bandicam 2017-05-07 15-43-10-518


こんにちは管理人です。

前回は、スノーデン氏のエイリアン説について見てきたが今回お届けする話は都市伝説としてのニュアンスとは少しばかり違うが、アメリカ元CIAのスノーデン氏の我々日本への告発(警告)についてその内容を見ていこうと思う。

それでは不思議な世界をお楽しみ下さい。
ミステリー関連記事



元CIAスノーデン氏がリークした衝撃の内容




ミステリー体験 人気記事



【異世界】事故にあった俺は意識が戻ると異次元の世界で奴隷として働かされた



UFOに乗ったかもしれない。臭いも覚えてるし感覚もある



娘の身体に入りこんでしまった悪霊「ヤマノケ」



保存してる心霊写真を公開する



1000: 20xx ザ・ミステリー体験
 驚くべきニュースが飛び込んできた。

『米が日本に諜報機器提供 スノーデン文書で公開』というものだ。


アメリカ、CIAのスノーデン元職員は2013年、アメリカのNSA=国家安全保障局が、 大手の通信会社やインターネット関連企業から個人の電話の通話記録やメールの内容を 極秘に収集していたとする機密文書を持ち出し、メディアに告発、現在ロシアに亡命している。


このスノーデン氏の持ち出した機密文書の中には、安全保障の分野を中心に 日本に関わる重大な情報が含まれている事が明らかにされたのだ。

また、米ネットメディア「インターセプト」は24日、米中央情報局(CIA)元職員のスノーデン容疑者が持ち出した機密書類の中に、 米国と日本の諜報活動協力などに関する計13の文書があったとしてネット上で公開している。

それがスノーデン文書と言われるものだ。
その内容とは、米国の国家安全保障局(NSA)が2013年、ネット上の電子メールなどの情報を収集・検索できる監視システムを 日本側にひそかに提供しているという驚くべき内容が明記されていたという。
インターセプトによると、このシステムは「XKEYSCORE」と呼ばれ、最も強力なスパイ機器の一つと指摘。

12年9月に日本側が米国に対し、ハッカーによる悪質なウイルスを特定する情報を共有し始めた見返りとして、 NSAが日本側に提供。通常のネット利用者のほぼ全ての情報を監視することが可能としている。

その文書には、NSA(アメリカ国家安全保障局)が通信機器を製造する施設を横田基地に建設した際、 その建設費660万ドル(およそ7億4,000万円相当)のうちのほとんどを日本が負担したと記されている。
こうした資金援助の見返りとして、日本は、NSA側からインターネット上で、利用者を監視できるシステムなどの提供を受けたという。


もし上記のような事が事実であるとすれば、我々が日常的に利用しているインターネットでの電子メールや、チャット、ネット検索、通話記録などあらゆる通信情報が NSA(アメリカ国家安全保障局)に筒抜けであるということになるのだ。


今回のこのスノーデン氏の告発(警告)について、我が国の政府はコメントを控えているが この警告が日本を揺るがす事態になり兼ねないと私自身は感じている。
そして、今後の日本の行く末も非常に心配である。



スポンサーリンク




ランキング参加中です




本日のネタ記事探しにご利用ください


異世界アンテナ
bandicam 2017-03-19 10-13-16-964


怪談・怖い話まとめアンテナ
bandicam 2017-04-28 07-29-55-437




スポンサーリンク






本当に怖いオカルトアンテナ
bandicam 2017-04-02 12-29-55-290



恐怖・怖い話アンテナ

bandicam 2017-04-05 19-11-48-874



姉妹サイト    お気楽暇つぶしタイム(誰にも言えない女子のヒミツbandicam 2017-02-22 18-55-49-727



ミステリー体験 人気記事



人の人生の締めくくりに立ち会ってきた元葬儀屋が、不謹慎だが笑える本当にあった話や坊主の事を語っていく



小学校の頃の俺はメガネデブでいつも一人ぼっちだった。でも、用務員のおっさんとの出会いが俺の人生を変えてくれた



全ての事がわかってしまう霊能力者「丸山のおばちゃん(第一部)」



【光と影】最愛の妹を失くした俺は自ら命を絶とうとした。でも、辿り着いた場所は俺の影が存在する場所「影の世界」だった



【時が止まる場所】友人のAはその場所で立ったまま止まっていた



満面の笑みを浮かべながらアイツがやってくる



【神の怒り】原因不明の耳鳴りや悪夢は、あいつが神社から持ち帰ったアレを俺に押し付けた時から始まった。俺は一体どうなってしまうんだ



妻との出会いは引っ越し先のアパートだった。その彼女は最低12人の人格をもつ多重人格者だった



35歳の夏、俺は事故で亡くなった彼女を救うためにタイムリープした。だが、前の世界の記憶が薄れた俺は結局彼女を救う事は出来なかった



【悪魔】タロット占いで2回目続けて出たカードは、大好きな英語の先生を本物の悪魔にして友人を連れて行った




話題の人気記事


思い出の詰まった宝物を全て処分されていた!嫁「いつまでも古いモンにこだわらんでもいいんじゃない?w」【1/3】



自分「なんの音だろう?」 父「なんか怖いな、少し離れるか…」 → 飛んでくるトラックの一部



思い出の詰まった宝物を全て処分されていた!嫁「いつまでも古いモンにこだわらんでもいいんじゃない?w」【3/3】



身内にあんなのがいたら苦労するんじゃないかなーと思ってたが、案の定1年持たずに離婚した。



私「サイフの落し物です!遅刻するんでこれで!」 駅員「え!?ちょっと待って!?」 → 学校で呼び出され…



男性「どうぞ座ってください」お婆さん「そんなに歳はとってませんよ!」すると男性が一言…



女だがジョギングしてたら不審者と間違えられたw




管理人からのお知らせ

ザ・ミステリー体験では皆さまからの投稿を受け付けております。

ご自身のホラー体験・不思議体験などありましたら、投稿記事フォームよりお願い致します。