bandicam 2017-08-11 18-10-57-254

1: 20xx/ミステリー master
このスレはタイトルの通り、俺が今までに体験した不思議な出来事を語るだけ。

1: 20xx/ミステリー master
スペック 俺:JK2、バレー部主将

とりあえず語ってくね。

『物音』

俺の家は2階建てで、俺の部屋は2階にある。 家具はミニテーブル2つ(うち1つはパソコンを置いてる)、2段3列構成の小さい収納棚、タンスだけ。 物をあまり増やさない主義だから、割と広い。

俺の部屋の下は風呂場なんだけど、風呂に入っているとき、よく上から物音がする。 物音がするだけなら、お母ちゃんが俺の部屋にいるのかなって思うんだけど、問題なのはその音。

ガタガタって、椅子を引くような音。 俺の部屋には椅子とかないし、テーブルも壁際に固定してあるから動かせない。

何よりも、俺の部屋和室だから足音とかはしても、ガタガタなんて鳴る筈がないんだよね。
1: 20xx/ミステリー master
『ヘッドホン』

高校1年生の頃の話。

その日はパソコンでバレーの試合の録画を見てた。 夢中になりすぎて、気付いたら深夜1時をまわってた。 次の日は土曜日だったけど部活があるから、7時には起きないといけない。 寝坊したら幼なじみに殴られるから、慌ててパソコンの電源を落とした。
1: 20xx/ミステリー master
ところで、俺はパソコンでバレーの試合を見るとき、細かい音もよく聞こえるようにヘッドホン(結構いい値段がするやつ!)をいつもしてる。

だからその日もヘッドホンをつけていたんだけど、パソコンの電源を切った筈なのに、何やらぼそぼそと音が聞こえた。

びっくりして、固まってたら音が段々大きくなっていって、聞こえなかった音が聞こえた。女の声だった。

「あいしてるあいしてるあいしてるあいしてるあいしてる あいしてるあいしてるあいしてるあいしてるあいしてる ずっといっしょだよ」

って気が遠くなりそうになりそうなくらい聞こえてた。
その後のことは、あんまり覚えてない。

多分、気絶してたんだと思う。 気付いたら朝だった。

ついでに、その日寝坊して幼なじみに殴られた。

スペック 幼なじみ:JK2、バレー部副主将、幼なじみ、すぐに手がでる

この話が一番釣り臭いかなあ
1: 20xx/ミステリー master
 次は後輩の話

『入口』

後輩の的ちゃんは、たまに何もないところをぼーっと眺めてる。 その日も、部活中に的ちゃんが体育館の入口辺りをぼーっと見てたから注意した。 そのときは、すみませんって言って部活に集中してたから何とも思わなかった。

でも、その日部活が終わってから、珍しく的ちゃんが自主練に参加した。 1年生ってこともあって、的ちゃんはそこまで体力がある方じゃない。

だから、大会前以外は、部活が終わったら自主練はせずに帰ることの方が多い。 部活中のこともあって少し心配になったから、どうかしたのかって声をかけてみた。

返答自体は、「何でもないです」だったけど、いつもと様子が違うことくらいわかってたし、さり気なく様子を確認してた。

そうしたら、どうも体育館の入口辺りを気にしてるみたいだった。
俺も何かあるのか見たけど、特に変わったことはなかった。
1: 20xx/ミステリー master
それから20分後くらいだったかな。 的ちゃんがお疲れ様ですって言って自主練を切り上げた。 的ちゃんの様子が気になったし、俺も一緒に自主練を切り上げた。

その後、部室で着替えているときに、もう1回どうかしたのか訪ねた。
的ちゃんは周りを見渡してから、 「入口のところに倒れてたから出られなかっただけです。今はどこにもいないので問題ないです」 と言った。

