bandicam 2018-08-23 05-06-25-372

1: 2013/05/31(金) 20:32:29.82 ID:n0vZDk0Z0
顔や体つきは同じでも名前が違ったらそれはもう本人じゃないって事だよね?


スポンサーリンク


本日のおすすめ


23区内のヤバすぎる事故物件 「家賃2万5千円だけど住むか迷ってる」


宝くじシミュレーターをやってみた結果、買うのをやめることにした


宇宙とか異星人とか古代文明とか地底人とか物理学や生物学とかに詳しい 人来てくれ


【津山小3女児札害】犯人の両親は警察関係 者・筒塩侑子ちゃん事件はなぜ14年間も未解決だったのだろうか


エホバの証人の勧誘ってなんで二人組でくるの?


某カルト宗教を辞めるまでの壮絶な戦い


ナチスドイツの行った恐ろし すぎる人体実験の内容


【女子高生コンクリ事件】4人の犯人が女の子に行った鬼畜すぎる行為一 覧


日本史上一番おぞましく衝撃だった事件






スポンサーリンク

3: 2013/05/31(金) 20:46:40.48
(・・?)
4: 2013/05/31(金) 20:56:52.98 ID:n0vZDk0Z0
この世界の自分がいるでしょ

で、別の世界の自分がいたとして

顔や体つきが一緒でも名前が違う可能性があるわけで、そしたらもうそれは
自分じゃないって事なの?
5: 2013/05/31(金) 21:09:43.61
(・・?)(・・?)(・・?)
6: 2013/05/31(金) 21:13:19.09 ID:n0vZDk0Z0
そうか、理解出来ないか
7: 2013/05/31(金) 21:18:14.43
顔や体もこちらの世界とそっくりな平行世界のことだろ
そうなると普通に考えると名前もそっくりなんじゃないのか?
こちらの世界とどこかが違う、ってのはあるんだろうけど
9: 2013/05/31(金) 21:28:36.37 ID:n0vZDk0Z0
>>7
顔も名前もそっくりな別世界がパラレルワールドってことだよね。

じゃあ仮に名前だけが違った場合、顔や体つきが同じでもそれは本人じゃないって
事だよね
8: 2013/05/31(金) 21:19:05.14
理解できるわけがない
抽象的すぎる
もっと具体的に書いて
10: 2013/05/31(金) 21:29:36.70 ID:n0vZDk0Z0
>>8
これ以上は無理だから理解してくれ
無理ならスルーしてくれ
11: 2013/05/31(金) 21:34:29.52
名前は親がつけたもので
自分の本質ではないんじゃね
12: 2013/05/31(金) 21:38:51.61 ID:n0vZDk0Z0
>>11
朝起きたら名前が変わっていても、名前が変わる前の自分ですって信じ切れる?
13: 2013/05/31(金) 21:41:26.23 ID:n0vZDk0Z0
あーーわからないいいいいいい
自分を確定する要素ってなんだ
15: 2013/05/31(金) 21:54:44.46
てか
もう一人の自分っておかしいよね
それ自分じゃないじゃん
16: 2013/05/31(金) 21:58:20.20 ID:n0vZDk0Z0
>>15
わかるんだけど理解しきれない・・・
なんだなんだなんだ
18: 2013/05/31(金) 22:07:47.35
でしゃばっていいなら、俺が代弁するが?
19: 2013/05/31(金) 22:10:27.24 ID:n0vZDk0Z0
>>18
お願いします
20: 2013/05/31(金) 22:12:04.88
違いが名前しかないなら別の世界の自分なんじゃないの
22: 2013/05/31(金) 22:16:35.64 ID:n0vZDk0Z0
じゃあ >>20 は、ある日突然そうなった場合でも受け入れられるって事?
28: 2013/05/31(金) 22:31:16.33
>>22
名前がどうのって問題より自分の意識が前の世界のままでパラレルワールドに
来たら受け入れられないと思う。

