bandicam 2018-04-29 17-57-30-179

1: 20xx/ミステリー master

「鈴の音」

まだ、看護師が看護婦と呼ばれていた時代だ。

当時、俺は某医科大学の看護学部の学生だった。

短い夏休みが終わると同時くらいに、
国家試験前の最後の看護実習が始まる。


スポンサーリンク


本日のおすすめピックアップ記事


日本で閉鎖的というか、不思議な風習のある村や地域を教えてほしい


ワイ氏、悲しいゲームレビューを見つけてしまう


【ヤバいw】これが築17年の家ってマジ?wwwwwwwww


友達とふざけてココイチ10辛にデスソース入れて食べた結果・・・・


昔のイケメンや美女を貼っていくスレwwwwwwwww


【ヤバさを感じる】震度7とかいう表記wwwwwwwwwwww


【ワロタw】ウォーターサーバー使いすぎて強制解約食らったwwwww


【深夜のお笑い】ワイが笑ったボケ貼ってくで~w


江戸時代の人は「コレどうしてたんだよw」って事を挙げてこうぜw


ワイの初デート大失敗に終わる・・・


オレがタイムスリップした結果www


【受刑者間のヒエラルキー】元受刑者が抱える塀の中のストレス・・・


【ヒィィ…】ガチで危険な人物はあなたの周りにいるかもしれない・・・


誰にも信じてもらえないが、未来からやって来た少年に会ったことがある


運動会マッマ「頑張れー!」50m走のワイ(ワイが足遅いのわかっとるやろ。アホかな?)


朝起きた時、自分のいる世界が過去に戻っていた


自衛隊時代の恐ろしい体験


【女の怨念】黒髪のジェニー人形


不登校が真面目にカツ丼作ってみたwww


【ヒィィ…】ガチで危険な人物はあなたの周りにいるかもしれない…


【ヤバすぎ…】東京の恐ろしい現実


【激オコで草】ワイ「新しい車買うわ」彼女「プリウスにしよ?」ワイ「ヘッ?」


【節約術】1日の食費を300円くらいに抑えることってできる?


父の最後の言葉「奇跡は続けて起きなかった」


もし本当に、本当にさ、起きたら実は12歳の夏だったらどうする?


呪いの十九地蔵がもつ本当の意味


私のもう一つの人生の話をします


アルビノの女の子が綺麗すぎてヤバい・・・・・・・・・


爺ちゃんが寝てたから「4ぬな!」って起こした結果wwwwwwwwwww


自分が妖怪に会ったときの話をする


東大教授「家事を年収に置き換えると720万円!!!!!」


病院で見た嫁の本当の姿・・・


【アカン…】倉庫ピッキング作業とかいう闇の深すぎる仕事


嫁が薬剤師でクッソ生活が楽wwwwwwwwwww


【ウソだろ…】公務員さん(58)「ちょっとぐらい仕事で使うパソコンで趣味のページ見ても平気やろ・・・」


覆面パトカーと市販車の見分けることがますます困難にwwwwwwww


アンチエイジングに役立つ若返りホルモン!4個の絶大なパワーを活用していきましょう!


シミやニキビ跡はもうイヤ!消えない色素沈着の原因をしって素肌美人を目指そう!


ダイエット中のおやつにポップコーンを選ぶには理由がある!100gあたりに含まれる驚きの食物繊維量に注目



おすすめブログ最新一覧



スポンサーリンク

1: 20xx/ミステリー master

俺は付属の大学病院で国家試験の前に実習生として、
主任となる看護師さんとともに
担当の患者さんを受け持っていた。

そこで俺は整形外科棟である患者さんと出会った。

今まで診た患者さんは、
老人か中年の方々が多かったが、
今回は17歳の女の子であった。

彼女の名前はA美といい、
右足を失っており
義足を用いながらリハビリを行っている状態であった。

A美は男の看護師である俺のことが珍しいらしく、
いろいろ俺について聞いてきた。

内容はいかにも年頃の高校生の質問って感じで、

彼女はいるの?好きな人は?

とか、

学部に男の人って他にもいるの?

