bandicam 2017-11-16 16-11-19-506

1: 20xx/ミステリー master

昔、10代の時で、まだしていい事、悪い事の分別もつかない時の話。
中学を出て、高校も行かず、仕事もせずにツレとブラブラ遊び回ってた。

いつものようにツレから連絡があり、今から肝試しに行こうとなった。


スポンサーリンク


本日のおすすめピックアップ記事


【PTA問題】田舎だけではない「都会でも起こりうる村八分という悪習」


学者「翼竜は飛べなかった!」「ティラノサウルスはスカベンジャーやった!」


一番美味いパスタのタレ、なんだかんだで結局カルボナーラ説


職場に来たクレーマーのBBAが怖すぎる…


みんなにアルコール依存症の恐ろしさを伝えたい


3.11の津波で全てを流された俺に聞きたいことある?


中国人の夏の過ごし方が幸せそうで草


私は呪いの歌を伝えられた末裔です


職場のwin7が再起動ループなっててワロタ


【貯金するコツ】これを実行すれば必ず貯まるようになる


【持ち家vs賃貸】賃貸派の人が一番見誤っている大事なことがある


セブンイレブン役員「このお弁当人気やなぁ…せやwwwwww」


昔の人が考えた間違った説を上げていくスレ


【節約術】1日の食費を300円くらいに抑えることってできる?


クズの借金だらけの男が経営者になった話をする


【普通だよね?】トッモ「12時集合な」ワイ「わかったで~(12時に家出たらええか)」


軽いネトゲ廃人だった俺が運命の女性と出会った話



おすすめブログ最新一覧




スポンサーリンク


1: 20xx/ミステリー master

俺は昔からそういった事は全く信じておらず、怖い物など無いと言ってのけていた。
二つ返事で了解し、ツレが迎えに来て、さっそく肝試しに向かう事になった。
場所は割と近い山の中のトンネルだった。

メンバーは、血の気が多くリーダーシップのあるTと、10代と言うのにすでに威厳のあるMと、多少幽霊関係にビビり気味の超絶イケメンSの、4人で行く事になった。

皆、霊感何て物は無く、S以外は幽霊何ていないと余裕で心霊スポットに向かっていた。

今考えたら、これが間違いだった。

1: 20xx/ミステリー master

その山までは1時間もかからずに着いた。

道中は何も無かったが、山中の丁度カーブ辺りに花が供えてあったのを見て背筋に悪寒が走り、何か忘れてると考えたのを覚えている。

無事にトンネル前の駐車場に着き、トンネルには直接入れない為、駐車場に止めてそこから四人で歩いて行った。

幽霊など信じてはいなかったが、やはり夜中の山道は気味が悪く、嫌な位静かだった。
そんな中、無理に盛り上げようと、Tが崖落ち防止のガードレールを蹴り上げながら声を張り上げていた。

T「全然対した事無いやろ、暗いだけ」
俺「本当だね、全然対した事無いし、拍子抜けだ」
S「いやいや、充分怖いし、もう帰りたい」

そんなたわいない会話をしながら歩くと、すぐに目的のトンネル前に着いた。

息巻いて来たはいいが、トンネルの入口の時点で圧倒される程に嫌な雰囲気だった。

トンネルはまるで侵入者を拒むように、もしくは中にいる者を出さないように、デカイブロックで封鎖されていた。

流石に誰が行くと、雰囲気にもなれずにタジタジでいると、血の気の多いTが言い出した。

T「お前らビビってる?情けないね、俺が行くわ」
ここで行かなかったらビビり確定、それだけは避けたかった俺は、思ってもない事を言ってしまった。

俺「ビビるはずないだろ、俺が一人で行って来るから待っとけ」

本当に後悔した。

1: 20xx/ミステリー master

T「お前は男だな、ヨシ行け」

この時ばかりはTを恨んだ。

本当に零感の俺でもヤバイ雰囲気ムンムンだったから。
しかし、一回言った事なので後には引けず、ブロックの隙間から一人、吹き抜ける暗闇に侵入した。

いざ入ってたはみたものの、中はずっと続く暗闇、

その日暮らしの俺達は懐中電灯など無く、あったのはジッポライターの明かりだけ。
その明かりが余計に揺らめいて見え、不気味さを更に強調していた。

トンネル内は天井から水滴が垂れる音以外の音は無く、幽霊なんていないと考える俺でも、奥に向かって中々踏み出す事も出来ずにたじろいでいた時、

トンネル外で待つツレが叫んで来た。

T「中はどうだー?」
S「マジでやめた方がいいってー」
M「俺らも行こうかー?」

その声で少し恐怖が消えた俺は、「大丈夫、奥まで行ってみるわ」と、トンネルの奥に向かい歩き始めた。

いざ歩き始めると恐怖心は余り無く、むしろ何故か懐かしい感覚にさえなったのを覚えている。

そんな違和感を抱えながら、丁度トンネルの半分位に来た時に、

カーブの時に忘れてた事、妙な懐かしさの正体が何なのかはわかった。

(これは話に繋がる事なので、詳しい事は後で話す事になります)

