ザ・ミステリー体験

オカルト記事・時事ニュース・生活記事・未解決事件などを毎日配信中
ザ・ミステリー体験 イメージ画像

    呪い

    1: 20xx/ミステリー master「私、呪われてるんですよぉ」突然こんなことを言われたら、普通は「はあ?」と思うだろう現に自分も「はあ?」と聞き返した
    『【人怖】地元を離れられない呪い』の画像

    1: 20xx/ミステリー masterちょうど2年前の夕方辺りの時間です俺はアパートの1人暮らしで友達とも無縁の関係にあり、孤独のまま中学を卒業。高校に入ってからは1人暮らしを始め勉強に集中しやすい環境を作る為いらないものは全て実家に置いてきました
    『悪夢をもたらす人形』の画像

    1: 2017/08/04(金) 08:54:47.941 ID:xshg2sd70 仕事に支障が無い範囲で虚実織り交ぜて答えるぞい
    『呪術師だけど質問ある?』の画像

    1: 20xx/ミステリー master さて、今年のお雛祭りも無事終わったし、数年前に起こった祟り騒ぎでも投下してみる。 事の始まりは雛祭りも近いある夜の事。
    『数年前に起こった祟り騒ぎを投下する』の画像

    1: 20xx/ミステリー master 最初は、ほんの冗談だった。 うちのクラスには、一人どうしようもない馬鹿がいる。 野口と言う奴だけど、みんなはノロ、ノロと呼んでいた。 なんでも信用するので、からかって遊んでいたのだが、 ノロは、なぜか俺が気に入ったらしく、よく俺の言う
    『【本当に怖いヤツ】冗談のつもりだった呪いが本当に効いてしまった話』の画像

    1: 20xx/ミステリー master8年ほど前、オレが専門学校に通っていた頃の話。そのころは専門学校生で、学校でつるんでる仲間とよく心霊スポットに行ってた。
    『絵馬に書かれていた呪いの言葉』の画像

    1: 20xx/ミステリー master 僕の周りには人が寄り付かないなぜなら僕の一家は呪われているから祖父は突然夜中に叫びだしたりして近所でも有名な屋敷となっています。当然お祓いも幾度となく受けてきましたが、手に負えない始末となり仕方なく隔離するという方法をとったのでし
    『僕の一家は呪われている』の画像

    1: 2016/06/05(日)22:39:07 ID:2vs 私の大学時代の話大学入学に際して、私は一人暮らしを始めた。それなりに新しいアパートで、角部屋ではないが南向き。宅浪を経て、第一志望校に落ちた私は、引きずる思いを振り切るように、入学前にすでにアルバイトを始めていた。
    『私にとり憑いた生霊』の画像

    1: 20xx/ミステリー master投下していい流れなのかわからないけど。今、俺が体験してる話を。テレビのバラエティ番組を大音量でかけてて頭痛い状態なので、誤字脱字あるかも。
    『大声で笑う女の呪い』の画像

    1: 20xx/ミステリー master怖い部分は基本的に聞いただけなので、自身への恐怖といえないかもしれないが、 自分の中で恐怖が抜けないので、「大丈夫だ」と言ってもらいたいので書こうと思う。 文書にするのは下手なのは勘弁して欲しい。
    『【村の秘密】その呪いは子供の間引きから始まった』の画像

    1: 2015/03/09(月) 23:01:04.61 ID:8GJbW9d20 書き貯めもなければ文章力も無いです。 カメ進行ですが宜しくお願いします。 質問等も受け付けますし、なるべく返事するようにします。 皆様の箸休め程度にお読み下さい。
    『私は呪いの歌を伝えられた末裔です』の画像

    1: 20xx/ミステリー master俺は便利屋業をしてるんだけど、この間じつに奇妙なことがあったんで書いてみるよ。便利屋といっても俺が所属してるのはけっこうな大手で、担当はネット・パソコン関係全般。 引っ越しでのインターネット接続やマルウエアの駆除といった簡単なことか
    『便利屋の俺が体験した奇妙な出来事「絵馬の呪い」』の画像

    1: 20xx/ミステリー master 私の大学の知人に部落出身者がいた。 知人の出身部落は山間の村で、村まるごと部落らしい。 江戸時代には皮なめしを生業にする人が多くいたらしい。
    『ある部落で行われた呪詛』の画像

    1: 20xx/ミステリー master小学校3年生のとき、近所の男の子に石を投げられて「でぶす!!」と言われた。あったまにきたから、家に帰って飾ってあった注連縄を解いて藁人形を一心不乱に作った。
    『当時の私は100%の呪いをかけることが出来た』の画像

    1: 20xx/ミステリー master私は青森の親戚の家に東京から疎開しておりました。とても古い家でお婆様は盲目のイタコでした私より3歳上のかよさんという方(血の繋がりはありません)がイタコの見習いとして一緒に暮らしておりました。
    『片目が見えないイタコ見習いの生霊「子供を戻した恨み」』の画像

    1: 20xx/ミステリー masterおそらく呪いとかそういう類のものになるのか?イマイチ記憶が定かではないんだが…思い出しつつ書いてみようと思う。
    『【女の復習】病院に渦巻く怨念』の画像

    ↑このページのトップヘ

    ・・・・ #wrapper{ width:100%; overflow-x: hidden !important; }