bandicam 2019-07-10 15-45-46-134


09/16(水) 13:14:26 0

ビスマルクは卵を100個食べてもしななかった


オススメ記事


今日のオススメ

【モンスターペアレント急増】小学校の教師やってるんだが頭のおかしい親が多すぎる

【都市伝説】宝くじに当たると記憶のない親戚から連絡がくる

ヤクルトレディのお姉さんとキスした

イルミナティカードでヤバいの見つけた
【ガチ興奮】宝くじで3億円が当たると人生こんな風に変わるんだぜ?

原宿に一部屋「67億6000万円」の新築マンション誕生

南海トラフ地震に関する新しい情報「津波に襲われる確率は交通事故でけがをする確率よりも高い 」

お腹の中の赤ちゃんが知的障害者だと判明した夫婦「13歳の娘の言葉で産むことを諦めました 」
2: 09/16(水) 13:19:04 0

ヨーロッパをペストの猛威がふるったとき、
猫がたくさんいたイタリア諸都市は、被害が少なかった

猫がネズミを引き千切って消しまくったからだ、というが、
その猫たちはペストに感染もせず伝播もさせなかったのはなぜ?
139: 09/24(木) 15:28:14 0
>>2

>猫がネズミを引き千切ってころしまくったからだ、というが、
>その猫たちはペストに感染もせず伝播もさせなかったのはなぜ?


ねこは滅多に人間の病原菌に感染しないし、また伝染もさせない。
というか、普通の動物の病原菌と人間の病原菌はまったく違うもので、
むしろペストをそのまま媒介したネズミの方が例外だといえる。

ヨーロッパでは今でもねこを重宝がり、人間の方が道をあけるような、そんな地域もあるらしい。
5: 09/16(水) 14:37:13 0
911テロは自作自演だった説
9: 09/16(水) 16:07:48 O

エリザベスIが国教会の統一コードを制定するに至った理由。
もともとヘンリⅧの国王至上法に否定的だった彼女がなぜ?
10: 09/16(水) 16:14:51 O

前から疑問だったこと

1792.9.20 ヴァルミー戦
1792.9.21 男子普通選挙で国民公会成立

わずか一日違いだけど、偶然?
13: 09/17(木) 16:52:08 O

モーツァルトが作曲できた理由
140: 09/24(木) 15:41:41 0
>>13
>モーツァルトが作曲できた理由

あまりにも呆気ない疑問で吹き出してしまったw

でも、たとえば人類の交響曲の最高傑作といわれる『ジュピター』なんか聴くと
ウルトラ感動もの。

いかな楽聖といわれたベートーヴェンといえども、ついには追いつけなかったな、と思うくらいにスゴイ。
誰かが書いていたけど、モーツァルトの曲は、視覚的なイメージが浮かびにくい。
なんだか宇宙で作曲されたような超然とした感じがする。

それに比べ、先輩のバッハ、ハイドンや、後輩のベートーヴェンやシューベルトなどは、 とても視覚的で現世的なイメージが浮かびやすい。
教会とか、森林とか、町とか、労働者とか、女とか、軍隊とか。

どんな芸術でもそうだけど、時々、完全に浮世離れしたものが現れるのは興味深いとおもう。
そういう役回りになってしまった天才は、実は孤独で不遇なまま4ぬのかもしれないが。
14: 09/17(木) 17:06:38 0

邪馬台国がどこにあるか

その前に、邪馬台国は存在したかどうか
15: 09/17(木) 17:10:05 0
「メンカウラー王のピラミッド」内にあった遺骸の主とそれ以外にあった物の行方
16: 09/17(木) 17:48:00 0
南京事件の真実
23: 09/18(金) 02:54:51 0
つーか >>1 それほんとなのか?ビスマルクって本当に人間だったのかよwww
27: 09/18(金) 12:09:06 0
コロンブス到着時に
南北アメリカ大陸に存在した先住民部族の正確な概要
28: 09/18(金) 13:25:37 O
JFK暗殺の真の実行犯と首謀者
29: 09/18(金) 13:45:43 O
アレキサンドリア図書館の蔵書の全巻の内容。
めっちゃしりたい。

