bandicam 2017-04-28 17-58-16-580



霊現象の怖さ、これは実際に体験した人でなければわかりません。

今回お届けする話は普通に暮らしていた女性に起きた体験になります。
優しい父親の過去、ある事故から始まる無念の思い。一体この女性の運命はどうなってしまうのか。

それでは不思議な世界をお楽しみ下さい。


スポンサーリンク


本日のおすすめピックアップ記事


最近の若者のファッションで1番ダサいと思うものwwww


【可愛いw】ワイの伸びたネッコ見てよwwwwwwww


【なぜなのか…】上司「今日の飯はトンカツな!」ワイ「はい!!!」


ワイでぶ女、よく行くラーメン屋でベスト3に入る常連になるwww


生きる意味を俺が語っていく


アッニが奇行を始めたって話をしたモノやけど


隣の隣の部屋のガキ共が盛大に宴会、隣の男が壁ドンで応戦してて草www


【ヤバいよね…】宗教の勧誘ってなんであんなに根気強く粘るんだろうな・・・


【あるあるw】ガキの頃にガチで勘違いしてたものwwww


【ワロタw】ウォーターサーバー使いすぎて強制解約食らったwwwww


【深夜のお笑い】ワイが笑ったボケ貼ってくで~w


江戸時代の人は「コレどうしてたんだよw」って事を挙げてこうぜw


【助けてw】ついにPCにウイルスが入り込んだwwww


【懐かしいw】倉庫からガチでやばいの出てきたんだけどwww


ワイ30歳が転職した結果、年収340万円から540万円の200万円UPに成功


【は?】ワイ営業マン、仕事を済ませホテルのランチブッフェに来て驚くwwww


人生で一番怖い体験ってなんや・・・


【ヤバすぎw】中古の家を総額52万円で買った結果www


【ワロタw】土方の仕事をやってて気付いた事一覧wwww


【マジキチw】俺の姉ちゃんの言動ヤバすぎwwww


【近くて草w】ワイ「OK,Google!ここから天国までいく方法」


悪徳企業を辞めた話を聞いてくれ


爺ちゃんが寝てたから「4ぬな!」って起こした結果wwwwwwwwwww


自分が妖怪に会ったときの話をする


疑問なんだが、お前らって家とか墓とか考えないの?


熊女に惚れた男


新聞奨学生の実態について語る


悪徳企業を辞めた話を聞いてくれ


爺ちゃんが寝てたから「4ぬな!」って起こした結果wwwwwwwwwww


自分が妖怪に会ったときの話をする


【ヒィィ…】糖尿病とかいうクッソ怖い病気について知ってることを書いてけ


【ウソだろ…】公務員さん(58)「ちょっとぐらい仕事で使うパソコンで趣味のページ見ても平気やろ・・・」


覆面パトカーと市販車の見分けることがますます困難にwwwwwwww


【可愛い】カエルがクッソ楽しそうでワロタwwww


俺の完璧な人生設計図が完成したから見てくれwww


タイのセブンイレブンがヤバすぎwww


【ヒィィ…】ガチで危険な人物はあなたの周りにいるかもしれない・・・


誰にも信じてもらえないが、未来からやって来た少年に会ったことがある


運動会マッマ「頑張れー!」50m走のワイ(ワイが足遅いのわかっとるやろ。アホかな?)


南極にいるペンギンwww


ガチで怖い心霊動画を思い出した


【助けて】ここ一週間くらい心霊現象に悩まされてる


ダイエットで絶対に食べてはいけないサラダがコレ【やってはいけない7個の間違い】


アンチエイジングに役立つ若返りホルモン!4個の絶大なパワーを活用していきましょう!