っていう普通に答えられるレベルの質問だった。

A美の部屋は個室なんだが、
様子を見に行くといつも笑っていてくれていた。

そんな、A美との他愛もない会話は
辛い実習の中で唯一心から楽しめるものとなった。

たまに、
長いおしゃべりが指導主任に見つかって
怒られることもあったが、
A美は小声で

「この後もがんばって」

とか、
いろいろ声をかけてくれた。

学生生活最後の実習も終わりに近づき、
実習終了まであと1週間と迫った日に
お別れの挨拶がてらに
担当していただいた患者さんひとりひとりに
病室に行く際にお礼を言って回った。

もちろんA美にも伝えた。

それを知ったA美は、

「Tくん(←俺の名前)、あと1週間かあ」

と言いながら
一瞬悲しげな表情を見せるが、

「最後にTくんと
どうしても行ってみたいところがあるんだけど、
お願い!
一緒に行こ!」

と、ねだられた。

A美の様態は依然、
車椅子なしでは長距離の移動は困難であり、
俺自身の独断での行動なんてバレたら国家試験はもちろんのこと、
遺族の方に訴えられるなんてことも想像でき、
はっきりと断った。

それでもA美は諦めようとせず、

「ホントにホントに最後のお願い!」

「それは絶対にダメ、
A美ちゃんになんかあったらどうするの?!」

といってキツイ口調で突き放した。

A美はそれでもねだり続けてきた。

せめて、場所だけでの聞いておこうと思い、
場所はどこなのか聞いた。

そこでA美は落ち着いた口調で、
口元を緩ませ「秘密」とだけ答えた。

あの時、
背中がゾーってなったのは今でも覚えている。

結局A美の要望は断り、
残りの実習を終わらせることだけ考えた。

それからは、
A美は俺とは口を利かなくなった。

俺から話題を振ってもノーリアクション。

なんか悲しくなった。

実習もあと二日と迫ったある夜のこと。

俺は、その日の実習を終え、
その日お世話になった医師や主任にお礼を言い
正面玄関から出た。

気づけば、
関係者以外立ち入り禁止の入り口に立っていた。

どうかしていたんだと思う。

この4日間、
口を利いてくれなかったA美のことが気がかりで仕方なかった。

俺は、そーっと入り口のドアノブを回し、
そそくさと非常階段を使いながら
A美のいる6階まで上っていった。

A美のいる部屋をノックし、
返事を聞いたところで入っていった。

A美はベットの高さを変えて本を読んでいた。

たちまち不機嫌な顔つきをするが、
行きたい場所のことを聞くと
すぐに明るい顔つきになった。

場所は案内するから、
車椅子を押すように頼まれ、
病室を出た。

時刻は20時過ぎぐらいで、
1Fに外来の方がちょっぴりいる程度で
6階にはナースステーションの明かりが付いているだけで人影はなく
廊下の電気は薄暗く非常口の位置を示す緑色の明かりが妙に目立った。

