ザ・ミステリー体験

オカルト記事・時事ニュース・生活記事・未解決事件などを毎日配信中
ザ・ミステリー体験 イメージ画像

更新情報


1000: 20xx ザ・ミステリー体験 これは俺が10年以上前に体験した話。 当時僕は田舎にある実家に住んでいた。実家は古くから立つ日本家屋ではあったが、あたり一面に田んぼがあるほどのド田舎という以外は、ごく普通のどこにでもあるような家だ。 大学も卒業したという
『天井裏に封印された怨霊の正体』の画像

1000: 20xx ザ・ミステリー体験 都会の地下に潜む者 みなさん、暗渠(あんきょ)って知ってますか?地下にある川のことで、普段は大きな地下通路として都市の下にあります。 雨水管や地下鉄と繋がっていて、大雨時には放水路になります。 私たちが学生の頃、そこを探検
『都会の地下へ遊び半分で行ってはいけない「暗渠に潜む謎の集団」』の画像

1000: 20xx ザ・ミステリー体験 今は昔。 頃は夏。知合いの田舎へ連れて行ってもらった時の話。 場所は岐阜県。他県と接する山間の村で、今回はちょっと差し障りがあるから そこまでしか言えない。ごめん。
『【山の怖い話】気に入った子供をさらう妖怪「渕主」』の画像

19: 2015/04/06(月)13:03:57 ID:myH 小学6年生の夏休みはちょっと長めにじいちゃんの田舎に滞在することになって、盆踊りにも参加することになった。盆踊りは自治会会館前の広場みたいなとこであって、この日は子供も多少遅くなっても、親も見逃してくれる感じ。でもまあ
『【肝試し】山に住むゴッシャに連れていかれた少年』の画像

1000: 20xx ザ・ミステリー体験 事業に失敗し、負債を抱えてしまった。 決して返せない額ではなかったが、すっかり気力を無くし、黄泉へ向かう場所を求めて富士の樹海をさ迷っていた。
『【闇の世界】樹海で私を助けてくれた声の主』の画像

1000: 20xx ザ・ミステリー体験 昔、当時の彼氏と団地に住んだことあるんだけど そこ入ったら彼がみるみるおかしくなったことがある ある日お風呂場で具合が悪くなり、それを境に人が変わったようになってしまった お酒も飲まないし大人しい人だったのに 些細なこと
『【事故物件】赤い服の女が住む怖い部屋』の画像

1: 2017/05/02(火) 20:53:55.77 0 AIが全部やるようになったらAIが人類70億もイラネって言って 絶滅の争いを始めると思うけど なんで誰もその心配をしないの?
『本当は怖いAI(人工知能)の存在』の画像

封印されたもの。こういった物が日本各地で語り継がれています。昔の世には今では想像も出来ないような恐ろしい事が起こっていたようで、生き場を失くした邪気を抑えるための術が使われていたようです。 今回お届けするお話は、少年たちが森で見つけた木箱の封印を解いて
『【かんかんだら】解いてはいけない封印。目覚めてしまった巫女』の画像

1: 2015/05/14(木) 21:08:16.25 ID:Rp2EDc6O0 その少年と出会ったのは去年の夏。 俺はバイトがない日は二つ隣の駅の近くにある比較的大きい公園で課題を考えるのが日課だった。 池のそばの休憩所、そこに唐突に現れた少年は、何も言わずベンチに座って俺を時々見ていた
『二つ隣駅の少年に幽霊だと思われていた「義くんと俺の物語」』の画像

711: 2012/02/15(水) 12:45:08.87 ID:EEZ2lDiO0 身バレしそうで怖いけど、いまだに不可解な体験をひとつ。 私が中学生の頃、友達と一緒に、近所の稲荷祭りに出かけました。 小さい境内に似合わず、人もたくさんくる賑やかなお祭りで 準備はもちろん、出店もほとんど、
『【平行世界】私達2人は透明になってしまった』の画像

1: 2015/05/24(日)22:29:55 ID:zDD オヒツギシ、漢字で書くと御棺石らしい。当時の俺はそんなこと知らんガキだったので、オヒツギシという音だけでそれを認識してた。俺の出身は、FKSM県の今はKTKT市に吸収されてしまった某村なんだが、そこのIID山手前の行き止まりの部
『【オヒツギシ】俺がYの幸せを奪ってしまった「鬼が封印された棺」』の画像

前回は、スノーデン氏のエイリアン説について見てきたが今回お届けする話は都市伝説としてのニュアンスとは少しばかり違うが、アメリカ元CIAのスノーデン氏の我々日本への告発(警告)についてその内容を見ていこうと思う。 それでは不思議な世界をお楽しみ下さい。
『元CIAスノーデン氏が発信する「日本への警告」』の画像

1000: 20xx ザ・ミステリー体験 なんか変なものに会った 夜中にタバコの買い置きが切れてることに気付いて でもないとわかると余計吸いたくなって 仕方なく近所のコンビニに行った
『深夜の街であった不気味な男「のっぺらぼう」』の画像

こんにちは管理人です。日本の民話によく出てくる鬼ですが、一般的なイメージとして「怖い・恐ろしい」などあまり良いイメージはありませんよね。 今回お届けする話は鬼のイメージが180度変わってしまう、ある一族に伝わる鬼伝説になります。 それでは不思議な世界
『【鬼伝説】鬼の恩返し「32匹の魚」』の画像

愛情にも色々と種類がありますが、本質的には同じです。恋人にしても親子にしても、そして他人への愛情もあります。 今回お届けするお話は、ある一人暮らしのおばあちゃんが亡くなった後も一人の少年を見守る愛情にあふれた奇跡の出来事です。それでは不思議な世界をお楽
『ばあちゃんと俺の貯金箱。亡くなったばあちゃんが俺に残してくれたもの』の画像

1000: 20xx ザ・ミステリー体験 親父の実家は、自宅から車で二時間弱くらいのところにある。 農家なんだけど、何かそういった雰囲気が好きで、 高校になってバイクに乗るようになると、夏休みとか冬休みなんかには、よく一人で遊びに行ってた。
『【悪霊】八尺様に魅入られた俺』の画像

ある女性が家から持ってきた木箱からお話は始まります。何気なく見つけてしまったこの箱に隠された秘密「コトリバコ」とは一体何なのか。それでは不思議な世界をお楽しみ下さい。
『【怨念の木箱】コトリバコ』の画像

前回、神様との踊りを終えた主人公の後日談になります。月日は流れ、お風呂場の神様がどうしても気になった主人公が向かった先。そこで話された内容とは。 それでは不思議な世界をお楽しみ下さい。前記事及び後日談 ► 俺の住んでた土地の話を聞いて欲しい【巫女の
『【巫女の踊り】ー 後日談 ー「神様との結婚」』の画像

↑このページのトップヘ