30: 09/18(金) 15:28:45 0

永遠の謎、か。

・なぜ新大陸にもピラミッドがあったのか、なぜエジプトピラミッド発掘者が次々と4んでいったのか
・なぜヨーロッパ人はエジプトのミイラを粉砕し粉末にして飲んだのか
・エフタルとはいったいどんな民族だったのか

・ゲルマン民族のヨーロッパ定住の目的(東方騎馬民族に押されたから、というのは嘘)
・世界帝国をつくったはずのモンゴル人がなぜ根絶やしにされたのか

・ハンザ同盟は王権からかなり自由に共通の貨幣や度量衡を定めたのに、なぜ売価に上限設定したのか
・トンブクトゥはなぜ海洋沿岸に建設されなかったのか
・プレスター・ジョン王国は本当になかったのか

・中国人は占城稲やトウモロコシで人口が激増したが、餓死を是認してきた中国がなぜこんな食材を導入したのか

・なぜ中国では辛亥革命や5.30運動などでわずか一カ月程度で全国民が思想改造され便乗していったのか
・「戦争と平和」は本当にトルストイ一人で書いたのか
・なぜジプシーはアジア方面ではなくヨーロッパ方面に向かったのか

・コミンフォルムの諜報技術や情報操作テクはどこから導入されたのか
・アメリカ独立宣言を起草したジェファソン自身はなぜ反連邦派を貫いたのか
31: 09/18(金) 16:26:40 O
>>30
エフタル、プレスタージョンはすごく気になるな

トンブクトゥはニジェール川支流沿いで金産地と岩塩産地からの地の利があったと聞いたことがある
ピラミッドは太陽神信仰からの帰結だろう
占城稲、トウモロコシに至っては謎でもないだろ
34: 09/18(金) 17:05:34 0
>>30
>なぜエジプトピラミッド発掘者が次々としんでいったのか
何時の時代の、どんな人たちのことでしょうか。

>・世界帝国をつくったはずのモンゴル人がなぜ根絶やしにされたのか
別に、根絶やしにはされていないと思いますが。

・南画の祖とされる王維の画風(作品が現存しない)
 友人であった阿倍仲麻呂が日本に伝えてくれていればよかったのですが。
39: 09/18(金) 20:31:32 O
>>30
ミイラは単に神秘的だったせいもあるが、
ミイラの防腐剤に薬効成分がありマジで一部の病気に効くからとか聞いた事がある。
77: 09/21(月) 04:08:34 0
フォークは製造出来なかったから。

>>30
>・なぜ中国では辛亥革命や5.30運動などでわずか一カ月程度で全国民が思想改造され便乗していったのか

中国はごく最近まで、定住しない人間がものすごく多かったため。
そういう乞食同然の連中が、流言にさらに尾ひれをつけて、情報にカネまでとって、
とてつもないデマを生業にして全土を練り歩いたからだろうね。

143: 09/24(木) 21:31:05 0
>>30
エフタルは永遠の謎とはいえないかも。
現時点であまりに資料がなさ過ぎるので、今後の少しの遺跡の発掘でも
インパクトのある情報が出土する可能性がある。
38: 09/18(金) 18:43:45 0
ヒトラーの死の真相
ヒトラーのものと言われている死体は散骨してしまったからDNA鑑定もできなく
なってしまった
40: 09/18(金) 21:13:34 O
なに種明かししてんだよ
一番ミステリアスなとっておきの謎だったのに
41: 09/18(金) 23:19:22 O
ペリー提督と黒柳徹子女史の極秘会談の内容
42: 09/19(土) 22:33:26 0
ジム・モリソンの死

マーティ・フリードマンのメガデス脱退理由
44: 09/20(日) 00:51:50 0
ルイ14世の実の父親は誰なのか。
結婚後23年も王妃の不妊が続いた所での出産だから
いろいろ噂が飛び交った。

でも案外公式発表どおりルイ13世かもな。
生に潔癖で、同性愛の傾向もあったが
その行為までには至らないという王様だったらしいから。
46: 09/20(日) 03:30:00 0
未だに「鉄仮面」が出てない件について
47: 09/20(日) 03:50:35 0
最終氷河期以降、世界の地域ごとに文化の発展に差が生じた謎。
48: 09/20(日) 05:01:07 0
「銃・病原菌・鉄」でその辺の理由はある程度指摘されてた
50: 09/20(日) 11:43:16 0
宗教関係は謎のままだと思う
ブッダの悟り、イエスの再臨、ムハンマドの啓示等
前提を信用しないと信仰はままならないか、、
52: 09/20(日) 15:25:08 0
1日30品目を摂取するべきだと言う厚生労働省の言葉
53: 09/20(日) 15:49:06 0
エジプトのピラミッドの建築理由。

