bandicam 2017-09-29 18-39-39-955

1: 20xx/ミステリー master
先日、ちょっとした切欠でオカ板に来て以来、皆さんの話を楽しみながら拝見しています。 ここで、私自身の体験じゃないのですが、長い付き合いのある山先輩
(と言っても、かなりの年齢。仮に、義一さんとします)から聞いた話をします。


スポンサーリンク


本日のおすすめピックアップ記事


【PTA問題】田舎だけではない「都会でも起こりうる村八分という悪習」


学者「翼竜は飛べなかった!」「ティラノサウルスはスカベンジャーやった!」


一番美味いパスタのタレ、なんだかんだで結局カルボナーラ説


職場に来たクレーマーのBBAが怖すぎる…


みんなにアルコール依存症の恐ろしさを伝えたい


3.11の津波で全てを流された俺に聞きたいことある?


中国人の夏の過ごし方が幸せそうで草


私は呪いの歌を伝えられた末裔です


職場のwin7が再起動ループなっててワロタ


【貯金するコツ】これを実行すれば必ず貯まるようになる


【持ち家vs賃貸】賃貸派の人が一番見誤っている大事なことがある


セブンイレブン役員「このお弁当人気やなぁ…せやwwwwww」


昔の人が考えた間違った説を上げていくスレ


【節約術】1日の食費を300円くらいに抑えることってできる?


クズの借金だらけの男が経営者になった話をする


【普通だよね?】トッモ「12時集合な」ワイ「わかったで~(12時に家出たらええか)」


軽いネトゲ廃人だった俺が運命の女性と出会った話



おすすめブログ最新一覧




スポンサーリンク


1: 20xx/ミステリー master
この話は、義一さんの祖父が、さらに自身の祖父(義一さんから数えれば、5代前の人)から聞いた話を、 日記に書いて記録していたもので、義一さんが祖父の遺品を整理していた時に、見つけたのだそうです。

そして今回の話は、その5代前のご先祖様(仮に義雄さん、とします)です。

だいぶ長くなりますので、読み飛ばして頂いても構いません。

場所は東北某県、時代は明治初期。

山深い村落で起きた話です。
1: 20xx/ミステリー master
当時の人々は皆そうでしたが、特に義雄さんは健脚で知られ、普通の人が一里歩くだけの時間があれば、三里は歩く、という人でした。

それでいて、肝も据わっている。

そんな彼ですので、隣村への用事とかには、非常に重宝がられていたそうです。

そんなある日、彼は県境を越えた遠くにある大きな街へ、用事で出掛ける事になりました。

朝、暗いうちから家を出て、義雄さんは山道をドンドン進んでいきました。

山道…と言っても当時の事ですから、山の中に獣道のような細い道があるだけ、といった状態です。

山道は片方が山で、もう片方が急斜面となっており、底には川が流れています。

踏み外したら谷底へ真っ逆さまです。

が、度胸のある義雄さんは恐れる事なく、進み続けます。

さて、暫く歩いていくと、遠くに赤いモノがチラチラと見えるのに気付きました。
「なんだ、あれは?」と思いつつ、歩を進める義雄さん。

やがて、その赤いものの正体が次第に分かってきました。

どうやら、着物が木の枝に引っかかり、風にユラユラ揺れているようです。
1: 20xx/ミステリー master
こんな山奥、それも木の枝になんであんな着物が引っかかってんだ?と思いつつ義雄さんは近付いていきました。