エレベーターで4階を指示され、
上ってきたエレベーターに乗ろうとするが、
そこには主任の看護師さんも乗っていて詰んだ、
と思ったが看護師さんは俺を見て

「ん?忘れ物?気を付けて帰りなさいよ」

とだけ、
言い降りていった。

まるで目の前のA美をスルーするかのように。

俺は内心怖かったんだ。

これからどこに行くのか。

A美の指示に従い、
廊下を歩いていくと
目の前に渡り廊下の姿が見えてきた。

こんな渡り廊下知らない・・・

俺は実習でこの病院に何か月もいたし、
病棟の位置はすべて把握しているつもりだった。

だが、この渡り廊下の存在は知らなかった。

じゃあ、この廊下の先にあるものはいったい・・・

「旧病棟だよ」

A美はニコニコしながら言った。

もちろん、
医科大の学生として旧病棟の存在は知っていた。

でもつい最近取り壊しが行われたっていうのが俺が知っている情報だが、
A美の言うとおり現に今、目の前にあるのが旧病棟の入り口である。

てか、関係者でもなんでもないA美が
なぜ旧病棟の存在を知っているのか不思議だった。

A美に言われるがままに入り口まで来たが、
中を見渡す限り真っ暗。

いや、ホントに闇なんだ。

なんで、旧病棟なのか尋ねると

「だってここって出るんでしょう?
ワクワクするじゃん!」

俺は後悔したが、
遅かった。

施錠されていることを期待したが鍵は開いていて、
結局旧病棟に入ることにした。

「先生、これ持ってた方がいいよ」

と、渡されたのは懐中電灯で、
妙に用意がいいなと思いながら
電源のスイッチを入れ中に入っていった。

中には医療道具や、車椅子だったり、
見渡す限り倉庫って感じだった。

病室ものぞいて行ったが、
錆びれたベットが一室に4つあるだけの殺風景なものだった。

言われるがままに、
進んでいくと突然懐中電灯の明かりが消えた。

あの時の焦りは半端じゃなかったね。

とにかく、ONとOFFを繰り返した。

そうしてるうちに明かりがついたが、
A美の姿がどこにもいないんだ。

A美は俺が押す車椅子に乗っていて、
足は義足だし
自力で車椅子を離れるのはほとんど無理なんだ。

急に恐怖がこみ上げてきた。

とにかくA美を見つけることを最優先として、
フロアを走り回った。

するとさ、どっからか聞こえるんだ。

カタカタカタって、

そう、車椅子を引く音。

どこから聞こえるんだろうと思い、
息を消して耳を澄ました。

音は廊下の突き当たりから聞こえた。

A美かな?と思った。

でも、直感的に思ったんだ。

A美ではないと。

んで、姿を見てはいけないって思って
そこから離れようと全速力で出口に向かおうとしたが、
出口がどこだったかわからないんだ。

途中、
エレベーターを見つけるが俺は唖然とした。

旧病棟で、
電気なんて止められていると思ったが、
エレベータの数字が1から2、
2から3、
3から4と上がってきているのだ。

今、俺がいるフロアは4階。

ピンポーンと、
エレベーターから音が鳴った。

もう、この病棟はいろいろやばいと思ったが、
遅かったんだ。

エレベーターの扉が開く前に
震えが止まらない足を無理矢理動かして、
非常階段を使いとにかく下へ行こうと思った。

すると、
今度は鈴の音が階段の下から鈴の音が聞こえてきてさ、
もうほんとにやられるって思ったんだよ。

初めて入った病棟を訳も分からず、
出口求めてひたすら走り回った。

んでも、
鈴の音はどんどん大きくなるし、
A美の姿は見当たらない。

観念した俺は、
4階の窓からダイブした訳。

んで、
その時足を強くひねったみたいで、
苦し紛れに持っていた携帯電話で119番をコールして、
一命は取り留めた。

不思議と膝の半月板や側副靭帯の損傷は
そんなにひどいものではなく、
2週間ほど病院に通うことによりギブスはとれた。

事情が事情なだけに
実習は一応合格をもらった。

後で主任のところに実習のお礼を言いに行く際、
最後の日のエレベーターでの出来事を聞いてみると

「なにいってんの。
あなた一人だったわよ」

と、言われた。

心底、ゾーってした。

A美についても、
A美は俺のことを知らないらしく、
主任もA美を担当にした覚えはないという。

あれはなんだったんだろう。

今でも、鈴の音はトラウマ
1: 20xx/ミステリー master

「友達」

高校時代、
よく私の家に友達が泊まりに来ていた。

だいたい決まったメンツで、
その日は確か三人泊まりに来た。

近くに夕飯を食べに行って、
時間は覚えてないが
結構遅い時間に四人で帰宅。

台所に私がお茶とコップを取りに行った。

2リットルのペットボトルとコップをお盆に乗せて、
部屋に戻る。

お茶をついでいると、あれ?

コップがひとつ多い。

何故か何の違和感もなく、
私はコップを5つ持ってきていた。

友達には、
なにぼやっとしてんのーと笑われた。

私もなんで一個多く持ってきたんだろ、
くらいにしか思わなかった。

後日、友達が泊まりに来て
二度全く同じように一人分多くコップを持ってくる私。

さすがに友達も気味悪がっていた。

言わずもがな、
わざとやっているわけではない。

数日後、姪が家に泊まりに来た。

私が帰ったのは確か23時くらい。

あー、もう姪寝ちゃってるなー
遊びたかったのに
なんて思いながら部屋着に着替えてると
リビングの奥、姪と姉夫婦が寝てる部屋から
ダダダダッと走ってくる足音がした。

