bandicam 2019-04-13 07-38-45-072

1: 2016/07/01(金)21:21:03 ID:ewF
スレ建て自体数年ぶりだから稚拙なところもあるのもよろしく



スポンサーリンク


今日のオススメ

【女子高生コンクリート詰め殺人事件】主犯4人に関係する衝撃の事実を教える

【未解決】八王子スーパーナンペイ事件の犯人って誰なんだ?

弟が障害持ちなんだが介護に疲れきってしまった

【悪質不動産屋の手口】ワイ「家賃5万以内でお願いします」不動産屋「家賃5万5千円ならもっとええのあるで 」




年上で34歳美人看護師さんに結婚を迫られてる

【不気味な集落】日本なのに怪しい国旗を掲げる場所があった

【ネットの闇】おんjで起きた事件やガチで怖かったスレ

お腹の中の赤ちゃんが知的障害者だと判明した夫婦「13歳の娘の言葉で産むことを諦めました 」




2: 2016/07/01(金)21:21:32 ID:ewF
事の発端は数年前の1月末、友達の家の猫が失踪した。

食い意地のはっている猫だったが数日飯を食べていないとなると心配になり捜索開始。普段はキャットフードを入れている容器を上下に振った音で反応するから友達の家の近くを歩きながら容器を振っていると猫の鳴き声が
友達「ここだ!中に入ろう!」

俺(生まれたときからこの街に住んでるけどこんなアパートあったか・・・?)
俺と友達はダッシュで住居の中に入っていって猫を探したら住居の三階のベランダに居た。

特殊なつくりで友達が手すりから壁によじ登りベランダに入り、
猫を抱き上げ俺に渡して救出した。

俺(こんなベランダに自分で入って猫が出られないってのもおかしい、でも猫なら高いところから落ちても無傷なはずだからここから飛び降りればすぐに出られたんじゃ?)

友達「よかった・・・よかった」(スリスリ
友達「でもなんでこんな所にいたんだろ?」
4: 2016/07/01(金)21:22:48 ID:ewF
友達も猫が居ないことで多少のパニック状態に陥っていたから何も言わなかったが、次の日冷静になると生まれた頃から住んでいる街に

『誰もが認識していない家があったこと』

『誰も住んでいない廃墟であること』

『猫が隔離されていたベランダが普通の状態だと入ることのできないつくりをしていたこと』が謎だった。


これを友達数人に話したら「幽霊の仕業では?」となり中二病まっしぐらだった俺らは武器もってゴーストバスターズしようぜ!
今週日曜にある学校行事が終わったら廃墟に集合ということに


「「「誰も先生にチクるなよ!!!!」」」
5: 2016/07/01(金)21:23:05
ネタバレ 友達は幽霊
6: 2016/07/01(金)21:23:16
どうやって退治するんよ
ファプリーズか?
7: 2016/07/01(金)21:23:30
幽霊には勝てなかったよ…
8: 2016/07/01(金)21:23:50 ID:ewF
ここで人物紹介

A(リーダー役)
当時にしては珍しいボクシング経験者。
DQNっぽく、引っ張りたがり。筋肉質
バタフライナイフ所持。

B(副リーダー)
虚言癖で人を殴る癖があり人をハブったりしたがるどうしようもない奴。
毎日5000円以上持ってる友達を金で買うタイプ。肥満ぎみ。
武器不足な俺たちに武器を支給してくれたスポンサー。
空気銃3丁持つオーバースペック。十徳ナイフ所持。


体格に恵まれない控えめボーイ。
実際人徳のない二人の代わりの司令塔。
十徳ナイフ所持。普通の空気銃扱えないぐらい非力。握力8


先日まで >>1 と険悪だったが仲直りして今回参戦。
体格は細身。
十徳ナイフ所持。


いじめられっ子。
>>1 とは仲良いが他の奴等とはあまり仲良くない。
体格は並だが低身長。
Bの意地悪により装備なし。


温厚な無口ボーイ。細身。
常にハンカチ所持し潔癖症の気が有る。


体格は一番いいがヘタレな節あり。

猫を救出した友達は不参加。

D以外は全員B支給の空気銃を所持。
ナイフ持ってた事は時効ということで許してくれ。
誰一人塩を持たないのはご愛嬌。
9: 2016/07/01(金)21:23:54
ポマード!ポマード!
10: 2016/07/01(金)21:24:36 ID:ewF
行事も終わり廃墟の前に皆が集まる。