名前一緒でも違くてもまず世界が違うし
24: 2013/05/31(金) 22:22:32.93
>>22  
と思う
そういう事象が起こっていないってのは証明できないから、もしあるならそういう
事例を挙げない事には証明できないよね
悪魔の証明ってところだろう
26: 2013/05/31(金) 22:26:09.34 ID:n0vZDk0Z0
>>24
そうか。じゃあ頭がおかしくなっただけか

ごめんね、ありがとう
27: 2013/05/31(金) 22:30:02.87
>>26
え?いや、そういう風に言ったつもりじゃなかったんだけどそう聞こえた
ならごめんな

ただ、そういう考えってさ 一般的には受け入れづらいだろ?

寝て起きて名前が変わる事があるかもよ?って言われてもさ

てか話の論点ずれてきたなww 

パラレルワールドってか寝て起きて名前が変わったらって時のことが聞きたかったのか?
30: 2013/05/31(金) 22:36:43.22 ID:n0vZDk0Z0
>>27
あ、いや謝る必要なんてないよ。
すごく丁寧に話してくれたし寧ろ感謝してる。
ありがとう。
21: 2013/05/31(金) 22:16:11.59
つまり、 顔や体つきは同じでも名前が違ったらそれはもう本人じゃないって事だよ。
25: 2013/05/31(金) 22:23:07.16
(・・?)ぽかーん
29: 2013/05/31(金) 22:33:17.08
一卵性の双子だな
見た目全く同じだが人間としては個別に認識し合ってる
31: 2013/05/31(金) 22:36:46.60
一卵性の双子はほとんど同じ遺伝子だけど全く違う人間だからね
パラレルワールドの自分より違う存在だと思う
32: 2013/05/31(金) 23:28:38.20
俺には難解だった
34: 2013/05/31(金) 23:48:51.92
パラレルワールドなら名前が同じでも別人だろ
35: 2013/06/01(土) 00:45:09.64
なんだこれ
頭痛ってえ
38: 2013/06/01(土) 06:43:40.41
パラレルワールドってそもそも違う可能性の世界とかじゃないの?

この世界とは違う国とかがあるなら、人の動きも違うだろうし、そうなれば移民受け入れで国際結婚もあるだろうし。

だから、この世界では生まれてない人間がパラレルワールドでは生まれてるかもしれないからね。

名前は状況が違うんだから、この世界のお前と別の世界のお前は別物なんじゃないの?
39: 2013/06/01(土) 07:07:06.00
自分をどう定義するかだ
43: 2013/06/02(日) 20:24:12.08
>>1 はパラレルワールドに帰ったの?
44: 2013/06/03(月) 13:34:25.71 ID:7Gr55XKI0
>>43
いやいや、そういうんじゃなくてさ


よく、異世界から来たってスレ立つでしょ。



疑問だったんだよね。

なぜ、そういうことを言い出す人は無意識に自分は自分って認識してるんだろ
うって。
異なる世界に来たはずなのに。
異なる世界なら元の世界の自分とは別人てことじゃないのか。


よく、あるはずのものがなかったり、歴史が違ったりっていう話から入るけれど、
そもそも異世界の自分と元の世界の自分が同一人物かなんてなぜ言い切れるのか。

だいたいの話は自分だけが変化しておらず、自分の周りだけが変化している=異世界

なぜ名前が違うという可能性の話がないのか
元の世界と異世界の自分が同一人物なんてどこで判断しているのか

何を言ってるのかわからないかもしれないけれど・・・
47: 2013/06/03(月) 15:41:43.31
>>44
意識が連続してるからじゃない?
49: 2013/06/03(月) 15:48:29.75 ID:7Gr55XKI0
>>47
そう、だからこそ自分が自分であるかどうかの証明方法をさがなさいといけない
45: 2013/06/03(月) 14:59:34.24
なんだっけか