正直、何のことだかわからなかったけど、そう言った的ちゃんはいつも通りの顔をしてたから、もう大丈夫だろうと思ってそれ以上は突っ込まなかった。

的ちゃん:JK1、バレー部レギュラー、体力ないけどバレーはすごく好き
1: 20xx/ミステリー master
『屋上の人』

俺の高校の屋上にはいつも誰かいる。
高校1年の頃、1時期窓際の前から3番目の席だった。

その日、天気がよかったから俺は窓の外をぼーっと眺めてた。 そしたら、屋上に誰かいることに気付いた。 その誰かはこっちに向かって手を振っていた。

なので、俺も先生にバレないようにこっそり手を振りかえした。 次の日もいるのかなーって思って窓の外を見たら、案の定いた。
また、手を振っていたから、俺も振りかえした。
1: 20xx/ミステリー master
さらにその次の日。

さすがに今日は雨だからいないだろうな、と思いつつも窓の外を見た。 いた。手を振っていた。 屋上に行ってみた。 けど、鍵が開かなかった。

先生に聞いてみると、数年前から鍵が壊れていて屋上には入れないらしい。 何で鍵を直さないのかは聞かなかった。
俺の高校の屋上にはいつも誰かいる。

俺はあれ以来、窓の外を見ていないから知らないけど、多分今日もいるんじゃないかな。
1: 20xx/ミステリー master
『占いの館』

高校1年生の頃の話。

うちの学校のバレー部は「休息日」として、基本的に月曜日が休みなんだ。 夏休みの間は月曜日も部活があるんだけど、午前練だけ。 それで夏休み最初の月曜日、的ちゃん、花、宝、俺で部活後に遊びに行った。

まあ、遊びに行ったって言っても所詮高校生だし、ご飯食べて適当にぶらぶらしてただけなんだけどね。 それで、みんなでだべりながら適当に歩いてたら「占いの館」って看板がついた建物を見つけた。

お1人様300円ってこともあって、「おもしろそうじゃね?」ってみんなで中に入った。 建物の中は薄暗くて、如何にもって感じだった。

1人1人水晶に手をかざして、呪文みたいなのを唱えて貰って占ってたんだけど、俺の番がきたとき占い師さんがあからさまに顔色を変えた。

そして、顔を伏せて少し同情のこもった声で 「あんた近いうちにしぬよ」 って言われた。 俺もみんなもは?ってなってたんだけど、占い師さんは気にせず言葉を続けた。
1: 20xx/ミステリー master
曰く、生前俺に強い思いを持った人間が氏して尚、俺を欲して手を伸ばしているだとかうんたら。 つまり、俺のことが好きだったけど、氏んじゃったから俺を頃して手に入れようっていう悪霊に狙われているらしい。

そして、俺には氏相がでているとのこと。 それで、氏にたくなければこれを持っておけって、木で出来た気味の悪い人形を渡された。 俺は、これが俗にいう悪徳商法ってやつだなって思って、いいですって突き返した。

でも、金とかいらないから持っとけって強引に渡された。 建物から出た後、みんなは気にするなって言ってくれたけど、正直気分が悪くてその日はそのまま解散した。

その週は特に何事もなく過ごしたけど、次の週の月曜日、朝起きたら占い師さんに貰った人形が粉々に割れていた。
それからは特に何もない。

スペック 花:JK2、バレー部レギュラー、占いで女難の相が出ていた。
女子なのに 宝:JK2、バレー部レギュラー、占いで近いうちに臨時収入が入るって言われてた。 ちなみに的ちゃんは、努力を続ければ夢に近づくって言われてた。
1: 20xx/ミステリー master
これは何か本当に不思議な感じ。

『夢』

小学4年生くらいの頃だったと思うけど、不思議な夢を見た。 夢の中で俺は幼なじみ含む友達数名と一緒にいた。 どんな模様だったかはいまいち覚えてないけど、俺以外のみんなは地面に描かれた不思議な模様の上に立ってた。

