bandicam 2018-09-20 15-47-41-259


1: 20xx/ミステリー master
【集団ヒステリー】

社会集団に対して、社会的緊張状態のもとで通常の状態では論理的・倫理的に説明のつかないような 行動を人々がとる集団パニック状態がみられることがあり、しばしば集団ヒステリーとよばれる。








スポンサーリンク


本日のおすすめ


「昭和の猟奇事件の代表は三菱銀行人質事件」他に印象が強烈だった事件はなに?


確実に迷宮入りしそうな未解決事件を選んでみた


【元少年A】酒鬼薔薇聖斗の贖罪は済んでいるのだろうか


【岩手17歳女性札害事件】事件を追っていたジャーナリストも謎の自札を遂げた闇深き事件


【南海トラフ地震】3連動地震が来なくても津波の恐怖は変わらない


【未解決事件】庄山仁くん行方不明事件で自筆の手紙内容が不気味で怖い


2018年の闇サイト事件が怖すぎる


昭和前期に発生した少年犯罪で打線組んだ


嫁がベジタリアンだから俺も食生活を合わせてみた




スポンサーリンク

1: 20xx/ミステリー master
【狂犬病】
毎年世界中で約5万人の氏者を出している。 水などを恐れるようになる特徴的な症状があるため、恐水病または恐水症(hydrophobia)と 呼ばれることもある(実際は水だけに限らず、音や風も水と同様に感覚器に刺激を与えて痙攣等を起こす)http://ja.wikipedia.org/wiki/狂犬病
1: 20xx/ミステリー master
修学旅行生の乗るバスの中で突然、幽霊騒動が起きて 同時に20人近くが、異常きたした事件知らんか?

2~3年前だったような… 新聞や週刊誌にも載ってた。
幽霊騒動があった場所のすぐ近くに「賽の河原」という、 いわくのある土地があったとか… 非常に気になる事件なんだが、関連の記事は何故かググってもヒットしない。 割と有名だと思ったのに…
でも知ってる人は必ず一人は出てくるはずだ、それまで気長に待つとするよ
2: 20xx/ミステリー体験
賽の河原って福島県にある所か? 水子供養の場所だけど、つい最近もドラマの撮影に使われてたが…
2: 20xx/ミステリー体験
有名な作家だ、名前忘れたけど、 我が子を堕胎するって内容の小説の舞台にもなってたし… 水子供養なら、そこの可能性が高い。 賽の河原の裏手にトンネルがあったはず、その中で騒動は起こったんだ
2: 20xx/ミステリー体験
それ覚えてる人がこんな所にいた。 B級ぽい話題の割に昼間のニュースとかで普通に報道されてたから印象に残ってる。 確かクラスみんなで怪談話をしてどうこうって話だったような? ニュースのオチは集団ヒステリーで片付けられてたけど、、、。
1: 20xx/ミステリー master
26日午後0時20分ごろ、京都府宇治市槇島町のヤクルト京都工場から 「複数の中学生が気分が悪いと訴えている」と119番があった。

京都府警宇治署などによると、堺市立三国丘中学校の教師と生徒計77人が バス2台で工場に到着したところ、男女11人が過呼吸の症状を訴え、 救急車で病院に運ばれた。いずれも意識はあり、症状は軽い。 生徒はバスの中で怪談話をしていたといい、不安感などで過呼吸になった可能性がある。 (毎日新聞)
1: 20xx/ミステリー master
「霊を見た」堺の中学2年生が11人病院搬送 三国丘中によると2年生72人と教諭5人がバス2台で工場に向かう途中、 トンネルに入った時に生徒が「霊が見えた」と言い出し騒ぎが広がったという。 同日正午ごろに到着した後、男子3人と女子8人が症状を訴えた。
1: 20xx/ミステリー master
本当は11人だけじゃない。 そこで実際に友達が泣き叫ぶのを聞いた知り合いは ニュースの扱いにかなり頭にきている。 怪談話なんかじゃなかった!旅館から何人かがすでに様子がおかしかったと、 しかも、まだ最低2人は重症 ずっと泣き叫んでいるらしい。 この話を教えてくれた子も最初は信じなかった私に かなりの剣幕で怒っていた。 宿舎から霊がついてきた… と言ってる。
学校側の説明はおかしい! とも。
1: 20xx/ミステリー master
ひとつのバスには宿舎から頭だけの霊が何体も、 ドライブインで休憩して出発してからは別のバスで 「荷物いれにめん玉がある!」 と叫んだ男がそのまま泣いて過呼吸で倒れたらしい それからそのバスでも何人か倒れたらしい 一番最初は男子が泊まった部屋のおしいれのなかに500円が山ほど置いてあり、 それを除けてから、今一番症状の重い女の子が最初に泣き出したとも聞いた。 学校側はあれ以上の説明が出来なくて当たり前だと思った。 まあ、教頭はあれ以上の説明が出来なくてもおかしくないと思った。 普通はニュースとかで幽霊が出てきたらしくて とか言ったら変子扱いやから...... あのコメントだけでも十分謎めいてたけど......
2: 20xx/ミステリー体験
かつての1999とか今の2012とかソレじゃない?
2: 20xx/ミステリー体験
それはちょっと違う気がしないでもないな・・・
母集団が大きすぎるというか
1: 20xx/ミステリー master
伊勢参りやファティマの奇跡もその手のものかもね。

