bandicam 2019-04-18 16-19-34-868


1: 2012/02/13(月) 06:29:57.09 0
植物と人との歴史的な関わりについて語るスレです。

有用植物(薬草、野菜、果物、木材等)、
園芸(盆栽、園芸書、庭園、植物園、街路樹、並木道、神木)、
デザイン、アート(図案、模様、家紋、花札、絵画の中の植物)、
経済史(投機の対象となったチューリップ、百両、万年青、その他様々な植物マーケット)、 怪異を引き起こす植物の話まで自由に語ってください。






スポンサーリンク


本日のおすすめ


神隠し事件の犯人が分かった。おそらく猛禽類のタ カやワシにさらわれているにちがいない


リアルのポツンと一軒家が怖すぎワロタ


女子高生コンクリ詰め事件の犯人、湊伸治の異常行動「あいつはニヤニヤ笑ってた」


女友達「彼氏に心霊スポットに置き去りにされた!迎えにき て…」


秋葉原通り魔事件は未だに納得していない謎がある(2008年6月8日発生)


一人暮らしだけど、ワンルームマンションにピッタリのソファ見つけた


同僚の女が本物のマジキチだと発覚した話を書く




スポンサーリンク

2: 2012/02/13(月) 07:30:44.79 0
江戸時代のタチバナは非常に高価で、 百両以下では手に入れることができないため「百両金」と呼ばれた。
48: 2012/03/22(木) 00:36:46.71 0
>>2
それ、本当なの。俗説じゃないの?
本当だとするといつから高値になったんだ?
マンリョウなんか。一万両になるのか。
18: 2012/02/13(月) 19:10:15.47 0
起源の場所はわからないけど、連理の枝やヤドリギを見て思いついたのかな
>>2 ミカン科のタチバナではなく、ヤブコウジ科のカラタチバナですね。
先週のブラタモリで、変異が出そうな種子は1粒いくらで取引されたと
江戸時代の園芸に詳しい先生が言ってました。

今はへレボルス(日本での通称クリスマスローズ)で少し似たような状況だそう
ですが。
32: 2012/02/13(月) 23:25:23.31 0
>>18
日本のマニアな園芸ってどうしても投機的な側面が強くなってしまうんだよねぇ。そしてそれで一山当てようとする悪徳な業者も多い!
クリスマスローズも結構酷い感じだったりしたけど、今では一部の珍品以外は落ち着いてる感じだよ。供給量自体がすごく増えたし質も良くなったから。
3: 2012/02/13(月) 09:43:36.20 0
チューリップ・バブルは、ヨーロッパの三大バブルの一つ
4: 2012/02/13(月) 11:08:27.58 0
怪異を引き起こす植物ってなにがあるの?
6: 2012/02/13(月) 11:19:12.16 0
>>4
中国の民話とか小説だと、植物の精の話多いよ。
21: 2012/02/13(月) 20:35:49.60 0
>>4
『捜神記』にある話ですが。

秦の文公の時代、怒特祠という祠があり、その傍に梓の木が生えていた。

文公がその木を切り倒すように命じたものの、その度に風雨が起きて切り口
がふさがってしまい、四十人の人夫でも切り倒せなかった。

遂には人夫たちはくたびれて休んでしまったが、その内の一人が足を怪我し
て木の傍らで寝ていると、木の精が別の者と話しているのが聞こえた。
「秦公はあきらめまいが、どうする。」
「秦公といえど、わしをどうすることもできまい。」

「だが、秦公が三百人の人夫に赤い着物を着せ、髪を振り乱させて、赤い糸
を木に巻きつけ、灰を塗ってからかからせたら、どうかな。」

そうすると木の精は黙ってしまったので、翌日言われた通りにしてみると木
は倒れ、中から黒牛が出現し、豊水泉の中へ逃げ込んだ。

牛が水に飛び込んだというのは、水神と牛馬が結びついた信仰に由来したも
のでしょう。『河童駒引考』に、類話が多く収録されています。

「異類同士の会話を盗み聞きして弱点を知る」という形式の民話は各地に見ら
れるもので、『今昔物語集』本朝部に槻の大木について、ほぼ同じ話があります。
ここでは、五六羽の鳥が中から出て来て飛び去ったという。