模様には文字っぽいものも描かれてたけど、どれも見たことのないものだった。 漢字、ひらがな、カタカナが全部混ざった感じ。

1人だけ模様の上に立ってない俺に、みんなが話しかけてたけど、何て言ってるか全くわからなかった。 何だか段々怖くなってきて、俺走って逃げたんだ。

そしたら、幼なじみが追いかけてきた。 他の子達は焦った感じで幼なじみに呼びかけてたけど、幼なじみは気にせず俺を追いかけた
(なぜか他の子達は模様の外には出なかった)。
1: 20xx/ミステリー master
幼なじみの方が足が速いから、俺はすぐに捕まった。 幼なじみが俺に話しかけるんだけど、何言ってるかわからなくて怖くて泣いた。

そしたら、幼なじみが苦笑しながら頭撫でてくれて、何て言ってるかは相変わらずわからなかったけれど、俺は「いつもの幼なじみだ」って思った。 安心したら段々眠くなって、気付いたら布団の中だった。

それから、その夢は1回も見てない。
1: 20xx/ミステリー master
今までで1番怖かったかも。

『猫』

中学生の頃、部活がある日の帰りに通っていた道がある。 その道は本来の通学路じゃないんだけど、その道の方が街頭が多いから、部活があって帰りが遅くなる日はいつもその道を通っていた。

その道の途中で公園の前を通るんだけど、その公園の滑り台の上にいつも同じ猫がいた。 暗くてよく見えなかったけど、金色の目が光ってたからそこにいるってことだけはわかった。

それで、3ヶ月くらい前に幼なじみと花、宝、俺で出かけた帰りにその公園の前を通った。 そのとき、ふと猫のことを思い出したから、幼なじみに 「そういえば、中学生の頃の帰り道、あの公園の滑り台の上にいつも同じ猫がいたよね~」 って言った。

そしたら、幼なじみは 「は?ついにボケた?猫なんていなかったよ」 って。
1: 20xx/ミステリー master
よく考えたら、いつもその猫はいたのに、俺達の話題にそのことがあがったことはなかった。 幼なじみはそんな猫知らないって言うし、俺はいつも見てたのにも関わらず、その猫の話をしようなんて思わなかった。

不思議なことにね。

それで、2週間前にその公園がある道を通ったんだ。 猫はいたよ。 昼間だったから、いつもは見えなかった姿がよく見えた。
赤。血で染まったかのような真っ赤な色をしてた。

あと、太陽があたっているのに、足元に影が一切なかった。
多分、俺があの道を通ることはもうないと思う。
1: 20xx/ミステリー master
ラストです。
『手紙』

高校1年生の夏頃に貰った手紙。 内容は以下の通り。

1(俺の名字ね)さんへ 好きです。 綺麗な顔も、耳に残る声も、男勝りな性格も、全部好きです。 大好きって気持ちが止まらなくて、ついこんな手紙を書いてしまいました。 かなり恥ずかしいですが、少しでもこの気持ちが届いたらいいな、なんて思ってしまいます。

来週、返事を貰いにいきます。 失恋確定でしょうが、それでも諦めません。
眠りについた暁には、スノードロップの花束をお送りしますね。
1: 20xx/ミステリー master
一週間経っても、何もなかったよ。

顔整ってないし、男子になんか言われたこともなかったから、嬉しかったけど不思議だなって思ってる。 結局名前なかったから誰からかわからなかったんだよね。

あと、文字色が乾いた血みたいな色だったのがちょっと不気味だった。
これでとりあえず終わりです。
何か質問とかあれば受け付けますー
2: 20xx/ミステリー
女からのラブレターだと思ってた
男に男勝りな性格ってwて思ってたら
1が女でビックリ と言いたかった、ごめん
1: 20xx/ミステリー master
女ですよー って怖!何もなくて良かったわ本当