【ファティマの奇跡】

近代西洋でも、占いとかオカルト類はあくまでアングラ扱いだが、 カトリック教会では公式に超常的な奇跡を認めてるよね。 ・・・てことで、本題に戻って。有名な話を。すまんが適当にネット上から抜粋する。

1916年春頃、一人の少年がポルトガル中部のファティマという小さな村に現れ、 村の3人の子供(ルシア、ヤシンタ、フランシスコ)に祈り方を教えた。 1917年5月13日、ファティマの3人の子供たちの前に謎の婦人が現れ、 毎月13日に同じ場所へ会いに来るように命じた。 子供たちは5か月の間、毎月彼女と会い、いくつかのメッセージを伝えられた。

婦人の姿と声は3人の子供たちにしか見えなかったが、 一緒に行った村人たちは卵型の光る物体が降下してくるのを見たという。 この話は次第に近隣の町や村へ伝わっていき、最後の出現の日である10月13日には、 国中から10万人もの人が集まった。
1: 20xx/ミステリー master
その日どしゃぶりの雨の中を一万人もの群集が聖母の現れるくぼ地の周囲に集まった。 熱心な祈りをささげる信者たちにまじって、∃-ロッパ各地からやってきた 新聞記者や学者、聖職者たちの姿も見られた。

昼すぎ、小さな白い雲が子ともたちの周囲にわき出て、ゆっくりと空中高く上昇していった。 と同時に激しく降っていた雨がピタリとやみ、 空をおおっていた雨雲が割れて銀色に輝く一個の光球が現れた。

それは急速に回転しながら、無数の光線を放射しはじめた。 光線は黄、赤、青、紫とさまざまに色を変え、7万の群集に降りそそいで、大地にあふれた。

「奇跡だ!奇跡が起こったんだ」という叫び声があちこちからあがり、 人びとの熱狂と興奮の中で一連の「ファティマの奇跡」は幕を閉じた。 これは、集まった10万人の人々に一部始終目撃された。
1: 20xx/ミステリー master
そしていつもの婦人(聖母)はやはり3人の子どもだけに聞こえる声で、 この地に礼拝堂を建てるように言い、3つの予言を告げた。

1、悪魔と地獄の現存:多くの人々が悪魔によって地獄へ導かれている。七つの大罪などの罪、 特に肉欲の罪から回心しないままでいることにより人は地獄へ行く。 2、人類の危機:全人類の大半を数分のうちに滅ぼす武器が争いで使用されることによって、人類が瞬時に滅ぼされる可能性がある。
3、教皇暗札の危機:これについては口外されなかった。

(現在のカトリック教会の公式見解では、1981年のローマ法王パウロ2世の狙撃事件の予言だとされている) フランシスコとジャシンタの二人は、6月の聖母マリアの出現の際に、 もうすぐ天に召されると予言されていた。

実際にその後、第一次世界争い終結後に病気で夭逝した。
最後の一人ルシアは、その後修道女になり、2005年2月13日、 97歳でコインブラの修道院で逝去した。
ファティマでの事件はその後、カトリック教会によって 正式に「奇跡」として認められている。
1: 20xx/ミステリー master
【ええじゃないか】

ええじゃないかは、日本の江戸時代末期の慶応3年(1867年) 7月から翌明治元年(1868年)4月にかけて、 東海道、畿内を中心に、江戸から四国に広がった社会現象である。 天から御札(神符)が降ってくる、これは慶事の前触れだ、という話が広まるとともに、 民衆が仮装するなどして囃子言葉の「ええじゃないか」等を 連呼しながら集団で町々を巡って熱狂的に踊った。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ええじゃないか
1: 20xx/ミステリー master
アンビバボーからの転載