怖さは完全に消え、そのまま奥に辿り着き、何も無く、溜息混じりに戻るかと踵を返した時に、それは起こった。

1: 20xx/ミステリー master

耳元からフゥーっと息を吹きかけるような生温い風が耳にかかる。
気のせいと気にせず歩を進めるが、10秒おき位にずっと吹きかけられ、

流石に恐怖心が蘇った俺は、足早にトンネル入口へ向かった。
足早になった辺りから吹きかけられている息が絶えず吹きかけられようになり、

恐怖心が絶頂に達した俺は、全力で入口に向かって猛ダッシュした。

何とか入口のブロックの隙間からはい出て、耳元の息も無くなり一段落した俺は、
固まって待っていたツレの所に行こうとした。

俺「スゲーよ、ここは本気でヤバイ、マジで焦ったし、何か耳元で息を…」

と俺が言いかけた時に、ツレ達が顔面蒼白で震える声で言った。

T「お前の後ろ、何なんだよ」
M「お前悪ふざけも大概にしろよ、そんなんで出て来たら洒落にならんぞ」

俺は「はぁ?」となりましたが、ああコイツら出てきた俺をビビらす為のドッキリだなと思い、少しキツめに「お前らが大概しろって、一人でマジ怖い思いしたんだぞ」と言った所で、Sの様子に気付いてしまいました。


