ザ・ミステリー体験


ザ・ミステリー体験へようこそ

怖い体験・不思議な体験・面白記事を毎日更新


面白記事ピックアップ(その1)
面白記事ピックアップ(その2)
スポンサーリンク

古代文明

bandicam 2017-11-08 20-33-27-998

1: 20xx/ミステリー master

ドイツのある町にいつも喧嘩ばかりしている肉屋の夫婦がいた。

そしてある時、堪忍袋の緒が切れた夫は妻を消してしまった。
夫は我にかえったあと、後悔するとともに妻をどうやって隠そうかと考えた
【【ドイツの都市伝説】大評判になったソーセージの材料】の続きを読む

bandicam 2017-11-08 20-25-43-954

1: 20xx/ミステリー master

アメリカではプロムと呼ばれる学校のダンスパーティーが卒業前になると行われる。

カップル同士でいくのが普通で、このパーティーに女の子を連れて行けない男はもてない男というわけだ。
【【プロムパーティー】僕らに起きた奇跡の先に待ち受けていた恐怖「彼女のお墓」】の続きを読む

bandicam 2017-11-03 20-13-39-347

1: 2017/11/02(木) 21:55:31.06 ID:4fEdc1zg0
クフ王のピラミッド、内部に謎の巨大空間が見つかる

エジプト・カイロ近郊にあるクフ王の大ピラミッドの中心部に巨大空間があることが、名古屋大や高エ ネルギー加速器研究機構など国際グループの研究でわかった。宇宙から降り注ぐ放射線を利用し、 内部の構造を「透視」して発見した。

2日付の英科学誌ネイチャーで発表する。
 
大ピラミッドは230メートル四方で、高さ139メートル。紀元前2500年ごろに建てられたとみられ、 中世から内部が調べられてきたが、現在でも詳細はわかっていない。「世界七不思議」の一つとされる。

名大の森島邦博特任助教らは、上空から飛んできて分厚い石も通り抜ける「ミュー粒子」という放射 線を使えば、X線撮影のようにピラミッド内部を透視できることに注目した。この粒子を検出できる特殊 な板を、「女王の間」と呼ばれる部屋に設置。2015年からの観測で集めたデータを解析し、巨大空間 が上にあるのを見つけた。

日本の高エネ研とフランスの宇宙基礎科学研究所も別の場所で観測し発見を裏付けた。

http://www.asahi.com/articles/ASKC1729FKC1ULBJ01D.html

no title
クフ王の大ピラミッドの断面図。白っぽくなっている場所に巨大空間があるとみられる (スキャンピラミッド計画提供)

no title
大ピラミッドの内部に見つかった巨大空間
【【世界七不思議】クフ王のピラミッドで新たな発見「長さ30m超えの巨大空間」】の続きを読む

bandicam 2017-11-03 06-21-53-949

1: 20xx/ミステリー master

アメリカのワシントンにあるスミソニアン博物館に展示されている
「ホープのダイヤ」は、同博物館の目玉の一つである。

現在でこそスミソニアン博物館に落ち着いているが、
この大きなダイヤモンドは、かつての持ち主を次々と不幸に導いてきた
【【世界のミステリー】持ち主を不幸へ導く呪われたダイヤ「ホープダイヤモンド」】の続きを読む

このページのトップヘ