同書には、化物屋敷の庭に古く大きな松・楓・桜・常盤木があって
「樹神(コダマ) も住スベシ」とあり、具体的な現象の記述はないものの『源氏物語』や『和名抄』を 見ると、平安中期には古木の精というものが、漢籍のイメージを受けながら考えら れていたようです。

『和名抄』のコダマの項は、『文選』を引いている。

『捜神記』には、他にも大木(種類不明)から出て来た老人のような怪物を五六 体倒したという魏の話や、楠の大木から出て来た人面犬(彭侯という)を似て 食べたという呉の話も紹介されています。
5: 2012/02/13(月) 11:16:40.96 0
昔からよく、桜の木の下には、っていうよね。
23: 2012/02/13(月) 20:54:56.60 0
>>5
竹や芭蕉の下にシ体があって訴えたという話は、中国にもあります。

桜といえば江戸期の文人に銭選の桜の絵を見せられた人がいて、それが日本
の桜のようだったので「日本から桜が渡ったか、日本の絵を写したのであろ
う。

中国の文人が桜・紅葉を日本のように愛でないのは残念。」と書いてい
ますが、贋作の可能性の方が高いでしょうね。

銭選の場合は生前から横行していたそうですが、桜画は日本から明へ注文が
舞い込んだ室町以降の作だったのかもしれません。
毛松が日本猿を描いたようなもので、どうも本物と見るのは難しい。
7: 2012/02/13(月) 11:22:30.00 0
橘と柑との違いってなんだろ。
支那圏では、「柚」も、日本でいうユズではなくて、同じような意味だけれど。
16: 2012/02/13(月) 16:42:35.59 0
>>7
橘は元から日本に自生していた植物だけど、柑は大陸から伝わった外来の植物。
35: 2012/02/14(火) 01:20:31.75 0
>>16
橘の文字は国字か?
8: 2012/02/13(月) 11:34:52.50 0
やっぱり竹の存在って大きいよな。
竹が東アジアに無かったら、建築やら生活用具やらかなり不便だったはず。
9: 2012/02/13(月) 11:46:39.60 O
木を伐ろうとして斧を振り下ろしたら木から真っ赤な血が…、ってな話は昔から色々と。
カビの一種らしいけど、知らんと驚くよなあ。
10: 2012/02/13(月) 12:15:29.06 0
文明時代になって鉄斧で木を伐ってるけど、石斧で木を伐るのは大変だろうなぁ・・・
11: 2012/02/13(月) 13:14:46.90 0
>>10
砂をまぶした縄で伐る
38: 2012/02/15(水) 02:23:34.09 0
>>10
パプアニューギニアの原住民が使ってる石斧は意外と実用性は高いようだよ。

現地の灌木を切り倒すのに鉄斧と比較しても多少遅い程度ぐらいで問題ないそうです。

まあ直径の大きくない灌木程度の話な訳ですが、
北欧とかの巨木切り倒すのなら鉄製の斧とかも必要ですが
日常生活に使う分なら石器でも充分間に合うようです
13: 2012/02/13(月) 14:02:41.44 0
石斧の威力は、鉄斧の4分の1だそうな。
14: 2012/02/13(月) 15:05:13.43 0
そもそも、植物が光合成をしないと酸素はないだろうに。
植物は偉大だよ。
17: 2012/02/13(月) 17:42:12.28 0
接ぎ木の発色はどこでしょうか。
メソポタミア辺りで既に始まっていたのかな。
22: 2012/02/13(月) 20:41:36.41 0
怪異を引き起こす植物として、宋代以降よく出て来るのが芭蕉です。

他愛もない話が多いのでいちいち記しませんが、美女に化けることが多い。

本土では鳥山石燕が謡曲の「芭蕉」に芭蕉の精が登場するのは「もろこし」の
話に倣ったものだと書いているぐらいですが、沖縄では琉球王国時代から芭蕉
の精の話が盛んなのは、気候に加えて、やはり中国との交流ゆえでしょう。