ザヒ博士はピラミッド公共事業説を出したが、それでも建築理由には不十分。
なぜピラミッドだったのか?ピラミッドがファラオの墓ではなくその葬祭施設の
一つだとしてもピラミッドに秘められた意味は未解明です。
54: 09/20(日) 17:26:39 0
>>53
それを言うなら「私のしごと館」だって麻生太郎のマンガ喫茶だって十分な建築理由があるとは思えん。
55: 09/20(日) 18:26:01 0
>>53
そういうのが信仰ってもんだろ
60: 09/20(日) 22:51:00 O
>>1
>永遠のナゾ
エジプトのピラミッドは、どうやって作ったか
現在の歴史書に書かれているコロと縄と人力で石を積み上げたという説は、
土木建築には素人の歴史家が唱えた説
専門家に聞くと『あんなの絶対ムリ』
62: 09/20(日) 23:10:16 O
【追加】
特に、どうやって巨石を上まで積み上げたのか?
歴史家は、
『土でなだらかな傾斜の道を作り、その道を通って巨石を引っ張り上げた。』
と言うけど、巨石の重みで土が崩れます。
せめて道はコンクリートで、それも鉄筋入りのコンクリートでないと巨石の重みでコンクリートが割れます。
64: 09/21(月) 02:39:16 0
ピラミッドなんてもうほとんど結論出ているよ。
名前忘れたけど、超有名なイギリス誌に出てた。

要するに、石を下から積み上げたんじゃなくてー、 もともと小山のようになっていた土地に少しづつ巨石を置きつつ、それを四角く削る。 そして、徐々に

「小山のまわりを掘り下げ、土を掘り出し、石を埋め込んでいった」。

かなり長い年月(大きなものでは数百年)かけて、少しづつ掘って、とって、埋めて、掘って、とって、埋めて、を繰り返す。
そうやって形を整えていった。
これならば、最初の石で定めた方位を狂わすこともない。
65: 09/21(月) 02:43:20 0
そもそも、土自体が「土台」なんだから、
一気に全部掘り出すポカさえなければ、石が崩れ落ちるということはありえない。
66: 09/21(月) 02:49:00 0
今は砂漠になってしまったから、まるで山も丘もなかったかのようだが、
ピラミッド時代(古王国)のころのエジプトは野山の地域だったのだろう。
67: 09/21(月) 02:53:08 0

船酔いにいつも悩まされていたネルソン提督が、
あろうことかナポレオン率いるフランス海軍とトラファルガーで……
68: 09/21(月) 02:56:19 0

アインシュタインの最後の言葉
(ドイツ語だったが、看取った看護婦は英語しか分からなかった)
70: 09/21(月) 03:03:41 0
アインシュタインの予言はネタらしい。
「神に感謝する。我々に日本という尊い国をつくっておいてくれたことを」と
いったくだりがあるこの文章は、アインシュタイン博士が亡くなった翌年になって
待ってましたとばかりに日本だけで流布され始めているが、原文がないらしい。
73: 09/21(月) 03:16:24 0
エスキモーたちはなんでわざわざあんな寒いところに住んでいるのか?
マゾなのか?
75: 09/21(月) 03:26:56 0
>>73
ペンギンと同じ理由。寒いところほど敵がいない。
76: 09/21(月) 03:28:58 0

肉食のヨーロッパ人は、
ナイフは遥か太古から誰でも持っていたのに、
フォークは17世紀になるまでな無かった。
どうしてだろう?
82: 09/21(月) 13:13:53 0
>>76
ナイフに刺して食べていた。
86: 09/21(月) 13:40:27 O
>>76

肉を切り分ける時押さえる棒のようなものは昔からあった。
左手もしくは左手でもった棒で肉を押さえナイフで肉を切り分けた。
歯を二本にすれば肉が回転しないということに気づいたイタリア人偉い

