bandicam 2018-08-21 16-57-03-633
1: 2020/06/29(月) 22:31:49.383 ID:L985SDRipNIKU

立ったら覚醒




今日のオススメ

東日本大震災で怖すぎるレス見つけた「岩手の宮古だけど3mの津波来てるの?」

ウルトラマンが地球に3分しか居られない理由wwwww

【2ちゃん伝説スレ】伝説の92「私の浮気が原因で離婚するんですが女性でも慰謝料払うんですか?」

優しい人がこの画像を見ると100%共感できる

O型の人間 ← 適当、病気になりにくい、社交性高いという事実

ワイこどおじ、給付の10万円を巡って親と喧嘩したのだがどちらが悪いか判断して

【借金4億円】自己破産が簡単すぎワロタ
6: 2020/06/29(月) 22:34:46.883 ID:L985SDRipNIKU
じゃあ書いてきます
7: 2020/06/29(月) 22:35:11.898 ID:L985SDRipNIKU
俺が高1の頃だったな

俺の実家は奈良にあるんだが、奈良の中でも結構田舎の方なんだよ
で、そのくせ家格はそれなりに良いからかなりでかい日本家屋だった

でまあ当時俺は姉と親父と母親と祖母と住んでて、特に母親の気が強く、典型的な
女中心家庭だった

だからまぁ街の方になんか買いに行くのは姉とかじゃなく俺の役目で、俺はチャリ飛ばして週1~2くらいで食い物とか買いに行ってた
この話は「山道」から始まる
9: 2020/06/29(月) 22:36:11.482 ID:L985SDRipNIKU
別にこの話は都会に行く事がタブーだとかそういう話ではない
実際学校行く時とかは普通に出てるしな

厄介なのはさっきも言った様に山道にあった

俺は田舎町から出て、寂れた道を抜けて、更に山道の様なところを経由して、でまた寂れた道を抜けてから街に向かっていた
電車使っても良かったんだが、電車賃は漫画とか買い食いに使いたかったのもあって、そっちの方が基本になってしまった
10: 2020/06/29(月) 22:36:38.648 ID:L985SDRipNIKU
で、いつもの様に街のスーパー向かってたところ
俺は寂れた道を通り抜け、山道に入る

俺には霊感なんてもんはなく、当然それまで幽霊も見た事がない
そら小6まで幽霊は意識してたが、もうこの歳になると不気味な場所見ても幽霊を
連想する事もなくなってしまった

だから何も思わず平時通り通ると…
人が出た
11: 2020/06/29(月) 22:36:59.959 ID:L985SDRipNIKU
居た、じゃない
出た

急に俺の進行方向に向かって、横から飛び出してきやがった
「うおっ!?」と驚きながらも俺はなんとか急ブレーキ
ギリッギリのところで止めて、いきりたって怒鳴った

「てめえ何してんだ!危ねえだろうが!」

言った瞬間気付いた
誰も居ない
何も居なかった
12: 2020/06/29(月) 22:37:19.656 ID:L985SDRipNIKU
は?と思った
俺は確かに見た

黒い長髪の女が、半ば倒れこむ様にこちらの進行方向へ迫ってきた事を
俺は酷く混乱した
というか、初めて心霊現象というのを見たからか

初めて本格的な恐怖を感じた
だから俺は、その日すぐにスーパーに向かって、電車で帰った

二度とあんな場所使うもんか、と思った
ただ、当然この話はこんなもんで終わらない
13: 2020/06/29(月) 22:37:43.628 ID:L985SDRipNIKU
当時、刃牙シリーズは人気の絶頂にあった
誰も彼もが刃牙の話題ばかりの時すらあった

で俺もその御多分に漏れず、刃牙の載ってるチャンピオンを買おうと街に繰り出そうとした
ただその時、俺は不幸にも金欠だった

その前日に友達とゲーセンに行って、散財してきた為だ
俺は困った
これでは電車賃の分が無い

だからってこのまま買うのを諦めれば、明日の学校での話題が無くなってしまう
俺としてはそれは絶対に避けたいところだった
14: 2020/06/29(月) 22:38:02.004 ID:L985SDRipNIKU
姉貴に工面してもらうか?
無理だ、姉貴は金の貸し借りが大嫌いだ
両親は?

ダメだ、両親は漫画やゲーム類が嫌いだ
無理やり俺に英才教育を施した程だから、それに関してはどうにもならない
祖母は?