A「俺がリーダーをやる、お前ら俺に従え」

B「じゃあ俺が副リーダーなwwwwwwww」

A「この廃墟は3階まである。2班に分けて探索開始だ、Bと俺はこっちのチーム、それ以外は勝手によろしく」

結果
1班:一階の散策
AB俺

2班:二階の散策と扉の閉まった三階の解放
CDEF

リーダーや副リーダーがいることで生存率が上がるのならこの時点で色々詰ん㌦。





誰もそれに疑う余地もなく散策開始。
12: 2016/07/01(金)21:25:23 ID:ewF
1階の入り口は引き戸になっており、Aが恐る恐る手をかけていく



ドアが開いている。施錠されていない


玄関に入ると夥しい量の釣り針が落ちていた。
B「うおっwwwwwナニコレwwwwwwwwwww」
俺(そういえば2階の階段のところに個人用の船が置いてあったな・・・)


A「とにかく奥に行くぞ」
俺(ここに前住んでいた人は漁師なのかな)

玄関からはリビングに一つ高い足の机と、椅子にバスタオルが掛かっていた。
いや、机の後ろにあるのはまさか・・・。

A「奥に部屋があるぜ!!」
左の部屋は遠めに見てキッチン、Aは右の部屋に進んで行った。
13: 2016/07/01(金)21:26:05 ID:ewF
A「!!!」





そこは仏壇が置かれた部屋だった。
B「封筒じゃん、お金入ってないかな~」

A「なんだこれ・・・家族写真?」



仏壇には家族4人が写った色褪せた写真。
紳士的なお父さんらしい人と着物を着た女性、
そして男女の子供二人。




A「なんかだんだんやばい気がしてきたぞ・・・」
14: 2016/07/01(金)21:27:09 ID:ewF
俺が机の後ろに見つけたのはベルだった。

それを見た瞬間俺は思考の底まで沈んで行った。

(おかしい、何故この場所にベルがあるんだ。ベルってよっぽど昔じゃないと存在しないはず。

家の電話も親機とコードレスの子機があって一つ前の時代の黒電話やピンク電話
だってとっくに絶滅寸前ではないか。この廃墟は一体いつから存在しているんだ。

ベルっていつ作られた?100年前?
いやでもおかしい。だってこの土地、この地区は60年前の戦争の激戦区だった場所ではないか。アンティーク?でも戦争後に取り寄せたもの?
この家は一体いつからあるんだ)



A「おい! >>1 !おい!!」


俺「・・・!、ごめんちょっと考え事してた」

A「この家ちょっとやばい気がするぞ、絶対何かがあった」

B「俺もちょっとやばい気がするよ~、俺霊感あるけど寒気がしてきたね」

A「だって仏壇に封筒があったんだぜ?」(仏壇に封筒があると不吉だと思う年頃)

B「つか椅子に掛かってるバスタオル移動してない?」

俺「俺もそう思ってた所。得体の知れない何かを感じる」





その瞬間外から声が
??「おーい!!!だれか助けてくれ!!」
15: 2016/07/01(金)21:28:01 ID:ewF
声を聞きつけ外に出る3人。




F「早く着いて来てくれ!」

俺「どうしたよ」

F「実は・・・実は・・」







オイヤベーゾ!!!!
16: 2016/07/01(金)21:28:46 ID:ewF



C「あはははははははははははは!!!」銃乱射





F「Cが幽霊に取り憑かれたんだ!!!」


2階に繋がる階段へ辿り着くと階段上には銃口をこちらに向けたCが。

C「あはははははは!!!」


D・E「正気に戻ってくれよC!!」


階段下にはEが躊躇しながらも威嚇射撃していた


Cは躊躇いもなくトリガーを引きまくる。
17: 2016/07/01(金)21:29:39 ID:ewF
俺「おいおい言葉通じてないじゃねぇか」
F「途中まで一緒に行動してたんだが、Cが奥の部屋に近づいたときに」