ちなみに三、四本歯になったのはフォークが個人用の貴族の食器になってスプーンのような使い方をするようになってからだそうだ。
カトリーヌ・メディチがフランスにフォークを持ち込んだ後

てことを「何故フォークは三本歯か」てゆうヘンテコな題名の本で読んだ事がある。
81: 09/21(月) 12:41:55 0
明智光秀の謀反の理由
83: 09/21(月) 13:18:13 O

・ヘンリ8世がトマス=モアを憎むに至った理由

・セルバンテスとシェイクスピアの同一人物説

84: 09/21(月) 13:20:24 O
ナイフにさして食べるのは今のイギリス人も同じ
フォークが無いわけでもあるまいし、よほどけちなんだね
87: 09/21(月) 14:50:31 0

人類の祖先はA型が多かったのに、人類史のはじまりと凶暴化にともないO型が増えている事実。


<ヨーロピアンの主な血液型>
・O型 :これはごく一部のぞいて全人種共通
・A20H80型: A抗原20%、H抗原80%。
(ヨーロピアンのA型で、A抗原が希少)

・B1型: 普通のB型。B型血液50%、O型血液50%の割合である。
(インド以西に多い)


<アジアやハワイ、ポリネシア人に多い血液型>
・A90H10: A抗原90%、H抗原10%。
(色黒、吊り目のアジアA型、A抗原が極めて多い)
89: 09/21(月) 17:05:50 O
血液型にAの亜種がやたらと多いのは、人類の源流だからだろ。

でも血液型(酵素型)が何十種類もあるってことは、古代ギリシアあたりで分からなかったのかな?

20世紀以降にやっとABOの酵素分類が始まったというのは、 いくらなんでも遅過ぎる。
大英帝国なんか、世界中の人種民族の解剖サンプルがあっただろうに。

白人のA型(A20H80)と黄色人種のA型(A90H10)の違いなんか、すぐに分かったはずなんだがなあ。
96: 09/21(月) 23:26:20 0
ユダヤ人の出エジプト。

彼らはヒクソスの子孫だったのか?モーセはファラオに育てられたのか?
モーセは神官で、ユダヤ人だちは当時の伝染病に侵された患者たちだったのか?
そもそもこの話は本当だったのか?それとも作り話?
それとも大枠で聖書の通り?

たぶん永遠に謎のままだろう。
97: 09/21(月) 23:53:34 0
そんな伝説まで謎かどうかを問うならば、
そもそも古代人を根絶させたという『海の民』の猛き強さ、『山の民族』の伝染病耐性と知性など、
具体的なロマンはたくさんあるよ。

98: 09/21(月) 23:54:43 0
書いていて思いだしたんだが、

山岳民族が世界史の覇者となったのは、伝染病の罹患者が極めて少なかったから、といわれる。

でも、高地では本当に伝染病に罹患しないのか?
118: 09/23(水) 10:23:06 0
>>98
>でも、高地では本当に伝染病に罹患しないのか?

一般に現在でも富裕層ほど高地に住むのは、病原菌に感染しにくいため。
面白いことに、人間を冒し続ける病原菌も、山や海は嫌う。
ペルシア人やローマ人、ゲルマン人をはじめ、歴史の覇者が常に山岳部から現れたのは偶然ではない。
もちろん、山岳部に居た方が自然環境の負荷自体は高く、
知力も体力も鍛えられたという事実もあるが。
103: 09/22(火) 14:23:56 0
日ユ同祖論。

まぁUFOなどと同じレベルの話かもしれんが、いつまでたっても、
完全に否定もされないし肯定もされない。
それでいて定期的に顔をだしては引っ込んでくる。
まるでモグラたたきのような論だ。ww

これも永遠に謎のままだろな。
105: 09/22(火) 16:32:35 0
>>103
永遠に謎でも何でもなく、電波さんが自説を披露してるだけじゃん
あいつら人の本なんてろくによまないし
122: 09/23(水) 15:01:54 0
レイテ沖海戦における栗田艦隊の謎のUターン。

