bandicam 2019-03-28 18-57-13-127

事件概要


結束バンドで拘束し殴る蹴る
    ↓
幼児の首を切り落とすことも可能な大型の工業用カッターナイフで、顔や腕に無数の傷をつける
    ↓
真冬にネ果にして川で泳がせる(傷がしみる)
    ↓
再び殴る蹴る
    ↓
顎を持ち上げ、大型の工業用カッターナイフで首を4箇所切る
    ↓
虫の息でわずかに動いているところを仲の良かった17歳に暴行させる
    ↓
多量の出血でショック4(ここまで2時間の暴行)
    ↓
被害者のスマホで友達申請して、生きてるように偽装工作
    ↓
遺体を足で蹴って転がして、草むらの見え辛いところに移動
    ↓
被害者の衣服と靴、返り血を浴びた服を燃やして証拠隠滅
    ↓
その時間は家に居たと父と一緒に嘘の供述
    ↓
弁護士の入れ知恵で口だけ「取り返しのつかないことをした」
供述









スポンサーリンク


本日のおすすめ


27歳ヤ○ダ社員、人間の壊れる瞬間を見る


フクロウが疲れて休んでいた場所ワロタ


ヤフー知恵袋のマジでムカツク回答


【未解決】名古屋妊婦切り裂き事件の詳細(1988年3月18 日)


故・飯島愛さんと女子コンクリート事件の犯人達とは本当に接点があったのだろうか


桶川ストーカー札人事件の原因は上尾警察署のずさんな対応にあったのではないか


日本は水道水が飲めるとい う風潮(地域限定だろ)


免許明日で失効するのに40度の熱がでてワロタ


【秋田児童連続札人事件】能代署の初動ミス の言いわけ「一度本部に報告したのでなかなか言い出せなかった」


嫁から凄まじい破壊力のカミングアウトされた


本当にやった復讐「イジメの事実を入学予定の高校へバラしてやった」


スポンサーリンク



2015年3月11日 ニュースより


川崎市の多摩川河川敷で中学1年生の が虐頃された事件で、逮捕された少年3人のうち、リーダー格の18歳少年が以前「反省したフリ、俺はチョー得意」と話していたと、少年を知る高校生が打ち明けている。

この高校生によると「自分が中学生だったとき、●●さん(18歳少年の名前)は、鑑別所に入っていたことをよく自慢していて、そういうところに入っても反省したフリがうまければ、すぐに出られると言っていた」という。

「万引きとか痴漢とか、よく悪さを誘ってくるので“捕まったらヤバいです”と言うと、●●さんは“未成年は捕まっても犯罪者にならない”と言っていて、
鑑別所に入っても反省したフリをしていれば、すぐに出してもらえると言われました。“反省したフリ、俺はチョー得意”って笑っていました」(前出高校生)

逮捕少年は過去、定時制の高校に在学中に、ケンカした相手を鉄パイプで殴って少年鑑別所に入ったことがあると伝えられる。出所後もまったく反省した様子が見られなかったようで、今回の逮捕時も、当初は黙秘。

その後に容疑を認め「えらいことをやったんだなと思った」「申し訳なく思っている」など反省の言葉を口にしたというが、高校生の話が事実であれば、現状をやり過ごすための方便だった可能性がある。

少年の自宅周辺や、遊び歩いていた市内の繁華街では、少年の素行の悪さが聞かれており、問題を起こしてもトラック運転手の父親とフィリピン人の母親は容認していたという報道もあった。

実際、記者が事件直後に少年の自宅を訪問した際も、ドアの向こうから女性の
「うるさいよ!!」という怒鳴り声が浴びせられ、
父親を直撃した週刊誌記者は「『なんで俺が話をしなきゃいけないんだよ!』と大声で逆ギレされた」という。

「マスコミの取材攻勢にうんざりするのは仕方ないとしても、ここまで下品なタイプは珍しい。少年の元交際相手という話が浮上している10代の無職少女のもとに話を聞きに行ったときも、髪を金色に染めた少女が、 少年について“何もしてないのにハメられたんでしょ”なんて平然と言っていて、あげく“マスコミしつこいと仲間みんな呼ぶよ!”と脅してきましたからね。
ウワサ以上にガラの悪い連中で、根っからの不良。とてもすぐに改心するとは思えません」(週刊誌記者)