やがて着物が引っかかってる木の前まで来た義雄さんは、着物をよく見ました。

着物に全然詳しくない彼ですら、こんな田舎では滅多に見られない程の高級品であることは一目瞭然でした。

と、義雄さんは突然声を掛けられました。

「ねえ、あんた」

その声に義雄さんは我に返って振り向くと、これまた山奥には似つかわしくない美人が立っています。

「ねえ、あんた。着物を取って」

彼は女性に言われるがまま、着物を取ってあげました。

義雄さんは着物を渡しつつ、彼女を観察しました。

艶のある長い黒髪、雪のような白い肌、そして美しい顔立ち。

年の頃は、16~18ぐらいに見えたそうです。

「あんた、A街(義雄さんが行く予定の街)まで行くんでしょう?」

見惚れて口も利けない義雄さんを見越してか、彼女は自分からペラペラと話してきます。

「私も、A街へ行くの」

「一緒に行きましょう」

義雄さんは彼女の美しさに見惚れて、ただ黙って頷くばかりです。
やがて、義雄さんは女性を連れて歩き出しました。

歩き出してからは義雄さんにも余裕が出てきて『上手く口説けないもんか』ぐらいまで考えていました。

しかし、それと共に何となく… 具体的に何が、という訳ではないのですが、違和感を感じるようになりました。
1: 20xx/ミステリー master
女性は、健脚で知られる義雄さんの後を、息も乱さず付いて来ます。

まあ、それもおかしいが、それだけじゃない。何かがおかしい。

でも、何が変なんだろう…?

そんな事を考えつつ、義雄さんは後ろをチラリと振り返ります。

女性はやはり疲れた様子も無く、笑顔すら浮かべて付いてきています。

『まぁ美人だし、細かい事は気にしてもしょうがねぇ』

と思ってると、女性が突然、話しかけてきました。

「あんた、A街のBって所、知ってる?」

「B?知らねぇなぁ…」

「私ねぇ、Bのねぇ…」

女性は、A街のBという場所に住む、□□という人物の話を始めました。

まあ、早い話が、彼女は□□家主人の妻以外の女性(妻以外の女性)だというのです。

「そんな人が、何でこんな所に1人で居るんだね?」

と言いながら振り向いた義雄さんはビックリしました。
彼女はいつからそうしていたのか、義雄さんの背中に自分の身体をベッタリくっつくけて、彼のの耳元で囁くように話しかけていたのです。

そして、ここに至って義雄さんは、ずっと抱いていた違和感にようやく、気付きました。

『コイツ、俺と出会ってからずっと後ろを歩いてるのに、どうして足音がしないんだ? さっきからずっと、俺が1人で歩いてるみたいじゃねえか…この女、変だぞ…』

不安に駆られた義雄さんは、何とか女性から身体を離そうとします。
ですが、何故か身体が動かない…。
1: 20xx/ミステリー master
焦る義雄さんの耳元に口を近づけたままの彼女は、今までとは打って変わった低く、唸るような声で、言葉を発しました。

「あんたも私を捨てるんだろう?ねぇ?捨てるんだろう?」

「一体何の話だ、捨てるって何だ…俺は何も知らん、お前、一体誰なんだ、離してくれ!」

義雄さんは、必4に言葉を搾り出します。ですが、そこから先は言葉が続きませんでした。

気付けば、彼女の目玉は外へ飛び出し、頭はザックリと割れ、更に顔は何かで何度も殴られたかのように、滅茶苦茶に潰れていたのです。

あの綺麗な顔の面影はどこにもありません。
彼女は既にざんバラ婆と言っても良い風貌になっていました。

「うわあっ!」
義雄さんは腰も抜かさんばかりに驚き、途端に身体が自由になりました。

そして気付けば、細い山道を必4に逃げていました。

「ヒヒヒ、ヒヒヒヒッ!」
後ろからは、女性のものと思われる、狂ったような笑い声が響いてきます。
1: 20xx/ミステリー master
それと共に、何かが腐ったような強烈な臭いもしてきました。

「だ、誰かッ!助けてくれ!」

義雄さんは助けを求めますが、ここは山の中。人など居ません。

「ヒヒッ、ヒヒヒヒッ!」後ろの声は、徐々に近づいてきます。

それと共に臭いも強烈になり…義雄さんは、気を失いました。

気付いた時、義雄さんは急斜面の途中にある木に引っかかっていました。

下の川まで落ちたら、助からなかったでしょう。

義雄さんは何とか山道まで這い上がり、傷だらけの身体を引き摺りつつ山道を歩きました。 そうして歩いている間も、山の茂みや谷底から小さく「ヒヒヒッ」と笑う声が聞こえたり、強烈な臭いがしました。
1: 20xx/ミステリー master
 ですが、義雄さんは『聞いちゃいけない、見ちゃいけない』と念じつつA街の用事先まで辿り付き、そこで再び気を失いました。

次に気付いた時、彼は手当てをされ、寝かされていました。

義雄さんは用事先の人達に傷の手当てをしてくれた御礼と、山で起きた話をしました。 手当てをしてくれた人は、なんだそれは?

