ザ・ミステリー体験

オカルト記事・時事ニュース・生活記事・未解決事件などを毎日配信中
ザ・ミステリー体験 イメージ画像

更新情報

1: 03/21(土)22:54:23 ID:ygs 意外に解決すると忘れられていくよね直近だと札幌の婚約者に「警察呼んで」と連絡し遺体で見つかった事件とか。真相はもはや解明不可だけど。香川の一家3人行方不明でカーペットがL字に切り取られてた事件とか。
『どんなに不気味な事件でも人は忘れてしまう』の画像

1: 2019/04/16(火) 20:14:38.93 ID:n1CwwF619 http://news.searchina.net/id/1677909?page=1 日本の漫画や小説には、妖怪が登場する作品が数多くある。改めて考えてみると、それはいったいなぜなのだろうか。中国メディアの澎湃新聞は15日、「日本文化はなぜ『妖怪
『中国文化VS日本文化はなぜ「妖怪」を盛んに生み出すのか?』の画像

■1位『シックス・センス』(1999) ■2位『セブン』(1995) ■3位『シ刑台のエレベーター』(1957) ■5位『ブラック・スワン』(2010) ■6位『ミッション:8ミニッツ』 ■7位『隣人は静かに笑う』 ■8位『ユージュアル・サスペクツ』 ■9位は『シベリア超特急』 ■10
『【TOP10】ラストのどんでん返しに驚いた映画ランキング』の画像

最悪の想定 政府予想でも今後30年で南海トラフの発生確率は上がっている現状ですが、実際の被害状況などがイメージできないと避難の準備にも躊躇します。 最悪32万人を超える犠牲者が出るとされる巨大地震の各地の被害状況はどのようなものがあるのでしょう。
『【国民最大のピンチ】南海トラフ巨大地震がきた場合、そのとき日本はこうなる(シミュレーション)』の画像

1: 平成31年 04/16(火)16:59:07 ID:jOU 1(二):台湾/台北2(遊):中国/上海3(中):ロシア/ウラジオストク4(左):ウクライナ/ポルタバ5(一):フィリピン/マニラ6(三):ロシア/モスクワ7(捕):中国/香港8(右):イタリア/ナポリ9(投):フランス/パリ監督:トルコ/アダナ昆虫や珍し
『今まで行ったことある治安の悪い国や地域で打線組んだ』の画像

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16337271/ 事故物件のみ扱う不動産サイトが話題 ゆくゆくは全国展開の予定 →神奈川県の不動産会社が始めた、事故物件のみを扱うサイト「成仏不動産」 →18日時点の掲載物件数は31件で、また、事故物件とはいえ格安で
『「成仏不動産」事故物件のみを扱う不動産専門サイトが登場』の画像

1: 04/20(土)23:34:36 ID:l4M 映画「ボヘミアン・ラプソディ」のDVD発売・レンタル開始ということで考えてみた。メンバーそれぞれ作る曲がさまざまなうえ全員がヒットメイカーなのでメンバー別に。ファンの人とか興味のある人どうしで語り合いたい。
『QUEENの曲をメンバー別で打線組んだ』の画像

古代の生き物はワクワクする 恐竜など考えられないような巨大生物たちがかつての地球を支配してたと思うとワクワクしませんか? どんな物を食べてどのように生活をしていたのか考えると、想像しているだけでも楽しいって思えます。 恐竜などではティラノサ
『【10選】過去に実在した恐ろしすぎる生き物を紹介』の画像

↑このページのトップヘ