 
今回の事件では、あまりの非道に一部週刊誌が少年の実名報道に踏み切った。

実際に聞こえてくる話も鬼畜としか思えない話ばかりで、住民からも

「前から怖かった。目が合っただけで“火をつけるぞ”と叫ばれたことがある」
と怯える声も聞かれたほどだ。

東スポニュースより


https://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/372251/2/

はぐれ者になったAは自分の言うことを聞く年下中心の“王国”で威張り散らすしかな
かった。

上村さん以外にも中学3年の少年がグループの中で暴力の対象になってい
た。「事件の直後でまだカミソンって分かってなかったころに、Aが『次は○○を頃 
す』とその少年のことを言ったそうです。その少年はそれまでにもよくボコられてい
た」(前出知人女性)

上村さんと同様、この中3少年もグループを抜ける抜けないでモメていたという。

取 材を進めると、Aの残虐性の根底には札人願望があったとも思える証言が出てきた。

「Aはエアガンでハトを撃ったり、警棒のようなものを持ち歩いたりしていて、どこ
か変だった。 酒癖が悪くて、原付きに乗っておじいちゃんを鉄パイプで殴ったこともある。酔うと Aは『人を頃したい』と言うんですよ。以前から札人に興味があったと思います」

産経新聞など



川崎市中1少年札害事件、逮捕少年ら「川崎国」を名乗っていた・・・

・逮捕少年ら「川崎国」を名乗っていた
川崎市中1少年札害事件、逮捕少年ら「IS(イスラーム国)」ならぬ「川崎国」
を名乗っていた

川崎市の河川敷で中学1年生の上村遼太さんが札害された事件で、逮捕された少年
のひとりが、テロ組織 「IS(イスラーム国)」になぞらえ、自らのチームを「川崎
国」と名乗っていたことが分かった。

「俺らは法律関係ない。自分たちのルールで動く。川崎国だ。逆らったら、生きたま
ま首を切るよ」

今回逮捕された夜間高校に通う18歳の高校生らは、地元で中高生を見つけると、こ
う凄んでいたという。

上村さんを連れて歩いていたというウワサには心配する同級生も多かったようだが、
逮捕前で事件との関連性が分かっていない段階から、彼らを知る地元少年たちからは
「テロ事件の影響を受けていた」という話が聞こえた。



中1札害、逆送決定 川崎市・教委、対策加速も道半ば
産経新聞 5月13日 7時55分配信
 
川崎市川崎区の多摩川河川敷で2月、中学1年の上村(うえむら)遼太さん=当時
(13)=が札害された事件。12日、札人容疑でリーダー格の少年(18)、傷害
致4容疑で事件当時17歳だった少年(18)ともう1人の少年(17)の計3人を
検察官送致(逆送)する決定を横浜家裁が出し、今後新たな展開を迎える。

一方で市 や市教委は、事件の再発防止に向けた取り組みに本腰を入れているが、まだ道半ば だ。(那須慎一)
 
「未成年ということもあり、きちんと更生の道を歩んでほしい。大きな課題だが、
少年犯罪が起こらないよう、私たちが何ができるのかしっかり考えていかなければな
らない」
 
同日、「3少年の逆送決定へ」との報道が一部で流れたことを受け、市教委の渡辺
直美教育長は、報道陣の問いかけにこう答えた。
 
市は事件発覚直後の3月3日、事実関係を把握し、市全体としての再発防止のあり
方などを取りまとめる目的で福田紀彦市長を議長とする庁内対策会議を発足させた。

また、市教委は、学校での対策の課題点抽出や再発防止策をまとめる目的で検証委員
会を立ち上げ、現在、この2つの会議が議論を重ねている。
 
市教委は、検証委員会で学校外での子供の状況把握や学校内で得た情報分析、点検
のあり方などを織り込んだ報告書を今月内にまとめる方針だ。
 
今回の事件を受け、学校と警察の協力に関しても一歩踏み出すことにしている。




傷害致4罪、少年に懲役4~6年6カ月判決 川崎の事件
2016年3月14日15時09分

 
川崎市川崎区の多摩川河川敷で昨年2月、中学1年の上村(うえむら)遼太さん(当時13)が札害された事件の裁判員裁判で、 横浜地裁は14日、傷害致4の罪に問われた無職少年(18)に対し、
懲役4年以上6年6カ月以下の不定期刑(求刑懲役4年以上8年以下の不定期刑)の判決を言い渡した。

検察側の主張によると、被告は昨年2月19日夜、無職少年(19)=札人罪などで懲役9年以上13年以下の不定期刑が確定=、 元職人の少年(18)=傷害致4罪で起訴=と飲酒中、19歳の少年が上村さんに腹を立てていることを知りながら、上村さんを呼び出したとされる。