1954年、米シアトルの警察に『車を傷つけられた』とする苦情が寄せられた。 この話題がラジオや新聞で取り上げられると、『集団テロだ』 『核実験でまき散らされた放射性物質が原因だ』などと 根も葉もない話が広がり、町中がパニックに陥ってしまった。 一方、日本でも、七〇年代に、愛知県のある金融機関に市民が札到、次々と預金を下ろしていった。 デマの出所を調べていくと、電車の中での女子高生の会話だったことが分かった
1: 20xx/ミステリー master
近所の小学校であった話。

O-157が流行っていた頃、給食を終えた頃に一人の児童が腹痛を起こして保健室に行った。 そうしたら同じクラスの児童が次々に腹痛と吐き気を訴え出した。 介抱する教師の手も足りなくなり、もしやこれは流行りの 食中毒じゃなかろうかと慌てて救急車を呼んだり保健所に連絡した。

数日後、予想に反して検査の結果なにも検出されなかった。 具合が悪くなってから学校を休んでいた児童もいたけど、そう説明されるとけろりと元気になった。 学校の先生と児童のかーちゃんから話を聞いたから大筋は間違ってないはず。
1: 20xx/ミステリー master
宗教 政治活動 赤信号
みんなで渡れば怖くない
1: 20xx/ミステリー master
集団ヒステリー アフリカのどこかの国で ババアは女性を指さして「この女は身体で稼ぐ婦だ」と叫んだら 群衆がよってたかってその女性を殴ったり蹴ったりしてころした その女性は内臓がはみ出すほど傷つけられ亡くなった ようつべにその動画がまだあるはず 怒りや不安や恐怖は感染するんだなぁ
1: 20xx/ミステリー master
【アメリカの地方の魔女狩り。】

簡単に言うと、キリスト教の教えを守ろういう意識が、どんどん強くなっていった。(ピューリタニズム) 何か悪いことがあると「魔女のしわざ」とされた。 社会全体がピリピリした中で、人々は「あいつは魔女(魔法使い)だ」と疑い合って告発しまくった。 もちろん、魔女と告発された人のほとんどは無実だが、多くが拷問氏した。 これは、恐怖と閉塞的不信感が招いた集団ヒストリーであると言われています。
2: 20xx/ミステリー体験
舞踏病ってなかったっけ?
2: 20xx/ミステリー体験
確か17世紀だか18世紀のスペイン占領下の 南イタリアで発生した突然踊るように痙攣しだす病気 当時は毒グモに噛まれたのが原因とされ、 それを治すのに効果があるとされたテンポの速い音楽がタランテラ まあ、占領のストレスが原因の集団ヒステリーだったわけだが(ヘタリア1巻より)
1: 20xx/ミステリー master
【タランテラ】

イタリア、ナポリの舞曲。3/8または6/8拍子のテンポの速い曲である。 タランテラという名前は、タラントという町の名前に由来するという。 または同じ町の名を由来とする毒蜘蛛のタランチュラに噛まれると、 その毒を抜くために踊りつづけなければならないとする話から付けられたという説もある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/タランテラ
1: 20xx/ミステリー master
おいらが出向してた東南アジアの工場にて、操業中に突然停電。 従業員はみんな若い女性で、停電中は各持ち場の薄暗い中で体育すわりで待機してた んだけど、30分を越えたあたりで、冷房が切れて暑くなってきて困ったな と思ったところ、1人がヒステリー発生、そしたら回りもつられて集団ヒステリー発生。

それ以降は停電時は必ず、屋外にある食堂に集合ということになった。 あの時は宗教的な理由もあって、女性の体に触れるのがためらわれたせいで だいぶ対応が遅れた。ほんとはオロオロしただけなんだけど。
2: 20xx/ミステリー体験
宗教や経済だな。 世紀末、末法、終末。
拝金主義もいかれた信仰だよ。
個人の利益を追求すると一人しか勝者が居なくなる。
ベネチア以来の資本主義の終末だな。
1: 20xx/ミステリー master
信仰と言えば、セイラム魔女裁判の原因の一つに集団ヒステリーが挙げられてた