ダイエット中のおやつにポップコーンを選ぶには理由がある!100gあたりに含まれる驚きの食物繊維量に注目



おすすめブログ最新一覧



スポンサーリンク

1: 20xx/ミステリー master
私は親子3人で暮らす普通のOLです。毎日の仕事はきついですが母を亡くしてからは私が母親がわりみたいな所もあり今日も家路を急いでいました。

今日の夕飯はみんなが好きなオムライスにしようなどと、呑気な事を言いながら買い物を済ませ鼻歌交じりにアパートの階段を昇っていました。

ふと誰かに見られてるような気がしたのですが、下町などいつも誰かに見られているようなものなので気にもとめずに鍵を空け家に入りました。

一瞬、何か冷たい空気が私の顔をよぎります。夏の夕方にしては冷たい空気でした。

ただ、私自身は霊感など全くなくて性格的にもあまり考えこむ方ではなかったので早速夕飯の準備に取り掛かました。

お米を研いで少し水に浸し、その間にサラダにする野菜を切り始めました。


ザワ。。。


(何か聞こえる )部屋を見渡しましたが誰もいません。

「疲れてるのかな~明日は休みだしゆっくりしてよう」

独り言 をブツブツを言いながら残りの野菜を切っている時、またあの音が聞こえます。

ザワ。。。ザワ。。。

(何だろう )

普段なら気にもとめない所ですが何か嫌な予感がします。

玄関を開けた時の冷たい空気をいい、今日は少し家の中が変なんです。
1: 20xx/ミステリー master
そして、背中には明らかに視線を感じるのです。

私は父に電話をかけました。

「もしもし。アキコだけどお父さん帰り遅くなる?」

父「もうすぐ帰れるよ。多分あと1時間くらいで家に着くと思う。何か買い物でも忘れたのか?」

「ううん。わかった。なるべく早く帰ってきてね」

そう言って電話を切ると少し安心したのか、身体がぐったりとしてしゃがみ込んでしまいました。

10分ほどでしょうか落ち着きも取り戻し、父と弟の帰りを待ちながら夕飯の続きにはいります。

(こういう時って女はダメね)

そんな事を思いながら卵を割っていると足首にヒンヤリをした感触が残りました。

「なにっ!」私はその物体を見た瞬間息が止まる程の恐怖を感じました。

「きゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

私の足首を掴んでいたのは小さな子供の手でした。
手だけがあるのです。
何かを探すように動き、私の足首を掴むといった表現が正しいのかはわかりませんが、とにかく掴んでいるのです。

私はもう、見ることで精一杯でした。その手を摑まえる事も怖くて出来ませんし、ただ父が帰ってきてくれる事を祈るばかりです。
その間も手は、足首を掴んだり放したりちょっと移動してはまた足首を掴むといった行動を繰り返していました。

(どうすればいいの・・・お父さんたすけて!)
心の中で何度もそう叫んでいました。もうすでに意識もなくなりそうでしたが、手が動きまわる様子を見続けていました。
1: 20xx/ミステリー master
そして

その手は私の口へ飛びかかってきたのです。

口を押さえられた私は無我夢中で振り払おうとします。

「ゥッツクッツウゥウゥゥ」

両手で手を掴みますが恐ろしい程の力で、口から放す事が出来ないのです。足をバタつかせて何とか手を外した瞬間。

「ただいま~帰ったよ」

そう、父が帰ってきてくれました。

その瞬間、手が消えたのです。
今まで口を押えてた手はどこかに消えてしまい、私は台所に寝そべっている状態でした。

「何やってるんだ?アキコ」

ほっとしたのか、私は立ち上がり父に抱きつき泣き始めました。

「どうした?何があった?」

5分くらいの間、父の胸の中で泣いているとだんだんと落ち着いてきます。父も泣き止むのを待ってくれているようで優しく髪をなでてくれました。

私は落ち着きを取り戻すとさっきまでの不可解な現象を全て話し始めました。

その間父は何も言わず、ただじっと私の目を見つめて聞いていたのです。その目は明らかに何かを知っている目でした。

父「アキコ、とりあえずここから出なければいけない。ここにいてはいけない。すぐに荷物をまとめてホテルにでも避難しよう。」

「お父さん何かしってるんでしょ?何なの?」

父「その事はホテルで話す。コウタに電話してここには戻らないように伝えるから、とにかく荷物を。なるべく早く出なければいけないんだ」

私は父の言う通りに3人分の着替えなどをまとめバッグ2つを用意しました。

父「よし、行こう!」

父はバッグを2つ抱え私を先に家から出し、玄関の鍵をかけました。

車に乗ると父はどこかへ連絡しているようで何かを話しています。詳しい内容はわかりませんが「アレが出た」という言葉を何度も言っていました。
1: 20xx/ミステリー master
家から10分程の場所にあるビジネスホテルに着くと、ツインをとり私達は部屋へ向かいます。