江戸時代の随筆に、信濃の寺院の芭蕉が美女に化けた話があり、他に例がない
ので話を聞いた人が琉球人に話したところ、よく美女に化けるが害はなく、日
本刀があれば避けることが出来ると答えられたという話があります。

日本刀が怪異を避けるというのも、遠く「日本刀歌」を連想させて面白い。
24: 2012/02/13(月) 21:04:45.89 0
話変わって。かつてリビアに自生していたシルフィウムという香草が放牧と
乱獲で減少し、最後の一株はネロに献上されたという話がありますが。
他に、有史以後絶滅した植物というと、何があるでしょうか。
34: 2012/02/14(火) 00:24:21.11 P
>>24
植物は一個体でも残っていればクローンの作成が可能だから、
動物よりは絶滅しにくいといえる。
自家受粉が出来なければ次世代は作れないがね。
日本でもかなりの伝統野菜が消えていったように、
世界規模でも同様のことが現在進行系であっても不思議はない。
26: 2012/02/13(月) 22:53:10.77 O
ラフレシアは存在する?
27: 2012/02/13(月) 22:55:23.09 0
>>26
うん。大阪・鶴見緑地の咲くやこの花館へ行けばガラスケース入りの実物が見れるよ。
36: 2012/02/14(火) 20:38:06.44 0
トウモロコシなんかは人間が世話しねえと数世代で絶滅するとかいわれてるね
42: 2012/02/17(金) 23:38:27.53 0
石斧で大木を倒す際は、火を用いるんだよ。
大木の根元で火を焚いて、徐々に焼き切りながら倒す。
43: 2012/02/18(土) 01:16:55.68 0 BE:630358496-2BP(7777) 株優プチ(whis)
アステカの商人はマジックマッシュルームとか使ってたな。

遠出する前に使って幻覚を未来予知のように使ってたんだと。
どうやって使ったか(煙を吸ったのか粉末にしたのか食ったのか)は知らん。

テスココには植物園があったんだったか?
アステカでは1200種類くらいの薬草が知られていたそうだ。
49: 2012/03/22(木) 20:19:03.81 0
>>43
なんで、植生が豊かなんだろ?
50: 2012/03/22(木) 23:05:47.66 0
>>49
アステカの領域内や交易範囲は熱帯地域とか高原地帯もあったし色んな気候の場所が
あったからだと思う。
54: 2012/04/07(土) 23:10:59.31 0
花見の起源って、やっぱり中国?
55: 2012/04/08(日) 09:19:40.68 0
花と言えば奈良時代には梅でしたが、平安時代に桜を指すようになりました。

近世初期の狂言「花盗人」には桜の花を愛でる場面がありますが、江戸初期
の『慶長見聞集』にも、この狂言とほぼ同じ展開の体験談が見えています。

狂言「花折新発意」にも、「花見」で「酒盛り」をしたとありますね。
秀吉の「醍醐の花見」は有名ですが、この頃には飲食を伴ったのでしょう。

狩野長信(1577-1654)の「花下遊楽図屏風」は国宝に指定されています。

江戸で一株や数株ではなく、計画的な桜並木で楽しめるようになったのは、
徳川吉宗が数百株の植樹を行わせたのが契機であったとか。

桜自体はユーラシア大陸の温帯に広く分布するということですが、珍しいの
か、花と言えば牡丹であったせいか、中国で桜と言うのは日本で言う桜では
ない、という説が近世以降の日本の書に見えています。
舜水も、来日して「唐山に桜なし」と述べていたそうで(『俗説弁』)。

大隅の旧家に銭舜挙の桜の絵があったが、桜を持ち込んで描いてもらったの
かという話があります(『西遊記』)。
贋作と見た方が、簡単だと思いますが。
57: 2012/04/09(月) 20:20:31.07 0
>>55
詳しい解説ありがとうございます。
58: 2012/04/09(月) 20:42:17.29 0
>>55
山野ともあろうお方が何を言っているんだ。

