bandicam 2018-10-28 05-30-53-472

1: 20xx/ミステリー master
平成の凶悪事件ファイル1

「女子高生コンクリート詰め事件」

この事件は日本でもTOP3に入るほどに悪質で残虐と言われている事件です。

主な犯人は4人とされていますが実際に関わった人数は100人を超えると言われています。

いったい彼らはどういったことからこの事件を起こしてしまったのでしょう。







スポンサーリンク


本日のおすすめ


未解決事件で吐き気がするほどヤバイもの


日本がここまで衰退した理由がわかった


小学校の教師って変なヤツが多いよな


ブスに告白されたから妥協してつきあってやった結果


松岡伸矢くん行方不明事件の怪電話「ナカハラマリコの母親です」


【室蘭16歳美少女失踪事件】千田麻未さんの行方不明から17年、彼女が消えた謎は深まるばかり


バッキー事件は絶対に食事時に調べてはいけない


現代人「南海トラフ地震っていつ?怖すぎ!」←前回の地震はほとんど話題にならない不思議


身に起こった心霊体験を淡々と語る


【名古屋妊婦切り裂き事件】この事件で一番怪しい人物が浮かびあがった




スポンサーリンク

1: 20xx/ミステリー master
※性的表現及び内容は避けていますがご了承下さい。

※犯人の年齢

少年A18歳

少年B17歳

少年C16歳

少年D17歳


※罪状

誘拐・監禁札人・シ体遺棄


※事件現場

東京都足立区綾瀬

※被害者

17歳の女子高校生
1: 20xx/ミステリー master
事件発生

1988年11月25日

被害者である17歳の女子高校生(以下Jさん)は午後20時頃にアルバイトから自宅へ帰る途中に犯人Aの目に止まり悲劇が始まります。

Aは一番年下のCを使いJさんが乗っていた自転車ごと転倒させるように命令します。素知らぬふりをしてAはJさんに近づき助け起こしてあげます。

この行動に安心したJさんは「家まで送る」というAの申し出を素直に聞いてしまうのです。Aは送っていく途中でJさんを脅し、ホテルに連れ込み彼女はそこで襲われてしまいます。

ここでAの気持ちが収まっていればこの事件は終了となっていましたが、彼らはJさんをCの自宅へ連れていき監禁してしまうのです。
1: 20xx/ミステリー master
4人の少年はJさんを何度も襲い虐待をし続けます。この時の関係した少年たちの数は100人以上とも言われておりJさんは地獄の苦しみを与えられ続けるのです。

カンキンオンナと呼ばれオモチャのように扱われる屈辱や苦しみというものは言葉では表現できません。そんな行為を少年4人と関係者100人の少年は行い続けたのです。
1: 20xx/ミステリー master
Jさんは犯人たちの隙をみて警察に助けを求めようとしましたが、この行動に気がついたAは激怒しJさんへの扱いは更に酷いものへとエスカレートしていきました。

殴る蹴るは当たり前のようになり、食事も与えないという環境に置かれたJさんはどんどん衰弱していきます。

途中に何度かCの母親が部屋にいるJさんを見ているようですが、最終的には助けもせずに少年たちの行動を見逃しています。この時に親である大人がしっかりとしていればJさんの命は奪われることはなかったでしょう。この事件の恐ろしい点は誰もJさんを助けようとしなかった事にあるのです。

このようにJさんは実に41日も監禁されつづけ身も心もボロボロでした。

年が明けて1989年1月4日、少年Aは賭け事に負けてイライラをJさんにぶつけます。 このリンチは少年4人で行われ2時間ほど続いたとされています。

午後22時付近にJさんは4亡し、少年たちはJさんの身体を工事現場まで持っていきます。さらに近くにあったドラム缶の中にJさんを入れ、コンクリート詰めにした状態で空き地に放置するのです。

Jさんへのリンチ内容が衝撃的すぎてコンクリート詰めにされた事が軽く見られがちな事件ですが、最初から最後までこの少年たちの行ってきた犯罪行為は通常の人間では考えもつかないものでした。
1: 20xx/ミステリー master
少年たちの逮捕

彼ら4人はJさんを遺棄した後、普段通りの生活を過ごしますが1989年3月29日に別件での婦女暴行事件で事情聴取をされていたAがJさんの事件を認めて逮捕されることになります。
1: 20xx/ミステリー master
少年たちのその後

この事件で逮捕された4人には最高でAの懲役20年が言い渡されますがCやDに至っては5年から7年の懲役しか言い渡されません。一人をこれだけ傷つけて札害した人間がたった5年程で罪を償えるかどうかに疑問を感じます。 そして、この少年4人のうち3人は再び犯罪を犯して逮捕されているのです。最近では2018年の8月に少年Cだった男が札人未遂で逮捕されています。

少年法という謎の防御壁は蓋を開けてみれば犯罪抑制の意味を持ち合わせていない場合も出てきます。

少年少女の明るい未来を考えるという事には大賛成ですが、一度犯罪を犯した人間は再犯する可能性も高く少年法というものにも疑問を感じます。

なによりも人の命を奪った人間がたったの5年程度の罰で普通の生活に戻れる世の中は不安と恐怖でしかありません。もし、引っ越しなどで隣の住人が札人犯だったとしたらどうでしょう?きちんと更生している場合もありますが、一生更生出来ない人間も確実に存在します。

誰にでも少年法を適用するのではなく犯行内容・被害者の年齢などきちんと考慮しなくてはいつまでたっても少年犯罪は減っていきません。

このあたりの見直しや年齢引き下げの対応はきちんとしてもらいたいですね






TOPに戻り他の記事を読む


【おすすめ人気記事】


未解決事件「洋子のはなしは信じるな」の謎が解けたかもしれない


【青木悠くんリンチ札人事件】障害を持つ少年の命を奪った犯人たちの全貌


南海トラフ地震なんてきたら、太平洋側の人間なんて4ぬしかないだろ


誰にも迷惑をかけずに刑務所に入る方法が知りたい


子供が行方不明になる事件は不気味すぎる


地域おこし協力隊だけど、ガチで村八分にされた


【岡山地底湖行方不明事件】不自然に報道がされなくなった謎


昔の未解決事件や犯罪ってなんか魅力あるよな


大阪の謎すぎる事故物件


【南海トラフ地震】鎌倉市が製作した津波から生き延びる為の手段「足で避難」


渋谷のマンション買ったら、とんでもない事故物件だった


千葉県市川一家札人事件を文字に起こすとヤバさが倍増する


未解決事件で最も怖い事件「ミユキ・カアイソウ・カアイソウ」説


【松山ホステス札害事件】7つの顔を持つ女『福田和子の15年近くに及ぶ逃亡生活』


【未解決事件】 八王子スーパーナンペイ札人事件の犯人が特定されない謎






アクセスランキング


画像: http://free-photo.net/