宗教組織の地下のリングくぐって異世界に迷い込んだ話は名前も変わってた
ケースだったような
元の世界では○○って名前だったけど異世界では家族も人間関係も違ってて
自分の名前も昔から△△って呼ばれてた事になってたアレ
48: 2013/06/03(月) 15:46:53.64
みかんで置き換えてみよう
この世界ではこの果物をみかんと言うけど、Bの世界ではこれをメロンと言う
そしてCの世界ではこれをバナナと言うとする。
それぞれ呼び名が違ったとしても、つぶつぶとした皮や酸味や風味はどれも同じ

どの世界でもその人はその人ってことじゃないのか。
50: 2013/06/03(月) 15:51:01.44 ID:7Gr55XKI0
>>48
非常にわかりやすい例えだと思う。
ただそれは外側から見た場合成立する事だと思うんだよね。
51: 2013/06/03(月) 15:57:12.40
>>49
なに言ってるかわかんないんですけど
証明ってなに?
52: 2013/06/03(月) 16:07:42.08
パラレルワールドが実在するのかどうかの証明が先だろうに
53: 2013/06/03(月) 16:26:36.81
なんか凄く難しいな

本人が、私は今まで認識していた自分(A子)ではなく自分をB子なんだと認識する
ようになったら その時点でA子じゃなくてB子(その世界のA子)になってしまうんじゃないかな。

他人が、外見も含めてこの人は私のよく知っているB子に違いないと思っていても
私はA子だ!と主張するその人はその時点でB子じゃない

B子は突然自分をA子だなんて言ったりしないから。

でもそれだと記憶喪失の人も別人ってことになってしまうな…
その場合別人でいいのだろうか。
なんか俺まで頭がごちゃごちゃしてきた
54: 2013/06/03(月) 16:33:54.12
自我はどこにあるのかって話だな
それはまだ証明されてないからわからんよ
57: 2013/06/03(月) 17:10:04.76 ID:7Gr55XKI0
なんでこんな事を聞くかと言うと、
家族がそうなってしまったからなんだよね
58: 2013/06/03(月) 17:13:21.74
新しい展開ktkr
59: 2013/06/03(月) 17:21:17.03 ID:7Gr55XKI0
まぁとりあえずはもう落ち着いたというか、騒ぎは無理やり収まったんだけど
自分的に納得がいかなくて
60: 2013/06/03(月) 17:48:20.89
まさかの展開

事故とかそういうキッカケもなくある日突然そうなったの?
61: 2013/06/03(月) 18:10:58.62 ID:7Gr55XKI0
>>60
うん、朝起きたら・・・というか起きてこなかったんだよ。

で、起こしに行ったら事が始まってた感じ。
65: 2013/06/04(火) 00:06:41.77
ひまだから詳しく聞こうじゃないか
67: 2013/06/04(火) 00:15:18.97 ID:zB4slxyM0
>>65
おっ聞いてくれるかい?

まぁ手短に話すわ。

さっきも書いたが、朝兄を起こして来てくれって頼まれたから部屋に起こしに行ったんだよ。

そしたら上半身だけ起こして一点を見つめて固まってるのな。

薄暗い部屋ん中で。
L←こんな風に。

だから、兄の名前呼んで大丈夫?って聞いたんだよ。
そしたら兄は???みたいな顔してこっち見つめるんだよ。
引きつった顔してさ。
68: 2013/06/04(火) 00:18:45.97
それでそれで?
69: 2013/06/04(火) 00:22:01.83
ほうほう
70: 2013/06/04(火) 00:24:29.27 ID:zB4slxyM0
誰ですか?この部屋なんですか?ってパニック状態で。
俺ももうキョトンとするしかなかった。

でも本人はパニックになってるから会話にならないのさ。
1人でブツブツつぶやいてこっちの問いかけには一切返さないんだよ。

だから一旦部屋から出て親に事情を話に戻った。兄ちゃんの様子がおかしいって。
その様子をみた母までパニック。

異常な光景だったよ。

とりあえず脳の病気じゃないかもってことですぐに病院に電話した。
71: 2013/06/04(火) 00:26:50.76
うんうん
72: 2013/06/04(火) 00:30:10.67 ID:zB4slxyM0
ってもちゃんとした設備のある大きな病院なんてないから、たまに診察してもらうそこそこ大きな病院につれてくしかなかった。
しかも内科。