みたいな顔をしていたそうなのですが、義雄さんがあまりに必4な顔をして訴えるので、 一番長生きしている爺さんなら、何か知っているかも…と言って、お年寄りを呼んでくれました。
1: 20xx/ミステリー master
やがて部屋に入ってきたお年寄りに、山で起きた話をしたところ、お年寄りも最初は思い出せないようでしたが、 △△の□□、という地名と苗字を言ったところ

「ああ。居た、居た。□□なら知ってる」と言います。

そして更に「こんな幽霊だったんですけど…」と幽霊の特徴を話したところ、 お年寄りは突然「あいつ、本当に頃してたのか!」と言って、青くなったそうです。

お年寄りは暫く青くなって話も出来ない感じでしたが、やがて義雄さんに以下のような内容の事を語ってくれました。

話は、お年寄りが若者の頃まで遡ります。

まず、□□という家は、A街に存在していた。
存在していた…というのは、既に□□の家は絶えているからだ。

そして例の女性だが、義雄さんの言う特徴を聞く限り□□の当主が囲っていた、○○という妻以外の女性だ。

妻以外の女性の○○は、関東だかどこだか、とにかく遠くから来た人らしい。
1: 20xx/ミステリー master
お年寄りは何度か○○自身と話したことがあるらしい。
彼女からは、とても良い香りがした。

肌は雪のように白く髪は黒々とし、優しくて綺麗な人だ、と思った。
そして、□□当主から貰ったらしい高級そうな赤い着物がお気に入りだったらしく、よく着ているのを見た。

だが、○○は□□家本妻△△と険悪な仲だった。
お互いがいがみ合ってるのは、誰の目から見ても明らかだった。

いがみ合う理由は色々だったらしいが、主な理由は□□当主絡みだったらしい。
まあこんな感じで険悪な仲の2人だったのだが、ある日を境に○○が居なくなった。

何の前触れもなく、本当に突然居なくなった。

□□の当主は誰かに聞かれる度に

「○○は△△と喧嘩した後、どこかへ逃げた」とか言ってたらしい。

だが、あれだけ惚れ込んでいた○○が逃げたというのに、□□当主は一向に探す気配もなく、落ち込んでいるだけ。

それに反して本妻△△は、以前とはガラリと変わって、かなり明るくなった。
△△の豹変ぶりを見た近所の人がある時、冗談半分で△△に

「今はいいが、後で○○が戻ってきたらどうするね?」と聞いた。
1: 20xx/ミステリー master
すると△△は「いいや、あいつは絶対戻ってこないね」と自信たっぷりに言う。

そこで再び相手の人が

「なんでそんなにハッキリ戻らない、と言えるんだね、 まさかあんた、○○が憎いあまりに頃したんじゃないだろうねぇ?」と聞いた。

勿論、聞いた人は冗談で聞いたのだ。

だが、△△は事も無げに

「ああ。あの生意気な小娘、頭カチ割って顔を叩き潰してやった」と、言ってのけた。 その場に居合わせた人々は一瞬固まった。

が、誰も現場を見た訳じゃないし、△△は、あまりにも堂々として喋ってるし、その場の皆は「またまた冗談を」と笑って聞き流した。

それから暫くは何事も無く平穏だったのだが、ある時期からたった数年だかで、□□当主も本妻の△△も、 更にはその息子達も立て続けに4んでしまい、□□の一家は完全に絶えた。