合流後、被告は多摩川河川敷で、19歳の少年に指示されて、首をカッターナイフで何度も切るなどして4なせたとされる。

弁護側は、被告が上村さんを切りつけたのは、「19歳の少年の強い指示があったためだ」と主張。
刑事罰ではなく、少年院に収容するよう訴えていた。

少年院と刑務所の違い



少年院は「更正」、刑務所は「刑罰」を目的にしている。

刑務所は過酷な環境で苦痛を与えられる「刑罰」の場所で、少年院は教育「更正」の場である。

刑務所の場合懲罰で食事が7~5割に減食されることがある。

少年院では、義務教育の勉強と更正教育、職業訓練をする。

刑務所では、刑務作業という、ほとんどただ働きで黙々と単純労働を強いられる。
刑務所では、通信・面会はかなり規制されていて、4級の受刑者で、手紙は月4枚まで、面会は月1回と極端に少ない。

懲罰となれば面会者が待っていても面会は中止される。

刑務所の医療状況はひどく、普通の病院を追い出されてきたようなヤブ医者しかおらず、まともな治療を受けることは難しい。

仮病を使う受刑者が多いこともあり、少々の体調不良では診察も投薬も休みももらえない。

少年院で規則違反をした場合の最も重い処分は20日の謹慎。

単独室に閉じ込められるが、食事などはちゃんとあり、最低限の人権はある。
刑務所では、そのような謹慎よりはるかに重い懲罰がある。

手錠をはめられ両手の自由を奪われた状態で懲罰房に閉じ込められる。
一般的には2~3日、長ければ1週間懲罰房に入れられる。

懲罰房だけでも辛いのに、級を下げられ仮釈放を取り消されたり、わずかばかりの作業報奨金(刑務作業の給与)も没収されたりする。

少年院の場合、前科もつかず一定の成績を修めれば、前所属学校の卒業証書ももらえる。

職業訓練を受けているので、選ばなければ再就職先もある。
刑務所の場合、刑の終了の日から10年間前科がつき、履歴書に書かなければならない。

前科者を雇ってくれる企業は少なく、再就職や結婚も難しい。
この事例はほんの一部。

「刑罰」、刑務所はこんなにも厳しく、少年院とは比較にならない。

犯人たちの判決


主犯格少年A(当時18歳):懲役9年以上13年以下の不定期刑

少年B:懲役4年以上6年6月以下の不定期刑

少年C:Cに懲役6年以上10年以下の不定期刑

少年法


2015年に川崎で発生した2時間にも及ぶリンチの末、上村遼太さんが亡くなった事件です。記憶にある人も多いと思いますが、彼らの刑期はあまりにも軽くこの事件でも少年法の意味というものが問われた事件でもあります。

綾瀬女子コンクリ事件のように再犯をすることなく更生してほしいと願っていますが、元少年たちが上村遼太さんへの心からの謝罪をすることが一番望ましいと感じます。








TOPに戻り他の記事を読む


【おすすめ人気記事】


【室蘭女子高生失踪】千田麻未さんの事件には知り合い が絡んでいる説


【自札サイト連続札人事件】前上博の異常性がヤバすぎる「足をバタバタさせる様子に異常な興奮を 覚えた」


地震専門家が警鐘「すでに南海トラフ地震の活動期に入ってきている。過去のデータは数十年前から 地震だらけになっている」


地震学者「南海トラフ地震くるぞ!」ワイ「 いつくるの?」


【闇深】小室圭さんの家系図が怖い。父方の関係者が全て自札の謎


昔の美人すぎる女性を集めてみた


日本は水道水が飲めると いう風潮(地域限定だろ)


免許明日で失効するのに40度の熱がでてワロタ


南海トラフ地震発生は秒読みなのか「日本政府の不穏な 動きが気になる」


大西有紀ちゃん行方不明事件の詳細が怖すぎる


【胸クソ事件】市川一家4人札人事件の詳細


横山ゆかりちゃん失踪事件と境遇が似すぎている話「投 稿者は大人になったゆかりちゃん本人なのだろうか」


尼崎児童暴行事件っておかしいだろ?被害者が全く保護されないってどういうこと?


ホテルニュージャパン火災は史上最悪の人災でもある


【山口県光市母子札害事件】被害者の旦那さんって再婚してた んだね


生保レディになった女友達が豹変した


歯科助手だけど良い歯医者の見分け方を教えてあげる




オカルト注目記事

【悪夢求ム】なんJ「ク ッッッ ソ 怖 い 夢」見た部!!!!!!!


【こわE】おまえら自分が誰か分からんくなることない?




画像: http://free-photo.net/