母も気が動転しちゃってるから三人でタクシーで向かったんだよね。

道中、学校に休むって電話と父に簡単に事情を話した。
父が戻るって教えたら母は少しだけ安堵してたわ。

当の本人は相変わらず。
緊張して顔が強張ったまま一言も口にしないんだよ。
73: 2013/06/04(火) 00:32:59.31
何があったんだ…
74: 2013/06/04(火) 00:37:25.86 ID:zB4slxyM0
で、問診が始まる最初の質問の答えからもう話が進まないのさ。

普通に違う名前を言い出すのね。カスリもしない全く別の名前。

で、兄も周りの表情見てやっぱりおかしいって事を感じたみたいで発狂。

で、そのまま兄は別の部屋に連れていかれた。

医者は母に前日の状況を細かく聞いていたけど、普段通り何もない生活の事を細かく思い出すのは中々に難しいんだよ。
これといって有力な情報はなし。

医者はそのまま大学病院に紹介状の手続きをとってくれた
75: 2013/06/04(火) 00:41:18.01 ID:zB4slxyM0
さすがに発狂した人間をその日のうちに病院に連れて行くのは、本人の精神面的にも良くないだろうって事で、その日は帰宅した。
薬とかの処方もなし。

家についても兄は自分の部屋には戻りたがらなかった。

知らない他人の個室に居るより、リビングに居るほうが落ち着けるからと。

会話についてだけど、口調は基本的に敬語な。
親しくない他人と会話する感じだ。
76: 2013/06/04(火) 00:47:10.77 ID:sYjKiqI80
もう家族全員無言。母は泣き出す始末。

それをなだめる父親と、ただ黙ってる兄弟。
兄は申し訳なさそうに苦しそうだった。

母はメンタルが弱いってのと、兄の姿を見て気を利かせたのか少し席を外すと
言ってリビングから出て行った。


でさ、まぁ会話がないわけ。

でも黙っていても始まらんから名前聞いたのさ。改めて。
そしたらやっぱり別の名前を答えるわけ。
ふっつうの何処にでもある名前をさ。

だからこっちも◯◯です。って挨拶した
77: 2013/06/04(火) 00:53:46.56 ID:sYjKiqI80
そこから少しずつどうでもいい事を聞いたり答えたりしたわ。
相変わらず口調は敬語で他人行儀。

何十年も一緒に生活して来た人間と、こんなやり取りをしてると得体のしれない何かと話ししてるみたいで正直気持ちが悪かった。
家族の顔をした他人って相当気持ち悪いものなんだぜ。

兄は自分がいた世界の事を話してくれたけれど、俺自身は脳の病気だと思っていたから兄の話はほとんど聞き流していた。
適当に相槌うって興味のあるふりをしてた。
78: 2013/06/04(火) 00:54:16.77 ID:sYjKiqI80
なんだか思ったより長くなるな。
すまん
82: 2013/06/04(火) 01:00:29.13
眠くて送信押してたw
兄さんはどういうとこで生活してたとか、ここと変わらない世界なのかとか
聞いてくれよん
86: 2013/06/04(火) 01:07:49.62 ID:sYjKiqI80
>>82
今はもう無理だ
83: 2013/06/04(火) 01:00:36.66 ID:sYjKiqI80
その日、母はそのまま寝込んでしまったので兄と2人でカップラーメンを食べた。
トマト味のやつ。

父は仕事を休む手続きを取るため会社へもどっていった。
85: 2013/06/04(火) 01:07:04.87 ID:sYjKiqI80
次の朝、家族会議をした。
兄は兄だけど本人からしたら他人なわけだから、こちらもそういう風に接しようという事。名前の面とかな。

