bandicam 2019-03-02 06-47-05-567

大阪・愛知・岐阜連続リンチ事件


大阪・愛知・岐阜連続リンチ事件 - Wikipedia

大阪・愛知・岐阜連続リンチ事件とは、1994年(平成6年)9月28日から、10月8日までの計11日間、大阪府・愛知県・岐阜県の3府県で発生し、同10月8日以降に相次いで発覚した不良少年グループによる連続札人事件である




スポンサーリンク


本日のおすすめ


【閲覧注意】ユダヤによる人口削減計画


大洪水の神話が世界中にあることが不思議すぎる


恐ろしい人体実験の話


八王子スーパーナンペイ事件の謎「47歳女性は共犯だったか もしれない」


自札した上原美優さんって何に絶望したのだろう


福岡OLバラバラ札人事件には最大の謎がある


同僚の女が本物のマジキチだと発覚した話を書く


【福岡暴走事故の動画】エスティマを運転していた高齢者の車は100キロ以上出ていた




スポンサーリンク

シ刑囚Aの生い立ち(19歳リーダー挌)



犯行グループを含めた十数人の遊び仲間のリーダー的存在で、素行の悪さが目立ち、愛知県警の尾張にある各警察署が動きをマークしていた。

地元では暴力団関係者と深い付き合いがあり、長良川事件の犯行当時に立ち寄ったコンビニエンスストアの防犯カメラに記録された画像からすぐに身元が割れたほど、地元では有名な「ワル」だったという。

出生直後、高齢出産だった実母とシ別し、養育に困った実父が姻戚関係にあった夫妻に養子として預けた。

しかし、その先は養母の弟4人中3人が暴力団組員という環境で、それに加え、Aが預けられて間もなく養父が事業に失敗して破産に追い込まれ、Aは極度に孤独な幼少期を過ごした。

養母から手の甲にたばこの火を押し付けられるなど、虐待まがいの行為を受けて育ったAは、幼少期から盗みを繰り返したり、万引きやカツアゲを日常茶飯事に行っていた。

小学校3年の時、担任教師の万年筆がなくなる事件が起き、これは実際にはAではなく別の児童によるもので、Aもその児童を知っていたが、担任をはじめ学校は、盗み癖のあったAを犯人と疑い、教師ばかりか親までもAに厳しく詰め寄り、警察沙汰になったことがあった。

その後、ますます盗み癖が激しくなり、小学校高学年で喫煙などを、中学1年の時にシンナーを覚え、家出をし、中学2年生で児童相談所に一時保護され、赤ん坊の顔面に向けてパチ玉を放ったこともあるなど、手の付けられないほどの不良少年に育っていった。

児童相談所・教護院の記録によれば、当時は決して攻撃的な性格ではなく、むしろ気の弱い子供だったといい、児相によれば「心理判定…自分の要求を通すことだけが常に先走り、協調的に行動できない。

ただ、基本的には人一倍気が弱く、いざという場面、特に成人男性を目の前にすると、気の毒なほど委縮する」「観察記録…中学2年生でありながら、まだ小学校中学年程度に感じられる。職員男女への反応差が顕著で、父母の養育のアンバランスさを感じさせる」と記録されている。

1989年(平成元年)2月、13歳で県立の教護院「愛知学園」に入所し、中学卒業までをここで過ごしたが、当時のAを知る関係者は「どちらかというといじめられるタイプだったと思う。

かなり抑圧された幼年期を過ごしたのか、男の先生と普通に話しているときでも、身を縮めて体罰から身を守るような仕草をしていた。

一方で母性愛に飢えていたのか、慕った女性職員にくっついて離れない。親の愛を知らない非常に孤独な子供、という感じだった」と振り返っている。後に入所した愛知少年院などの記録には「基本的信頼感の揺らぎ、過度の被害観、不信感、猜疑心」などと記されており、逮捕後のAを知る名古屋拘置所の関係者も「大人への敵意がむき出しで、全く信用しようとしない。

まるで狼に育てられた少年のようだった」と振り返った。

教護院「愛知学園」での生活は比較的居心地が良かったのか、一連の事件直前にあたる1994年6月には園を訪れ、ジュースや菓子などを教師・後輩たちに差し入れていた。この頃は少し落ち着きを取り戻したように見えたが、1990年(平成2年)3月に稲沢市立稲沢西中学校を卒業し、同時に県立の教護院「愛知学園」を卒園すると再び非行がエスカレートしていった。

その後就職した稲沢市内の会社はわずか1か月で退職し、その後は定職に就こうとせずシンナー遊びにふけっていた。

その後、1991年(平成3年)8月には窃盗、道路交通法違反容疑により補導され、名古屋家庭裁判所一宮支部で中等少年院送致の決定がなされ、瀬戸少年院に入所した。

少年院を退院後はますます荒れ、窃盗、毒物及び劇物取締法違反、住居侵入、銃刀法違反、暴行、など10の罪状で補導され、1993年(平成5年)4月には特別少年院送致が決定され、愛知少年院に入所した。

1994年2月に愛知少年院を仮退院したが、直後に愛知県警津島警察署に補導されるなど、凶暴性・反社会性の強さをうかがわせる前科・前歴の数々があった。

教護院に入ってから事件を起こすまでのほとんどの期間を、児童矯正施設で過ごしたAだったが、そのどれもが矯正に導くことができなかった。

この合間のわずかな期間に、難病である筋萎縮症を患う年下の女性と深く交際し、一緒に放浪生活を送ったこともあった

シ刑囚Bの生い立ち(19歳)