【セイラム魔女裁判】

アメリカ合衆国ニューイングランド地方のマサチューセッツ州セイラム村(現在のダンバース)で 1692年3月1日にはじまる一連の裁判をいう。

200名近い村人が魔女として告発され、19名が処刑され、1名が拷問中に圧氏、5名が獄氏した。 無実の人々が次々と告発され、裁判にかけられたその経緯は、集団心理の棒走の例として著名である。

その審理に当たった判事の一人ジョン・ホーソーンは 、アメリカの小説家ナサニエル・ホーソーンの先祖にあたる。 この事件の原因としては、児童力で支配やピューリタン社会独特の抑圧による集団ヒステリー説、 麦角中毒症による集団幻覚説などが唱えられている。 http://ja.wikipedia.org/wiki/セイラム魔女裁判
1: 20xx/ミステリー master
200人の生徒が、飛び回る幽霊を目撃し ドゥングンの中学校はパニック!
集団ヒステリー発生、ドゥングンの中学校で

【ドゥングン】

トレンガヌ州ドゥングンの中学校で27日、教室や寄宿舎、講堂で 幽霊が飛び回っているのを目撃したと言って200人の生徒が集団ヒステリーを起こす事件があった。 この日は600人の生徒が参加して課外授業が行われる予定だったが、急遽取り止めとなった。 翌28日にも集団ヒステリーが再発したため学校は臨時休校となった。


周辺から通っている生徒らは保護者に付き添われて下校したが、 寄宿舎の生徒らはそのまま留まっているという。 学校側はコメントを控えているが、ある女生徒の保護者は、 娘が教室で白ずくめの女性の幽霊が空中を飛び回っているのを見たと話したと証言。 別の女生徒によると、全校集会直後にある2年生の女生徒が恐いものを目撃したかのように突然叫び出し、 それが他の生徒に伝染していったという。

マレーシアでは、特にマレー人女性の間でこうした集団ヒステリーの発生が時折報告されており、 学校だけでなく工場などで起きることがある。
1: 20xx/ミステリー master
「中学校に霊が…」 ユタがおはらい→女子生徒20人が 「息苦しい」と訴え5人が過呼吸に…沖縄


・沖縄の中学校で、多くの教師や生徒が見守る中、地元の霊能者として知られる「ユタ」に よるおはらいが行われたが、途中で生徒5人が病院に搬送される騒ぎとなった。 中学校の近所の人は、「パトカーが2台くらいいた」、「生徒が先生に抱きかかえられて 出てきたと...。5名」と話した。


霊能力を持ち、さまざまな問題を解決するため祈とうを行うユタと呼ばれる人々。 宜野湾市の中学校の吹奏楽部では、これまで生徒から「霊が見える」、「気分が悪い」などと いった訴えがあり、これを受け、父母らが学校側に「おはらいをしたい」と申し入れたという。 そして21日夜、生徒およそ60人と父母らが見守る中、ユタによるおはらいが行われた。
そのおはらいの途中、生徒およそ20人が急に具合が悪くなり、うち5人が病院に運ばれた。
1: 20xx/ミステリー master
真志喜中学の比嘉正夫校長は「不安な状況の中、行われているんで、不安な気持ちが 伝染していったのでは」と話した。

ユタについて、法政大沖縄文化研究所の屋嘉宗彦所長は「(沖縄の人にとって)身近なんです。 子どものころから何かあると、自分の祖先になるが、その人たちが何かを要求している知らせじゃ ないかということで、ユタに相談に行く」と話した。

沖縄の人は「看板はあげてないけど、いっぱいいるんじゃないですか。(ユタを頼まれることは?) 今まではありますよ」と話した。

(一部略) ・女子生徒約20人が「気分が悪い」「息苦しい」と訴え、うち5人が過呼吸状態になったため  病院に搬送された。全員、その日のうちに回復し帰宅したという。(抜粋)
2: 20xx/ミステリー体験
まぁ、沖縄は戦場だったから
まだたくさんいるだろ
2: 20xx/ミステリー体験
ユタってコトリバコのスレで知ったけどマジに今でも信じられてるんだね。 奄美ならともかく沖縄でもなんて…
1: 20xx/ミステリー master
【ムンバイの甘い水】

★「海の水が甘くなった」インド住民札到 ・インド西部ムンバイで18日夜、「海の水が甘くなった」とのうわさが広まり、 数千人が海岸に札到して海水を飲む騒ぎがあった。 水を飲んだ住民は地元テレビに「本当に甘い。奇跡だ」と口々に話したが真偽は不明。