(父は何を知っているんだろう。アレが出たってなに?)

部屋へ入ると父は私を椅子へ座らせ、自分も対面にある椅子へ腰かけこう話し始めました。

父「アキコ。お母さんが亡くなった時の事を覚えてるかい?」

「お母さんとあの手が関係あるの?」

父「お母さんは、あの『手』に連れて行かれたと思う。亡くなる1週間前くらいから、さっきアキコが話した内容と全く同じ事がお母さんにも起こっていたんだよ」

「お母さんも・・・・・・・・」

父「仕事も忙しくて家の事もあまり気にかける余裕がなかった。俺が悪いんだ。お母さんは手におびえていた。仕事場にも何度か電話がかかってきたけど、ちょうど席をはずしている時や会議中だった」

「お母さんはなんて言ってたの?」

父「手がくる! 助けて! これが最後に聞いた言葉だ」

「お父さんはお母さんを助けてあげなかったの?」

父「はっきり言えばそういう事になる。そういう幽霊とかオカルト的なものは信じていなかった。これが俺のダメな所だったと思っている』

「お母さんも同じ事・・・私も連れていかれるの?」

父「お母さんのお葬式でお世話になったお坊さんがいる。彼が力になってくれるはずだ。さっき電話したのはそのお坊さんだ」

「そのお坊さんがなぜ助けてくれるの?」

父「お葬式の後、お坊さんは私に言った。「奥様は何かに憑かれていましたね。今後同じような事がおきるかもしれない。その時は私に知らせて下さい」こう俺に言ったんだ」
1: 20xx/ミステリー master
「お坊さんに話したの?」

父「言ってないよ。俺はそういう事を信じてなかったし、悪く言えばお母さんの言葉を疑っていた部分もある。だから言われてビックリしたんだ。なんでこの坊さんが妻の事を知ってるんだ?って」

「わたし・・・・こわい。こわいよ・・・・」

父「とにかく、あの家にはもう戻れないしお坊さんに電話する」

父はまたお坊さんに電話し3分ほどすると私に受話器をむけました。

父「さっきお父さんに話してくれた内容を、もう一度お坊さんに話してほしい」

私はお坊さんに家に入った時からの出来事を思い出しながら話し始めました。受話器の向うでお坊さんは「うんうん。そうですか。」と相づちを打ちながら聞いてくれます。

そして

お坊さん「今から私が伺います。部屋番号を教えて下さい」
1: 20xx/ミステリー master
お坊さん「始めまして、高橋です。」

父「よく来てくださいました。中へどうぞ」

「アキコです。よろしくお願いします」

お坊さん「まず、アキコさんに何が起こっているかをお話いたします。アキコさんのお母さんは悪霊にとり憑かれていました。お葬式の時に感じた邪気が今度はアキコさんを狙っているのでしょう」

父「友美は何に憑かれていたのですか?」

お坊さん「ご自身のお子さんです」

父の目の色が変わった。お坊さんは次にこう言った

お坊さん「旦那様と奥様ですが。アキコさんの前にお子様がいらしたんじゃありませんか?私が感じるのは無念の気。子供の気なんです」

「お父さん?何があったの?」

父はゆっくりと話し始めた

父「友美に会ったのはちょうど今のアキコくらいの時だった。当時の俺はなんていうか、社会に反抗してたというか・・・とにかく悪い事ばっかりしてた。友美は花屋に勤めていて偶然に通りかかって俺が一目ぼれした女だった」
1: 20xx/ミステリー master
お坊さん「なるほど。続けてください」