あ、でもあの後公園で小さい女の子に花もらったなあ、あれはほのぼのした
1: 20xx/ミステリー master
じゃあ現在進行形のでも書きますかね
『落下物』

前に出てきた幼なじみとは別の幼なじみ(コテは光にする)ってやつが、性格はクソウザイんだが顔だけでモテるんだ。 で、もちろん彼女は出来る。

出来るんだけどすぐ別れることが多いけど今は関係無いな

ある女と付き合い初めてからすぐ、光によく何かが落ちてくることが多くなった。 それも大体たくさんの女子に絡まれた後が多い。

誰か分からない筆箱。教科書。植木バチ。それが多かった気がする。
最初は笑って誤魔化してたんだが、流石に最近は警戒してる。
彼女が原因ってことには気づいてないらしいが
1: 20xx/ミステリー master
俺が彼女が原因って思ったのはカンね、本当にただのカン
まあでも一応教えとこうとも思ったけど、なんかどっかで聞かれてそうな気がするし、俺が女なせいでこれ以上悪化されても困るしね

学校だとそいつが大体光にベッタリだから無理

スペック 光:DK2、男子バレー部副主将、顔はいい、モテる、鬱陶しい
そういえば最近、光が携帯なくしたって言ってたな。
2: 20xx/ミステリー
それ彼女の方を好きなやつらから嫉妬されていじめられてるんじゃ?
1: 20xx/ミステリー master
どうなんですかね…?

ただ光は色んな方向から人望の厚い(残念な)イケメンなんで、嫉妬して虐めてくるような人はいないと思いたい…

彼女のほうも、人気の人っていうよりは地味で目立たない感じ。
俺的には、恐らく霊感あると思われる的ちゃんが「光さん、大変そうですね」っていってたのが凄く気になった
1: 20xx/ミステリー master
あ、そういえばそこそこ怖いのあった

【子供】 高1の話。

変な子供を見かけるようになった。 変な手紙が届いたのと同じ日だったから、よく覚えてる。 初めて見たのは朝練があった日、その登校途中だから早朝だね。

幼なじみ(光と区別しにくいから以下叶で)を待ち合わせ場所で待ってる最中だった。 俺は普通に壁に寄りかかってスマホをいじってたんだけど、なんか見られてる気がしてピリピリしてた それでなんだ?って思って顔あげたらちょっと遠くにその子供がいたんだよね

距離は確か結構あったな、目測30メートルくらいあった
で、そのピリピリした感じってのが明らかその子から感じる、ってわかった。
気持ち悪いくらいじーっと見られてたし その時はなんだ、気持ち悪いな。

くらいにしか思ってなかったし、そうしてる間に叶が来たからすぐに忘れた。 叶と一緒にいる時は現れなかったしね。まあ今考えると朝っぱらからそんな子供が一人でいること事態おかしいと思うけど で、次見たのは学校の体育の時間

その日はグラウンドで野球やってて、途中喉乾いた俺は一人で外が見えるフェンス近くの水飲み場に行った。 そしたらフェンス越しにいるの、その子供が。

フェンス越しって言っても朝と同じくらい離れてたけどね。 でも、やっぱり俺のことじーっと見つめてる。
気持ち悪くてすぐに皆がいる所に戻った。 その日はもうその子供は見かけなかった。
1: 20xx/ミステリー master
次の日の朝、またその子を見かけた。

幼馴染との待ち合わせ場所に行く最中だった。 昨日より少しだけ距離が近くなった気がする子供、多分5メートルは縮んでた。そいつがじーっと俺を見てた。 流石に鳥肌がたったよ。

昨日の二度だけなら流石に偶然だと思ったけど日を跨いで連続だもん。 しかも無表情でじーっと、俺が気づいた素振りみせても狼狽えることなく微動だにせず。

ぞわぞわして怖くなって、早歩きで待ち合わせ場所まで行った。しばらくその視線は感じてたけど、先に待ち合わせ場所についてた幼馴染と合流するとなくなったから安心した。 その日に次会ったのは帰り。

部活終わって幼馴染と帰って、別れた後。 暗いから分かり難かったけどピリピリする感じがして、もしかしてって思って探したらいた。

朝と距離は変わらないくらい。暗くて他に誰もいないしで怖いから走って帰った。
多分前の日の帰りも気づかなかっただけでいたんだとおもってる。
2: 20xx/ミステリー
怖いな
2: 20xx/ミステリー
それ以来、子供はでてないのかい?
1: 20xx/ミステリー master
それなんですけど… だいたいこんな感じで、一人の時はこの子供に遭遇することが結構あるんですよね。