C『やばい・・・これはいる・・・ウッ』

D『どうしたC、だいじょうb(バキッ


D「いきなりこっちに襲い掛かってきたわけだ」
F「階段下まで逃げたら今度は持ってる銃で反撃してきたわけだ」

俺「とりあえず弾切れを狙うまで近づけないように弾幕を張ろう。あっちが躊躇わないといっても数はこっちが上だ。威嚇射撃していこう」
18: 2016/07/01(金)21:30:28 ID:ewF
そういう指示が入るのを分かっていたようでEはずっと無言でCの周辺を撃っていた。
攻防も束の間、

C「あはははは・・・あぁ・・!?!?」カチカチ

俺「今がチャンスだ!お前ら取り押さえろ!!!」

A・D・Eが全速力で階段を駆け上がり3人がかりでCを押さえ込む。

C「あがああああああああ!!!!!」

A「こいつ・・・こんな力強かったのか!!」


C「ああああ・・・、、、ん・・」
Cの動きが静かになっていく。



D「正気に戻った・・?」
19: 2016/07/01(金)21:31:52 ID:ewF
C「どうしたみんな、離してくれ!!」

D「何も覚えてないのか?」

C「何のことだ?」

D「Cは幽霊に取り憑かれて襲い掛かってきたんだよ!」

C「ごめん、記憶にない」


俺「そういえばCはナイフを所持していたよな、
お前一回取り憑かれたからそれを渡せ」

C「なんだよそれ!俺何もしてないって!」

俺「また取り憑かれて暴れられたら困るから
持ってる武器を全部渡せ。俺らに危険が及ぶ」

C「大丈夫だって、また取り憑かれたら次は躊躇なく撃ってくれよ」
C「そして明らかに何かあるんだから

俺の武器がないと俺は自分を護れないじゃないか!あと銃が弾切れなんだ。代えの銃と補充させてくれ」

俺「・・・わかった。銃は俺の奴やるよ、だけどナイフと交換だ」

C「ありがとう」
20: 2016/07/01(金)21:32:57 ID:ewF
俺がCと話している間にAとEがCの取り憑かれたと思われる場所に。

俺「まて、今回Cが取り憑かれたところにうかつに近づくのはやめろ!!」

A「なんだ俺とEだぞ?俺らが取り憑かれるわけないじゃんw」

俺「せめてみんなを集めて行動すべきだ、
この廃墟で今起きてることはひとりふたりじゃどうにもならん!!!」



A「じゃあ勝手に呼んでこいよ、俺は先に行くからな」
21: 2016/07/01(金)21:33:46 ID:ewF
そういわれ俺は1階に降りDとFとBに班じゃなく全体で行動すると伝え
Dが2階に上がろうとしたその時・・・



C「やばい・・・腕が勝手に・・・」スチャッ


銃口がこちらを捉える


そしてCのもう片方にも銃が



俺(ダメだったじゃねーか!!!!!!!!!)


Cの二丁拳銃が暴れだした!
22: 2016/07/01(金)21:34:27 ID:ewF
俺「てめぇ!取り憑かれないんじゃなかったんか!!!!」

C「さっきは記憶なかったけど今は記憶がある!
   腕だけ取り憑かれてるから取り戻したいけど・・・」乱射


D「意識があるってことは撃っても痛みがあるってことだよな・・」

F「じゃあどうしようもできないじゃん!!」

俺(やばいぞやばいぞどうにかしなきゃ)
23: 2016/07/01(金)21:35:29 ID:ewF
2階の廊下の奥からAとEは威嚇射撃をしているようだがCの攻撃の手は止まず。

俺(いざというときのためにナイフを持ってるけど
   本当に人を頃しかねないものなんて使いどころないじゃないか・・・。)