父「はい。
友美に会いたくて毎日花を買いに行った。 最初から優しい笑顔だった。そして俺は勤め帰りの友美の後をつけた・・・」

父「 友美の住んでるアパートは花屋から歩いて15分くらいの場所だった。部屋に入ったのを確認して、郵便のふりをして部屋のチャイムを押した」

お坊さん「その時に奥様が身ごもった。そういう事ですね?」

父「そうです・・・」

父の目は涙で一杯になっていた。

でもわからない。なぜお母さんはお父さんと結婚したのだろう?

父はまた話し始めた

父「冷静になった俺は友美に謝った。 友美の目は涙で溢れていた。土下座して謝り結婚してほしいと想いを伝えた。」

お坊さん「いえ。違います」

父の目はお坊さんに向けられた

お坊さん「これは、旦那様も克服しなければいけない問題です。それが出来ない限りアキコさんも奥様と同じになってしまうでしょう。真実を話して下さい」

父「あなたは何もかもわかっているのですね。俺はそんな霊的な事なんか信じちゃいなかったけど、わかっているんですね・・・」
1: 20xx/ミステリー master
父「アキコには聞かせたくなかった・・・俺はお母さんと無理やりに結婚したんだ。
そして子供が産まれた。母親に似て綺麗な瞳の男の子だったよ。友美は子供をあやすのが上手で生きがいになってた。俺というろくでもない男の子供を一生懸命に育てた。そしてあれが起こった」

お坊さん「ありがとうございます。繋がってきました。続けて下さい」

父「子供の名前はアキオ。アキオが2歳になる時だった。3人でドライブに出かけた。俺はその頃建設会社に勤めていて毎晩のように接待で飲んでいた頃だった。その日も少し頭が痛くてアルコールは完全に抜けていなかったんだ」

父「山道でカーブがきつい場所に入り、俺はハンドル操作を誤った。車は崖に落ちてしまい、途中に生えてた大木に車が運よく引っかかった。

そして俺は友美を木の上に乗せる為に手を差し出した。

友美はアキオをしっかりと抱いていたが、それでは木に上がれない。アキオを渡すから先に木に登れと言ったんだ。

友美は木の上に昇った。そしてアキオを友美に渡そうとした瞬間、車がずれ落ちはじめた。

俺は・・・アキオを見捨てて自分だけ木にしがみついたんだ。友美は絶叫してた。車の窓からアキオの手が見えて ・・・谷へ落ちていった

俺が変わったのはその事があってからだよ。運よく村の人に見つけてもらい救助隊に助けられたんだ。
1: 20xx/ミステリー master
車は谷底にありアキオもいた。

でも右手が見つからなかった。手だけが見つからなかったんだ」


お坊さん「そうでしたか。辛い過去ですね。ありがとうございます。」

父「アキコ。お母さんへの愛情は本物なんだ。俺はクズのような男だけど俺は・・・・・・」

父が泣く姿を初めてみた。号泣する父は背中が小さく感じた。

いつの間にか私も泣いていた

父は私にもコウタにも優しいお父さんで小さい頃からお酒を飲んだ姿を見た事がなかった。

おそらく私のお兄ちゃんであるアキオ兄ちゃんの事で止めたのだと思う。

お坊さん「旦那様とアキコさん。 邪気の原点はそれなんです。アキオさんの無念が奥様とアキコさんを引き連れようとしています。きちんと成仏出来るようにする必要があります」