大抵影からじっとこっちをみてるだけで、害は与えて来ない。 でもだんだんちょっとずつ近づいてきてて最近だと、ほんの10メートルくらいしか距離がなかった。

最初のうちは凄い不気味で外出てその子と遭遇するのが怖いから、仮病で休んだ。 でもいつまでもそうしてられないし無視してるけど…

正直解決方法探してる ちなみに家では一人でいても遭遇したことないです。
見るのは週に一、二回かな。
1: 20xx/ミステリー master
ちなみにその子はぱっと見普通の男の子で、小学校低学年くらいに見える。 べつに普通の子だよ。

でもよく見ると顔色めちゃくちゃ悪いし、白目がなくて気味悪い。 この子を見始めた日に、変な手紙を貰ったのは書いたかな。

中身いる? ってか俺って霊感あったりするのかな、あったらそれはそれで楽しそう。 あと手紙ね。

汚い乱雑な赤黒い字、「みたらつれていく」って書いてある。平仮名。
その下に赤いペンで「1しゅうかんたったらあそぼうね」って書いてある 。

どっちも子供っぽいあんまり綺麗じゃない字なんだけど、一個目はざっと適当に書いた感じ。 二個目は一生懸命綺麗に書こうとして、やっぱり綺麗じゃない感じかな。 不気味さ伝わる?

一行目の赤黒い字は、あのラブレター(?)の字の色に似てる。
1: 20xx/ミステリー master
【トランペット】

中3のときの、少し不思議な話。 最後の大会が終わって、部活を引退した俺だけど、バレー推薦で高校決まってたから、毎日部活に通ってた。

その日もいつもの帰り道、住宅街を通って帰ってた。 その中の一つの家から聞こえるんだ、トランペットが。 少し下手なんだけど、毎日どんどん上手くなっていくし、俺もそれを聞くのが楽しみだった。

でもある日、トランペットが聞こえなくなったんだ。 それから2週間くらい、その家からは何の音もしなかった。 体調でも崩したのかなって、少し心配してた。

でもしばらくしたら、またトランペットが聞こえ始めた。 だけど、それは前よりも下手で、今度は一ヶ月経っても二ヶ月経ってもなかなかうまくならなかった。

ときどき、女の子の泣く声が聞こえるようにもなった。
俺もバレーでスランプになったことあったから、少しわかる気がした。
2週間吹けなかったのと関係あったのかもしれないし。
1: 20xx/ミステリー master
その日も、俺は立ち止まって、その子の演奏を聞いていた。 やっぱりその子は泣いていた。 それが聞こえた俺は、何を血迷ったのか、その子に声をかけていた。

「もっと聞かせて!」って。

どこの少女漫画だよ、女だろうが俺は。 そしたら、ずっと閉じていたカーテンが少しズレて、ジャージ着てる女の子が見えた。

その子は驚いた顔をしてたように見えたけど、何も言わずにトランペットを吹いた。 俺は黙って聞いていた。 その日から、トランペットは聞こえなくなった。

あの後出てきたお家の方に通報されそうになって、慌てて理由を説明したら、怪訝な顔をした後真っ青になってた。

その後、写真を見せられた。写真の中の小さい女の子は、どことなくあの子に似ていた。上下ジャージなところとか。 お家の方はその写真と、一枚の楽譜をくれた。

その日から、部屋のカーテンはずっと開いている。あの子が着ていたようなジャージが、窓から見える 首吊ってるみたいで少し怖いけど、またひょこっとあの子がトランペット吹いてくれるんじゃないかなと思って、今でも俺はその道を使う。