「おねーちゃん(私)おかえり!!!!」

ビビった。

寝てると思ったから。

私がただいまとか言う前に姪が

「おともだちつれてきたんだね!」

って言った。

以下その後の会話

私「お友達?私一人じゃん」

姪「えーおともだち二人
おねーちやんの隣にいるじゃん!」

私「え、ちょっとやめてよ…」

姪「ちっちゃい人とおっきい人がいるんだね!
おねーちゃんはどっちとなかよしなの?」

私「えぇ?だからどこに友達なんて…」

姪「だからここだって!」

と言いながら、
私の横を指差す。

そして走って部屋に戻っていく。

私もうgkbr。

少したって、
またダダダダッと私の部屋に戻ってくる。

私「どうした?」

姪「おっきいひと、なんか怒ってるよ」

さっきまでは、
遊び相手が増えた!とニコニコしていたのに
このときは全然笑ってない。

むしろ泣きそうな、
でも真剣な顔。

ちなみに姪はこのとき4歳ね。

私「なんで怒ってるの?」

姪「わかんない…こわい…」

また走っていく姪。

こっちの方が怖いです、
勘弁してください。

数分後またダダダダッ

姪「おっきいひと、かえっちゃったね!」

私「え?いつ?帰ったの!?」

姪「いま、ここ(玄関)からでてった!
もうおこってないって」ニコニコ

私「あぁ、そっか…。
ん、もう一人は?
ちっちゃい人もいるんでしょ?」

姪「となりにいるじゃん」

私「え、あぁそうだね…。
ねぇ、この人にも帰ってって言ってくれないかな…?」

姪「しーらないっ」

走っていく姪。

私「………。」

その後、
姪が部屋に来ることはなく
私もビクビクしながら寝ました。

ちっちゃい人には
残念ながらお目にかかれませんでした
1: 20xx/ミステリー master

「おじさん」

俺が小学生の時、
子供たちから「おかめおじさん」と呼ばれている人物がいた。

その人は、
毎日通学路の横断歩道に黄色い旗を持って立ち、
子供たちが安全に通学できるように注意する
緑のおばさんのような仕事をしていた。

そのおじさんの顔が、
ほっぺから下がふっくらしていて、
目が小さくて細く、いつも笑顔だったので、
うちの小学校の生徒達は、陰でおじさんの事を

「おかめおじさん、おかめおじさん」

と呼んでいたのだ。

ある日、
放課後に仲が良かった友達AとBと俺の3人で話していたら、
Aがこんなことを言い出した。

「昨日、町内のS公園の砂場の中から4体が出てきたんだって。
身元調べたら3年前に行方不明になってた
うちの学校の女子生徒だったんだ」

唐突にそんな話を聞いて、
俺もBもびっくりした。

でも少し興味もあった。

「でさ、その子の4体は
あちこち腐っててぼろぼろになってたんだけど、
特に顔がひどくてさ。
顔の皮全体が剥がされてたんだってさ」

4体の様子を想像して、
俺は身震いした。

Bも怖がって聞いてる。

すると、
続けてAがとんでもない事を言い出した。

「それでさ、
俺犯人はおかめおじさんじゃないかって思ってるんだ」

Aは自信ありといった顔をしている。

「え!?どういう事それ」

目を丸くさせてる俺とBにAが続ける。

「だって、
おかめおじさんが通学路に出てくるようになったのって、
俺らが二年の時だろ?3年前じゃん。
きっと、被害者の子供の皮をかぶって
顔を隠して逃げてるんだよ」

にわかには受け入れられないAの推理だったが、
俺も1つ気になることがあった。

おかめおじさんの表情は、“
ずっと笑ってる”というより
“ずっと変わらない”と言ったほうが
正確なほど不自然だったからだ。

「明日登校する時、
おじさんの顔確かめてみようぜ」

とAが提案し、
明日3人で一緒に登校する事にした。

次の日、
通学路の途中で待ち合わせた俺たち3人は、
おじさんがいつも立ってる横断歩道まで来た。

おかめおじさんは、
いつもの様に黄色い旗で子供たちを誘導したり、
車をとめたりしていた。

俺達が近づくとおじさんは

「おはよう」

と言って軽く頭を下げた。

Aは先頭で
おじさんの顔をジーと見ながらゆっくり進んだ。

続くBもおじさんの横を通る時
チラッと顔をのぞいて行った。

最後に俺も少し顔を上げて、
おじさんの顔を一瞬見てみた。

「チッ!!」

その時確かに舌打ちする様な音がハッキリ聞こえた。

おじさんの唇は動いてなかった。

俺は怖くなってすぐ顔を下げ、
振り返っておじさんの様子を見ることもできず、
足早に学校に急いだ。

次の日からおじさんの姿を見なくなった。

Aは

「やっぱり俺の言ったとおり、
4体が発見されたから逃げたんだ」

と得意気にみんなに話してた。

数ヶ月経って、
またS公園の近くに住む主婦が
行方不明になったというニュースを聞いた。

俺は、
おかめおじさんが今どんな顔になってるか
想像して寒気を憶えた


スポンサーリンク




TOPに戻り他の記事を読む





本日のおすすめブログ最新一覧



ザ・ミステリー体験【おすすめ人気記事】


アンチエイジングに役立つ若返りホルモン!4個の絶大なパワーを活用していきましょう!