「櫻」というのは、本来の文言漢語(古典中国語)ではユスラウメ(prunus tomentosa)のこと。

主に、cerasus亜属を指す、日本語「さくら」の訓読みによる呼称が、漢字の「新義」として入ってきてから、 逆に中国語でもcerasus亜属を指す呼称として、一部変則的に用いられるようになった。

本来の中国語では、cerasus亜属を含む、prunus族の落葉花木を漠然と指す名称は「李」
60: 2012/04/10(火) 12:39:08.84 0
なを、「サクラ」という地名は、狭くなったクラ地形という意味。
クラ地形とは馬の鞍のような地形のこと。
桜川という川にはその流路のどこかにクラで狭くなった場所を流れている可能性あり。

んにしても茨城県には「桜川」が4本もあるのか・・・
65: 2012/05/01(火) 01:17:05.96 0
ここまでパピルスとレバノン杉の話題なし。

あまりにもメジャー過ぎるから?
66: 2012/05/01(火) 04:26:59.48 0
レバノン杉って世界遺産に登録されてるところでも、本当に点としか言いようがない狭い森林だけど、 どこかにまだ大森林はあるのかな?まさかフェニキア人が
バレアレス諸島に移植した(ふしぎ発見でそう言ってた)名残の群落が、今残ってる中では 一番広いレバノン杉林だったりして
67: 2012/05/01(火) 10:35:20.04 0
世界各国の植物園や公園には移植されたレバノン杉がある。
芝の増上寺にも、明治期に植えられたレバノン杉がある。

原産地で絶滅しかけても、
海外で幅広く栄えればいいじゃないか。
68: 2012/05/01(火) 10:42:02.12 0
公園への移植とかだと近縁種の花粉と交雑してしまいそうね
69: 2012/05/01(火) 15:53:13.06 0
レバノンスギの仲間だと、ヒマラヤスギが世界で一番繁栄してるね
なんてったって世界三大庭園樹の一つだし
日本でも明治期以降、近代化のシンボルとして公共建築とセットで植えられまくった
70: 2012/05/01(火) 17:15:24.32 0
しっかしなぜ古代フェニキア人は植林をしなかったのだろうか。
植林の文化こそあれば現代でもレバノン杉が高級建材としてもてはやされ、
ついでにレバノンスギ花粉症が猖獗を極めていたであろうに。
72: 2012/05/17(木) 15:24:25.89 0
>>70
世界的には植林という発想・習慣は無いのが普通。

東南アジアやアフリカに日本からいろんな組織や企業が植林に行ってるが、
「はァ?」「なにそれ?」「機はひとりでに生えるものだよ」という反応ばかり。

日本からの人がいる間は協力するが、去ったあとは放置したり薪にするためさっさと切ってしまったり・・・

かく言う日本だって植林が行われるようになるのは江戸時代からだと聞いた。(ソース忘)
87: 2012/06/03(日) 18:47:44.85 0
>>72
>かく言う日本だって植林が行われるようになるのは江戸時代からだと聞いた。(ソース忘)

正確には、「大和民族は」だと思う。
考古学的には、縄文時代で既に始まっていた斜面農業でブナや栗、樫などの植林が行われていた。
ソースは俺も忘れたが、花粉や焼き畑をした時の木炭化石で
11年サイクルで植樹していた事が解っている。
74: 2012/05/17(木) 15:47:10.55 0
農業だって結局植物を人間が人為的に植えて育てるってなものなのに、
植林はそれを樹木にも広げるだけだろう。どうして思いつかなかったのだろう

76: 2012/05/19(土) 08:55:36.15 0
>>74
作物は、数ヶ月単位で成果が得られるけど、木は数10年から100年ぐらいは待た
ないと意味無いからなぁ。

