ザ・ミステリー体験


ザ・ミステリー体験へようこそ

怖い体験・不思議な体験・面白記事を毎日更新


面白記事ピックアップ(その1)
面白記事ピックアップ(その2)
スポンサーリンク

シリーズ

bandicam 2017-07-17 05-43-09-469

1: 2017/4/01 00:02 master
雨が降っていた。 低く唸る風と共に降りしきる、大雨だった。

(´・_ゝ・`)「失礼しますね」

(*゚ー゚)「ええ」

先生が、向かいに座っているお婆さんの右腕を持ち上げる。 着物の袖を捲り、肉の薄い腕に先生の指が触れた。 お婆さんの手は、だらりと垂れている。 先生は肘の内側を強く押した。

(´・_ゝ・`)「痛くありませんか」

(*゚ー゚)「痛くありませんねえ」

がたがたと窓が鳴った。 私は、びくりと身を竦ませる。
そんな私の様子に、お婆さんが少し笑った。
【【第13夜】フリータと先生の怪談「猫とノコギリ」】の続きを読む

bandicam 2017-07-15 12-05-31-199

1: 2017/4/01 00:02 master
残る話も、あと僅かだ。

今回の話は先生の出番が少ない。

けれど、教訓として聞いてほしいと思う。

海とか山とか、とにかくどこでも。 落ちているからって、何でもかんでも物を拾うのは止した方がいい。 余計な「モノ」まで拾いかねない。
【【第12夜】フリーターと先生の怪談「海の夢」】の続きを読む

bandicam 2017-07-11 05-44-39-182

1: 2017/4/01 00:02 master
(´・_ゝ・`)「──こっくりさんこっくりさん、おいでください。来たら返事をお願いします」

時刻は午後7時前、場所はVIP大学のとある研究室。 そこで、私と先生、それともう1人を入れた計3人で机を囲んでいた。 机の上には一枚の紙。

紙に書かれているのは50音表と数字、「はい」「いいえ」、「男」「女」、そして鳥居のマーク。 その鳥居の上に乗せた10円玉に、私達は人差し指を置いていた。

こっくりさん。

怪談ではよく聞くけど、実際に自分がやったことはなかった。 私は、向かいにいる男性に目をやった。

(;-д- )「……」

私の視線に気付いた彼が、目を閉じ、首を横に振る。
諦めて先生の好きにさせよう──という、声にならない返事が聞こえてくるようだった。 彼からは、私と似たニオイがする。
【【第11夜】フリータと先生の怪奇談「可哀想なこっくりさん」】の続きを読む

bandicam 2017-07-10 19-24-33-631

1: 2017/4/01 00:02 master
(´・_ゝ・`)「伊藤君、怖い話ない?」

('、`*川「……」

図ったかのように現れる人だ。 その日、私が働いているファミリーレストランに来た先生を見て真っ先に思ったことが、それだった。

('、`*川「先生、私に盗聴器とか仕掛けてない?」

(´・_ゝ・`)「何で? あ、ナポリタンちょうだい。あとホットコーヒー」

('、`*川「……かしこまりました、ナポリタンとホットコーヒーですね」

踵を返そうとしたところ、先生に腕を掴まれた。 逃げられなかったか。

(´・_ゝ・`)「さっきの言い草からして、何かあったんでしょ」

('、`;川「……ああもう、口が滑った」

(´・_ゝ・`)「教えてよ」

にっこり、先生が笑う。 私は溜め息をつき、先生の手を振り払った。
【【第10夜】フリータと先生の怪奇談「長い首」】の続きを読む

bandicam 2017-07-09 08-31-53-296

1: 2017/4/01 00:02 master
先生の零感ぶりは凄まじい。

たとえば2人で廃病院に行った(連れていかれた)とき。

知まみれのお婆さんが乗った車椅子が、私達に近付いてきたことがあった。 しかしお婆さんなんか見えない先生は、霊を挑発するためなのか何なのか、 車椅子のハンドルを握って全力疾走した。

お婆さんは迷惑そうな顔をして消えた。

たとえば2人で墓地に行った(連れていかれた)とき。

足のない女の子が先生の背中を押して、先生が危うく転びかけたことがあった。

しかし女の子なんか見えない先生は、直前まで私が文句を言い続けていたのもあり、 完全に私の仕業だと決めつけて、ねちねちねちねち嫌味を浴びせてきた。

女の子は申し訳なさそうな顔をして消えた。

たとえば──いや、もういい。きりがない。
【【第9夜】フリータと先生の怪奇談「おばけバス」】の続きを読む

このページのトップヘ