シミやニキビ跡はもうイヤ!消えない色素沈着の原因をしって素肌美人を目指そう!


ダイエット中のおやつにポップコーンを選ぶには理由がある!100gあたりに含まれる驚きの食物繊維量に注目


旅先で経験した恐怖「巨木の森」


【おバカすぎて草】エセワキガ「夏はスプレー必須です!!!」←全く効果ないからww


家賃エアプ「家賃は手取りの1/3にしろ!
」手取り17万ワイ「ほーんwww」


【ヒィィ…】タルパと話してる所を親に見られた結果ww


陽キャの弟がワイの結婚式に出た結果www


悲しい怨念『憑かれた者たちの話』


いじめっ子から結婚式の受付頼まれてワロタ
www


【あり得ない!】嫁の実家からご両親が到着した結果


【クハンダの到来】聖徳太子が記した終末の予言


基本給20万くらいだけど家賃とか場所はどれくらいがいいの?


不動産にまつわる事故物件


コンビニのポプラが出した赤字額がヤバすぎる


クラスにいたミステリアスな奴wwwwwww


そろそろ大きな地震が来そうだと思ってる奴いる?」


【ふざけんなw】私の結婚式に呼んだ友達が持ってきたご祝儀の額wwwwww


嫁の余命が残り2ヶ月とか言われたんだが・・・


【深夜のお笑い】俺が笑ったボケてを貼っていく


「うちのネコかわええなぁ、写真撮ったろ!」


【聞いてほしい】妹からもらった最高のプレゼント


【面接】ヒステリーBBAが出てきたから5分で帰ってきた話を聞いてくれ


【報告】実家に帰省したら知らない家族が住んでた件について…


【畜生すぎw】年金とかいう世代間収奪システムについてwww


【※注意】米ツイッターでシステムに欠陥「今すぐパスワードを変更して!」


無数の霊が彷徨う整骨院


セブンイレブン本社「駐車場を太陽光パネルにして店舗改革する!」オーナー「えっ…設備投資の費用は誰が…」


【バカらしくて草】ワイの彼女が告白してきたことwwwww


南極にいるペンギンwww


ガチで怖い心霊動画を思い出した


【助けて】ここ一週間くらい心霊現象に悩まされてる



【おすすめの人気記事一覧】


ニート(28)「俺が働けないのは中学の時にいじめられたからだ!1億9600万円払え!」いじめっ子とその...


『イタリアン、フレンチ、中華、和食』←この中で一番無くなってもいい料理は?


同棲してる彼女の束縛厳しすぎワロタwwwwww


【助けて】何か言われるとすぐキレる性格を治す方法・・・・


「人身事故の現場をスマホで撮影するとか日本人終わってる!」←これ


夜中に幽霊みたんやが、なんだか怖くなってきたから聞いてくれや


【おバカで草w】新入社員くん、会社にリュックで通勤してしまう・・・


【食いすぎw】鹿がせんべいに飽きてる表情ワロタww


【あるあるw】ガキの頃にガチで勘違いしてたものwwww


ボク、地面に埋まりーヌwww


大人として恥ずかしい行為で打線組んだwww


【凄すぎ…】カラスの頭の良さは異常


最近の若者のファッションで1番ダサいと思うものwwww


【可愛いw】ワイの伸びたネッコ見てよwwwwwwww


【なぜなのか…】上司「今日の飯はトンカツな!」ワイ「はい!!!」


【神社の恐怖】段数の合わない階段





管理人からのお知らせ

ザ・ミステリー体験では皆さまからの投稿を受け付けております。

ご自身のホラー体験・不思議体験などありましたら、TOPページメッセージフォームよりお願い致します。






アクセスランキング



参考:https://anchorage.5ch.net/test/read.cgi/occult/1234576894/