栗田元提督はその理由を最後まで言わずにしんだ。

これも永遠の謎になりそう。
352: 2010/01/26(火) 00:33:42 0
>>122
太陽黒点によるデリンジャー現象に伴う通信不能

日吉で受信できた小沢艦隊のおとり計画成功が栗田艦隊に伝播されなかったのも
これで説明がつく


日本は負けるべくして負けた、しかもそれは偶然じゃなくて地球的歴史から見て
必然だったって事で


栗田艦隊反転よりも謎のなのはノルマンディー上陸計画前にドイツ国防軍諜報部が
48時間以内に上陸計画が実施される暗号を傍受して各部隊に警報を発したのに
警戒態勢をとったのが第15軍だけだったことが謎すぎる

その前に近くに上陸計画が実施されることを傍受していながら
悪天候が続く予報で”たまたま”総司令官ロンメル元帥、海軍総司令官デーニッツ提督ほか 上層部が休暇をとっていたのは悪天候が続くっていう予報があったからだけど 6月5日の暗号傍受の時のドイツ軍の動きは謎、負けることを望んでたとしか思えない

あとノルマンディーに関してはその直前に
”たまたま”イギリスの新聞のクロスワードで「ユタ」「ネプチューン」「マルベリー」「オマハ」「オーバーロード」っていう

キーワードがはいっていたのも偶然とは思えない、その記事担当者は即逮捕されてるし、たまたまなのに

歴史を操る神様がいたずらをしたとしか思えない
138: 09/24(木) 15:20:04 0
>>1
>ビスマルクは卵を100個食べてもしななかった

いかに豪傑のビスマルクといえども、一度に卵を100個は無理だろうw
ラスプーチンだってしんでしまうぞ、これは。

但し、英傑とされる人物は慨して大食家である。

ナポレオンがどれだけ大喰らいだったか、ちょっと忘れたが、
小柄な割りにものすごい食欲だということで、フランスどころかイギリスでも恐れられていたというし。
(しかも戦闘期間中はほとんど食べなかったという、まるで獣のような食生活。)

それから英傑はアルコールにも強い。

酔い方も豪快だというが、酔っても吐かないだけの消化系、強い分解機能の酵素を持ち合わせているんだろう。
全く顔色変えず飲み続けて、突然ショック死するようなヘビみたいなやつが、一番弱い。

豪快な英雄たちは消化・分解能力に長けていたということで。
144: 09/24(木) 22:22:34 0
宇宙が始まった理由

無から有(物質)が生まれたのであり、宇宙以前には物理法則は通用しない。
馬鹿な物理学者がビックバン誕生の瞬間に限りなく近づけば宇宙の謎が
解明されると錯覚しているようだが。
145: 09/24(木) 23:22:33 0
>>144
その設問は間違っている。宇宙が始まった理由など有りはしない。始まったから始まった。
ただそれだけの事。それでもあえて理由を問うならそれは宗教の扱う問題だな。
146: 09/25(金) 08:54:49 P
「何故宇宙は始まったか?」と疑問を抱く事はできても
「何故宇宙は始まらなかったか?」と疑問を抱く事はできない
だから疑問を持つこと自体が無意味
これを人間原理という
313: 11/23(月) 14:10:29 0
そういえば、誰も指摘しないみたいだけど、
歴史上の偉大な人物やとんでもない人物というのは、
だいたい西暦の「奇数年」生まれが多いように思われる。




今日の注目記事



【未来人スレ】約20年後の未来からきたけど質問があれば答える


【伝説の予言者】中国の新型コロナウイルスによるパンデミックをマザー・シプトンが四行詩で警告していた








今日のオススメ

嫁の実家に行ったら囲炉裏で餅焼いてくれたんだけど灰がすごくて気持ち悪かった


【町医者の闇】近所の内科が金儲け主義に走りすぎて怖すぎる

妹の旦那が自殺した


未来から来た私の彼氏

日本のヤバい放送事故「菊間アナ落下」「オコシテ」「なんか記者がお宅訪問してる時に被害者がドス持っ て窓割って入ってくやつ」「セシウムさん」


タコ(脳が9個、心臓が3個、足が8本)←こいつ宇宙人だろ

合コンで知り合った女が怖すぎワロタ


アメリカで大ウケしてるお店の貼り紙wwwwwwwwwww



オカルトランキング



TOPに戻り他の記事を読む



ライター及び編集:mana

画像https://publicdomainq.net/

ザ・ミステリー体験

引用http://academy6.5ch.net/test/read.cgi/whis/1253074466/