ所は事件が起きやすい 1988年8月8日、上半身のみの女性遺体が発見された。 2002年3月16日にはタクシー運転手強盗殺人事件が発生し、遺体がポンプ所に放置されたまま今も未解決で小松川警察署が情報を呼びかけている ま
    『東京の篠崎ポンプ所はガチで呪われている』の画像

    1: 2018/07/14(土) 02:38:40.81 甲府に宇宙人たちが降り立った事件ですが未だに語られてる事件です。 真相を皆さんで推理してください!
    『甲府UFO飛来事件って本当だと思う?』の画像

    ITジャーナリストの井上トシユキ氏  「ネットの炎上は憂さ晴らし系と世直し系に大きく分けられると思います。今回は、母親の行動が非常識だと感じた人は憂さ晴らしに、母親犯人説を唱えるような人は、“メディアが報じない真犯人を見つけて吊し上げろ”という世直し
    『【小倉美咲ちゃん神隠し事件】母親のとも子さんはネットに燃料を投下しすぎて炎上した(ITジャーナリスト)』の画像

    1: 2019/07/30(火) 16:06:17.17 ID:cE5CQC1N0 4月29日水曜日、A君(当時17歳)がため池で溺死する。 これはシンナーで酩酊状態に陥り、誤ってため池に落ちたモノと判断された。
    『熊取町7名連続怪死事件という大阪の闇』の画像

    1: 2016/ masterhttps://ja.wikipedia.org/wiki/2004年9月9日の未明、愛知県豊明市沓掛町の民家に何者かが侵入して母子4人を殺害後、建物に放火した。殺害されたのは母親(当時38歳)、長男(同15歳)、長女(同13歳)、次男(同9歳)。父親は仕事のため家におらず、無事だ
    『愛知豊明母子4人殺人放火事件の謎』の画像

    未だに見つからない人たち 日本では年に8万人の方が行方不明となっているようですが、ほとんどは家出であったりと解決しています。ただ、800人ほどの人達は未だに連絡が取れずに家族の方は探し続けている状況です。 これからご覧頂く行方不明事件も聞いたことがあ
    『風化しちゃいけない行方不明事件』の画像

    山梨県のキャンプ場で、小1の小倉美咲ちゃん(7)が神隠しに遭ったかのように姿を消してからおよそ1カ月半。母の苦悩は深まるばかりと想像されるが、SNSをはじめネット上では、母親は応援されるどころか激しく攻撃され、犯人扱いまでされているのである。 https://headli
    『【山梨キャンプ場女児失踪事件】小倉美咲ちゃんが消えて1ヵ月半。ネット上では母親を犯人扱いする悪質なデマが拡散される』の画像

    柴又上智大生刺殺放火事件この事件は1996年に東京都葛飾区で発生した未解決事件となり、犯人像も特定できていない出来事となる。被害者は当時21歳だった女子大生の小林順子さんで、彼女は刃物で刺されたあとに家を放火され焼かれた状態で発見されている 一番残念
    『【柴又上智大生刺殺放火事件】小林順子さんを襲った犯人は誰だ』の画像

    山梨県道志村の『椿荘オートキャンプ場』で千葉県成田市の小学1年、小倉美咲さんが行方不明になってから1カ月以上が経過した。事件や事故などさまざまな憶測が流れる中、ネット上ではついに美咲さんの母・とも子さんの犯人説まで広まっており、今や、カオス状態になって
    『【道志村キャンプ場行方不明事件】小倉美咲さん失踪の原因を巡りネットでは様々な憶測が飛び交うカオス状態へ』の画像

    ↑このページのトップヘ