スポンサーリンク

    bandicam 2017-08-17 06-23-01-614

    1: 20xx/ミステリー master
    蝉がうるさく鳴き風鈴が心地よく鳴る、中学三年の夏休み。

    周りは受験勉強だの家族旅行だので遊ぶ友達もいなかった僕は、何もせずまったりと家でかき氷を食べてました。
    【【正夢】それは悲しい現実になりました「逢いに来たお父さん」】の続きを読む

    bandicam 2017-08-17 07-02-27-379

    1: 2017/08/16(水) 22:39:57.41 ID:VRZAtttd0
    牛乳石鹸 WEBムービー「与えるもの」篇 フルVer. - YouTube

    牛のマークでお馴染みのロングセラー商品「牛乳石鹸」の広告が、インターネット上で「不快だ」との批判を浴びている。

    物議を醸している広告は、2017年6月に公開された「与えるもの」と題したWEBムービーだ。いったい、何が問題視されたのだろうか。

    ■家族思いの父親は「正しいのか」

    6月15日にYouTube上に公開されたWEBムービーは、「父の日」をテーマにした作品だ。約2分43秒の動画で、俳優の新井浩文さんが主人公の男性を演じている。妻と息子と3人で暮らす男性のある一日を描くストーリーだ。

    動画の冒頭で描かれるのは、新井さん演じる男性が出社前に家のゴミ出しをする場面。この男性にとって、今日は息子の誕生日。職場での休憩中には、妻から頼まれた息子のためのケーキとプレゼントを買いに行く。

    ここで、男性の心情を表したかのように「あの頃の親父とは、かけ離れた自分がいる。家族思いの優しいパパ、時代なのかもしれない。でも、それって正しいのか」
    とのナレーションが読み上げられる。

    その後、プレゼントとケーキを手にした男性は、仕事でミスをした後輩を飲みに連れて行く。居酒屋では、携帯に妻からとみられる着信が入るが、男性はこれを無視する。

    飲み会を終えて帰宅した男性に対し、妻は「何で飲んで帰ってくるかな」と呆れたように一言。これに男性は「風呂入ってくる」と返しそのまま風呂場へ。入浴シーンでは、牛乳石鹸が大写しになった後、男性は気持ちを切り替えるかのように顔を洗う。

    風呂から出た後、男性は妻に向かって「さっきはごめんね」と謝罪。家族は改めて、息子の誕生日を祝い始める。

    その後、画面には「さ、洗い流そ」とのキャッチコピーが表示され、動画はそのまま終わる。

    「がんばるお父さんたちを応援するムービーです」

    この動画について、牛乳石鹸の公式ウェブサイト上では、「父と子の絆。とある男のなんでもない1日の物語」とした上で「がんばるお父さんたちを応援するムービーです」と説明している。

    だが、インターネット上では、公開から2か月程が経った8月15日頃から、動画の内容についての批判が相次ぐことになった。ツイッターやネット掲示板には 

    「ただただ不快な気分になる」

    「子どもの誕生日に飲んで帰って来て何を洗い流すの!? 」

    「約束しておきながら、ひとりだけ違和感を抱えて約束をたがえる(略)男性が何を伝えたいのか、まったくわからない」

    といった声が相次いでいる。

    そのほか、「本当に意味不明だった」「何を言いたいのこれ...」と制作意図が分からず困惑した様子の投稿も目立った。

    一方、作品が描いた男性の心情に共感するユーザーも少数ながら出ており、ネット上には

    「何を言いたいか、誰をくすぐりたいかはわかる」
    「『お父さん』の気持ちが分かる様な気がしないでもない」

    などの声も見つかる。ただ、「男としての葛藤、分かるよ、分かります」と理解を示した上で、「でもそれ、牛乳石鹸と関係あるかしら?」との疑問を投げかける意見もあった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170816-00000010-jct-soci&p=1
    【【そこまでヒドイ?】牛乳石鹸の広告が批判されてるけど、みんなどう思う?】の続きを読む

    bandicam 2017-08-17 06-04-20-601

    1: 20xx/ミステリー master
    小学校低学年の頃。

    子供の頃の記憶がハッキリしている自分にしては、おぼろげな記憶なので、 一部夢と混ざっているのではないかと思いつつ、なるべくハッキリしているところを。

    病弱な姉は、多少元気にはなったものの虚弱だったため、 夏休みの間は、虚弱児のための病院施設のようなところに、親と一緒に通っていた。 その期間、やんちゃで遊びたい盛りの自分は、母方の実家に預けられていた。
    【【集落に伝わる話】人の魂が逃げ込む「やっかい箪笥」】の続きを読む
    スポンサーリンク

    このページのトップヘ