Sが涙目になりながら震えていた…。

幽霊にはビビるが普段は肝の座ってたコイツが、演技で涙目になり震えるはずがないと思った俺は、何かが確実に後ろにいると思い動けなくなった。

恐怖に直立不動で動けなくなった俺は、ずっとツレに視線を向けていたが、ある事に気付いた。

左眼の視線の端に、黒い髪のような物が見える。

しかし、恐怖心が勝り確認出来ずにいた時に、急にSが「マジもう無理だ」と言いながら駐車場に向かい走り始めた。

それと同時位にTとMも「マジスマン」と言いながら走り出した。

恐怖心はヤバかったが、パニックになりながらも、この状態で一人残される事な方が無理と判断した。

俺も駐車場に向かい全力で走り出した。

1: 20xx/ミステリー master

本当にビビり上がっていた俺は、何度も躓きながらも全力で走ってた。 
子供の頃に聞いた『幽霊は光が嫌い』。

そんな迷信めいた事を考え、駐車場に着き車のライトさえあれば大丈夫だと、藁にもすがる気持ちで走り続けていた。

走り続けていた時になって初めて気がついたが、ずっと背後に気配がしていた事に、さっきは安堵からかツレばかりに集中して気付かなかった事に気付いてしまった。

この時に後ろにいる何かをもし連れて行ったら車に乗れないかもと考えた俺は、確認しないといけないと思った。

この時は本当に気が動転していたんだと思う。現在の恐怖心より、置いて行かれる
恐怖心が勝ってたから。

俺は立ち止まり、意を決して後ろを勢いよく振り向いた。

少しでも怖さがないように自分なりに考えてした事だが、これが本当に失敗だった。

目を見開いた女が俺を凝視していた。

俺はいつも洒落怖を見て、『本当の恐怖にあったら~』を見て、いつも本当には違うなとか考える。

まぁこれは俺だけかもしれないが、余りの恐怖と驚き等混ざりあった結果なのか、失禁と大のおもらしを同時にしてしまった。

女は普段よく書かれる貞子の用な風貌ではなく、
前髪を上げて、普通にフリルの着いた上着、ジーンズという出で立ちだった。

普通なら本当の人間だと思う位普通だった。

だが決定的に違った目、鼻、口。全てが生きている人間とは違った。

口は所々裂け化膿しているみたいにグチュグチュになっていた。

鼻は右の鼻孔から半分以上ちぎれかけている。
決定的なのは目だった。

黒目の部分と思う部分には、無数の光るガラスみたいな物が突き刺さり、涙のように黒い液体が目から滴り落ちていた。

気がつけば俺は何も考えず一心不乱に走り出していた。

排泄物を裾から垂らしながら、涙はこぼれ、鼻水を垂らしながら、本当に人間として最低辺だと思う姿だったと思う。

でも俺が考えれる事は、4にたくない、助けて、ごめんなさい、を繰り返すしかなかった。

1: 20xx/ミステリー master

走っている間、またあの息を吹きかけられているような音が耳元から聞こえた。
それがまた恐怖心を増長させ、何度も転びながらも駐車場に辿り着く事が出来た。

ツレ達は車で待っていた。エンジンをつけライトをつけていた為か、俺は助かったと思いながらも全力で車まで走った。

俺が車に近づくにつれ、気配は遠くなっていった。

後ろに乗ってたTがドアを開けて待っていたので、飛び込むように車に乗り込んだ。
そのままタイヤを唸らせながら、全速力で山道を下っていた。

俺は震えと恐怖が止まず、窓からキョロキョロ女がいないか確認していると、横にいるTが話しかけてきた。

T「お前大丈夫だったか?本当に悪かったな、本気であれはヤバ過ぎだったから」
M「本当にスマンな…」
S「マジ申し訳ない、我慢したかったけどあれは無理だった」

どうも、最初は俺が逆にドッキリを仕掛けていたと思ってたらしい。あんなの無理だと普通にわかると思うが…

俺「マジ人生終わったと思ったぞ、お前達マジ薄情だと思ったし…
 まっ俺が逆でも本当に怖いだろうし、気持ちはわかるしいいよ」

山を下っているからか安心感が出て、落ち着いてきた俺はツレ達を許し、
何気無しに窓から外を見た時に気付いてしまった。

丁度花が供えてあるカーブに差し掛かる時に、木の上いる何かに…


またパニックになりかけた俺は、「早く、早く、飛ばせ」と声を荒げながら何度も叫び、何故か隠れるように座席の足元に座りこんだ。

S「何だよ、本当やめろよ、マジ勘弁してくれよ」
M「何があったんだよ、またいたのか?」

車内はパニックになりかけた時に、Tが聞きとり辛い程の小さな声で言った。

T「俺も何か見たぞ…木の上に何かいた」

その言葉で車内は完全にパニック状態になり、捕まってもいいと100キロ以上を出し
逃げるように帰った。

皆、家で一人になるのを嫌がり、俺も嫌だったので、4人でTの家で泊まるようにした。

Tの家をいつも溜まり場にしてたし、いつもの流れでもあるが。

でもその行為は意味が無く、それはその夜に起こった。

1: 20xx/ミステリー master
無事にTの家に着いたものの皆寝れずにいて、恐怖心を少しでも払おうと酒盛りを始めました。

俺は肌着が汚れていた為、風呂を借りてから酒盛りに参加しました。
風呂から上がった時点で皆結構酔いが回っていて、ツレ達はすでに寝入りそうな感じになってました。

酒の力は偉大で、飲んでいく内に恐怖心は薄れ、段々と眠気も来て、皆でダゴ寝となりました。

そして夜中にトイレで目が覚め上半身を起こした時、背後から気配を感じましたた。
それは正しくトンネルで感じた気配だった。

一気に恐怖心が蘇り、金縛りとは違う、恐怖心から動けないでいましたが、

まだ酒が残っているせいか気が大きくなり、見た目が怖い位でビビるか!と、わけのわからない根性が沸々と湧いてきて、こうなったら一発殴ってやると、後ろを振り返りました。