こっちもダメだ、両親程とは言わぬまでも、やや同じ傾向がある
必ず「何に使うの?」と聞く
これで嘘だとのちにわかってしまえば、婆ちゃんはきっと悲しむ
俺は婆ちゃんに嘘を言う程の度胸は無かった
15: 2020/06/29(月) 22:38:22.504 ID:L985SDRipNIKU
結局、あの山道への道を使うしかなかった
とはいえ、俺もその時は比較的ポジティブだった

以前までは別に何もなかったのだから、今回だってきっと何もない
何より今日使うだけだし、別に何かあっても大丈夫だろ、と思った

俺はチャリを駆り、あの時と同じように山道へ向かった
暫くして、寂れた道に着いた頃
16: 2020/06/29(月) 22:38:37.858 ID:L985SDRipNIKU
別に怖気などを感じる事もなく、視界の端で何か動いたと言う事もない
俺は正直拍子抜けしてしまった

「…別に何もねえじゃん」

と 俺は腑抜けた表情になって、普通に山道に入った
17: 2020/06/29(月) 22:39:02.902 ID:L985SDRipNIKU
俺は馬鹿だった

俺は「山道」で幽霊を見た事を忘れていた
俺が山道の半ば辺りを超えた途端の事だった

また女が突っ込んできやがったのだ
俺は再び起こったそれに動揺しながらも、これまた再び急ブレーキ
18: 2020/06/29(月) 22:39:17.731 ID:L985SDRipNIKU
そして更に同様に、俺は女の方へ急いで顔を向ける
女は居なかった

俺はそこでもう一度恐怖を感じる…と、自分ですら思っていた
しかし、実際に俺の心に去来したのは、「怒り」だった
19: 2020/06/29(月) 22:39:35.973 ID:L985SDRipNIKU
何故俺がこんな目に遭わねばならない、という怒り
俺自身が怪我をするかもしれなかった、という怒り
コイツのせいで最近は満足に物も買えない、という怒り

大小様々な怒りが、その時の俺の中で、恐怖に勝る程に発生した
俺は、爆発した

「テメエこの野郎、いい加減にしろや!俺がテメエに何をしたんだ!!!!」
22: 2020/06/29(月) 22:40:23.569 ID:L985SDRipNIKU
瞬間の事だった、女は再び現れた
急に、何の兆候もなく、パッと現れた

俺は爆発し終えある程度心理的に余裕が出来てしまったのだろうか、ギョッとしてしまった

俺は腰を抜かしてしまった
女がこちらを見る
23: 2020/06/29(月) 22:40:49.725 ID:L985SDRipNIKU
ずっとずっと見つめる
俺は動けない
女も動かない

互いに見つめあったまま時間が経過していく
女の目は濁っていた
比喩的表現のそれではない

目の白い部分と黒い部分が混ざり合ったかの様な、ウルトラマンのOPの最初の混ぜこぜになった状態の目
24: 2020/06/29(月) 22:41:23.937 ID:L985SDRipNIKU
気が狂いそうだった
最初に動いたのは俺だった
思わず、後退してしまった
しかし、それに合わせて女も動く
25: 2020/06/29(月) 22:42:25.448 ID:L985SDRipNIKU
俺はまた一歩下がる
女は一歩前進する

下がる
前進する

下がる
前進する

下がる
前進する
26: 2020/06/29(月) 22:42:40.682 ID:L985SDRipNIKU
これを、体感1時間くらい繰り返していただろうか
本当はもっと短かったと思う

ただ、俺自身はなぜか長く感じた
俺の意識は最早曖昧で、とにかく逃げる事しか考えていなかった
次に気を持った瞬間、俺は必死で逃げていた
29: 2020/06/29(月) 22:43:01.690 ID:L985SDRipNIKU
女は追いかけて来た
無言で、ただ脚が地を蹴る音だけを鳴り響かせながら
俺は山道→寂れた道のルートを通っていなかった

獣道の様なところをがむしゃらに走っていた様に思う
小枝が顔に当たる
糸に垂れているクモを、間一髪で避ける
急な傾斜に、転びそうになる
31: 2020/06/29(月) 22:43:20.110 ID:L985SDRipNIKU
今でこそまだああいうのを避けて逃げられる余裕くらいはあったのかな、と思うが、当時の俺は必死も必死だった

実際思考する暇も無かった
そして、何処まで逃げても終わらない逃走劇に、脚が疲れてきた
女は未だに追い続けてきた
32: 2020/06/29(月) 22:43:37.152 ID:L985SDRipNIKU
幾らか逃げると、前方に川が見えてきた
初めて見た川だったが、そんな事を気にする余裕もない

俺は川を間の大きな石伝いに渡った
数ステップし、水と地の狭間を蹴る
俺はなんとか対岸に渡れた
何ともなしに一度だけ女を見ると…
33: 2020/06/29(月) 22:43:51.924 ID:L985SDRipNIKU
女は、何故か止まっていた
その混濁した目を向けながら、俺を見つめながら