個人主義の文化圏では、民衆レベルではそういう発想は出ないのかも。
王家なら別だけど。
112: 2012/07/24(火) 07:43:01.30 0
>>74
須佐之男命が天界追放になった際に木の種を携えていて、最初に降ろされた新羅を嫌って、 海を渡って出雲に至り倭の島こそ住むべきところだと気に入って、子や孫を動員して各地に 木の種を植えてまわった、という話が、記紀にあるよ。

これは、日本には鬱蒼と草木が茂り、韓は禿山と荒地だらけなことの理由として述べられて いるんだけれど、神=祖霊だから、読み方によっては、日本は大昔から木の種を植えることで 緑化を保っていた新羅は植林を知らないから禿山だらけ、ということにもなるよね。
75: 2012/05/17(木) 16:38:13.61 0
人間目先の生活が大切だからな
77: 2012/05/20(日) 21:32:37.33 0
ツツジって、かなり日本的な園芸植物だとばっかり思ってたけど、世界中で古くから栽培されていたんだな。
176: 2012/07/27(金) 12:35:34.52 0
ギリシャ文明があっけなく滅んだのも、
森林をむやみに伐採したためだそうです。
393: 2012/08/10(金) 22:40:14.60 0
ジャガイモ、トウモロコシ、トマト、カカオが無い現代世界は考えられませんね。
この四つとも新世界で栽培が始められたことは、もっとアステカや
クスコ文明に感謝したほうがいい。
397: 2012/08/11(土) 00:40:52.72 0
>>393
それが無いと現在のファーストフード産業が無かった可能性が高いな
446: 2012/08/11(土) 23:44:45.03 0
>>393
落花生も新大陸起源だな。
トウモロコシの品種改良に長い時間掛け過ぎたのが残念なところ。
そういやマジックマッシュルームとかも新大陸起源だな。
アステカ人がよく食ってた。
食ってよし煙にしてもよしと大活躍だった。
462: 2012/08/12(日) 17:17:49.94 0
植物で次に関心がある物がバナナ。
スーパーで凄く安い、腹を空かして食べると、本当にうまい。
昔食べた味と同じ、うまい!
480: 2012/08/13(月) 18:30:50.48 0
アダムとイヴが食べた知恵の木の実は、結局のところ何だったの?
486: 2012/08/13(月) 20:29:12.55 0

バナナだよ。「天国のイチジク」が古名。初期農業革命の主役だ。





スポンサーリンク



本日のおすすめ


地方で生きていくのってガチで限界だよな


【閲覧】ガチの怖い話【注意】


全人類の弱者を救済する方法


ヤバい。深夜に都内の某公園行ったら変な女に遭遇した


福島の幽霊たちが怖すぎワロタ


>田舎に引っ越したけど、村の住民たちに監視されてて怖い


佐世保小6女児同級 生札害事件の加害者少女の能力の高さがヤバい


徳島県民だけどこの県はもう終わってると思う


タイムトラベラーか?小屋を頭に被った不気味な人物が消えて しまった




真実が闇の中へ消えた、決し て触れてはいけない事件


免許明日で失効するのに40度の熱がでてワロタ


リアルな怖い話を作りたい


【新宿刺傷事件】血まみれでタバコを吸っていた高岡由佳容 疑者を美人すぎるとしてイラスト化する人が続出。モラル的な問題が心配される


絶対に知らない方が良かった雑学や知識


複雑な事情の子を特別養子でもらったら泣けた


部落や集落に伝わる怖い話


ルイ17世のWikipediaを見てトラウマになる人が続出


エホバの証人の闇深教義で打線組んだ


昔、ど田舎で体験した話をさ せ欲しい


【叡智の結集】ブラックホールを観測したホライズンテレスコープの仮想 連結が凄すぎる


TOYOTA期間工を最強足らしめる『11の理由』がヤバすぎる






オカルト注目記事

【悪夢求ム】なんJ「ク ッッッ ソ 怖 い 夢」見た部!!!!!!!


【こわE】おまえら自分が誰か分からんくなることない?



オカルトランキング



TOPに戻り他の記事を読む

画像: http://free-photo.net/

元スレhttp://yomogi.5ch.net/test/read.cgi/whis/1329082197/