片方の銃口が階下の俺たち、片方の銃口を廊下に向けて撃っていたCだったが

片方の銃が弾切れになったのを合図にAとEが風よりも早くCの元に迫り銃を取り上げた。

C「本当にごめんよ・・・」

A「お前本当に危ないから俺について来い」



A「探索を続けるぞ!」
24: 2016/07/01(金)21:36:31 ID:ewF
この短い間に非日常を経験した俺らは精神的に疲弊が見えていた。

ABCがそれでも2階を散策、D、E、Fは1階に

俺は独りで敷地の外から廃墟全体を見渡していた。

俺(しかし色々起こりすぎやろ、幽霊って本当におるかもしれん)

俺(2階をチラッとみたが電灯のスイッチが黒いスイッチだった。俺の家が俺の生まれる時点で中古アパートだったが、それより前の世代のスイッチだと考えると少なくともこの建物は1970年の時点で存在する。もしかしたら戦前から存在する可能性もあるのか・・?いや、戦前は伝統的な家ばっかのはず・・・)
25: 2016/07/01(金)21:37:11 ID:ewF
そう思考に耽っているのも束の間、
DとFとBが急ぎ足で敷地の外へ。


俺「またか」

B「違うんだ!!今回は違う!!!」

切羽詰った声



F「Aが!!!次はAが取り憑かれた!!!!!」

D「今CとEが応戦しながら俺たちを逃がしてくれてる!!」

俺「俺らの中で一番強い奴が取り憑かれるってやばくね?」
26: 2016/07/01(金)21:38:28 ID:ewF
そうこうしているとCとEが

C「あれは俺の時と違う」

俺「Aはどうした!」

E「いきなり糸が切れたように倒れたからその隙に逃げてきたんだ」

C「今はあいつ気絶してるから大丈夫だ」

俺「つってもCの時と同じようにもう一度取り憑かれる可能性も・・・」


視界の先。

廃墟の中からこちらをみるA


F「お、Aもう大丈夫か???」


Aは間髪入れず俺らの距離をつめてきた。

Aの手には・・・






・・・バタフライナイフ。
27: 2016/07/01(金)21:38:53 ID:ewF
俺「みんな逃げろ!!!!!!!!!!!!!」



人生であんなに全力疾走したことがあっただろうか。

俺は運動がまったく出来ないが足の速さだけは自信があった。

俺のすぐ後ろにはE、遅れてC、そしてその後をB、F、

学年で一番足の遅いDが居た。



廃墟の前の通りをみんなで真っ直ぐ走った。


俺「三手に分かれるぞ!!!!!」
28: 2016/07/01(金)21:39:24 ID:ewF
走る先には団地、


前、左、右3方向に道があった。

前に行けば階段、坂の上にはスーパーがある。

右に行けば長い距離逃げなきゃいけないが道なりに進めば前の道に繋がる。

左はちょっと進めば行き止まりだ。

そこまで逃げ切れればナイフを持った所で誰かに助けを求められる。

どんだけ背伸びしようと俺らはまだ子供なんだ。


そして人間なんだ、ナイフを持ったイった眼をしている奴に追っかけられると


身近に死が迫ってることを嫌でも自覚させられた。
29: 2016/07/01(金)21:39:54 ID:ewF
そして分岐点へ差し掛かる。

俺とB、Cは真っ直ぐ、EとFは右に、Dは左へ。


Aは誰を狙う・・・。

こっちを選んだら嫌だな、でも誰を狙っても嫌だ。まだシにたくない。
そうこう思っているとAは左へ向かっていった。
俺とB、Cは道を引き返し分岐点まで戻った


俺らが眼にしたのは行き止まりにある屋根つきの駐輪場に逃げるDと、

少し遅れてナイフを振りかざしながら駐輪場の裏に行くAの姿だった。
30: 2016/07/01(金)21:40:59 ID:ewF

終わった。



DはAにやられた。

俺らのただの火遊びがDの命を奪ったんだ。

でも次は俺たちがやられるかもしれない。


そう思うと俺らはスーパーの目の前まで来ていた。


大人に事情を話して頼るか、いや俺たちが刃物を持って廃墟で幽霊退治に行きましただなんて怒られるに決まってる。

俺ら以外の誰にもいえない。
そしてAが追いつくとまたここで札戮を始めるかもしれない。

遅れてきたEとFにDの顛末を話しながら俺らは絶望感に襲われた。
31: 2016/07/01(金)21:41:35 ID:ewF
じゃあどうするか。

俺たちの蒔いた種だ、俺たちで摘まなきゃいけない。

Aと戦うしかない。人数はこっちが有利だ。
バカな事だけど当時はそうするしかないとしか思えなかった。

そして俺らが通った道に人影が。

それはDだった。
32: 2016/07/01(金)21:42:03 ID:ewF
B「お前武器もってねぇのにどうやって帰ってきたんだよ、幽霊?wwwwwwww」