親が出した要求は病院で検査を受けること。
家はここだから、必ずここに帰ってくる事。
なんかこんな感じだったとおもうわ。

その日から兄は他人になったんだよな。
87: 2013/06/04(火) 01:14:23.65 ID:sYjKiqI80
いつ治るかわからんような状態だから兄は話し合いの元、学校を休学した。
そもそも学校行っても友達は友達じゃないんだからな。


家では家事を主に担当してたわ。

なんか家政婦見たいだったな。何かやってなきゃ気がおかしくなるって感じだった。
だからできる限り俺も兄を構うようにした。
ゲームしたり映画見たり、やってる事は普通の兄弟となんら変わりなかったんだけどな。


少しずつ生活に慣れて来て大きな病院にも何回か行ったけど、脳に異常はなし、一種の記憶障害じゃないかって事で落ち着いた。

ここまでくると正直、本人よりも母の方が持たなくなっていた。
88: 2013/06/04(火) 01:18:39.54 ID:sYjKiqI80
そしたらさ、母は日に日に兄を本当の他人のように接するようになってた。
兄からしたら普通なんだけど、俺からしたら何か壊れた家庭みてるようで辛かった。

そのうち母は兄に話しかける事をしなくなった。父もなんて声をかけていいかわからなくなってたんだとおもう。顔を合わせても一言二言であとは無言。

夕飯も2人で食べる事が多くなってた
91: 2013/06/04(火) 01:29:44.20 ID:sYjKiqI80
薬とか特に出されてる訳じゃないから、
治る見込みなんて無いようなものだったんだよね
そういう事も、そうなってしまった原因の一つかもしれない

そんな生活が続いた日にさ夜中に兄が来たんだよ。いつもはリビングで寝てたから
2階に上がってくるのなんてもうほんと久しぶりだった。

話をしようって。
兄の話を聞かせて欲しいって。
兄の顔をした他人に兄の話をした。
気持ち悪いやら恥ずかしいやらで、やっぱり気持ち悪かった。

で、最後にごめんなって一言
そこだけ敬語じゃねぇのさ。

で、寝るからっていって部屋から出てった。
おやすみって声かけには返答してくれなかった



次の日さ、リビングにいねぇのさ。
きれいに片付いてるの。
何も誰も最初から居なかったみたいに。

まぁ後はわかるよな
94: 2013/06/04(火) 01:38:53.40 ID:sYjKiqI80
でも玄関に靴はある

必然的に部屋に向かうだろ?
兄の部屋
でもさアレだけ入りたがらなかった部屋に居るかなんて疑問にも思ったけど
部屋開けたんだよ


そしたらさ、そこでぶら下がってんの
兄の顔した他人が
I書も何にもなし。

でもさ、不思議な事に昨日までルールとは言え他人として接してきたまま4なれたから感情が追いつかないわけ。
家族全員。
95: 2013/06/04(火) 01:45:26.61 ID:sYjKiqI80
警察来て葬式やって家壊して母も壊れた


何で最後だけ敬語じゃなかったんかな
本当は長い間演じてただけじゃないかな
話しちゃんと聞けば良かった

でも他人だ


そんな考えが止まらなくなるんだよね

だから本当にパラレルワールドから来たのか、ただ単に兄が演じていただけなのか
俺にはもうわからないわ。

名前の違う兄を
兄の、顔をした他人を
それでも俺は兄と読んでいいのか知りたいだけなんだよ

以上、くそみてぇな話でした。
長々すまんな
96: 2013/06/04(火) 01:47:24.31
入れ替わる方法が分からん以上、吊るのが一番だったのかもしれんな
97: 2013/06/04(火) 01:51:14.88 ID:sYjKiqI80
>>96
俺もそう思う
たぶん、俺もそうすると思う

だからこそ、パラレルワールドから来ったヤツのスレをみると強いなと思う
98: 2013/06/04(火) 02:18:20.85
昔何かの本で読んだのだが、ある日突然自分の子供が
「私は○○だ、生まれは△△だ」
と全く別人の名前と出自を話し始めた