何故かそのまま停止していた
俺はそれを見て、「助かったのか?」と思いながら、それでも逃げた
34: 2020/06/29(月) 22:44:13.992 ID:L985SDRipNIKU
暫くすると、国道に出た
俺は思わず

「やったぁ!!」

と叫んでしまった
それくらい安心したし、嬉しかった
あの時ほど生の実感を得た事は生涯ないだろう
俺は山と国道の合間を沿って歩いた
35: 2020/06/29(月) 22:44:31.952 ID:L985SDRipNIKU
そうして少し経った頃、漸く標識が見えた
見ると、標識の名前からして、俺の家からそう遠くなかった

というかよくよく考えると数度車で通った事もあった様な気もした
俺はそのまま何時間か歩いて、家に帰った

家に入ると、俺は玄関に突っ伏した
そして余裕が出てきたからか、ここで初めてケータイを開く
なんと、家を出てからおよそ2時間しか経っていなかった
36: 2020/06/29(月) 22:44:54.573 ID:L985SDRipNIKU
俺は目を見張った
確かに外の明るさはそう変わっていないが、明らかに何時間もアレと居た気がしたからだ

これが、さっきの「そう時間は経っていない」の理由である
とにもかくにも俺はそこで混乱した
そして、そんな時

「何やってんの?」

と声を掛けられた
37: 2020/06/29(月) 22:45:46.739 ID:L985SDRipNIKU
姉が居た
俺は姉に事の顛末を話した

それはもう、マシンガントークの如き勢いだったと思う
姉は急にいろいろ話しかけられて戸惑っていたようだが…
ただ、一言

「あんたさぁ、買い物どうしたの?」

俺は脱力した
心底胡散臭そうな目で見てきたのは分かっていたが、それにしてもそれはないだろう、と
39: 2020/06/29(月) 22:46:03.929 ID:L985SDRipNIKU
俺はもう一度あの事について話す余力もなく、ただ

「…チャリ、悪いけど置いてきたから」

とだけ無気力に言って、自室のベッドにダイブした

最初は「え?」という感じだったが、少し経ってチャリについて烈火の如く怒り、わざわざ部屋に入ってまで問い詰めてきたのは、もっと俺を脱力させた

俺はただ聞き流して眠った
この時、別に夢にアレが出てくるとか、そういうのはなかった
40: 2020/06/29(月) 22:46:20.818 ID:L985SDRipNIKU
起きた
翌日は、刃牙もクソもなかった
俺は友達とも話さず、机に突っ伏したままだった

部活には出て、いつもの様に自主練を少ししてから、18時頃に帰った
俺は、意識的に昨日の事を、脳裏から除外しようとしていたんだと思う
ただ、チャリを置いてきたのは不味い

俺は本当に、本当に嫌だったけど、夜に近いのもあり、家に帰ってから姉に頼んだ
42: 2020/06/29(月) 22:46:51.261 ID:L985SDRipNIKU
「頼む、チャリ置いてきた場所に一緒にチャリ取りに戻ってくれ」

三つ指ついて土下座スタイルで言った
ちなみに俺にはプライドも何もなくこういうのは普通に言えた

姉は昨日の怒りが収まってないのか、「は?」みたいな目を向けてきた

「頼むって。昨日の、冗談じゃねえんだよ。俺だけで行くんじゃ絶対やべえんだって!なあ、マジで頼む、な!この通り!」
43: 2020/06/29(月) 22:47:11.617 ID:L985SDRipNIKU
一字一句思い出せる
姉は俺が嘘を言っていると思ったんだろうが、その日は丁度街の方に用があったのか、

「…しゃーないなぁ。良いよ。ほら、行ってやるよ」

と両腕を突き出してきた
俺はそれを引っ張り上げ、引き摺る様にして外へ出た
44: 2020/06/29(月) 22:47:29.398 ID:L985SDRipNIKU
山道に付くと、果たしてチャリはそこにあった
昨日と同じ状態で、横転したまま

俺以外にもここを使う人は数人居るだろうに、直そうともしなかったのだろうか
それまで脳内を支配していた「また出てきたらどうしよう」という気持ちは、この苛立ちで吹き飛んだ
俺は少々キレ易い人間なのかもしれない
45: 2020/06/29(月) 22:47:48.326 ID:L985SDRipNIKU
とりあえずそれを引き上げ、異常がないか調べた
多少倒れた側の塗色がはげていた程度で、機能的な異常は無かった
姉は