やっぱり後悔しました。

やはり女はあの時のように後ろにいて、そしてあの時とは違う行動に出ました。
急に両手で俺を頬を掴み、口を大きく開けて何か言おうとしていましたが、

口の中には真っ黒な液体が溜まり、喋る度にうがいをしているようにゴロゴロ言って、何を伝えたかったのかもわからずに、恐怖に動けずにいました。

そんな恐怖が10秒続いた時に気付きました。この女知ってる…

そう考えた時にMが寝返りをうち、それに気を取られた次の瞬間にはもう女はいませんでした。

それからは朝まで眠れず、ツレが起きるのを待ち、起きたツレに夜中の事を話しました。

M「幽霊て動けるんだな、初めて知った。てかいる事自体昨日知ったけど」
T「お前本当にヤバイぞ、憑かれてるんじゃないの?」

俺「多分憑かれてるのかな?てか幽霊知ってる女だった」

T「はぁ?誰なんだよ?」
俺「多分…元カノのU…」

それだけで皆何となくだが理解し察してくれました。
関連記事もおすすめ


【禍垂その2】黒幕の正体



スポンサーリンク





本日のおすすめブログ最新一覧



ザ・ミステリー体験【おすすめ人気記事】


アメリカのいじめにありがちなことを挙げてけ


会社クビになったけど、人間って温かいな・・・


【いじめ】軽い気持ちで弟の日記見てしまったんだが、この先どうすればいいんだ・・・


【驚きw】アインシュタインの予言が的確すぎワロタwww


お局様が新入社員にいじめられてて草wwwww


幼い頃の不思議な体験「鬼が来た」


俺「俺、竹中工務店から内定貰ったよ!!!」彼女「え、ちょっと待って・・・別れましょう」


ワイ保険営業、保険なんていらないと考えはじめるwwww


彼女「男先輩と映画行っていい?w」ワイ「ええで・・・・・」


イモトアヤコが南極から帰ってきた結果wwwwwwwww


トランプ大統領怖えぇぇぇ「北朝鮮が約束を守ると信じる」もし守らなかったら、その時は…((;゚Д゚))ガクブル


【呪われた地】会津若松市とかいう魔境wwwwwwww


【やっぱりw】クレジットカード所有率の1位ワロタwwwwwwwwwwww


【保存版】詐欺師の営業手法を教えます「意外と身近に詐欺師は居る」


【聞いてくれ】マンションの上の階の住人が物凄いキチ家族だった・・・


現在ナマポ31歳、ワイの職歴一覧がこちらwwwwwwwwwwwwww


【問題】これが解けたらIQ120wwwwwwwwwwww


知らない番号から電話かかってきた時の恐怖「その後のメールに戦慄した」


【怖すぎ…】おんJの怖い話だいすき部


中国人が日本に来て一番難しいと思うことがコレwwwwwwww


幼少ワイ「わーいコンビニのお弁当だwwwwwwwww」


俺の友人が不可解な亡くなり方をした


【フラれてばかりの人生】優しすぎる女性を好きになるとダメやな・・・


山小屋の掲示板「行方不明八名。4者一名」


夜中って何かコンビニ行きたくなるよなwwwww


【心霊スポット】山形の滝不動の刀


NHK、縦読みで東北を煽ってしまうwwwwwwww



【おすすめの人気記事一覧】

大阪・寝屋川の長女を17年監禁した事件って闇深すぎやろ・・・


【税務署の職員困惑】納税者「確定申告に間違いがあったって後で書き換えればいいでし
ょ?」


【発達障害の苦悩】世の中に俺以上のゴミは流石にいねえだろ・・・


日本企業の社長に就任したイギリス人が絶句「日本の最低賃金は低すぎ」


【交換日記】亡くなった彼女がどこかで俺を見ている


【小学生時代の思い出】先生に見せてもらった恐ろしい卒業写真


【ファッ?!】伊賀忍者と甲賀忍者が仲良くてワロタwwwwww


子連れ親「ラーメン大盛り」 店主「お客さん、子供への取り分けで大盛り注文はダメだよ!」 親「え....」


土木女子さん、職人に論破されるwwwwwwwwwww


【人間の恐怖】「赤ちゃん人形」「洗脳」「狂ったおばさん」


【ウソだろ…】ジャッキー・チェンが『中国人の精神日本人』に激オコ「恥さらし!!処罰の対象にして」


【怖すぎ】クレヨンしんちゃんが白目と黒目が逆転してるの気づいて以来怖くて見れない・・・


いじめっ子の末路「彼は人生の凶を引いた」


資産1億3000万円の優待投資家「1日遊んで出費は127円の実態」


ネッコ「美術館やんけwww入って遊んだろwwww」


マンホールって怖くね? だって「人の穴」だぜ?


BBAのせいでワイの新車のハリアーが廃車になった・・・


【来るなよ…】不仲の従姉妹に子供が出来たら、ウチに顔出しにくるようになった


【こいつら最悪w】外資系ホテルで働いてる俺が嫌な客を国別に発表するwwwwww


【放送中止になった話】話してはいけないことを誰かに聞かせると恐ろしいことが起る


ワイ42歳アルバイト、3月いっぱいで契約打ち切りを告げられ困惑・・・


真夜中の幽霊電車「乗客のほぼ全員が私の方を見ていた」


心霊写真の解析お願いします





管理人からのお知らせ

ザ・ミステリー体験では皆さまからの投稿を受け付けております。

ご自身のホラー体験・不思議体験などありましたら、TOPページメッセージフォームよりお願い致します。






アクセスランキング



参考:https://anchorage.5ch.net/test/read.cgi/occult/1234576894/