そういえば、トランペットが聞こえなかった2週間。
家の周りに線香の匂いがいつもしていて、やたら客が多い気がしていたけど やっぱり、それは『そういうこと』なのかね。
2: 20xx/ミステリー
間違いなく『そういうこと』だな
めっちゃ霊感あるじゃんw

上で書いてたけど霊感あったらそれはそれで楽しそう
なんて言ってるのも今のうちだけだぞ

あんなの見えないに越したことはないよ
1: 20xx/ミステリー master
週末はうちの学校の学祭だった。 学祭にちなんで祭りの話でもしようかな。

【花火】 小さいときの話。

記憶もあやふやだし、本当に不思議な感じ。 小さい頃、毎年叶と光と花火大会に行っていた。 その頃の俺は花火よりも祭りで買う焼きそばとかヨーヨーのが楽しみだった、と思う。 でもその日、俺は親と喧嘩して連れて行ってもらえなさそうで、半泣きで家を抜け出して叶の家に行った。

そしたら叶と、ついでに光も家をこっそり抜け出て一緒に祭りに行ってくれた。 でも小さい俺らはお金持ってなくて、何も出来ないでへこんだ。

花火にはあんまり興味なかった歳だしね。

そしたら甚平着たおっさんが来て、「カステラ焼き買うたるから来い」って言った。 不審者だとかそんな知識はなくて、ほいほいついて行った。

おっさんは屋台の前で、光にお札を渡した。いくらだったかは覚えてない。
それでカステラ焼きを買って、お釣りを返そうとしたら、おっさんが「ついてってやるから勝手に使え」的なことを言った。
1: 20xx/ミステリー master
普段母さんがやらせてくれない射的やらくじなんかをやった。 俺は凄く射的得意だった、と思う。

やって得するレベルには。 で、祭りの途中で誰かが写真を撮ってくれたんだ。
チェキみたいなので。

俺はたしかにそのとき写真に写る位置におっさんがいたと思ったんだけど、今その写真を見返してもおっさんは写ってなかった。

おっさんが写らない位置に立ってたのかもしれないけどね。そのときどうだったか覚えてないからなんとも言えない。 ただその日から、俺らは花火に興味を示すようになった。
2: 20xx/ミステリー
場所は神社? なんとなく神様っぽい気がする…
1: 20xx/ミステリー master
神社のお祭りです!
2: 20xx/ミステリー
その気前のいいオッサンが神様の化身じゃないかって気がしたのさ(´・ω・`)
1: 20xx/ミステリー master
そういうことですか!汲めなくて申し訳ない… そうなら素敵だなあ…
1: 20xx/ミステリー master
こんばんはっす
【数え歌】

中学のとき、夏に婆ちゃん家に行ったときの話。

婆ちゃん家の辺りは超田舎で、ケーブルTVとかしか入らない代わりに自然がいっぱいだった。 俺自身も地方民だし、中学生とはいえ外で遊ぶのが好きだった。

婆ちゃん家の近くに住んでる子とも仲良くて、一緒に遊んでた。 そんな中で、公園に遊びに行った。小さい子供たちが数え歌を歌ってた。

俺の知ってるのとは違ったけど、数え歌はいっぱい歌詞もあるし、何の違和感もなかったんだけど… 今思い出すとぞっとするんだよね。

皆に見えてたから多分霊的なものじゃないと思うんだけど、それだとより怖いんだよ。 この子達は、どこでその歌詞を聞いたんだろう、ってね。
1: 20xx/ミステリー master
肝心の歌詞がこれ。

ひとつ、ひとよにのぞみたえ、ふたつ、ふりむくまなこみゆ。
みぃつ、みなしごさまようて、よぉつ、よろずのまがごとを。
いつつ、いつわりのろわしく、むうつ、むくろとまろぶとも。
ななつ、なげけとあざわらい、やぁつ、やさかみなおまどえ。
ここのつ、これよりくらきそこ、とおで、とおざけさらいゆく。