あまりにも詳しくその人生を語るので調べてみると、それが過去に実在した
人物だと判った

これは所謂生まれ変わりではないか?などと話題になったが、自分の4を知らぬ霊に取り憑かれただけ、一時的に他者に体を乗っ取られただけと判断する霊能者もいた

まあパラレルワールドが有りならそういうのも有りかなーと
全く関係ない話ですまん

なんというか人によって色々な解釈ができる出来事だね
99: 2013/06/04(火) 04:11:49.82
>>98
それ、よく聞く話だけど実は子供が言い出した人物が実在したと確認できた例は一つもないんだわ

突然遠い国の言葉を喋り出したとかの話もあるけど実はその言語を身近に使う人がいたりね
だからと言って転生がないとは言えないんだが
100: 2013/06/04(火) 04:44:49.04
>>1
本当か?本当に亡くなってしまったのか?
なんてオチだよ…
悲しすぎる

兄さんの話、全然覚えてない?
時代背景とか違ったら霊に体を乗っ取られた説かもしれないし、
同じ世界ぽいけどちょっとこの世と違うかったりするのがパラレルだし、
なんか手がかりというか、モヤっとしたままは辛いだろうなぁ。
お母さん大丈夫か…?
101: 2013/06/04(火) 07:02:09.26 ID:6KgcbOHJ0
>>100
間違いなく兄は亡くなったよ

あるはずの都市がなかったり、地名が違う~とかは正直まったく覚えていない。

都市とかそういう話は覚えてない。
聞きたいのはそういう事なんだろうけど、いかんせん聞き流していたからな。

話した事は家族とか友達とかの話。

もちろん家族の顔は全く違うし、そもそも弟は存在してなかった。

だからこそ兄は突然の現状にパニックになったんだとおもう。
向こうで俺と同じ顔をしたヤツが存在していれば少しは違ったのかもしれないけど、居ないんじゃ心の開きようが無いのも頷けるよ。

彼にとっては最初から最後まで俺は他人だったんだからな。

母はダメだな。廃人みたいだもの。
父も感染してしまった。

まぁ嘘みたいな話だけどな。
信じれないのも分かるから各個人で判断してくれ
102: 2013/06/04(火) 08:21:09.38
パラレルに迷い込む事はもしかしたら日常的に体験してるかもしれない。
誰もが気づく事象で起きるのではなく些細な変化でね。

「あれ?この建物 いつのまに出来た?あったっけこの建物」
「この蛇の4骸 向きが変わってるぞ 昨日は別の向きだったのに」
とかね。 解釈はもちろん工事して建ったとか普通にできるけど
もしかしたらそれがもうパラレルみたいな。
103: 2013/06/04(火) 10:01:52.53 ID:6KgcbOHJ0
>>102
面白い解釈だね
104: 2013/06/04(火) 19:09:32.89
1はなんで兄がパラレルワールドから来たと思った?
転生で前世の記憶が蘇ったとかじゃなく
脳の異常とか多重人格じゃなくそうかもと思ったきっかけを教えて欲しい
105: 2013/06/04(火) 19:50:59.88 ID:6KgcbOHJ0
>>104
兄が存命していたとき俺自身は脳の病気だと思っていたよ。パラレルワールドなんて言葉は知らなかったし。だからこそ、兄の話はほとんど覚えてない。聞き流していたからね。

パラレルワールドうんぬんは2chでしったのと、そういうスレがたつから。
そして体験した人は例外なく異世界でも自分を自分と認識していることに疑問を
抱いたから。
106: 2013/06/04(火) 19:58:30.07
>>105
それまでの兄はどこに行ったと思う?
意識だけがパラレルワールドからきたのか?
それとも身体ごと入れ替わったのか?
今でも世界のどこかで本当の兄がさまよっているのか?
その達観した様子がよくわからんのだが
107: 2013/06/04(火) 20:46:15.09 ID:6KgcbOHJ0
>>106
想像もつかないな。