□□家があっと言う間に全滅したのを見た人達の中には

「ひょっとして△△の奴、本当に○○を頃したんじゃないか、その祟りなんじゃないのか」と言う人も居たらしい。

だが、それも根拠の無い噂である。
あっという間に忘れ去られてしまった……。
1: 20xx/ミステリー master
でも、数十年経った今、義雄さんの口から幽霊の特徴(歳の頃16~18で赤い着物、白い肌)を聞いた上、 その後の変化(頭が割れてて、顔が滅茶苦茶に潰されていた)を聞いて、お年寄りの口から「本当に…」という台詞が出てきたのです。

まあ、この後がちょっと大変でした。

義雄さんから話を聞いたお年寄りは

「見たのは山道の、大体どの辺だったのか。案内してくれ。供養する」
と言ってきたんですが、 義雄さんは行くのは絶対嫌だったので、大体の場所を教えてあげたそうです。

ところで義雄さんには、疑問が残りました。
と言うのも、その山道は何度か通ったことはあるけれど、この幽霊に遭ったのは初めてだったのです。

何故今回出てきたのか?

しかも自分は、□□家とは何の繋がりも無いのに… と不思議に思ったのですが、結局この疑問の答えは出なかったみたいです。

やがてA街で用事を済ませたものの、例の出来事があるのと傷のせいで村に帰るに帰れない義雄さんの為に、 用事先の人が義雄さんを村まで連れ帰ってくれることになりました。 但し、今度は別の道を使って帰ったそうです。
1: 20xx/ミステリー master
さて、村に帰った義雄さんですが、やはり日頃健脚として知られ、山には慣れている彼が気を失うほどの怪我をして帰ってきたのを、皆が不審がりました。

が、義雄さんは誰に聞かれても

「足を滑らせ、道を踏み外した」と言って通しました。

喋ると、祟られるとでも思ったのでしょうか。

ですが、それから何をやっても失敗ばかりしたそうです。
そして時折、畑仕事をしている時や家の中に居る時、あの「腐ったような臭い」が漂ってきたり、屋根裏や家の外から、 時には耳元で「ヒヒヒッ」と笑い声が聞こえてくるようになりました。