「幽霊、出るんじゃなかったの?」

と聞いてきたが、俺は

「姉貴が居るから出ないのかもな」

と言った
46: 2020/06/29(月) 22:48:09.581 ID:gEOcpVfE0NIKU
次の瞬間
47: 2020/06/29(月) 22:48:12.855 ID:L985SDRipNIKU
姉は俺の事を昨日にも増して胡散臭そうに見ていたが、ここに俺が横転させて放置する理由がないのも知っているので、完全に嘘だとは思っていない様だった

俺は姉とここで一度別れ(これがさっきの街に用があるかもと思った理由)、家にさっさと帰ろうとした が、俺は見てしまった というより、感じてしまった

姉の目の前に、「何か」の気配がしたのを
そしてその気配は、よく見ると炎天下のあのぐにゃぐにゃした様な異様を形成していた
49: 2020/06/29(月) 22:48:38.390 ID:L985SDRipNIKU
俺は姉に叫んだ

「姉貴、来いっ!!」

「えっ?」と振り向いたのも束の間、また女が現れた

俺は動きの鈍い姉を無理やり引っ張り、後部座席に乗せた

そこからの俺は早かった
というより、速かった
50: 2020/06/29(月) 22:48:58.203 ID:L985SDRipNIKU
前回と違って今の俺は自転車に乗っていた
その上、二度目だからかある程度冷静だった
姉に聞いた

「後ろ見ろ!何か見えるか!?」

姉は聞くまでもなく、先程の時点で確認していた様だった

「み、見える!な、なんか変な女の人…!」

「それだ!俺に捕まってろ!」
51: 2020/06/29(月) 22:49:18.440 ID:L985SDRipNIKU
俺は寂れた道をすぐに出た

幽霊が人気のある場所に寄っては来ないのだろうが、俺はそんなのもお構いなく、明らかに人がそこそこ居る様な場所に躍り出ても、スピードを落とさなかった
ただくだに、家へ向かった

俺はすぐに家に着き、姉に言った
52: 2020/06/29(月) 22:49:41.192 ID:L985SDRipNIKU
「姉貴、大丈夫か?」

「う、うん」

「言ったろ?あそこはヤバい。姉貴も、絶対近づくんじゃないぞ」

「…自転車置いてったの、あんたじゃない。私普段電車使ってるわよ」

「……」

くだらんオチが付いてしまった
53: 2020/06/29(月) 22:50:01.281 ID:L985SDRipNIKU
まぁ、兎にも角にもそれ以来、俺はただの一度もあそこを通っていない
今はある事情で関東の方に引っ越したから、そもそも行けないというのもあるんだ
ろうが

当然俺はその後色々な情報を漁ってみたが、何の情報もなし
交通事故があったりとか、自殺が起きたりとか、そういうのは無いようだ
歴史背景にも問題はなく、別に霊的問題がある様に見えない

今回はただ、ああいう理不尽な事も起きるんだな、と思った
54: 2020/06/29(月) 22:50:21.457 ID:L985SDRipNIKU
本筋のオチは弱いが、これが俺の経験した唯一の怖い話だ
お前らも心霊現象を目撃した場所に、下手に再度寄らない方がいいぞ
俺みたく死にかける可能性もあるんだからな
55: 2020/06/29(月) 22:50:35.797 ID:L985SDRipNIKU
おしり
59: 2020/06/29(月) 22:55:00.502 ID:mOsGBiKzaNIKU
変な奴に追いかけられただけじゃん
60: 2020/06/29(月) 22:56:31.899 ID:L985SDRipNIKU
>>59
でも目ん玉完全におかしいんだぜ?
目をぐちゃぐちゃに歪めた様な目
俺あそこぜってえ通りたくねえよ
62: 2020/06/29(月) 23:05:19.647 ID:mOsGBiKzaNIKU
>>60
普通にきもいけど最終的に戦おうとはしなかったの?
そいつのせいで道使えなくなるとかむかつくじゃん
58: 2020/06/29(月) 22:52:39.154 ID:HvoB4UH90NIKU
面白かった!

記事一覧へ戻る
bandicam 2019-11-28 16-29-55-238


今日の注目記事

【2ちゃん最恐ホラー】 静岡VIPPER行方不明事件(捜索隊結成)

今日のオススメ

小学校中学校と俺が受けたイジメの一覧

日本人はマジで謎すぎる人種らしい

【デスブログ】東原亜希さんの予言ブログ「7年前に東京オリンピック2020を祝福」「昨年にはコロナの事を警 告か」

コロナで完全に忘れ去られた事件・事故

【40秒で消えた男の子】松岡伸矢くん神隠し事件の真相ってこうじゃない?

人生最大の修羅場

「大島てる」とかいう事故物件サイトで調べた結果wwwwww









オカルトランキング



TOPに戻り他の記事を読む

sourcehttps://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1593437509/