どちらにしても既に肉体がない以上本当の兄もくそもねぇかな。
達観してるわけじゃねぇよ。わからなすぎてわからないんだよ。
その選択肢なら兄の場合は意識だけ他人に入れ替わったって事になるのかな。

でもさ最後だけ敬語じゃないってのが自分の中で最大に引っかかってる。
そこから演じてただけじゃないかって疑惑が拭えないのも確か。

質問の答えになってるか?
110: 2013/06/04(火) 21:04:37.76
>>107
演じる、とはなぜ演じる必要があったの?
元から鬱ぎみだったの?
113: 2013/06/04(火) 21:48:39.65 ID:6KgcbOHJ0
>>110
いや鬱気味とかそんなん一切感じなかったな。
もしかしたらあったのかもしれないけれど今となっては確かめようがない。

もしかしたら、何か思いつめていて糸口かみつけられないままの兄が出した終わり方が演じることだったのかもしれないというただの可能性の話だ

わからないよな。すまん
108: 2013/06/04(火) 20:53:46.43
最後のタメ口はお前を弟と認めたってことだと思ったんだが違うのかなあ?
もしも意識の入れ替わりだと思うんだったら本当の兄を探したくならないかなって思っただけだ
112: 2013/06/04(火) 21:45:05.52 ID:6KgcbOHJ0
>>108
兄がいうには兄の世界には弟は存在してなかった。
だから俺を弟と認めたって事はないと思うわ。

彼にとって俺の存在はどこまで行っても他人だったんじゃないかな。
111: 2013/06/04(火) 21:10:05.22
もしか入れ替わりが成功してたとして、一番ガッカリなのは本来の兄だよな
戻った!と思ったら体が無いとかもうね・・・
128: 2013/06/06(木) 11:56:13.82
この世界に似た別世界から来たのか
この世界から分岐した世界から来たのか

別世界から来たってんなら、顔以外全然別人だってのには納得できる
分岐世界から来たってんなら、顔以外にもなにかしらの共通項あって
然るべきだと思うぞ
148: 2013/06/08(土) 02:29:55.33
平行世界で別の可能性の自分がいるかもって考えるのは楽しいけど、
今の科学で考えると「異世界」とか「別世界」がしっくりくる表現なんだよな


スポンサーリンク



TOPに戻り他の記事を読む


【おすすめ人気記事】


世界で一番やばい心霊スポットってどこ?


『新撰組の斎藤一』←謎の多い歴史上の人物っているよね


ロスチャイルド家の総資産が想像を超えててワロタ


【呪いの真実】ツタンカーメ ンの呪いで犠牲になった人々


本当に霊を見た事がある奴にしか分からない事


【未解決事件】長岡京ワラビ採り事件の犯人って女性の可能性もあるよな


南海トラフ地震が起きて、テレビにこんな震 度表示が出たらどうする?


萩原流行さんの事件って闇深すぎやろ


日本で起こった一番凶悪で怖い事件と言えば何?


狭山事件で関係者6人が亡くなるとか謎すぎて 怖い


自称サイコパスのやつにありがちなこと


俺の彼女のヤバすぎる霊感エピソードを書いていく「その1」


東日本大震災の被災者だけど独身の男は避難所に行っ てはいけない


コミュ症のワイが患ってる恐怖症で打線組んだ


【元少年A】酒鬼薔薇聖斗が未だに叩かれる理由が分からない






オカルト注目記事

学生時代にやった “意味不明で奇妙なバイト” をいろいろ紹介してく


医者だが “受診に役立つ裏話” や知っておいて欲しい“コツ”を教えるよ





ザ・ミステリー体験では皆さまからの投稿を受け付けております。

ご自身のホラー体験・不思議体験などありましたら、TOPページメッセージフォームよりお願い致します。





アクセスランキング

元スレhttps://anchorage.5ch.net/test/read.cgi/occult/1234576894/