家の中に居ようが外に居ようが、畑仕事してようが寝てようが、義雄さんは笑い声や臭いに悩まされ続けました。

当然、義雄さん以外の人達は声も聞こえなければ臭いだってしません。

妻以外の女性の幽霊は、何故か義雄さんに付き纏い続けました

そんな事が続いた後、義雄さんは逃げるように別の大きな街へ行き、お祓いだの何だのをして貰い、やっと臭いや声が聞こえる事は無くなったようです。

そして、そのまま街へ居付き、頑張って働いて結婚して子孫を残し、代を重ねて義一さんが生まれた訳です。

義雄さんが妻以外の女性の幽霊と遭ったと思われる山道は現在、廃道化が著しく、残ってるかどうかも怪しいらしいです。

山や山中の廃道巡りが好きな私は、

「行ってみたいから、山道の場所を教えてくれませんか?」

と言いましたが、 義一さんは

「とんでもない事だ。そういうのは、触れるべきじゃない、そっとしとくもんだ」

と言って、絶対に教えてくれませんでした。

この、あまりに長い話を、義一さんは何度かに分けて私に話してくれました。

そして最後に

「今の時代も、ちょっとお金を稼ぐと、すぐに妻以外の女性を囲う人は居る。でも、奥さんや子供を泣かせるだけで、何もならない」

と言っておりました。 私の話は、以上です。


スポンサーリンク





本日のおすすめブログ最新一覧



ザ・ミステリー体験【おすすめ人気記事】


アメリカのいじめにありがちなことを挙げてけ


会社クビになったけど、人間って温かいな・・・


【いじめ】軽い気持ちで弟の日記見てしまったんだが、この先どうすればいいんだ・・・


【驚きw】アインシュタインの予言が的確すぎワロタwww


お局様が新入社員にいじめられてて草wwwww


幼い頃の不思議な体験「鬼が来た」


俺「俺、竹中工務店から内定貰ったよ!!!」彼女「え、ちょっと待って・・・別れましょう」


ワイ保険営業、保険なんていらないと考えはじめるwwww


彼女「男先輩と映画行っていい?w」ワイ「ええで・・・・・」


イモトアヤコが南極から帰ってきた結果wwwwwwwww


トランプ大統領怖えぇぇぇ「北朝鮮が約束を守ると信じる」もし守らなかったら、その時は…((;゚Д゚))ガクブル


【呪われた地】会津若松市とかいう魔境wwwwwwww


【やっぱりw】クレジットカード所有率の1位ワロタwwwwwwwwwwww


【保存版】詐欺師の営業手法を教えます「意外と身近に詐欺師は居る」


【聞いてくれ】マンションの上の階の住人が物凄いキチ家族だった・・・


現在ナマポ31歳、ワイの職歴一覧がこちらwwwwwwwwwwwwww


【問題】これが解けたらIQ120wwwwwwwwwwww


知らない番号から電話かかってきた時の恐怖「その後のメールに戦慄した」


【怖すぎ…】おんJの怖い話だいすき部


中国人が日本に来て一番難しいと思うことがコレwwwwwwww


幼少ワイ「わーいコンビニのお弁当だwwwwwwwww」


俺の友人が不可解な亡くなり方をした


【フラれてばかりの人生】優しすぎる女性を好きになるとダメやな・・・


山小屋の掲示板「行方不明八名。4者一名」


夜中って何かコンビニ行きたくなるよなwwwww


【心霊スポット】山形の滝不動の刀


NHK、縦読みで東北を煽ってしまうwwwwwwww



【おすすめの人気記事一覧】

大阪・寝屋川の長女を17年監禁した事件って闇深すぎやろ・・・


【税務署の職員困惑】納税者「確定申告に間違いがあったって後で書き換えればいいでし
ょ?」


【発達障害の苦悩】世の中に俺以上のゴミは流石にいねえだろ・・・


日本企業の社長に就任したイギリス人が絶句「日本の最低賃金は低すぎ」


【交換日記】亡くなった彼女がどこかで俺を見ている


【小学生時代の思い出】先生に見せてもらった恐ろしい卒業写真


【ファッ?!】伊賀忍者と甲賀忍者が仲良くてワロタwwwwww


子連れ親「ラーメン大盛り」 店主「お客さん、子供への取り分けで大盛り注文はダメだよ!」 親「え....」


土木女子さん、職人に論破されるwwwwwwwwwww


【人間の恐怖】「赤ちゃん人形」「洗脳」「狂ったおばさん」


【ウソだろ…】ジャッキー・チェンが『中国人の精神日本人』に激オコ「恥さらし!!処罰の対象にして」


【怖すぎ】クレヨンしんちゃんが白目と黒目が逆転してるの気づいて以来怖くて見れない・・・


いじめっ子の末路「彼は人生の凶を引いた」


資産1億3000万円の優待投資家「1日遊んで出費は127円の実態」


ネッコ「美術館やんけwww入って遊んだろwwww」


マンホールって怖くね? だって「人の穴」だぜ?


BBAのせいでワイの新車のハリアーが廃車になった・・・


【来るなよ…】不仲の従姉妹に子供が出来たら、ウチに顔出しにくるようになった


【こいつら最悪w】外資系ホテルで働いてる俺が嫌な客を国別に発表するwwwwww


【放送中止になった話】話してはいけないことを誰かに聞かせると恐ろしいことが起る


ワイ42歳アルバイト、3月いっぱいで契約打ち切りを告げられ困惑・・・


真夜中の幽霊電車「乗客のほぼ全員が私の方を見ていた」


心霊写真の解析お願いします





管理人からのお知らせ

ザ・ミステリー体験では皆さまからの投稿を受け付けております。

ご自身のホラー体験・不思議体験などありましたら、TOPページメッセージフォームよりお願い致します。






アクセスランキング

参考:https://anchorage.5ch.net/test/read.cgi/occult/1234576894/