当時の日記にあったから、多分大きくは間違ってないと思う。
俺的漢字考察も必要なら載っける。
2: 20xx/ミステリー
歌詞の内容普通に怖いんだが
2: 20xx/ミステリー
子供に教える歌詞じゃないよな… 何もない田舎の夕方に聞きたくないな
1: 20xx/ミステリー master
流石オカ板のみんな、平仮名でも意味をわかってくれるんだね。 このときの友達には漢字見せるまでわかってもらえなかったのにな。

そろそろネタ切れ近いから、オカルトかどうかはっきりはわからないんだけど書き込んでもいいかな。 後は部活の顧問の話とかも結構濃いからそっちに行くか… 顧問がなかなかそういう体質なんだよね。
予想外に話使うの早くてさ。 前の方のとか、自分でも意味わかんないの多いから(【子供】とか特に)、オカ板民のみんなが考察手伝ってくれるとありがたい。
2: 20xx/ミステリー
一つ、一夜(世)に望み絶え
二つ、振り向く眼見ゆ
三つ、孤児彷徨うて
四つ、萬の禍事を。
五つ、偽り呪わしく、 六つ、骸とまろぶとも。
七つ、嘆けと嘲笑いい、 八つ、やさかみ尚惑え。
九つ、これより暗き底、 十で、遠ざけ拐い往く。
1: 20xx/ミステリー master
やっつ、は痩かみ尚惑えかなあ、と。
みなしご、は皆氏後でも行けるよねえ。
2: 20xx/ミステリー
いやあ、上記の唄から垣間見える『目的』は 犠(いけにえ)かなあ、と 折り重なる、幼児の氏体(骸)とか 底からゾッとしたよ
2: 20xx/ミステリー
「口減らし」のことを唄ったとか どうなんだろ・・・なんとなくですまん
1: 20xx/ミステリー master
うわあああああ!! こういうの自分でわかんないから本当に助かる!やばい寝れない!怖い! てなわけで俺宛に的ちゃんから来たメールで締める!
1: 20xx/ミステリー master
【メール】

去年、中学で合宿中の的ちゃんから来たメール。 初めての東京遠征だった。
俺も行ったことないのに畜生。

1通目 『1さんは神さまみたいだけどやっぱりちがって、神さまはクロワッサンじゃなくて、おにぎりでした』

2通目 『まちがえました。 かみさまは1さんみたいでした。 でも1さんはやさしくないのでちがいます』 この時点で俺(´?ω?`)だよね。

可愛い後輩に優しくないとか言われるとか。へこむ。 で、3通目。

上2通は夜来て、朝慌てて来たメール。

『眠すぎて間違えました。 神様に会いました。 1さんに似てたけどクロワッサンじゃなくておにぎりが好きです。 あと、優しい人でした。』

ちなみに俺の好物はクロワッサン。 何この子可愛いって思ったよ。 でもよく見てね。 『神様に会いました』って何、どうしたの的ちゃん。
1: 20xx/ミステリー master
今日ちょっと怖いことがあったから書いとく。
【屋上その2】

朝からうちの担任が、いつも使ってるチョークケースがないって騒いでた。 上の方にあげた屋上の人がいるから俺は普段屋上見ないんだけど、今日はとうとう鍵を直すってことで、作業を眺めてた。

でさ、ふとその人を探したんだけど、なんか花占い?しててさ。 手元から何かを取って屋上の下に投げてたんだ。

微笑ましいなーなんて思ってた。 で、今日部活のときに学校に救急車が来た。 どうしたのかなって思ったら、うちの担任が階段から滑り落ちて足首折ったんだって。

大丈夫かなあって思いながら歩いてた帰り道。校舎の横通るときに何かが落ちてたんだ。 プラスチックが割れたチョークケースと、一本一本バラバラに飛んで折れてるチョークだった。 それが担任のかはわからないけど。
2: 20xx/ミステリー
屋上の人を怒らせたって事?
1: 20xx/ミステリー master
そうかもしれないね。 たまたま担任のチョークが屋上にあって風で煽られてバラバラになって落ちたのかもしれないけど。
屋上の人が普通に花占いしてたのかもしれないけど。
2: 20xx/ミステリー
相手の持ち物や髪の毛なんかを使って間接的に危害を加えるのは呪詛でよく有るよね だけど屋上の人は実在じゃないならそんな事しなくてもいいハズ ‥
とすればこれは警告とも取れる