お坊さんはバッグから色々な道具を並べ始めた。

その時


「なんなの?なんで家に帰っちゃダメなの?」

コウタである。
1: 20xx/ミステリー master
父から連絡を受けた弟がホテルの部屋へ入ってきた

「ん?だれ?お坊さん?え?なんで?」

全く現状が理解出来ていない弟の無邪気な表情は私達の心を癒してくれた。

お坊さんも笑みを浮かべ、父の過去の事をうまく隠しながらコウタに説明してくれた。その時の父は涙をこらえ、頭を何度も下げていた。

家族全員が揃い、部屋の中でお経が唱えられる。

一見するととんでもない光景だが1時間ほどそれは続いた。

お坊さん「家族のお祓いは大丈夫です。旦那様とコウタさん。1時間程アキコさんと二人にさせて下さい」

いよいよ私の中にいる邪気を払う時がきた
1: 20xx/ミステリー master
「コウタに上手に説明して頂きありがとうございました。子供の頃から父はとても優しくて私達にとってはとても良いお父さんなんです」

お坊さん「お父様は改心なされています。お母さまの事も深く愛していらっしゃる。ただ、若気の至りがすぎたりと問題の多い時期もあったようですが、今日アキコさんへ全てを話したことで許されたと考えます。ご自身の恥ずかしい過去など誰にも聞かせたくはないでしょうから・・・
そろそろ始めましょう。あなたはお母さまにとても良く似てらっしゃるからアキオさんもすぐに連れていきたがっています」

「はい」

お坊さんは私を床に這いつくばらせるような格好をさせました。背中に手を置きお経を唱え始める。

何かがいる。。。
背中に熱いものを感じた。。。

熱い。

お坊さんの手は背中から頭、そして今度は足へ置かれた。

「ぎゃああああああああああああああああああああ」

自分で驚く位の声を発した。
1: 20xx/ミステリー master
お経を唱える声が高くなる。

熱い


足が燃えるように熱い

聞こえる

聞こえる。 子供の声が聞こえる

「ぼくを見捨てないで」

耳元で話される。

「ボ ク ヲ ミ ス テ ナ イ デ  」

やめて。

わたしじゃない

お兄ちゃん。わたしを連れていかないで!

お坊さんのお経の声が部屋中にこだまする

お坊さん「成仏なさい!そしてお母さんと一緒に昇るのです!」

なに?お母さん?

お坊さん「 友美さん、アキオさん。アキコさんは守られています。連れていくのはやめなさい!成仏するのです!」

声はますます高くなる

私は全身が燃えるように熱くなり意識がもうろうとしてきた。

熱い。

お母さん。お兄ちゃん。

やめて・・・・・・・
1: 20xx/ミステリー master
お坊さん「アキコさん!わかりますか?」

お坊さんの顔が見えた。
意識がなくなってしまったらしい。

「私・・・お母さんとお兄ちゃんに手を引っ張れて・・・」

お坊さん「大丈夫です。お母さまとアキオさんは帰られました。きちんとお二人で帰られましたよ。もう大丈夫です」

「どうしてお母さんが・・・私、わからない」

お坊さん「お母さまのお葬式の時に子供の邪気とお母さまの無念の気を感じました。ただいけない気も同時に感じていました。アキオさんの邪気はお母さまの気をも変えてしまったのでしょう。
いつかこんな日が来るかもしれないと思い。あの日お父様へお話したのです。
1: 20xx/ミステリー master
何かあったらご連絡下さいと」

「もう大丈夫ですか?私はもう連れていかれる事はないのですか?」

お坊さん「大丈夫です。アキコさんから感じられる気はご家族への愛だけです。お父様は変わられた。ご家族を愛しています。コウタさんも家族を愛しています。もうお母さまとアキオさんが近寄る事は出来ない」

私はその後、父とコウタと家へ戻りました。

玄関を開けた時、私が感じたものは暖かい家族の香りでした


スポンサーリンク




TOPに戻り他の記事を読む





本日のおすすめブログ最新一覧



ザ・ミステリー体験【おすすめ人気記事】


最近の若者のファッションで1番ダサいと思うものwwww


【可愛いw】ワイの伸びたネッコ見てよwwwwwwww


【なぜなのか…】上司「今日の飯はトンカツな!」ワイ「はい!!!」


ダイエットで絶対に食べてはいけないサラダがコレ【やってはいけない7個の間違い】


アンチエイジングに役立つ若返りホルモン!4個の絶大なパワーを活用していきましょう!