3人姉弟の末っ子として生まれ、AやCに比べると、まだ恵まれた家庭で育ったが、姉2人が女の子だったこともあり、待望の男の子として、両親は過度な愛情を注いだ。小学生の頃から、両親からは甘やかされて育っており、悪さをしてもろくに叱られなかったという。小学校時代から落ちこぼれ、万引きなどで補導された。

松原市立松原第六中学校入学後から、反抗的な態度が目立つようになった。中学入学から約2年間、野球部に所属し、熱心に活動したが、2年生の時に退部した。この頃から、シンナー吸引や[判決文 、原動機付自転車の窃盗など、非行を繰り返すようになった。

高校受験に失敗し、1991年(平成3年)4月から、府立の工業定時制高校に進学した。この頃から、昼間はプラスチック工場・精肉店で働き、夜は定時制高校に通うという生活を始めたが、いずれの仕事も長続きせず、同年夏頃、高校も中退した。

その後、料理店・自転車店・自動車整備工場・瓦店・引越センターなどで働いたが、いずれの仕事も長続きしなかった。ホストクラブ勤めなどを経て、1992年(平成4年)春頃、交際していた女性を通じて、元組員であるTと知り合った。

やがて、政治結社幹部としても活動していたTと親しくなったことで、Tに心酔し、両親の承諾を得て、Tの下でたこ焼きの露店販売などをするようになった。そしてこの頃、Tと仮の杯を交わし、組に準構成員として入った。Bのやんちゃぶりに手を焼いた両親も、そのTに対し「息子をよろしくお願いします」と世話を預けてしまうような、相当荒んだ心性の有様だった。

父親は、上告中の2008年10月、持病の白血病で他界したが、Bはその訃報を、拘置所に母親から送られた喪中葉書で知った。青木との面会で、Bは「事件のショックが影響したのだろうか。本当に自分は罪深いと思わされた」と語った。

組に入った後、恐喝や強盗などを働くようになり、1993年(平成5年)11月、暴力行為等処罰に関する法律違反の非行で、保護観察処分を受けた。

シ刑囚Cの生い立ち(18歳)


7人兄弟という、子だくさんの家に第4子として生まれたが、父親は酒浸りの、背中に墨があり、指詰めもした元組員で、母親もたばこを咥えつつ、ゲームセンターに入り浸るような、放任家庭の中で育った。

9人家族で暮らしていた家は長屋で、貧困のどん底のような生育環境だった。父親は、当初は子供たちを可愛がってはいたが、Cの出生時には、サラ金(消費者金融)に追われたため、母親と別居し、Cら兄弟は、母親の手で育てられた。

小学校時代は、汚らわしい服装をしていたことなどを理由に、激しいいじめを受け、母親も次第に家事をほとんどしなくなり、家の中は、足の踏み場もないほどに荒れ果て、兄弟が1つのカップラーメンを分け合って食べるような状態だった。

小学校4年生になった1985年(昭和60年)頃から、大阪市内の少年野球チームに捕手として所属しており、人の良いコーチを慕い、試合や練習にのめり込んだ。

1988年3月に小学校を卒業した時、当時小学校2年生だった後輩の少年を、チームに誘い入れたが、その少年は後にプロ野球パ・リーグで強打者として活躍した、2017年時点で30歳代の元プロ野球選手だった。

しかしその一方で、いじめや家庭の問題を忘れられるという理由で、小学校6年生頃から、毎日のようにシ※※ーを吸引するようになった。

中学校2年生だった1989年(平成元年)頃、母親が蒸発した。同年8月、窃盗で補導され、同年9月以降、教護院に入院した。

中学校も、入学してから間もなく不登校になり、西成区内の建設現場で働きつつ暮らしたこともあった。1990年(平成2年)8月、窃盗の非行で初等少年院に送致された。

この頃、兄弟は父親の下に引き取られたが、その父も、Cが少年院に入所していた、1991年(平成3年)9月、がんで他界した。父親の4去した1991年9月、少年院を仮退院し、パチ店員・鉄筋工として働いた。

その後も、窃盗、シ※※ー吸入などで何度も補導され、初等・中等少年院などを出入りしていた。17歳だった1994年5月、女性と同棲し、1児を設けて入籍するが、Cと同じホストクラブに勤めるようになり、派手な女性交友が原因で、同年8月に離婚していた
※主犯格らは、強盗札人、札人、シ体遺棄、強盗致傷、恐喝、逮捕監禁の計6つの罪で起訴された。
裁判では、主犯格3名は反省のない態度をみせ、「自分は未成年だからシ刑にはならない」「俺の刑はどれくらいなの」と発言したり、
被害者遺族に対して笑みを見せるなどして、傍若無人な態度を繰り返した。






本日のおすすめ


佐世保小6女児同級 生札害事件の加害者少女の能力の高さがヤバい


生肉を一時間常温で放置しちゃったけど腐ってるかな


オカルトはもう流行らないのかな


実家と地元の真相を知ってしまった(その2)


ガチで友達が呪われた


マジでヤバいインターネットカフェの裏事情を教える


家出したらお姉さんに拾われた


佐世保小6女児同級生札害事件の加害者少女の能力の高さがヤバい


【新宿刺札未遂】美人すぎる高岡由佳容疑者のTikTok動画




オカルト注目記事

【悪夢求ム】なんJ「ク ッッッ ソ 怖 い 夢」見た部!!!!!!!


【こわE】おまえら自分が誰か分からんくなることない?



オカルトランキング



TOPに戻り他の記事を読む

画像: http://free-photo.net/