bandicam 2017-05-14 09-46-18-133



みなさんは「スピルバーグ監督」についての都市伝説をご存知だろうか

今回お届けする話は 

アメリカで最も有名な映画監督のスティーブン・スピルバーグ氏と宇宙人(地球外生命体)についての話題をお送りしたい。




スポンサーリンク


本日のおすすめ


ちょっとヤバそうな事故物件の話


雪山で喉が乾いた時、水がないからって雪を食べてはいけない理由を知ってる?


新しい都市伝説ってもう出てこないのかな


【新宿ホスト刺札未遂事件】歌舞伎町のガールズバー店長だ った高岡由佳容疑者の中学時代「激情を隠さなくなった」


自札した上原美優さんって何に絶望したのだろう


福岡OLバラバラ札人事件には最大の謎がある


同僚の女が本物のマジキチだと発覚した話を書く


【福岡暴走事故の動画】エスティマを運転していた高齢者の車は100キロ以上出ていた




スポンサーリンク


アメリカの映画監督、スティーブン・スピルバーグと言えば、「未知との遭遇」、「ET」など、宇宙人(地球外生命体)をモチーフにした映画で有名な監督であり、当時海外映画にも関わらず、日本では特に「ET」(宇宙人)の映画印象的であった。

自転車の前の籠に乗る、可愛らしい姿の「ET」の姿と一人の少年の友情物語である。

bandicam 2017-05-14 09-45-37-975


実は驚くべき事に、この映画監督スピルバーグ氏は、アメリカという巨大国家の作戦で宇宙人と実際に面会した事のある、唯一の一般人だという都市伝説があるのだ。


話によると、アメリカ大統領に就任するとアメリカ政府が握っている宇宙人(地球外生命体)の機密情報を知る事になり、また、実際に宇宙人(地球外生命体)と直接面会する事ができるのだという。つまりは、今のアメリカ大統領のドナルド・トランプ氏も既に面会している可能性があるのだ。


しかし、大国アメリカの副大統領まではどんなに政治に携わっていても、アメリカ政府が握る宇宙に関する国家機密などには触れる事はできないらしい。
 
ましてやアメリカの一般国民は宇宙に関する一切の情報に当然触れる事はできないだろう。



実は、あの1947年7月のロズウェル事件の時にアメリカ政府は宇宙人(地球外生命体)の回収に成功しており、そのときの地球外生命体の個体がまだ生存しているという衝撃的な都市伝説があるというのである。


先に述べたように、実際に宇宙人(地球外生命体)と面会が可能なのは、ごく限られた人物であると言われているが、たった一人だけ、過去に宇宙人(地球外生命体)の情報の開示を許された一般国民がいたのである。
 

それがスティーブンスピルバーグ監督なのである。


Wikipediaより https://ja.wikipedia.org/wiki/
bandicam 2017-05-14 09-49-13-502


スティーヴン・アラン・スピルバーグ(Steven Allan Spielberg, 1946年12月18日 - ) は、アメリカ合衆国の映画監督、映画プロデューサー。

監督としては、世界最高のヒットメーカーの一人として挙げられる。

監督作品の全米生涯興行収入は2014年現在で計41億5590万1520ドル(約4155億円)に達しており、歴代1位を記録している。

また、プロデュース作品の同興行収入も計67億2221万5241ドル(約6876億円)を記録していて、歴代1位である



 

ではどうして、スピルバーグ監督だけが宇宙人(地球外生命体)の国家機密情報を政府から公開してもらえたのだろうか。


それはアメリカが映画大国であるからである。



ハリウッド映画は古くからアメリカの文化として強くアメリカに根付いており、そこにアメリカ政府は目をつけたのである。
スティーブン・スピルバーグ監督の代表作、「未知との遭遇」では映画史上初めてとなる、リトルグレイという宇宙人(地球外生命体)が登場してきた。

bandicam 2017-05-14 09-51-30-998
 

それまでの宇宙人(地球外生命体)の容姿として描かれて来たのは、巨大なタコやイカのような形をした毒々しい生物の姿であった。

それまで我々人間は、宇宙人(地球外生命体)自体の存在はおろか、その生物などにもほとんど興味が無く、また、誰もその姿を想像する事もなかったのでこうした奇怪な形として映画上で描かれていた姿を宇宙人(地球外生命体)であると信じていたのである。


しかし、この後スピルバーグ監督によって生み出された映画、「未知との遭遇」の宇宙人(地球外生命体)モデルのリトルグレイが描かれてからは、一般的な宇宙人の形と言えばリトルグレイとなり、それに応じるかのようにリトルグレイの目撃談なども数多く報告されるようになったのである。



そして、次にスピルバーグが描いたのは友好的な宇宙人。そう、「ET」である。宇宙人(地球外生命体)は得体の知れないもの、地球外からくる恐ろしい生物であるという印象を取り除き、友好的な存在であると位置づけるために、アメリカはスピルバーグ監督を利用し友好的な宇宙人像を描くように指示を出したのである。

bandicam 2017-05-14 09-52-15-143
 


アメリカはこのように映画を通して、国民へ少しずつ宇宙人(地球外生命体)の存在を刷り込ませて行き、
いつかくるであろう宇宙人(地球外生命体)の国家情報の開示の際に国民が大きなショックを受けないようにこうした「映画」というものを使い下地作りをしてのである。


また、近い将来アメリカ政府は宇宙人(地球外生命体)の存在を公開するという都市伝説もあるのだという。


今まで長い間、アメリカ政府の国家秘密とされていた宇宙人(地球外生命体)や、世界中で目撃されている未確認飛行物体の存在について、解明される時が本当に来るのだとすれば、それは、おそらくこの地球(我々人類)に対して、何らかの大きな変化が起こる事を意味するものではないのだろうか。






本日のおすすめ


佐世保小6女児同級 生札害事件の加害者少女の能力の高さがヤバい


生肉を一時間常温で放置しちゃったけど腐ってるかな


オカルトはもう流行らないのかな


実家と地元の真相を知ってしまった(その2)


ガチで友達が呪われた


マジでヤバいインターネットカフェの裏事情を教える


家出したらお姉さんに拾われた


佐世保小6女児同級生札害事件の加害者少女の能力の高さがヤバい


【新宿刺札未遂】美人すぎる高岡由佳容疑者のTikTok動画




オカルト注目記事

【悪夢求ム】なんJ「ク ッッッ ソ 怖 い 夢」見た部!!!!!!!


【こわE】おまえら自分が誰か分からんくなることない?



オカルトランキング



TOPに戻り他の記事を読む

画像: http://free-photo.net/