ザ・ミステリー体験

オカルト記事・時事ニュース・生活記事・未解決事件などを毎日配信中
ザ・ミステリー体験 イメージ画像

    オカルト・不思議

    1: 20xx/ミステリー master この話知ってる?いい話100みたいな題名の本に載ってた。 実話だと思う。忘れかけたので脚色入ってるけど、適当に書くよ。 Aさんは妻と子供がおり平凡ながら幸せに暮らしていました。
    『【次元の違う家族】異世界にいる私の妻と子ども』の画像

    1: 2017/10/16(月) 20:22:32.806 ID:d3CVZ+t10 ・数年前に彼女の真横に人が落ちてきて亡くなった事(飛び降り) ・その夢を頻繁に見ること ・その人が出てくる夢を頻繁に見る事 (ThisManみたいに恋人だったり毎度違う関係で夢に登場) ・その男の人の霊に取り憑かれてる
    『彼女の告白がとんでもなかった「怖すぎてもう一緒にいたくない」』の画像

    1: 20xx/ミステリー master 俺には年の離れた弟が居て、弟がまだ3歳の時に母親が亡くなった。 それからは父親と自分と弟と祖母の四人で一軒屋に暮らしていたのだけれど、二回忌を迎えた頃に弟が 「家の中にお母さんが居る」 と言い出した。 「いつ見るの?」 と聞くと、
    『亡くなった母の声が聞こえる「お母さんだよ…」』の画像

    1: 20xx/ミステリー master 笑えるかどうか分からないし長文の上、霊体験といえるかどうかも怪しいけど投下。 今からもうウン十年も前、当時高校卒業間近のオレの友人Aの話。 Aは実家が渋谷のアパートで、高校生になったとき手狭になったので 実家にほど近い別のアパートを
    『コックリさん「失踪した友人の行方」』の画像

    1: 20xx/ミステリー master N県S村に、牛ヶ首という場所があります。私の祖母がその近郷出身です。 小学生の頃にその祖母から聞いた、牛ヶ首近辺であった昔々の話です。
    『祖母から聞いた怖い話し「牛ケ首」』の画像

    1: 20xx/ミステリー master 私の住んでいた島で私が小さい頃、神の子だと崇められていたお兄さんが居た。 近所に住んでいたお兄さんで特に神々しいとか、特別な存在だなと感じるようなものは無かった。
    『不幸への導き「神と崇められた男の子」』の画像

    1: 20xx/ミステリー master ある日、学校から家に帰ると母が探し物をしていた。 なんだか切羽詰った様子。声を掛けてみると不思議な話をする。 「今日来た人がねぇ、うちに人をきった刀があるって言うのよ。よくないって言うんでね」 その日は近所の親戚の家にイタコ関係?
    『因縁「刀が教えてくれた祖父と母の前世」』の画像

    1: 20xx/ミステリー master 一年前ぐらいに体験した実話。 ちょうど夏の終わりの夜に地元の団地の屋上で友達2人と酒盛をしていた時の事。 …俺の団地は地元らへんじゃ有名な字札多発地域で、住んでるのもヤバイ奴やキ○ガイのオバハンなど独特な空気を持った団地だった。
    『【恐怖】団地に住んでいる方「屋上には行かない方がいい」』の画像

    1: 2017/10/14(土) 17:42:25.74 ID:CAP_USER9 シニア層を中心に人気を博し、大きな話題を呼んだテレビドラマ「やすらぎの郷」(テレビ朝日系)に主演した石坂浩二が、 このほど自らの半生をつづった「翔ぶ夢、生きる力」(廣済堂出版)を著した。そこには書かれていない
    『【怖すぎ】石坂浩二さんが語る驚きの霊体験「ゴム人間」』の画像

    1: 20xx/ミステリー master 10年くらい前の話。 大学時代、初秋の頃、暇だったんで、友人3人とドライブに行ったときのこと。 車を1時間も走らせれば過疎地に行ける距離。適当にあっち寄りこっち寄りしていて、 大して面白くもなく時間が過ぎて、あっという間に夕方近くにな
    『心霊スポットへ向かう途中に起きた怪「いるはずの無い男」』の画像

    1: 20xx/ミステリー master写ルンですって知ってる?今もあるのかな?おっさんの俺がガキのころ流行ってた使い捨てカメラなんだけどさ ダイヤル?みたいなのを手巻きしてフィルムをセットしてシャッターボタンを押したら写真が撮れる簡易カメラね
    『【4枚の写真】友人の為に霊感のある俺が念写をした』の画像

    ↑このページのトップヘ

    ・・・・ #wrapper{ width:100%; overflow-x: hidden !important; }