水は汚染されて茶色に濁っており、ムンバイ市当局は 「病気になる恐れがある」と飲むのをやめるよう呼び掛けている。 地元メディアによると、現場はムンバイ国際空港の南方。うわさを聞きつけた住民が 競い合うように海水を飲んだり、ペットボトルに入れて持ち帰った。

事故を警戒して一時は警察も出動した。 市当局は海水のサンプル調査をしているが、近くにはイスラム教の聖人の霊廟 (れいびょう)もあり、その聖人による奇跡と信じる住民もいるなど、さまざまな憶測が飛び交っている。
1: 20xx/ミステリー master
うろ覚えだし、大したネタじゃないけど投下。

中世ヨーロッパでヒステリーって凄かったって本で読んだ。 特に集団ヒステリー。 ヨーロッパでは、モラトリアムが認められてなかったから、 子供も大人として振る舞わなければならなかった。 しかも、とにかく規則等が超きびしい。


ちょっと人とずれた事をしたら魔女扱いされる。 人々、特に子供は凄い抑圧状態にあったんだって。 んで、子供達が時々、集団で気が狂ったみたいに行進して、遠くに行ってしまうことがあった。

子供の足じゃ到底無理な位遠く。 そして、沼地にはまって集団で氏んでしまったり。 そういう記録が各地に残ってるらしい。 ちなみに、笛吹の童話、子供を笛吹いて連れて行ってしまうやつ、 あれは、集団ヒステリーを元にしたっていう説もある。
1: 20xx/ミステリー master
【ハーメルンの笛吹き男】

1284年、ハーメルンに「鼠捕り」を名乗る色とりどりの布で作った衣装をまとった男がやって来て、 報酬と引き換えに街を荒らしまわるネズミの駆除を持ち掛けた。 ハーメルンの人々は男に退治の報酬を約束した。


すると男は笛を取り、 笛の音でネズミの群れを惹き付けると、ヴェーザー川におびき寄せ、ネズミを残さず溺氏させた。 ネズミ退治が成功したにもかかわらず、ハーメルンの人々は約束を破り、笛吹き男への報酬を出し渋った。 怒った笛吹き男はハーメルンの街を後にしたが、6月26日の朝(一説によれば昼間)に再び戻って来た。 住民が教会にいる間に、笛吹き男は再び笛を吹き鳴らし、ハーメルンの子供達を街から連れ去った。

130人の少年少女が笛吹き男の後に続き、洞窟の中に誘い入れられた。 そして、洞窟は内側から封印され、笛吹き男も洞窟に入った子供達も二度と戻って来なかった。

物語の異説によっては、足が不自由なため他の子供達よりも遅れた2人の子供、 あるいは盲目と聾唖の2人の子供だけが残されたと伝えられている。




スポンサーリンク





TOPに戻り他の記事を読む


【おすすめ人気記事】


【謎の未解決事件】日立市ネイリスト変4事件・阿部香織さんを頃した犯人は誰なのか


【武富士強盗札人放火事件】当時の支店長が犯人の要求に応じていれば犠牲者は出なかったかもしれない


【室蘭女子高生失踪事件】千田麻未さんは北に拉致されたのだろうか


昔の美少女たちはレベルが高すぎる女性が多い謎


25歳になった元ホストの現在がヤバい


【未解決事件】長岡京ワラビ採り事件の犯人って女性の可能性もあるよな


『BOOWY・X Japan・ブルーハーツ』後世のロック界に与えた影響度はどこが一番凄いか


【事故物件】前の住人が自札してて家賃が安いアパート見つけたけど気になる事がある


三億円事件の犯人の写真って怖いよね


日本や外国の未解決事件やタブーとされている陰謀論


【埼玉の事故物件】不動産屋勤務の私が体験した話


【八甲田雪中行軍遭難事件】もしも今の技術装備なら犠牲者なしで成功は可能だろうか


世界の謎めいた未解決事件


心理テストでもしませんか?


【ヤバイ土地】ここには絶対住んじゃいけない










オカルト注目記事

「整形」したやつの幽霊って、どっちの姿してんの?


【戦慄】おまえら『 祟 ら れ 様 』って知ってるか・・・?





ザ・ミステリー体験では皆さまからの投稿を受け付けております。

ご自身のホラー体験・不思議体験などありましたら、TOPページメッセージフォームよりお願い致します。





アクセスランキング

元スレhttps://anchorage.5ch.net/test/read.cgi/occult/1234576894/