ダイエット中のおやつにポップコーンを選ぶには理由がある!100gあたりに含まれる驚きの食物繊維量に注目


【ワロタw】ウォーターサーバー使いすぎて強制解約食らったwwwww


【深夜のお笑い】ワイが笑ったボケ貼ってくで~w


江戸時代の人は「コレどうしてたんだよw」って事を挙げてこうぜw


【閲覧注意】淡々と画像を貼るスレ「恐怖症」


後味の悪い話「昔読んだ絵本」他3話


TSUTAYAに来たんだが、前の客はサメ男だった模様www


上司「こんなに食えんから俺の寿司も1個食っていいぞ」ワイ「マジですか!!!」←無難な寿司ネタを選べ


【おバカすぎて草】エセワキガ「夏はスプレー必須です!!!」←全く効果ないからww


家賃エアプ「家賃は手取りの1/3にしろ!
」手取り17万ワイ「ほーんwww」


【うるうるw】口論すると泣きたくないのに
目が潤んじゃう奴www


陽キャの弟がワイの結婚式に出た結果www


悲しい怨念『憑かれた者たちの話』


いじめっ子から結婚式の受付頼まれてワロタ
www


【あり得ない!】嫁の実家からご両親が到着した結果


【クハンダの到来】聖徳太子が記した終末の予言


基本給20万くらいだけど家賃とか場所はどれくらいがいいの?


不動産にまつわる事故物件


コンビニのポプラが出した赤字額がヤバすぎる


クラスにいたミステリアスな奴wwwwwww


そろそろ大きな地震が来そうだと思ってる奴いる?」


【ふざけんなw】私の結婚式に呼んだ友達が持ってきたご祝儀の額wwwwww


「うちのネコかわええなぁ、写真撮ったろ!」


嫁の余命が残り2ヶ月とか言われたんだが・・・


【深夜のお笑い】俺が笑ったボケてを貼っていく



【おすすめの人気記事一覧】


【助けて】何か言われるとすぐキレる性格を治す方法・・・・


「人身事故の現場をスマホで撮影するとか日本人終わってる!」←これ


夜中に幽霊みたんやが、なんだか怖くなってきたから聞いてくれや


ニート(28)「俺が働けないのは中学の時にいじめられたからだ!1億9600万円払え!」いじめっ子とその...


『イタリアン、フレンチ、中華、和食』←この中で一番無くなってもいい料理は?


同棲してる彼女の束縛厳しすぎワロタwwwwww


【おバカで草w】新入社員くん、会社にリュックで通勤してしまう・・・


【食いすぎw】鹿がせんべいに飽きてる表情ワロタww


【あるあるw】ガキの頃にガチで勘違いしてたものwwww


ボク、地面に埋まりーヌwww


大人として恥ずかしい行為で打線組んだwww


【凄すぎ…】カラスの頭の良さは異常


無数の霊が彷徨う整骨院


セブンイレブン本社「駐車場を太陽光パネルにして店舗改革する!」オーナー「えっ…設備投資の費用は誰が…」


【バカらしくて草】ワイの彼女が告白してきたことwwwww


南極にいるペンギンwww


ガチで怖い心霊動画を思い出した


【助けて】ここ一週間くらい心霊現象に悩まされてる


「うちのネコかわええなぁ、写真撮ったろ!」


【聞いてほしい】妹からもらった最高のプレゼント


【面接】ヒステリーBBAが出てきたから5分で帰ってきた話を聞いてくれ


【報告】実家に帰省したら知らない家族が住んでた件について…


【畜生すぎw】年金とかいう世代間収奪システムについてwww


【※注意】米ツイッターでシステムに欠陥「今すぐパスワードを変更して!」





管理人からのお知らせ

ザ・ミステリー体験では皆さまからの投稿を受け付けております。

ご自身のホラー体験・不思議体験などありましたら、TOPページメッセージフォームよりお願い致します。






アクセスランキング