D「違う、俺は何もされてないんだ」

D曰く、

Aに追っかけられてナイフを振りかざされたのは事実だが、

それが振り下ろされることはなかった。

Aが運よく気絶し倒れたのだ。
好機と捉えたDは逃げてここまで辿り着いたのだ。
33: 2016/07/01(金)21:42:51 ID:ewF
Dが生きていた。

それだけで俺たちは安堵に包まれたが


しかし現状はそうも行かない。

Aがまた眼を覚まして追っかけてきたら俺たちは今度こそ終わる。


もっと遠いところに逃げよう。10分ほど歩いたところにある公園に逃げよう。

公園だと隠れれるしどうにでもなるはずだ。
5分ほど歩いていたところで


Aが俺たちに追いついた。

A「ひどいなみんな置いていかないでくれよ」
34: 2016/07/01(金)21:44:05 ID:ewF
全員身構えた、がAは「大丈夫」と。

俺「今は大丈夫ならまずお前のバタフライナイフを渡せ!それが有る限り俺らは信頼できん」

A「なんで?俺大丈夫っていったら大丈夫だって!」


俺(取り憑かれるやつってみんなこうかよ)


そうこうやり取りをしながら歩いていると


Aが再度Dに襲い掛かった。
35: 2016/07/01(金)21:45:09 ID:ewF
俺(おいまてよ、さっきまでは廃墟の近くだったが今回は公園へ向かう道のり・・
 車などの通りもある=人がいるから取り憑かれないと踏んだはずなのに、それは取り憑く条件じゃないのかよ!!)


Aは再度ナイフを取り出し次こそはDを捉えようと振りかざす。

だが今度はEがAを背後から羽交い絞めにして阻止していた。

E「みんな今のうちに逃げるんだ、ここは僕が何とかする」
36: 2016/07/01(金)21:45:53 ID:ewF

刃物を取り出されて竦んでいた皆の中でEだけはAに立ち向かったのだ。

俺(Eかっこよすぎだろ・・・)

C「俺も残る、みんなは先に公園に向かってくれ!」

CとEを置いて残りのメンバーで公園に辿り着いた。


廃墟に行って幽霊を退治しようとしたら逆に襲われて、

昨日までただの餓鬼だったが一日で命のやり取りまでした。
37: 2016/07/01(金)21:46:33 ID:ewF
少ししてA、C、Eと合流。

これに懲りてもうバチのあたりそうなことはやめよう、
うかつに行動しても俺らは結局自分でケツふけない子供だった。

幾ら厨二病を拗らせようとこうして現実を思い知らされたのだった。
39: 2016/07/01(金)21:46:58 ID:ewF
追記

C「え?取り憑かれた演技してただけだよ」


終わり
40: 2016/07/01(金)22:05:07
おつ




今日の注目記事



TBSが街頭インタビューを切り取り編集「女性専用車両はとにかく汚い。使用後の丸めたあぶらとり紙が散乱している」


日本の事件史最悪のワースト10












今日のオススメ

「日本三大妖怪」ってなんだと思う?


別れさせ屋の女に復習した話

歩きスマホの何が悪いのさ!


コメダ珈琲のシロノワールプリンで泣き崩れる大人が続出

17歳上の姉ちゃん「私ね…実はあなたのお母さんなの」俺「は???」


毎日ストロングゼロ飲んでる奴がビビリまくる画像

【富士山滑落事故】47歳ニコ生主、塩原徹さんの半生が明かされる


【閲覧注意】ガチの怪奇現象がTwitterに投稿される





オカルトランキング



TOPに戻り他の記事を読む





ライター及び編集:mana

画像https://publicdomainq.net/

ザ・ミステリー体験

Sourcehttp://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1467375663/