屋上の人は1に何かを伝えたいんじゃない?
1: 20xx/ミステリー master
そうだったのかもしれないね。
ちょっと色々あって、暫く書き込みに来れません。

ごめんなさい。



スポンサーリンク



ザ・ミステリー体験 ヘッドライン




俺が見たもの「井戸の中に住む人間ではない生き物」



狭山湖と多摩湖によく行く人間だけ見てほしい「この場所へは行くな!戻れ!」



【危険な方言】津軽弁、やはり日本語ではなかった・・・・



隠された部落や集落を語るスレ「ヤバい村や秘密の土地の存在」



中2の時に不思議な世界へ迷い込んだ「言葉の通じないパラレルワールド」



【駐車場】俺の自転車に乗った女の幽霊「たすけて」



【琵琶湖】4人で行くはずの思い出作りが恐怖体験になった「いるはずのない友人のD」



【祠】中学生の時に見たあり得ない光景「30人ほどの大人が4畳半の祠から出てくる」



あるオカルトサイトに貼られていた1枚の写真「北関東最凶の心霊スポットの場所」



【匂い】事故現場の近くを通りかかるとフラッシュバックする壮絶な光景



【ゾッとした】彼女だと思って話していた人物「海に彷徨う幽霊」



【学校の放課後】ゴミ当番の私は焼却炉に向かいそれを見た「謎の上半身と下半身」



【生霊】女の呪いは本当に怖い「私はこの体験で呪いを信じるようになった」



心霊スポットに行く日の朝、俺は寝坊した「あの世からの電話」



マンション借りるときに気を付ける事を教えて「これはやった方がいい!」



【マジかよ!】香港の吉野家が変なメニューだらけ「でも美味そう・・・」



【コレ読める?】若者の約4割が間違えた「読めそうで読めない漢字」



コンビニでバイトしてるんだけど、不思議で仕方ないことがある







スポンサーリンク



ザ・ミステリー体験【人気の記事】




京王線に現れた要注意人物「見た目も行動も危険すぎる」



介護士の俺に愚痴らせてくれ「この業界はおかしすぎる!!!」



【最恐映像ノンストップ5】伝説の霊能者「宜保愛子の秘蔵映像を発見」



【深夜のお笑い】久々に見たら笑っちゃう画像



【危険な方言】津軽弁、やはり日本語ではなかった・・・・



狭山湖と多摩湖によく行く人間だけ見てほしい「この場所へは行くな!戻れ!」



日本の闇「マスコミも触れないヤバい事」



八戸の幽霊屋敷で管理人してるけど、写メ以外は何でも話すから質問して!



僕「これ捨てたいんだけど・・・」 犬「絶対にダメ・・・」



【事故物件】霊感レーダーのある叔母ちゃん







ワロタあんてな
bandicam 2017-

06-04 14-36-12-796



まとめりー
bandicam 2017-07-22 08-03-15-647




オワタあんてな
bandicam 2017-07-08 06-13-17-906



2chまとめのまとめ
bandicam 2017-06-18 06-46-00-361





だめぽアンテナ
bandicam 2017-06-24 

08-31-03-777




ヌルポあんてな
bandicam 2017-

06-11 18-27-25-824




2chnavi
bandicam 2017-02-22 18-30-22-243



怪談・怖い話まとめアンテナ
bandicam 2017-04-28 07-29-55-437


異世界アンテナ
bandicam 2017-03-19 10-13-16-964







管理人からのお知らせ

ザ・ミステリー体験では皆さまからの投稿を受け付けております。

ご自身のホラー体験・不思議体験などありましたら、TOPページメッセージフォームよりお願い致します。




アクセスランキング 参考:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1186053286/